Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:
小学校から高校まで同じだった幼なじみの誕生日の朝。そうだ、今日は彼女の誕生日だわ、とプイっとメールを打った。「お誕生日おめでとう!」って。

そしたらすぐにメールバック。
「ありがとう!ダンナが覚えているかな、って思って黙っていたら、普段と同じようにそそくさと出社していっちゃったわ(笑)覚えていてくれてありがとう」

あはは♪
「ご主人ってば、なんとも男の人らしくて、いいわね。ちょっと甘えて『今日私の誕生日なの』って言ったら焦ってお祝いしてくれるんじゃない?」って返信しておいたらその日の夜に彼女からまたメール。

「ダンナの名誉のために書くと、夕方『ピンポーン♪』。花束が届きました。仕事中に思い出して、ゾクっとしたのかもね(笑)」だって。

私まで、なんともなんとも、嬉しい気分♪

幼なじみのその彼女には、子供達を連れて私が実家に帰ってきて間もない頃、近所のスーパーでバッタリ再会した。私の話を聞いたら途端に、ニコニコ笑っていた彼女の顔が凍りついたようになった。「Chipapaちゃん。大変だったね。私も、実は、1回目の結婚はDVでダメになっちゃって、今は再婚なんだよ。とてもとても色々なことがあったし、大変だったけど、でも、今は優しい人に会えてすごく幸せなの。だから、大丈夫。がんばって」と。

スーパーなのにさ。
私の二人の子供達が、退屈しているっていうのにさ。
彼女は車に、ご主人と二人の子供達を待たせているっていうのにさ。
ポロポロポロポロ泣いちゃって。
彼女ってば、ポロポロ泣いている私を抱きしめてくれてさ。
真昼間なのにさ。

幼なじみのその彼女も、私も、一緒に合唱クラブで歌ったり、隣町まで電車に乗って遊びに行ったり、箸が転がっても笑える女子高生だった時代を同じ学校で過ごしたけれど、大人になってから、こんなところで、ポロポロ泣いて、抱きしめあうことになることなんて、想像もしなかった♪

そして、彼女の30代前半最後の誕生日に、こんな楽しくって嬉しい気持ちを分けてもらえるなんて♪
スーパーの出来事にしろ、この誕生日の出来事にしろ、何回も思い出しては、ふふ~ん、良い話、私ってば、なんて素敵な幼なじみを持っているんだろ、って嬉しい気分になれるなんて♪
友達でいてくれて、ありがと。なんて、マジで思った。あ、そうだ。こんなとこだけに書き付けてる場合じゃない。そういう風に彼女に伝えよう。一番伝えたい、超本人に。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐ下息子が生まれて3年になる。上娘とは3歳違いの同月生まれだから、息子は自分が生まれた頃のお姉ちゃんと同じ年になるわけだ。

あの頃の娘を振り返ってみると、今の息子より遥かに大人びていた。それが性差によるのか、個人差なのかは分からないけど。

その子その子のペースがあるんだろう。

2人の子供に恵まれてありがたいのは、そういう子供によって違う点を観察できることだったりもする。何を呑気なことをと叱られそうだが、子育てなんて、長くて毎日毎日続くものなんである。まあ私は両親に世話になりっぱなしだから何も偉そうなことは言えないけれど、母親であるという自覚とか色々は、毎日毎日続くものだ。であれば、そんなくらいの気持ちの幅を持っている方が、母親家業も断然楽しい♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この前歯が抜けた5歳の娘が、今度は、お泊り保育。園をあげての公式の「お泊り保育」は、7月にあるが、その前に、8月までに誕生日がある年長組の子供達が、園長先生と群馬の山奥に、泊りがけで星を見に行くそうだ。

へぇ。
もう、お泊りねぇ。
なんだか最近、娘は高速で成長している。
身体面、精神面、ともに。
年長組だから、幼稚園の行事も目白押しで、私はついて行くだけでいっぱいいっぱい。
「大きくなったなぁ」なんて、感慨に浸っている間もないくらいだ。

というわけで、お泊りにいけるようなバッグもリュックも持っていないので、リュックを買いに出かけた。

気に入って買ったリュックは、ちょっと小さかった。家に帰って、タグを取る前に荷物を詰めてみたが、どうも、ギューギューで、余裕がない。別のリュックに取り替えてこようよ、と言っても、気に入っているからイヤだと言う。

そりゃそうか。でも、また公式行事の「お泊り保育」の時に買いなおすのも無駄た。だから、「ハハ、そんなにお金持っていないから、もう一つ買ってやることなんてできないよ」と言ってみた。何回か、押し問答を繰り替えしても、議論は平行線。

まぁ、普段の園外保育や遠足は、ちょっと小ぶりの私の手作りリュックを持たせているから、それよりはこのリュックだって大きいし、1年生になってからの遠足とか、たまにばあばと一緒に行く山にもこのリュックは持っていけるし、持っていて無駄でもないかな、なんてあきらめつつも、まだ私も説得を繰り返す。やっぱ、お金ないんだから、一つで済まそうよ、って。

そうしたら娘、「あ!そうだ!!」と、いかにも嬉しそうな顔をすると、大事にしまいこんであるお財布を取り出してきた。そして、500円玉を取り出して、「はい、ハハ、お金あげる」とな。これには、参った。なんか、面白くって、情けなくって、泣き笑い。横で聞いていた母も大笑いして、「子Chipapaちゃん、そうよね。ハハのお金がなくなっちゃったら、ご飯が食べられないから、お金ためているんだものね。そうか、どれどれ、じゃ、ばあばがもっとあげよう」なんて言っている。で、「勝負あり。子Chipapaの粘り勝ちだね」なんて。もーう、意味無しってか、意味ありってか、なんていうの、これ。。

まぁ、娘がすごく嬉しそうに、お泊りに持っていくものを詰めているから、それでいいかな。ギューギュー詰め込むもんだから、出来上がりの形はいびつだけど、自分で分かっているんだから、小さいって文句言わずに使うだろう。そうして、また、ピカピカの笑顔で、お泊りでどんなことやったか、仲良しのお友達と、どんなお話をしたか、園長先生に何を教えてもらったか、色々、色々、お話してくれるんだろう。

否応無く与えられるものよりは、自分で選んだものの方が、何かのハンディはあって長く持てることを、ハハは知っているつもりだよ。妥協しないことは、良いことだよ。屁理屈の部類かも知れないけど、智恵を絞って説得を試みることは、良いことだよ。だから、長く使っていきなさいね。大事にしてくださいね。ちょっと小さいけどさ。そこに入るものだけ入れればいいんだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5歳の娘の歯が抜けた。

笑うと、下の前歯が抜けていて、後ろに永久歯が覗いている。

1週間くらい前に「歯が揺れているの!」って誇らしげに見せてくれるから、どれどれ、と覗き込んだら、あらホント。下の前歯の一本が、グラグラ。でも、それ以上にビックリしたのは、その乳歯の内側に、既に永久歯が生え始めていたこと。

乳歯の裏に、乳歯より1.5倍くらい大きくて、強そうで、上がギザギザした、真っ白な永久歯。
歯が抜ける前に永久歯が生えるなんて見たことがない。慌ててインターネットで調べたら、まぁ、たまにあるらしい。場合によっては抜歯が必要とのことで、急ぎ歯医者へ。

歯科医の診断では、抜歯の必要は無し。既にこれだけ揺れているから、自然に抜ければ永久歯が前に出てくるから大丈夫、とのことで。娘と同じ年の息子さんがいるという、その優しい女の先生は、娘に聞いた。「子Chipapaちゃん、自然に歯が抜けるまで待てるかな?」

間髪入れずに娘はうなずく。
そりゃ、そうよね、記念すべき一本目だものね。

そうして待つこと3日。
幼稚園からの帰り道、水筒が歯に当たって、あっけなく抜けてしまったらしい。
少し血が出て、娘は泣いた。

娘が嬉しそうに言う。「丈夫な大人の歯が生えるように、下の歯は屋根の上に投げるんだって。上の歯は、土に埋めるんだって。だから、じいじと一緒に、屋根に向かって、『ボーン!!』って投げちゃったの」

ふ~ん。
大きくなったなぁ。

昨年の幼稚園の運動会で、年少組、年中組、年長組が集団で並んでいて、年少と年中の体格差よりも、年中と年長の体格差の方がが歴然としていることに驚いた。この時期、幼児は、グンと大きくなるんだろう。小学校に入る年齢に向かい、体も心も、グンと成長するんだろう。というか。昔の人の智恵はやはりすごくて、経験的に、6歳という年齢が、幼児として成熟するときだから、勉強や習い事などを始めるのに適していると判断したんだろう。それが、6歳で小学校に入学、という流れにつながっているんだろう。

そういえば、習い事は、6歳と6ヶ月からはじめると良いと言われるそうだ。それも、ま、そういうことなんだろう。

娘の人生も一度っきり。
6歳も、一度っきり。
大切に過ごしたいね、子Chipapa。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
子供達が食べやすいから、ご飯を丸くにぎって海苔を細く切って、手まりの柄みたいに巻きつけて「手まりにぎり」にした。最近のお休みの日の我が家の定番。

5歳の娘がそのおにぎりを食べながら言う。
「ハハ、キレイ。だけど、おにぎり、下手。」

へ?
うまい落とし方だねぇ。
持ち上げて、落とす。

なんて感心していたら、「おにぎり、下手」なんて言っているくせに、娘ったら5個も食べた♪
それね、「矛盾している」っていうのよ、子Chipapa。

その脇で、母が使っている自転車型のトレーニング機に自分で乗っかったくせに、「こわ~い。おろして、おろしてよ~」なんて、2歳の息子が情けない声を出している。
こっちもまた、自己矛盾。自分でやったクセにさ。

世の中なんて、矛盾の産物なんである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝、仕事に出掛ける私のために、新聞を取ってきて玄関に置いてくれた。車に乗って出る私を見送るために、大急ぎで着替えて、ピンクのTシャツと水色のスカートという子供らしい出で立ちで、道の端にでて手を振ってくれる。

ホントに、愛しい子。ふんわりした気持ちで娘のことを思う時は、彼女の笑顔とか嬉しそうな様子とかしか思い出せない。例えば、今朝だって、本当は、起きてきた時メチャクチャ不機嫌で、彼女のお弁当を作っているっていうのに当たられた(笑)だけど、そんなのケロッと忘れて、やっぱり愛しい、愛しい、私の娘♪
いてくれて、ありがとう。

p.s.
息子へ。あなたも同じだけ愛しいのよ。今回は、ねえねが主役だけど、今度あなたを主役にして書いてあげる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある日、ケーキが食べたくてたまらなかった。

ランチの時にデザートで食べちゃおうと職場の人と出かけたが、中華料理のお店だったため、デザートにケーキはなかった。代わりに杏仁豆腐を食べたけど、やっぱり、ケーキを食べたい気持ちは治まらない。

あー、ケーキ食べたい。
そう思っていたら、「今日は社長の誕生日だからケーキが振舞われるよ」というお知らせ。

なんて、タイムリー。
願えば叶うものである♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前からそうだけど、金曜日の夜って何とも良い。

大好きな人や友達との約束がある日も格別だけど、そうじゃなくて、ただ家に帰るだけの日も、仕事を終えて会社を出て、明日あさってはお休みだ!っていう、あの、糸が切れた凧になったような気分が何とも好き。電車に乗っている人達も、なんとなく気もそぞろな感じがする、あの金曜日の夜の雰囲気が、すごく好き。

この、金曜日の夜の開放感がたまらないからっていうのが、実は仕事をする理由の半分くらいだったりして♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
2歳の息子は、私が仕事な行かないお休みの日に、「ハハ、カイシャじゃない?」と聞く。「カイシャじゃないよ」と言うと、喜んでるんだか何だか分からないけど、ビューンって走って行ったり、そのまんまポヤポヤしていたり。

幼い彼には一週間の概念なんてまだ無いから、その日その時ハハがいれば、「カイシャじゃない」し、いなければ「カイシャ」なんである。そうして、どんな日も、ばあばに、じいじに、ハハに、ねえねに、保育園の先生に、甘えたり叱られたりしながら、天下泰平に、過ごしている。

まあホント、なんてありがたい♪息子を見守ってくれる全ての人達に大感謝。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
070604_0636~0001.jpg

娘@5歳が、庭に咲いている矢車草やスミレの花を摘んできて、雨樋の下に置いた古い石臼に溜まっ水に散らした。そして、「ばあば、見て。きれいでしょ」とな。

朝、会社に行く前にそんな話を聞いたので、出がけに石臼を覗いてみた。日が当たった臼と、臼の縁で影になって暗い水面と、そこに浮かぶ色とりどりの花のコントラストが何とも鮮やかで、目が覚めるほどキレイ。

誰も娘に教えていない。花を摘んで水に浮かべるなんて。こういうセンスとか、絵心とか、私にはない何かを娘が見せてくれる時、ああ、これは、娘が天から与えられたギフトなんだなって思う。そういうギフトを生かしてやるのも、親の務めだと思ってしまう。それが娘にとっても、彼女が関わる全ての人、物、事にとっての幸せになるとまで考えるのは、まあ考え過ぎかも知れない。でも、そう思わされるほど、たまに子供がやる思いもかけないことに、圧倒されるんである。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。