Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
地元群馬のサッカーチームザスパ草津の試合を観戦。対戦相手は、アビスパ福岡。

娘@小学2年生が、学校でザスパ草津のパンフレットをもらってきて、「○君とか、□君とか、見に行ったんだってー。子Chipapaちゃんも行きたいな~。そうしてね、この大っきなプリンを食べるの」え!?サッカーで、プリン??

見てみたら、大きな大きなジャンボプリンの写真が載っている。ザスパのホームスタジアムでしか買えないそうで。

ほほーう。プリンでも、サッカーでも何でも良いが、子供には体験が大切と、ものの本で読んだことがある。私は別にサッカーに興味があるわけでもないが、せっかく地元にJ2チームがあるんだから行ってみようか、というわけで連休中日の試合のチケットをゲット。

試合を見に行くと決めたのは9月だったので、寒くなるとか暗くなるとか全然考えずに夕方の試合にしたら、11月も下旬になると夕方は真冬のように寒くて暗い。あら、しまったと思ったけど、せっかくだし。子供達も私もセーターにコートを着て、手袋まではめてと重装備。ついでに、フリースブランケットもあるだけ持つ。会場に向かうまで、娘@8歳は、「こんな格好恥ずかしいよー」などのたまっていたが、会場についたら、皆さん同じように防寒対策バッチリ。よく知っていらっしゃる。

結果は、1-2で負けてしまったけれど、それに、お目当てのジャンボプリンも、本物を見ただけで圧倒されてしまって結局買わなかったけれど、子供達に「本物のサッカー」を見せる事ができたのは、良かったですな。子供達も、「本物のサッカーを見た!」と大喜び。キックオフは16:00でまだ薄明るかったのが、17時過ぎにはもう真っ暗。ライトがピカっと明るくて、シルバー色のボールがキラキラ光って、なんとも華やかなナイターゲームの様相。子供達は、「(テレビで見る)野球の試合みたい」と気分だけは一人前。

試合が終わり、選手達が、応援していた私たちの前に挨拶に来た。今回は、負けてしまったけれど、拍手を浴びて頭を下げる選手達。一試合一試合に勝負を掛けて、このJリーグで闘うためにあらゆる努力をしてきた1人1人の選手のこれまでの人生とか選択とか、そういうものを子供達が感じるにはまだ早いかしれないけれど、子供達も色々と経験していく中で、色々が分かってくることでしょう。

記念にと、小さなザスパ草津の旗も買ったし、またその旗を持って応援に行こう。
今度は、ザスパが勝ってくれたら、もっともと嬉しいね♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
全国一円から集まる機会があり、ラスクが美味しい地元の名店「ガトーフェスタ・ハラダ」のラスク「グーテ・デ・ロワ」をお土産に。11月~4月限定販売の、「グーテ・デ・ロワ・プレミアム」という、ミルクチョコレートでコーティングされたラスクも。

したら、驚いた。

「うわー、これ、どこで手に入れたの!?」(by東京の人)
「これ、めっちゃ美味しいんですよね!」(by大阪の人)
「すごく美味しい!群馬って美味しいものがあるんですね!!」(by名古屋の人)

東京の人が言うには、新宿の京王百貨店にも店舗があるが、いつも長蛇の列でプレミアムは買えたためしがない。一度食べたいと思っていたと。

大阪の人が言うには、「これ、東京のお菓子ですよね?梅田の阪急にあっていつもめっちゃ混んでるんですよ」
↑違うってば、群馬だってば、ぐ・ん・ま!!。

名古屋の人が言うには、「なんでこんな美味しいお菓子が、名古屋にないんやろ?インターネットでお取り寄せします♪ついでに、名古屋への出店リクエストも出そう」
確かに、名古屋地域には出店がないみたい。

と、続けざまに大興奮されてしまって、とてもとても面食らった。
県外でこんなにも有名でプレミアム感があるとは知らなかったので。

確かに、本当に美味しいもの♪

私はリアルタイムでは知らないけれど、「ガトーフェスタ・ハラダ」さんというお菓子屋さん、昭和30年代~40年代あたりは、高崎線の新町駅という小さな駅前の、ちょっと小汚い(失礼。だって、そんな時代ですよね、どこも)パン屋さんだったという。そこが、ラスクを売り出したら、とっても美味しくて、近隣に広まり、口コミであちこちからもお客さんが来るようになり、デパートに出店して、松屋銀座店などにも出店してとても有名になったということで。

商品がプレミアム付くほど美味しいのは当然として、販売チャネルの展開やプロモーションなどが、時代にも地域にも合ってとても上手だったのではないかなと甚く感心する。新本店は、創業のお店からほど近い国道沿いにある、綺麗なお城みたいな建物。配給パン時代にローカルな駅前のちっちゃなこぎったないパン屋から始め、次第に、口コミから百貨店への出店、銀座や新宿、梅田といった大都会の有名百貨店への進出、欧州の近代美術館かと見まがうような立派な新社屋の建設。今じゃネット販売も展開し全国に名をとどろかせているという、なんというか、ジャパニーズドリーム(というものがあるか分からないのだけど)のお手本のような展開に、感動すら覚える。それが、地元県の会社さんだというから、グっとくるドキドキ

なんて、そんなのは私の個人的な感動であるからそれはそれとして。

ともあれ、ガトーフェスタ・ハラダのラスクは、本当に絶品。これは、多くの人が納得することじゃないかな。カリカリの薄切りフランスパンに塗られたバターと砂糖の絶妙な味加減。カリっと噛むと、口の中でホロホロっと溶ける様な何とも心地の良い食感。このラスクの上に、ホワイトチョコレートやミルクチョコレートのがコーティングされていると、これがまた何とも絶品。コーティングチョコレートの下に隠されたさりげない塩味と、チョコレートの甘さとバターと砂糖が何ともいえないハーモニーで・・・ラブラブ!

というわけで、↓包みのラスクをリアル店舗でも、ネット上でも見かけたら、是非お試しあれ目

$Chipapa の備忘録  +徒然社会保険労務情報-ガトーフェスタ・ハラダ


$Chipapa の備忘録  +徒然社会保険労務情報-ガトーフェスタ・ハラダ

ガトーフェスタ・ハラダのサイトはこちら
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある教育者に聞いたこと。

「『育てる』をローマ字で書いて最初のSを取ってみて下さい。育てることの本質が分かります。親も教師も上司も同じ。子育ても教育も部下育ても、これが一番大事です」


すなわち。

SODATERU

→ ODATERU おだてる


おだてて、ほめて、できる気にさせるのが教育の本質と。なるほど。ガミガミ怒っちゃうことが多くて「おこりんぼハハ」な~んて不名誉な称号ももらっちゃったけど、おだてていこう(=^▽^=)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
厚生労働省が、2010年度から、児童扶養手当を父子家庭にも支給する方針を決めたとのこと。

個人的には、好ましいことだと思う。

現在の児童扶養手当が、母子家庭には支給されていて、父子家庭には支給されていないことは、当事者或いは興味がある方以外はあまり認識がないんじゃないか。私自身は、自分がシングルペアレントになるまで、社会保障の基本的な考え方がシングルマザーとシングルファーザーに対してこんなにも違うとは知らず、とても驚いた。

児童扶養手当も然りだが、他の例として、国民年金の加入者或いは受給者の遺族がもらえる遺族基礎年金。夫が亡くなった場合は、一定年齢以下の子がある妻はもらえる。でも、妻が亡くなった場合、夫はいくら小さな子が何人いても、もらえない。

歴史的に女性は経済力が弱かったので、夫を亡くした妻への配慮であると思うが、夫だって、妻を亡くせば大変でしょ。小さな子供がいれば、仕事だって今までどおりには中々できないし。メチャメチャ小さいことを言っちゃえば、子供が学校に持って行く雑巾を縫ったり、お弁当を作ったり、こまごましたものに名前を書いたり、PTA活動に参加したり、色々色々の雑事は、母子家庭だって父子家庭だって同じ。母子であろうが父子であろうが、それらの雑事を、例えば自分が仕事の時間を削ってこなすにしても、時間がないから外注する場合でも、コスト面で同じ負担がかかる。そんなの誰が想像しても分かると思うけど。

なのに、遺族基礎年金にしろ児童扶養手当にしろ、こんなに母子家庭と父子家庭とで社会保障の基本的なところが違うのは、なんか腑に落ちない。

今回の民主党が決めた父子家庭にも児童扶養手当支給するという方針について、財務省は厳しい姿勢ということだが、是非とも、こういう、誰が考えても当たり前という生活レベルの目線を持って検討して欲しいと思う。

飛躍するが、高等学校の授業料無償化は不要だと思う。国民みんなが本当に要求しているのか、すごく疑問。だったら、高等学校教育を義務教育にするのが先じゃないか?

父子家庭への児童扶養手当支給は賛成だが、高校無償化はやりすぎだと思う。社会保障のバランスを考えるならば、高校無償化より、後期高齢者医療問題が先だと思う。子供は大事だけど、高校生になれば、自分でアルバイトだってできる。でも、高齢で働けなくなったおじいちゃんやおばあちゃんは、どうするのさ。保険料が未納で保険料を天引きする年金もなく納められない場合は、保険証を発行できないとか。姥捨て政治みたいじゃん、それ。

本当に必要なお金は何か、民主党は整合性を持って考えて欲しい。


-----出典記事は、以下の通り-----

厚生労働省は2010年度から、母子家庭のみに支給している児童扶養手当を父子家庭にも支給する方針を決めた。「子どもの貧困」を解消するため、父子も含めた一人親世帯を支援するのが狙い。支給対象は10万世帯程度の見通し。同年度予算の概算要求に、具体的な額を示さない「事項要求」として盛り込んだが、長妻昭厚労相は国の予算規模を100億円前後としている。
 同手当は、子どもが1人の場合、年収365万円未満の世帯が対象となる。所得に応じて月9850~4万1720円が支給され、第2子には5000円、第3子以降には1人3000円が加算される。4、8、12月の年3回、前月までの4カ月分を支給しており、来年4月分からの支給が決まれば、最初の支給は同8月となる見通し。
 同手当の財源は国が3分の1、都道府県や市町村が3分の2を負担するため、父子家庭に同額を支給するための10年度の経費総額は約300億円となる。
 同手当の父子家庭への支給は、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げており、社民、国民新両党との連立政権政策合意にも盛り込まれた。しかし、財務省は「事項要求」について「断固査定する。ほとんど(実現)できないだろう」(藤井裕久財務相)と、厳しく臨む姿勢で、支給実現までには曲折も予想される。

(時事通信 11月7日14時48分配信)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年2009年4月にねんきん定期便の発送が始まって、早半年以上経過。お誕生日月に社会保険庁から水色の封筒が届き、「何これ?」と思った方も多いのでは。

昨年の「ねんきん特別便」に回答しそこなった方、今回の「ねんきん定期便」で不審な点がある方はその旨書いて返信してください、とのこと。

そんなこと言われても、自分の年金加入記録なんてよく覚えていないなぁという方に、社会保険庁サイトの「私の履歴整理表」をご紹介。

いつ、どこに勤務していたかなどの情報を入力すると、ご自分の年金加入記録の整理にも役立ち、「ねんきん定期便」の記録と照らすと確認しやすい。

ご興味のある方は、下記リンクをご参照ください。

社会保険庁 「私の履歴整理表」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子@5歳の七五三祝いをしました。
本当は、11月15日が七五三祝いの日ですが、大安で良い日だし気候も良いので早めに。

馴染みの写真屋さんで家族みんなで記念撮影。それから、これまた馴染みのレストランでお昼ご飯。その後、神社にお参りしてご祈祷をしてもらいました。

無事育ってくれて、本当にありがたいことです。
これまで、沢山の人に見守られて5歳になりました。
お世話になった皆さんに改めて感謝ですラブラブ
これからも、スクスク元気に育ちますように音譜

$Chipapa の備忘録  +徒然社会保険労務情報-おーの七五三
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。