Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:
久しぶりに、元職場の同僚から携帯に電話が来て少し喋った。
そうしたら、何だか以前の職場のことが懐かしくなった。
落ち着いたらメールするって伝えたきり不義理をしていた人にふと携帯メールを送ってみた。
あっという間に返事が来て、その人も会社を変わっていたけれど、その日は別の元同僚と飲むんだという。
面白いものであるな。人のつながりは。

未曾有の金融危機のあおりを受け、私のいた会社は激変した。
それでも、携帯メール一本で、あの時同じ職場で同じ目的のために一緒に仕事をした人と話せる。
携帯もいまや電話っていうより、コンピューターの一つのデバイス。
唐突に懐かしい人に連絡が取れるっていうこのコミュニケーションも、ユビキタス時代ならではかな。
ありがたい。

こんなこと書いていたらもう一つ思い出した。

今年の正月は、10年も前に働いていた会社の上司からも電話とメールが来たんだった。
携帯に電話があって、みたら、その元上司の名前が着歴に残っているんだもん、とっても驚いた。
8年ぶりに電話で話した。メールも書いた。
電話はコンピュータではないけれど、ユビキタス時代のコミュニケーションと合わせて確実に連絡が取れる。便利便利。

ついでに言うと、最初の元同僚からの電話は、その元同僚が、客先で私の大学時代の友人と直接会ったのがキッカケ。
従来からの生身のコミュニケーションとユビキタス時代のサイバーコミュニケーションのミックス。
ホントに、便利便利♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ベネッセの「チャレンジ1年生」を受講している娘@1年生。

毎月教材が送られてくるわけだけど、これがよく続いている。ちゃんと、メインのブックもドリルもやってから、赤ペン先生の課題を提出。たまに、放っておいてたまってしまうこともあるけれど、「やりなさいよ!」と一言私がつぶやくか、そうでなくても、娘自身が突如やる気を出して、「今日はドリルを全部やっちゃうの」と宣言して、本当に終わらせてしまったりする。

まぁ、緩急つけながら適度に続いているといったところか。

こういう添削教材は、開講から2、3ヶ月は提出するけれど、続かなくなることが多いようだと近所で学習塾を経営している方が言っていた。

なのに、大して親が言わずとも娘が続けれられるのは、娘曰くに「だって、チャレンジ1年生って、ホントに、やる気を起こさせるようにできてるんだもん♪」

とな。

シールを集めるとプレゼントがもらえたり、今回の課題をいつまでに出すと、「なんとか特別消しゴムがもらえる!」なんて企画が毎回のようにあったり。

本当に、上手だなと思う。子供の心理を巧く掴んでる。
そして、娘はすっぽりそのツボにはまってる♪

何事も、続く秘訣は、無理がないこと、シンプルな仕組みであること、それからお楽しみがついていること。

子Chipapaちゃん、これからも、チャレンジ1年生の思うツボにハマってがんばってね♪


ふと思うんだけど、大人にもシンプルで分かりやすいお楽しみがあるといいんだけどね。
けどなかなか、大人の仕事や勉強はそうも行かないものなんですな。

いや、ホントにそうかな。
発想を転換してみれば、お楽しみは意外に身近なところにあるかもしれないね。
あはは♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供の頃から比べると随分和らいだが、やっぱり冬って寒い・・

毎年ながら、寒いのは、やっぱり苦手。

こんな冬には風邪を引かないように、手洗いうがいに気を遣って、ちゃんと食べて、それからぐっすり寝るに限る。

どれ一つ、満足にできていない気がするが。。

であれば、常夏の国に住むしかないのかもなぁ。

そういえば、このところ毎年毎年、冬になるとそんなこと考えている。

なのにまだ実現しない♪

そりゃそうだ。

だって、全然具体的に行動していないもの。

機が熟したと思ったら、実現させるように動くかもな。

人生は、一度きりだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ネットでニュースを読んでいたら、社会問題になっているいわゆる「派遣切り」で退職したのに、「自己都合」と退職の書類に書かされたという話が出ていた。

その退職は、「自己都合」ではない。
派遣会社の都合なんだから。

このブログをどんな方が見ているのか正確には分からないけれど、社労士のタマゴとして私はこの場を借りて言いたい。


その退職、本当に「自己都合」ですか?

会社の都合ならば、絶対に会社から何を言われても、「自己都合」にしてはいけません。

「会社都合」と「自己都合」では、もらえるべき雇用保険の支給開始時期も、総支給額も大きく変わってきます。

「自己都合」では、圧倒的に不利です。

「次の就職に『会社都合退職』が悪影響だからあなたを守るために自己都合で」
「○○さんも『自己都合』にしましたよ」
「あなただけ『会社都合』にするわけにいかない」
などと会社に言われるかもしれませんが、そんなの会社の言い訳です。

担当者がどんなに済まなそうにしていても、親切に見えても、良い人のように見えても。

会社は、会社の都合である一定数以上の従業員を退職させる場合、職業安定所長に事前に届け出る必要がありますが、それをやると様々な不利な点が生じるのでやらずに済ませようと考えているだけです。

今時「会社都合退職」は転職活動において、不利ではありません。

絶対に「自己都合退職」でサインをしないでください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年賀状は、1年に1度の近況報告状でもある。
1年に1度どころか、数年連絡が途絶えていた友人から、ポッと連絡が来たりして。
それがキッカケで、また会おうなんて話になったりする。
年賀状という習慣は、だから結構好きだったりする。

今年は、そんな思いがけない数年来の年賀状が1通。

高校卒業以来だから、数年どころじゃなく、実に18年ぶり。

高校時代から彼女はとってもユニークでパワフルだったけど、やっぱりそれは今も変わらずで。

自分の持つ技術を活かし地元に戻り開業していると。
子供も2人。

そうか。
彼女らしく、元気に頑張っているんだな。

ついでに。
私からの年賀状を読んだ叔父から電話。

「これからの30年は、これからだと思うととてつもなく長く感じるけれど、過ぎてしまえばあっという間。30年後、30年前を思い出してごらん。あまりにあっという間だったことに気付いて愕然とするよ。人生は一生勉強。これからもがんばれ」とな。

たった1通の年賀状と、たった1本の電話。
年女の年初にふさわしいインパクトのある1通と1本。
ありがたい。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
2009年が幕を開けました。

100年に一度とも言われる金融危機に見舞われた2008年を終え、最初の年。

確かに、2008年は大きな変化があった1年でした。昨年の今頃、世界経済、社会がこんな風に変化しているなんて、誰が想像したでしょう。

2008年を表すキーワードは『変』でした。『変』とは言うけれど、2008年の1年間を通じてを表すものというよりは、米国のサブプライムローンに端を発した金融機能の変調が9月のリーマン・ブラザーズの破綻をキッカケに急速に世界中を駆け巡り、世界中を未曾有の経済危機に巻き込んだ今年最後の四半期に集中する大変化を象徴するものだと思います。

それほどまでに、速く、大きく、年終盤に向けて加速的に変化した1年でした。

私自身も、昨年の今日、自分に誓った目標は、奇しくも達成することはできたものの、この世界中の大きな変化をキッカケに自分の立ち位置を変えることになり、何が何でも達成せざるを得なかったために達成できたということもできたものです。

そう考えると、この大きな地球上の変化と自分の小さなキッカケとのシンクロニシティを感じざるを得ません。

なんて書くと、神秘的でなんか雲を掴むような話だけど、そういうんじゃなくて。

私ごときの、ちっぽけな一介の市井の人間だって、この大きな地球上の変化と無関係ではいられないということを言いたいだけで。


2009年は、もっと大きな変化があるだろうとも言われています。

私自身も、2009年から数年は、社会の価値観がひっくり返ってしまうような変調が起きるような気がしています。

こんな時代でも生き抜いていかなければならないわけで。
こんな世の中でも、泳いでいかなければならないわけで。

そして、こんな時代を生き抜き世の中を泳いでいくために、何が一番有効かと一生懸命考えてみると、これという決定打は見つからないけれど、やっぱり必要なのは『変化』じゃないかと思うのです。

時代の変化に合わせ自分が変化していくこと。
自然環境にあわせ生物が進化していき、進化できた生物動物だけが生き残ったという、ダーウィンの進化論のように。

この考えを、以前ある人にポツリと言ったらその人は「世の中の変化に合わせ自分が変わるのなんて、世の中にまかれるようで、寂しくないか。どうせなら、変化を起こせるようになりたくはないか」と言いました。「自分が変化していくのなんて、”逃げ”じゃないか」と。

その人の考えも、正しいかもしれません。

だけど私は、そんなに大きな力は持っていない。
そんな勇気もない。

自分で社会を変化させるほどの力も勇気も、ないんだと思う。

だから私が考えるのは、やっぱり、世の中の動きにあわせ、自分が変化しくこと。
変化して身を守り、子供達を育てていくこと。

世の中は、変わる。

だから、変わることを前提に、ささやかな自分の夢や希望の実現性を探り、行動していく。

角度によっては消極的に見えるかも知れないけれど、私はそのようにやっていこうと思っています。

そして、この2009年という新しい年の元旦にあたり。

5年後の今日には、達成できているようにと、ある目標を立てました。

それが何かは、自分と家族だけのヒミツ♪

5年後、2014年の今日、このブログで目標達成の記事が書けるかどうか。

変化するこの世の中で、自分の、このささやかな目標を達成することができるかどうか。

楽しみに5年間、過ごしていこうと思います。



縁あって当駄ブログを読んで下っている皆さんに、この1年が沢山の幸せを運ぶ年となりますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。