Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:

実に6年半ぶり!の更新ですって(´▽`*)

6年半、元気にしていました。色々あった気もするけれど、過ぎてしまえば皆、夢のよう♫

というわけで、6年半ぶりの更新だけど、特に特別なこともなく、最近読んだ本の感想を(*^^*)

~~~~~~~

 

文通をモチーフにした別の本のあとがきで紹介されていて面白そうだったので、名著「チャリング・クロス街84番地-書物を愛する人のための本」を読みました。

ニューヨークに住む劇作家の女性ヘレン・ハンフと、ロンドンの古書店マークス社の男性店員フランク・ドエルとその同僚や家族との文通をまとめた本。実際に交わされた書簡のみで綴られています。

ヘレンが、古書店に、絶版になった本を探して欲しいと依頼するビジネス文書から始まるのですが、20年近くにもわたるやり取りの中で、ヘレンの辛口のユーモアと、それを優しさと礼儀正しさをもって受け取るドエル氏とその周りの人々のハートウォーミングなやり取りが、何とも楽しい。

手紙の始まりは、1949年10月。当時のイギリスは、肉や卵なども配給制だったようで、そこに物資豊かなアメリカから、ささやかなクリスマスプレゼントとして、乾燥卵や肉の缶詰を贈るところも、驚きがあって面白かったし。

通勤電車の中で、先が楽しくてどんどん読んで行ったのですが。。

最初の手紙から19年たった1968年10月に、突然終わってしまうのです。

何故終わるのか。。って。ネタばれだから、書いていいものか迷うけど、書いてしまおう。

生きとし生けるものならば必ず迎える別れによって。

ニューヨークで劇作家という競争の厳しい仕事で生きる一人の女性と、ロンドンで家族をかかえ忙しい仕事をする古書店勤務の男性との、手紙を通した交流は、時間にしてみたら、彼らの人生の中でもさほど大きなポーションではないかもしれません。ましてや、一度も会わずに19年たってしまうのだから、空間的な共有はゼロ。だけど、手紙を書き、読み、周りの人達とその楽しさを共有する時間の、なんて心豊かなこと。

読書中の楽しさと、読了した、してしまった今の寂しさのギャップがこんなに大きいのは、たぶん、本当に交わされた書簡ならではの迫力だったんだと思います。

そして、エピローグに置かれた、残された家族からの手紙が、本当に秀逸。終わっても、始まっているし、続いている。忙しく、幸せに。

良い本です(*^^*)

ちなみに、私が読んだのは、リンクした版ではなく、絶版になった講談社のハードカバーです。県立図書館で借りてきました。書簡のやりとりは、古書の注文が軸になっていますから、30年以上前に発行されて古い図書カードの紙ケースがついたままになっている古書の、茶色にあせた頁を繰るのも、なかなかオツでした♬

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「大発見」の思考法 (文春新書)/文藝春秋

¥872
Amazon.co.jp

iPS細胞を生み出して2012年のノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥先生と、トップクォークというものの存在を予言して2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英先生の対談。

iPS細胞っていうのを初めて聞いたとき、「え?人間の臓器全部取り替えられるの?じゃ、人間、死ななくなっちゃうんじゃない?」と思いました。

そのうち、

『あの人は亡くなったんだってね』
『なんだか、iPS細胞から作った心臓がちょっと合わなかったみたいだよ』
『そりゃぁ、運が悪かったねぇ。。』

なんて会話が普通になるのか、と思いました。

それがどこまで現実的か、私には良く分からないのだけど、でも、結構本気で近い未来に現実になるかもしれないな、と思って読んでみました。

まぁ、その答えが見つかったわけではないのですが。

さすが、ノーベル賞学者お二人の対談は、本当に広がりがあり、学びのポイント満載です。

科学の具体的なことは私には良く分からないのだけど、お二人の生き方、選択の仕方には、すごく参考になります。

特に、山中先生は、世代的に若く、私たちの年代に近いこともあり、学部を卒業した大学とは違う大学院で学んだり、研究開発費をもらうために必死のプレゼンテーションをしたり、ときにハッタリで面接を乗り切ったり、海外の編集者とのネットワークを地道に築いたり、アメリカでの研究者の立場と日本の研究者の立場の差を肌で感じていらっしゃるところとか、「iPS」というネーミングも、実は、iMac や iPod にあやかろう、と小文字のiにしたという意外にミーハーな裏話があったり、すごく現代的で現実的です。なんというか、比べるのもおこがましいですが、バブル崩壊後に社会に出て、就職氷河期やリーマンショックなどを経験している我々受難の世代には、本当に勇気づけられるエピソードが満載なのです。

そして、益川先生の哲学。
「モーツァルトは『天才』ではなくて、『天才的』だから嫌いなの。やりっぱなしで磨きをかけていない。天才は推敲もできる人」
「『眼高手低』評論はうまいけれど実作はヘタだという意味だけど、学生の頃の先生に、科学者として目標は高く置きなさい、しかし、着実にできるところから一つ一つ積み上げていきなさい、と言われたことから、座右の銘にしている」
とか。

超文系の私には、門外漢も甚だしい本ではありましたが、すごく読んで良かったと思った本。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小さいころに置いてきたもの (新潮文庫)/黒柳 徹子

¥578
Amazon.co.jp


黒柳徹子さんが、「徹子の部屋」や「世界不思議発見」なんかでお話する、あの、可愛らしくて、独特の語り口のまんまが文章になったような本。

小さい頃に亡くなった弟さんのこと。実は、黒柳さんとはすごく仲がよかったのに、小学校低学年の頃、敗血症で突然亡くなってしまって、全く記憶がないそうで。その後、黒柳さんのお父様が戦争にいったり、空襲警報におびやかされたり、疎開を続けたり、あまりに心の負担が多かったからか、その弟さんの記憶が、まるで「誰かが、弟との思い出をピンセットか何かで、一つずつつまんで、どこかに持っていってしまったように」全くないのだそう。

忘却は、ときに、人にとってすごい味方。
大切な弟のことを忘れてしまうのはあまりに悲しいけれど、前に進むために、記憶を消してしまうほどに葛藤していた小さな少女だった黒柳さんのこと、その当時の時代背景、色々想像するととても切なくて、でも、人って強いのだと思わされます。

弟さんのことは、ツーンと胸が詰まったけど、赤塚不二夫さんの思い出、バイオリン奏者だったお父様の思い出、ユニセフ親善大使として訪れた途上国の子供たちの様子、それ以外にも、抱腹絶倒のハワイでのナンパ話。などなど、ほのぼのしたり、笑いそうになっちゃったり。

「小さいころに置いてきたもの」というタイトルどおり、別に小さい頃に置いてきたんじゃなくても、なんとなく、すごく優しくて、心にサプリな感じの本です。

そうそうそれから、最後にビッグプレゼントがありました。

97歳の現役写真家、笹本恒子さんが解説を書いていること。
とてもみずみずしい文章で、本当にお年を感じさせない。
何歳になっても、夢を描き続ける人に、老いは全然近づけないのだと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)/上野千鶴子

¥798
Amazon.co.jp

絶対に読まないぞって思っていたのに、ついに読んでしまった上野千鶴子さんの本。だって、「おひとりさまの老後」なんて、考えただけでゾッとする(笑)

今回の本、正確には共著ですが。
大変に共感ポイントのある内容で、勉強になりました。

夢を見るのも、一攫千金を目指すのも、人生にとって大変大切なことですが、現実をわきまえるのも、足元を固めるのも、とても大切です。というか、むしろそれこそ大事でしょ、と思うようにもなりました。

そんな私が一番共感できたのは、「年金以外の収入源で目指す『百姓(ひゃくせい)ライフ』」ということ。ここでいう「百姓」は、単純な就農ではなくて、「1年間の機構とか時期にあわせて、ありとあらゆる現物と現金の収入機会を組み合わせて、自分の仕事をコントロールする個人事業主のこと」。これをもうちょっと現代的に考えて、自分の持っている色々なリソースをマルチプルにリスク分散して、ダブルジョブ、トリプルジョブで小銭をかき集めて暮らす、っていうこと。

今は現役世代ですが、いずれ定年退職っていう時期を迎えます。まぁ、まだ先ですが。

その時に、再雇用で雇われて働くのもいいですが、それでもやっぱり、シングルインカムには変わらない。時間も身体も拘束されます。ばあちゃんになったら、孫育てだってしてみたいしさ、っていう夢もあり、だから、マルチプルにもっと自由に、好き勝手に、と言ったら語弊がありますが、自分で自分を雇って生きていきたいなぁと考える次第。

他にも、沢山の示唆に富んだこの本、色々な世代の方にオススメです。

共著者の古市憲寿さんが、「身近な誰かとまわし読みしていただけたらうれしいです」と書いていらっしゃるので、とりあえず、母にオススメしました。そして、(本当は買って欲しいけど、それは我慢します)と<本音が>書かれていたので、ブログでご紹介ニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これだけは知っておきたい定年前後の生活設計 自由国民版 2012年版 (人生設計応援mook ...

¥1,260
楽天


年金支給開始年齢引き上げ議論もあり、微々たる年金すらもらい始めるのが68歳とか70歳とか。
ますます生きるに自助努力の必要さを感じる今日この頃。
そんなだから、私自身はまだ30代ではありますが、定年後、どうやって暮らすのかが、本当に興味のあるところです。

定年前後、いや、50代に入ってからは、私の場合、子供達も二人とも成人しますから、私なりに設計はあって、それに向かって今から種まきを始めてはいますが、自分だけの考えでは早計というものでしょう。ふらりと立ち寄った本屋で見つけ、先達の皆さんはどう考えているのか、自分の考えている設計図以外に、どんな道があるのか知るために、立ち読みで読みきれずに買ってしまいました。

「備えあれば憂いなし」かどうかは分かりませんが、将来に希望を持って生きていると、日々のよしなし事は愛しく、ちっちゃないざこざはどうでもよくなり、ハッピーに過ごせるものです。

というわけで。
定年前後の生活設計について、ワクワクしている方にも、不安だなという方にも、オススメです。
何をテーマに過ごすのかというテーマ設定はもとより、特に、大事なマネープランについての記載も充実していて良いと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
350万人が学んだ人気講師の 勉強の手帳 (手帳ブック006)/安河内 哲也

¥1,470
Amazon.co.jp

大学受験予備校の東進ハイスクール、社会人向け東進ビジネススクールの英語トップ講師であり、研修講師や執筆で大活躍中の、安河内哲也先生の著作本。

大学受験やTOEICなどの英語試験はもとより、資格試験などで結果を出すには、個別具体的な勉強の技術や、絶対的な勉強量が必要なのは言うまでもないけれど、それなりの勉強を続けるには、モチベーション維持の方が難しいと思います。すごい勉強を続けた経験に乏しい私が言うのもなんですが、少なくとも、その年の合格率7.5%だった社労士試験に一発合格した自分自身の受験生時代を振り返ってみても。

社労士受験生当時、切羽詰まった状況の中、受験仲間も一人もいなくて、えらい短期戦で臨んだ私が勉強の息抜きに繰り返し読んだのは、過去の社労士試験合格者の体験記でした。過去の合格者の方々が、どうやって苦手を克服したのか、どうやってモチベーションを保ったのかというのを読んでは、過去にできた人がいるんだから、私だってできるはず、と体験記を読んでは、折れそうになる気持ちを立て直して勉強していました。

特に、結果を出さなければならない試験に臨もうとしている方にとっては、やっぱり、覚えなければならないことの多さとか、プレッシャーとかに負けそうになることがあると思います。

それを克服するのは、そんなプレッシャーを跳ね飛ばすほど勉強するのが一番の特効薬ですが、人間みんな、そんなにタフな心の持ち主ばかりじゃないでしょう。そんなときに、サプリあるいは起爆剤になるような言葉の数々に触れる事ができれば、随分と気持ちが強くなれると思います。

社労士受験生時代の私にとっては、それが合格体験記でしたが、これからは、この安河内先生の本を、手元におこうと思います。

だって、この本、本当にすごいんですもの。
勉強を続けるにあたって壁になるなぁというポイントの克服方法を100項目にも分けて、元気が出る言葉で紹介しています。お気に入りのページを見つけて何回も読むのもよし、ちょっとやる気が出ないな、って時に、ぱっと開いたページを読んでもよし。

いくつかのポイントは、社労士受験生当時の私が、合格体験記で読んで或いは自分自身で思っていたことと、そっくりそのままダブっているのも驚きでした。たとえば、「今の努力は未来の自分への贈り物」「試験会場では、私を落として誰が受かるというくらい、ふてぶてしい気持ちで臨むこと」「変化こそ最高の安定」とかとか。

「カリスマ英語講師」という一見派手なコピーで紹介される安河内先生ですが、ものすごい努力家でいらっしゃいます。帰国子女でもないのにTOEIC990点満点や国連英検特A級や通訳案内士を取得したり、英語にとどまらず、韓国語や船の操縦士の免許など、さまざまな勉強に挑戦して、生徒さんを激励するだけじゃなく、ご自身でも率先して難しい勉強に挑戦して結果を出しているところが、本当に素晴らしいなぁと感服しています。

もう随分前に、お仕事でご一緒させていただいたことがあります。当時、先生は既にカリスマ講師でとても有名な方だったのに、まだ大学を卒業して間もなかった私にもニュートラルに接してくださり、「仕事で一流の人は、人間的にも一流なんだなぁ」と甚く感激しました。

というわけで。
安河内先生の教え子の方やファンの方はもちろん当駄ブログで紹介されるまでもないでしょうが、資格試験に挑戦中の方、仕事で勉強をしなければならない方、最近、なんとなくやる気出ないけど何かやらなきゃ、と思っている方など、なんらかの形で勉強をしている方やしようと思っている方に、心の底からオススメですニコニコ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
普通に暮らしていると、色々なものが必要で、家事も雑事も色々やり始めたら収集がつかず、毎日結構あれこれやってるはずなのに、実はまだまだ沢山あったりと、まぁ要するに、暮らすって案外面倒。もっとシンプルに暮らせれば良いのになぁと思うこともしばし。

仕事と家庭を両立するワーキングマザーや、一人暮らしの人はなおさらそう思うんじゃないかなぁ。いやいや、専業主婦の方も、エンドレスの家事をもっとメリハリつけてできれば良いのに、って思っているかも。

そんな皆様向けのヒントが沢山詰まった本をご紹介ニコニコ

がんばらなくても素敵に暮らせる「夜だけ家事」で快適シンプル生活/河野 真希

¥1,260
Amazon.co.jp

15年来の友人で、All Aboutの一人暮らしアドバイザー&ライターである、河野真希さんの最新刊音譜

家事はちゃんと生活するには欠かせないもので、やったらやっただけ、生活を快適にするものではあるけれど、やっぱり、それなりに時間も労力も取られます。あんまり取られすぎちゃうと、疲れちゃって、負担でしかなくなってしまったりして。

そこで、この本が提唱しているのは、「夜だけ家事」をするというもの。

もちろん、朝や日中の家事を全くゼロにすることはできないけど、できるだけ夜に家事を集中してすることで、その他の時間の余裕ができ、もっとハッピーに暮らせるんじゃないか、という考え方です。

その考え方を現実の生活に落とし込むための、幾つもの家事のコツが紹介されています。

この本の良いところは(いつも、真希ちゃんの本はそうなんだけど)、どのページから読んでもヒントが満載なところひらめき電球
料理編、衣類編、片付け・収納編、掃除編に分かれて、全部で50以上のアイデアが紹介されています。全部取り入れるのは難しくても、いくつか取り入れるだけで、随分暮らすのがちょいっと楽に、その割りにもっとハッピーになれるんじゃないかな、と思います。

というわけで。
家庭と仕事を両立させる女性の方、家族のために毎日エンドレスの家事に奮闘される主婦(主夫)の方、一人暮らしの方などに、この本、とってもオススメです合格
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
武士の家計簿

¥714
楽天

面白そうな映画があっても、観にいく時間がなかなかとれずに原作を読むことが多い。『武士の家計簿』もその一つ。

映画は見ていないから映画のことは分からないが、映画化とは無関係に、この本は本当に秀逸。

映画の原作だから小説を想像していたが、これは、本物の武家文書「金沢藩士猪山家文書」に残されている家計簿を、大学の先生が読み解き解説する形で書いてある新書。

平成13年の夏の暑い日、神田神保町の古書店を目指し、著者が当該古文書を買うための現金16万円をポケットにねじ込んで地下鉄の階段を駆け上がる描写から始まる。平成の世という時間軸と16万円という現実的な金額に、歴史書というどこか高尚な世界と、家計簿という現実的な世界が強引に融合してしまうような書き出しで、のっけから引き込まれる。

もととなるこの家計簿を残した猪山家は、旧加賀藩の経理係。この経理のプロであった武士一家の1842年(天保13年)7月から1879年(明治12年)5月までの約37年間分の生々しい家計簿から、この家族が、幕末から明治という激動の時代を、どう生き抜いたかを読み解いている。

当時の貨幣を現在の貨幣価値に直して武士の家計を解剖しているところも面白いし、家計簿に記された記録から、当時の武家の年中行事、通過儀礼、その他もろもろを解説しているところとか、将軍家の姫君を嫁に迎え入れることになり、建てた、今の東京大学の「赤門」の建立の背景とかも、なんとも興味深い。

江戸の武家の生活を知るのだけでも面白いが、幕末から明治への激動期が舞台であるところが、今に通じて身につまされる部分もあり。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とは、ばらばらだったドイツをまとめ上げたビスマルクの言葉とか。今の時代も社会経済変化は激しく、どうやってこの時代をサバイブしていくかは、個人にとってもすごく大事なことで、というか、私はいつでもそういうふうに思っているし、だから、あの、激動の時代を生き抜いた人達の生き様にはすごく学ばされる。

というわけで、この本、すごくオススメです。
歴史が好きな人にも、映画を見て面白かった人にも、激動の時代を生きるのってパワーいるなぁって思っている人にも、色々な人に。

おまけ。
この本と暫く前に読んだ『幕末下級武士のリストラ戦記』2冊をセットにして、私は勝手に、「幕末武士のサバイバル戦記2傑作」と呼んで愛蔵書にしています。こちら↓も傑作。

幕末下級武士のリストラ戦記

¥767
楽天
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
告白

¥650
楽天

出張先で時間が余り、ぶらりと立ち寄った本屋で手に取り、移動時間に一気に読んでしまった。

松たか子主演の同名映画のセンセーショナルな予告にドキっとして、怖かったから、原作なんて絶対読まない、映画は観ない、って思ってたのに、つい。

読み終わった今でも、映画を観ることはないだろな、と思ってはいるが。
だって、多分、この話が映像になったのなんて、怖すぎて夢に出てきそうだもの。

しかし、いやぁ、これはホントに極上のエンターテイメント。
人の命がかかった話だから、どんなにか重いと思ったが、いや、確かに重いは重い。
がしかし、この話、本当に、良い人が一人も出てこないから。
ここまで、良い人が出てこなくて、ここまで突き放されると、人間臭さも感じなくなり、もう、どっか別の世界のエンターテイメントとしか思えない。

最後まで救いがなくて、なんて人間って弱いんだろって思う反面、というか、だからこそ、これはもうエンターテイメント、ありえないでしょ、って割り切ったりする。

どっちにしても、2009本屋大賞を取っただけのことはある、不思議な魅力を持つ作品だと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ピアノ初心者が弾きたい定番ソングス (シンコー・ミュージックMOOK)/著者不明

¥998
Amazon.co.jp

娘のヤマハ音楽教室のお友達ママが、「娘がいきものがかりの『ありがとう』を弾きたがっているんだけど、楽譜が読めなくて・・・良い楽譜知らない?」というので、「1曲だけなら、簡単なピースを見つけるか、ネットでダウンロードすれば安く手に入るよ」なんていいながら、ヤマハにある楽譜ショップを二人で流してて見つけた楽譜集。

これは良い音譜
何が良いって、一番良いのは、音符にカタカナが振ってあるところ。

多分、ピアノ初心者の方の最初の関門が、「楽譜を読む」ことじゃないかな。

五線が読めれば、ただのおたまじゃくしが踊りだして、メロディーになって、沢山の音が重なればハーモニーになる。これって考えてみればすごいマジックニコニコ

音符がよく読めないと、楽譜を読んで曲を弾こうとするとき、まず、音符にカナを振るところからスタートすることがあると思うけど、この楽譜は、その手間が省けるよう最初からカナが振ってあるのが、何とも秀逸ひらめき電球

次の関門が、指使いだと思うけど、この楽譜には、右手と左手両方の指使いも番号で書いてあるので分かりやすい。

そのママも「これなら、私でも教えてあげられる」と喜んで即買い¥

一緒に見つけた私も気に入って、その後、ネットで買ってしまった。

この本が気に入った理由は他にもある。J-POPのヒット曲だけじゃなく、アニメの定番や、クラシックの定番など、31曲も載っているところ。初心者用にシャープやフラットがあまりないような調に書き換えてあるところ。それから、左手は原則単音で、ベースの音だけ弾けばよくなっているところ。なのに、ちゃんとコードも書いてあるから、応用もきく。

でもって、1,000円を切るお値段はホントに魅力的ラブラブ!

タイトルどおり、ピアノ初心者の方にも、色々な曲をカバーしたいピアノ好きの方にも、とってもオススメです音譜
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。