Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
娘が幼稚園を卒園するまであとひと月足らず。発表会、スキー場への雪遊び遠足、最後の保育参観、お別れ遠足など、卒園に向けて楽しい行事が沢山。最後まで、いや最後だからか、キラキラの思い出を作れるよう演出してくれる幼稚園に感謝。この幼稚園で本当に良かった。

3月に入ってから行く最後の遠足は、遊園地とかの幼稚園児に似つかわしい所ではなく、大塚製薬のポカリスエット工場の生産ラインの見学とか。社会科見学か。あぁ、もう学校に行く年齢だから、こういう所も面白いと思えるんだろうなと思うと感慨深い。

幼稚園は娘にとって、私達家族にとって、間違いなく楽しくて有り難い存在で、そこがあったから安心していられたけれど、春からは小学生。私も初めて小学生のママになるから、ちょっぴり不安もあるけれど、また元気に乗り切っていこう♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供達の入園・入学グッズ今週の作品は、娘が小学校に持っていくコップ入れ。

コップ入れ

このところ、毎週何か作っているので、作らないと落ち着かなくなってきた。
殆ど中毒だ、マズイ。。(笑)

毎回画像をアップしているだけでも何の役にも立たないので、今回は図面もアップ。入園・入学グッズ作りを考えていらっしゃる方の参考になればと。
画像をクリックすると拡大されるので、サイズ詳細が見られます。

コップ入れ図面


下の布の切り替えは、一手間入るのでちょっと面倒だけど、可愛くなるのでオススメ。
今回、型紙から起こして制作時間は2時間。このくらいなら、1時間程度でできるようになりたいものだが、それにはもっと熟練が必要だな。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
紙のバッグ

作品名: 紙のバッグ
作成日: 2008年2月23日
作成者: 子Chipapa@6歳

久しぶりに、娘の作品をアップ。

A4サイズの紙に絵を描いて、底と側面をセロテープで張り合わせる。上部に穴あけパンチで穴を開け、毛糸を通す。持ち手をつけて、できあがり♪絵は、朝、家の庭にやってきた小鳥と、飼っているウサギ。

中には、ストローとビーズとチョコレートのお菓子のパーツで作ったネックレスが入っていて、これまたカッコ良くできたので見せてと言ったら、幼稚園に持っていって発表するんだからちょっと待ってと♪何でも、上部の毛糸を緩めて開けるんだけど、ちょっと難しいらしい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
バレンタインに、ばあばからもらった6個入りのアソートチョコレートを、3歳の息子が大事そうに抱えて自分のおもちゃ箱の引き出しから出してきた。「チョコレートたべよーう」と言って。

赤い箱の蓋を開けたら、あと2つ。「1日一つ食べるんだ」と宣言してひとつづつ食べていたそうで。「ばあばはチョコレートが無いから一つあげる」 と一かけくれた日もあり、なんて優しい子とばあばが感激して教えてくれた。

2つ残っていたその日は、向かいに座って何かしていた6歳のお姉ちゃんに「ねえねに一個あげる」とジェネラスに言って、「ホントにいいの?」と何度も聞いて目を輝かせながら喜ぶ娘と2人で仲良くチョコレートを食べた。これで、おーくんのチョコレートはおしまい。お姉ちゃんにあげたら終わっちゃうのに、息子は全く意に介さない。

子供の、そんな思いがけない優しさとか、裏のない思いやりに、時折ハッとさせられる。あぁ私も、見習わなければなあと。それから、こんな屈託のなさが、子供達の心に根付くようにと思う。そしてその屈託のなさとか、チョコレートを分け合った温かな思い出とかが、将来大人になって自分の価値観では受け入れ難い人物事に遭遇したり、厳しい或いは甘い浮き世に迷いそうになったりしても、自分には大切な人がいる、信じてくれている人がいるんだと思える強さになってくれるように願う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春に幼稚園と小学校に上がる子供達の入園・入学グッズ今週の作品は、3歳息子が幼稚園に持っていく着替え入れ袋。

布は、息子が3年前に0歳7ヶ月で最初の保育園に入園した時に作った布団カバーと同じ布を利用。この布、150cmの幅広サイズだから、布団カバーの余り布で、息子の食事用エプロンや、赤ちゃんリュック、娘の連絡帳カバーと色々作った。フランスからの輸入布ということだけど、旧作だったらしく、定価の半額で手に入ったのも良かった。クマとウサギの絵が何とも可愛くて、色々作っているうちに愛着が沸いちゃって、買い足しにもう一度お店に行ったら、残り1m程度しかなかったので、全部買い占めた♪娘にエプロンでも作ろうと思っていたら、機会を逃し、ずっとしまっておいた。

で、今回、この布を引っ張りだして作った。
いつ見ても、やっぱり可愛いわ、この布♪



ちなみに、仕上がりサイズは縦35cm、横32cmくらい。底にマチはつけなかったが、5cm程度のマチがあっても良いと思う。通園・通学グッズ制作本に載っているのと同じくらいのサイズなので、まぁ、ちょうど良いだろう。大判柄だと作るものを選ぶけれど、絵柄を基準にサイズが決められるので、こんなくらいシンプルな巾着等なら、型紙を作らなくても良いので、逆に気楽だったりする。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
入園・入学に向けての袋物つくり3個めは、娘のたすき掛けカバン。

春に娘が入学する小学校は、体操着や上履きやスモッグなど週明けと週末に持って行き帰る荷物を、大きなたすき掛けカバン一つにまとめる。そのカバンは市販のものではなく、布製などやわらかいものを、と要するに手作りするように、と。

カバンのサイズに決まりはないけれど、入れるものを考えると、相当大きい。一体具体的にはどのくらいの大きさなんだろうと思案していたら、先日参加した同じ地区の親子懇談会で、上級生のお母さんが見せてくれた。サイズを測ってみると、およそA3サイズ。低学年の子供に持たせるのはかわいそうになっちゃうくらい大きくて、ビックリ。

そんなバッグ、通常の入園・入学グッズにないから、型紙もない。
裁縫は結構好きだけど、型紙を起こして作り方を考えるっていうのはホネだ。

市内の手芸やさんに頼めば作ってくれるということだけど、制作費8,000円なり、とか。ちょっとした細工を頼むとそれはそれで加算されるそうで。材料費まで入れれば1万円を超えるじゃない。。。まぁ、背に腹は替えられないっていうなら出すしかないかと割り切れるけど、型紙から起こして作り方を考えながら作るのが面倒っていう理由だけで出すには惜しい金額。

とま、そんなわけで、いっそのこと、娘の好きな布で好きなように作ろう、と娘と二人で布を買いに出かけた。先日の3歳息子の布選びは30秒で終わったけれど、娘はやっぱり女の子。あれが良い、こっちが良い、ハハはこっちが良いと思うけど、でも、子Chipapaちゃんはこっちが良い、と、親子二人で布売り場で大論議♪

しまいには、以前ピアニカバッグの布を選んだときみたいに、「ねぇ、子Chipapaちゃんのバッグの布を買いに来たんだよね」と娘が啖呵を切り、「そうよ、けど、ハハがお金を出すの」と私がしょうもない反論をしたところで私が自分の幼さに気付いて笑い出し、布もアップリケもレースもカバンテープも、全部娘の好きなものを選んで家に帰った。

家にある通園・通学グッズの本の幼稚園児用のたすき掛けバックの作り方を見ながら、A3サイズっていうのを想定し、型紙を起こす。マチ部分を計算し忘れて作った型紙を1つボツにして、やっとまともな型紙を起こし、こういうものは勢いが重要、と、そのまま、子供達が寝静まったダイニングテーブルを占拠して、布を切って、ジャーっとミシンをかける。おかげで、この週末で完成♪正直言って、このバッグは、入園・入学準備の中で、かなりヘビーなものの一つだったから、早めに作れたので、かなりホッとした。

多分、安くて丈夫な市販品があふれる今だって、学校など特有のサイズの袋物とか、どうしても市販されていないものを作らなければならないところは結構あるんじゃないかと思う。型紙を起こすのも、作り方を考えるのも、実際に作るのも、ホネはホネ。けどやっぱり、この達成感は格別。週末の度に入園・入学グッズを作っているこの冬は、仕事をしている平日よりも休日の方がずっとプロダクティブで、アタマも使っているかも。週末の度に納期があるっていうのは、軽いプレッシャーではあるけれど、ま、それもこの冬ならでは。どうせやるなら、納期を切ってやっていく方が楽しいし。

で、すっごく可愛くできて(笑)何度も眺めては自画自賛(爆)娘より私の方が喜んでいるかも(汗)

水色の袋本体に薄いピンクのハート柄の蓋という子供ならではの色の取り合わせ。それが、布売り場での親子論議の原因♪蓋にはレースの縁取りをして中を開けると小花柄の裏布。仕上げにはさくらんぼのアップリケ。世界でたった一つの娘のカバン♪

娘が肩からさげると、案の定身体に不釣合いなほど大きいけれど、何年か経てば、娘も大きくなって、バッグは娘の身体になじむだろう。
娘が、このカバンと一緒に沢山の楽しい思い出を作れますように。
娘が、元気に小学校に通えますように。
娘のバッグを作る機会をくれた、娘と小学校に、ありがとう♪

$Chipapa の備忘録-たすき掛けカバン
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2週続けて週末に雪が降ったので、子供達が大喜び。
昨年は雪が降らなかったから、息子@3歳は物心ついてから初めての積雪。
雪の翌日は、「裸っ子の洗濯」とか言って大概暖かくなるそうで。
お日様がポカポカ照る庭で、子供達二人でスキーウェアを着こんで雪遊び♪

週末だから通勤の足を心配する必要もないし、道路に積もるほどひどい積雪ではないのでちょっとした外出には支障ない。このくらいの積雪なら、一冬に1、2度あっても悪くないなんて勝手なこと思いながら、子供達がはしゃいでいるのをボーっと眺める。

しかし、いつもこの時期積雪で懸念されるのが入試。人生の転機になるかもしれない入試と雪。試験準備に加え、体調管理から気象の心配まで、受験生って大変である。ならいっその事、雪の心配のない秋に入試を繰り上げたらとも思うけど、今度は台風の心配とか、準備期間の短縮で、より競争が激化する心配とか。

オチもまとめも全然ないけど、そんなこと思った「裸っ子の洗濯」日和の日曜日。

雪あそび
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
息子の幼稚園登園グッズ作り2つめは、手提げバッグ。今日は雪だったから、遊びにも行けないし、久しぶりに帰省した兄夫婦に子供達を遊ばせてもらったり、義姉とお喋りしながらあっという間に楽しく作れた。

出来上がって息子に見せたら、やっぱり今回も感動は少なく、「おーの、幼稚園に持って行くんだ~~!!」なんて言いながら、一瞬持ってってそこら辺にパッと置いてきちゃうんだもの、男の子なんてそんなもん♪

このバッグで、幼稚園から絵本や図画作品集なんかを持って帰るのね。
おーくん、楽しみだね。
沢山お友達ができるだろうね。
楽しい事が、沢山あるだろうね。
そうしてね、ハハもすごく楽しみなのよ。
おーくんが、どんな男の子に育つかなって。
優しくて、元気で勇敢な男の子に育ちますようにって♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
兄にとても良いことがあって、久しぶりに帰省。10年超越しの兄のがんばりと、義姉の応援があって成し得たこと。

そのニュースを聞いたときは、両親も私も嬉しくて、大人たちがウキウキしているものだから、子供達も一緒に楽しそう♪家中がウキウキ♪

なのに、ニュースの後、東京から急ぎすっ飛び帰ってきた兄夫婦は、待っていた私達よりずっと冷静で、これからの方が大変だし、だからと言って、安泰なわけじゃない、とシビアなコメント。それを聞いた父までも、「そういえば、友人が、『靴底についた飯粒みたいに、取らなきゃ気持ち悪いけど、取っても食えない』って言ってたっけ」なんて冗談を言う。

ともあれ。

お兄ちゃん、おめでとう!
お義姉さん、ずっとずっと支えてくれてありがとう!

これからも、お兄ちゃんとお義姉さんに、良いことが沢山ありますように。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。