Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
子供達が通うヤマハ音楽教室。

小学校3年生になった娘は、個人レッスンとグループレッスンを組み合わせるクラスへの進級もあったけど、今までどおり週1回のグループレッスンのみのクラスを選んだ。

私自身は、ヤマハ出身ではない。個人の先生にピアノを習っていて、今でも適当に好きな曲は弾けるし、中学時代は合唱コンクールのピアノ伴奏も出来た。けれど、ヤマハのグループレッスンだけでは、正直、そこまでにはならないと思う。

子供達に、せめて自分と同じくらいにはピアノを弾けるようにしたいなと思っていたけれど、この週1回だけのレッスンではそこまで出来るようにならないなぁと知って、軽く悩んだ。かといって、週2回のレッスンは負担が大きい。じゃ、個人の先生に移るかと思っても、生活ペースもこれで落ち着いているし、新しい先生にお願いしたところで、もし合わなかったりしても面倒くさい。

それにね音譜
ぶっちゃけ、娘はそこまで音楽もピアノも好きじゃないんだにひひ

4歳の頃から教えてもらっている先生と、同じく4歳の頃から一緒にレッスンを受けているグループのお友達と、のんびり仲良く楽しくやっていて、一応、一区切りとなる6年生最後の発表会で、「卒業メダルを、先生からもらう」という目標があるから続いているようなもので、このバランスが崩れたら、音楽からは、遠ざかっちゃうだろうなぁと思う。

だから、ま、いいや、このペースで楽しく音楽に親しんでいられればそれで良い、って思っている。

そんなところで、思わぬ副産物があり、なんか得した気分ニコニコ

というのは。

グループレッスンでは、グループでのアンサンブルもあるけれど、その他、「マイレパートリー」といって、テキストに載っている曲から好きな曲を選んで自分のペースでマスターするというのもある。

その曲が、色々なジャンルから選ばれていて良い。
クラシカルなものだけでなく、ポピュラー系もあるし、なんと、ジャズチックな曲もあるのだ。

私が習っていた個人の先生は、クラシック出身だったから、勢い、ソルフェージュで音符読みの練習をして、ハノンで運指の練習、バイエルからブルグミュラー、ソナチネ、ソナタへというオーソドックスな教則本でのレッスンだった。

だから、大人になってジャズがやりたくて、一瞬習ったりもしてみたけれど、なかなかジャジーなピアノが弾けないんだなぁ。コード進行も、アドリブも、応用が利かない。

小さい頃から、ジャズのリズムやコード、アドリブを聴きなれていれば違うだろうなぁ、と思うことがよくある。

娘の場合、譜面を読むのも、指の練習も、おぼつかないけれど、今回マイレパに選んだ『雨の散歩道』という曲は、なんともジャジーでいい感じ♪
ノリノリで練習して、最初から両手で取り組んだものだから、先生にも「がんばったね」と褒められて良い気分みたいだし。

あ、ヤマハに行ってて良かったな、って思うのはこういうときも音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
盗作疑惑から一転、岡本真夜さんの『そのままの君でいて』が5月1日開幕の上海万博の公式曲に決定。

おめでとうございますクラッカー

リリースは1997年。
私はまだ社会人になって間もない頃で、帰省するとき頭の中で流れていた。

今回久しぶりに聞いてみたけど、やっぱり良い曲ね音譜

三十路半ばを過ぎても、あんまり変わらないのね、人ってニコニコ

あの頃と決定的に違うのは、母親になったことくらいかしら。

「私も夢が、遠くなるときがあるよ。だけど君も、がんばっているから、負けないよ」っていうところで、娘の仲良しのお友達から届いた年賀状を思い出した。

縄跳びやかけっこで競い合っているお友達。
お互い4歳の頃からの付き合いで、小学校1、2年を同じクラスで過ごした。

七五三の可愛い振袖姿の写真のわきに、「なわとび、まけないぞ~~!!」って書いてある。

とってもキュートな気迫満点の挑戦状。
その挑戦状どおり、冬中一緒に縄跳びに明け暮れて、二重とびは彼女が勝って、はやぶさは娘が勝った、って言ってたかな。

小学校、中学校、と一緒に過ごして、「ずっと心に、そっとその胸に、みんなで過ごしたこの街を忘れないでね」ってお互い言えるような、素敵な時を共有できるといいねラブラブ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドリカムの吉田美和お姉さまと、ジャズピアニストの上原ひろみさんが、大好きラブラブ!

You Tubeを散歩してたら、二人のコラボで、私が大好きな、"A Happy Girly Life" from 吉田美和 "Beauty and Harmony" があるじゃない!

Dreams Come True & Hiromi Uehara - A Happy Girlie Life

うーん、最高音譜
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある曲のピアノスコアが欲しくなってネットで拾えないかググってみたら、こんなサイトを見つけた。

楽譜配信サイト『@ELISE』

1曲から楽譜をPDFファイルで販売している。
これは、便利♪

だって、これまで、「あの曲の楽譜が欲しいんだけどピースは販売されていないし、あの曲が掲載されている楽譜本を1冊丸ごと買うと2,000円以上するし。。」ってことが結構あったから。耳で旋律を拾ってコード進行まで自分で付けられるほど、私のピアノの腕は高度じゃないし。

だから欲しい曲だけをダウンロードできるこのサイト、かなり利用価値が高いと思う。

ソロピアノのピースなら、315円とか、長い曲で420円とか630円とか。
印刷されたピアノピースと同程度か若干安めか。

すごく使えると思うのは、メロディ譜@105円。
前奏や間奏メロディもついて、勿論コード付き。

欲しい楽譜が家にいながら、24時間いつでも手に入る。
なんて素敵なサイト♪
なんて便利な時代なんだろう♪♪

というわけで、とってもクールなサイトですよ、楽譜配信サイト『@ELISE』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、我が親子3人がはまっているCDが、コレ。ブロードウェイ・ミュージカルの「ライオン・キング」。



Original Broadway Cast Recording
The Lion King

これを車で聞きまくって、お休みの日には、ビデオでディズニー・映画の「ライオン・キング」を見る。そうすると、かなりいい感じ♪

子供の学習能力はビックリするものがあり、娘@5歳は、英語だってのに、イミ分かってないってのに、真似して歌う。ビデオを見ながら、「ねぇ、なんて言ってるの?」なんて私に聞くから、私も英語の勉強になり、一石二鳥。色々な動物が出てくるので、「ハイエナって何?」「ムーって?」なんて聞くたびに、動物の図鑑を引っ張り出してきて娘と一緒に見る。

それを見ながら、息子もおねえちゃんの真似をして、「森ってなに?」なんて、シンプルなことを聞くから、私もとっさに説明しなければならず、アタマの体操にもなる(笑)

親子で英語のミュージカルにハマる、って結構いいかも♪
私は、もっと若い頃、劇団四季の「ライオン・キング」は観た事があるけれど、子供達はまだ見ていない。だから、そのうち、まずは劇団四季を観にいこう。そして、いつか、仕上げには、ブロードウェイかロンドンに、観にいこう!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、車でよくかけているのが、このCD。



サラ・ブライトマン
アンドリュー・ロイド・ウェバー

"Cats", "Evita", "The Phantom of the Opera", "Jesus Crist, Superstar", など、アンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカルナンバーを、サラ・ブライトマンが歌っている。

娘@5歳も一緒に聴いていて、"The Phantom of the Opera"がすごく気に入った様子。何回も何回も繰り返してかけさせる。ジャーン、ジャジャジャジャジャーン!って始まる怖いのが、なんともたまらないようだ。クリスティーン役のサラ・ブライトマンの歌声を聴いて、何ていっているの?っていちいち意味を聞く。

「オペラ座の下に、怪人が住んでいるの。
私には、分かっている。
私が歌いはじめると、私は、彼を私の心の中に感じるの。
怪人がいるのよ、私の心に」
   (※このCDの歌詞は、舞台と少し違うんです)

コワスギル。。。。でしょ♪

なのに、娘は、大好きで、先日は、DVDで映画まで観た。大人向けで、ちょっと怖い場面もあるから大丈夫かなぁと思ったけど、単に面白かったみたい。

どうも、私は、やっぱりよく分からないんだよなぁ。この話。
舞台も2回も見たし、大学時代に所属した英語劇のサークルでは演ったし、原作も読んだし、映画も観たんだけど。なのに、やっぱ、未だにストンと落ちるほど理解できない。ここまで来ると、単に私の理解力不足か(爆)

多分、主人公のクリスティーンがファントムに「あなたが醜いのは、顔じゃないわ。心よ」って言うのが主題だと思うんだけど、オペラ座に怪人が住んでいるっていう、ありえない設定だけで、混乱してしまうんだな。じゃ、どこでゴハン食べてるの?買い物はどうしているの?住民票はあるの?衣替えなんてするのかな?って、現実的なことを考えてしまうから。もう少し、自由に発想して、想像の世界に遊んでもいいのになぁ、ねぇ、、、って自分で自分に言い聞かせてみたりもするんだけど。

あっはは~♪
何でもありなのが、物語なんだよな。
娘と息子がもう少し大きくなったら、一緒に”The Phantom of the Opera”の舞台を見に行こう。
子Chipapaちゃん、そうしたら、感動するだろうなぁ。
楽しみだね。

"The Phantom of the Opera"の歌詞はこちら
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


宇多田ヒカル, 冨田謙
ぼくはくま(DVD付)

土曜日の夕方、子供達と一緒にNHK教育テレビを見ていたら、「みんなのうた」で、この曲が流れてきた。素朴な曲調と、独特な雰囲気の歌詞、縫いぐるみを一コマ一コマ動かして作っている映像が、なんとも印象的で、引き込まれてしまった。

「しゃべれないけど歌えるよ」っていう歌詞が出てくる。変なんだけど、でも、今のうちの2歳の息子は、そんな状態かも。この曲がかかると、「くま、くま、くまー」って歌いだす♪ちゃんと歌になっているから面白い。

先日、CDが発売されたので入手。子供達が好きだからっていうのは建て前で、本当は、私が、そんな息子の歌を聞きたいから♪5歳の娘も一緒に歌うのが聞きたいから♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハッピーな気分で生きていくのに、この曲は欠かせない♪
ってか、私にとっては。

人生の中で、好きな曲を1曲だけ選びなさいって言われたら、この曲にするかもな、とたまに思って焦る(笑)

Que Sera, Sera
Whatever will be, will be,
The future's not ours to see
Que Sera, Sera

なるようになる
どうなろうとも
未来なんて、分かるものじゃない
ケ・セラ・セラ


呑気なんだけど、小さい頃お母さんに聞いたのも、大人になって恋に落ちたら恋人に聞いたのも、母親になったら子供達に自分で言うのも、Que Sera Sera なんて、ある意味、すごく、強い。

色々あっても、やっぱり、私も、Que Sera Sera♪♪

歌詞はこちら
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
吉田美和, 中村正人
beauty and harmony

ドリカムの吉田美和のソロアルバム。

女の子~☆があふれた、キュートな曲ばっかり。

改めてリリース年を見たら、1995年。

リリース当初に買ったから、もう10年も聴いてることになる♪ Time flies!!


私が特に好きなのは、6曲目の「ア・ハッピー・ガーリー・ライフ」と、2曲目の「つめたくしないで」。

7曲目の「ダーリン」も好き。


「ア・ハッピー・ガーリー・ライフ」は、娘@5歳も大好きで、ドライブしているときなど、この曲が聴きたくなると、ドライブの間中、リピート。娘は歌いっぱなし♪


この前は、娘と一緒に交代で歌いながら、皿洗い。

こんな早くに、吉田美和の曲を、娘と一緒に歌えるようになるとは思わなかった。


オンナのコに生まれてよかった♪

今日も色んなハッピー、産んで生きていこう♪

ね、子Chipapa。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

初めて聞いたのは、学生時代に、ミュージカル好きの友達が貸してくれた、アンドリュー・ロイド・ウェバーのベストアルバムで。ミュージカル「エビータ」の1曲で、アルゼンチンの片田舎で私生児として生まれ、貧しくわびしい暮らしを強いられていたエバが、大女優になるという野望を持って、ブエノスアイレスに出てきて、たくさんの短い恋を繰り返している場面の歌。


背景とか、エビータが聖女か悪女かどちらなのか、とか、そういうことはまた別の機会に考えてみるとして、刹那的な歌詞と、流れるような曲調が、なんとも良い。だからこそ、ウェバーのベストアルバムに入っているのだろうか。

そのアルバムでは、サラ・ブライトマンが歌っていたような気がする。


彼女の歌い方で、3番がなんか、クスって笑っちゃって好き♪


Call in three months time, and I`ll be fine, I know. (3ヶ月たったら電話して。元気にしてるから)

Well, maybe not that fine. (やっぱり、多分、そんなに元気じゃないかもしれないわ・・・)

But I`ll survive any how. (でも、何とかやっているわよ)


っていう微妙な心境が、上手に歌い分けられていて、やっぱ、天才だな、この歌手は、って思う。

それから、やっぱ、ウェバーは、天才だな、って思う。この曲。このミュージカル。


エビータが、聖女か悪女かなんて、ここではどうでもよくて、ただの、かわいらしい、ちょっと意地っ張りな、女性の心境だよな、これ、って思わせるようなところもいい。


ANOTHER SUITCASE IN ANOTHER HALL lyrics sung by Sarah Brightman

Music by Andrew Lloyd Webber, Words by Time Rice


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。