Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
2009年の社労士本試験から1ヶ月半、合格発表まであと1ヶ月を切り、一方で各予備校で2010年合格目標の社労士講座が続々開講している今日この頃。

こんな季節にピッタリの社労士受験生向け取っておきの一冊をご紹介。

『ハルの社労士試験 半年・一発合格の極意』

社労士受験コンサルタントとして、シャララン・コンサルティングを主催している大沢治子さんの最新刊。

「社労士受験コンサルタント」という職業は耳慣れないかもしれない。が、この職業、彼女自身が、社労士受験対策本の作成に何冊も携わっていながらも、ご自分の本業を、「社労士受験講師」ではなく「社労士受験生を応援」することと定義されているからこそのもの。こんな職業名をご自身で生み出してしまうところからして、大沢氏の発想は独創的で素晴らしい。

今回、社労士試験既合格者としてこの本を読んでみて、なんて細やかで、痒いところに手が届く合格対策本なんだろうと感心した。私自身、社労士受験生だった頃、大沢氏のメルマガや、ご自身の体験に基づいた勉強時間管理法には随分励まされたが、この本には、そういった大沢氏の持っているノウハウと情報が、ギュッと全部体系的に詰め込まれている。それこそ、勉強時間の確保の仕方から、勉強場所をどこにするか、予備校に通うか独学で行くかという勉強方法の選び方、暗記カードの使い方、直前期の使い方から試験会場での心構えまで。

過ぎてみて思うけれど、社労士試験は決して難しくない。試験範囲は確かに広いが、試験形式は論述も計算もなく、マークシートの選択式と択一式の試験のみ。だから、文章を書くのが苦手とか計算が苦手という、試験内容そのものの以外のテクニックや適性も関係ない。

だからこそ、本気で取り組めば半年や1年で、一発合格だって十分可能なのだと思う。実際私も11ヶ月で一発合格できた。合格後の事務指定講習では、4ヶ月で独学・一発合格というツワモノにも出会った。

なのに、合格率はここ10年で平均9.6%と決して高くない。それはなぜか。

聞きかじった話や自分自身の体験から考えるに、合格できない理由は大きく二つあって、一つは方法論が間違えていること。そうしてもう一つは本気で取り組んでいないこと。

どちらかに当てはまるなぁ・・とドキっとした方。或いは、これから社労士試験勉強を始めるんだ、という皆さんに。

上記のどちらの理由にも足を引っ張られず最速・最短で合格まで駆け抜ける伴走者として、この本、とってもオススメです♪

社労士V ハルの社労士試験半年・一発合格の極意/大沢 治子

¥1,575
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Chipapaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。