Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:

娘@4歳が通う幼稚園は、山の上にある。周りが森に囲まれて、絵本から抜け出てきたようなロケーション。


この幼稚園、ロケーションも素敵ながら、保育内容もユニークで、へ~と感心することが、結構ある。


その一つが、春~秋にかけては、毎週金曜日を、「園外保育の日」として、毎週どこかに出かけることだ。近くの大きな公園に、みんなで歩いていったり、森のなかに入っていったり、リンゴ狩りに行ったり、昆虫博物館に行ったり。


で、その日は、お弁当を持っていく。リュックをしょって、その中にお弁当、おしぼり、レジャーシート、ゴミ袋を入れて、水筒も持って、でかけるのだ。


週に1回、子供たちにとっては楽しい楽しい遠足Dayで、親にとっては、お弁当Dayで。


今年の春はじめての園外保育の日は、タマゴサンドにした。この前行った親子遠足のとき、おにぎりにしたら、「今度は、タマゴサンドにしてね」って娘に言われたから。


リクエストどおりのお弁当に、娘も満足してくれたらしく、ほぼ完食。アスパラが2本だけ、残っていた。娘いわくに、「だって、おいしくないんだもん。せんせいにいったら、”残していいよ”って言われたんだもん」とのことで。


ただでさえ、朝、遅くとも6時半には家を出る私にとっては、お弁当を作るのは、一手間である。でも、平日何一つ世話をしてやることができないので、結構楽しみだったりもする。夜帰ってきて、空っぽのお弁当箱を洗っていると、あ~、なんかシアワセって思って、ニヤケてしまう。


今度は、育児雑誌に乗っていたお弁当を、そのままコピーして作ってみよう、なんて思っている。


タマゴサンド


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらく色々考えていたのですが、私は、このブログのタイトルも、アメブロの登録ジャンルも、変更することにしました。


もともと、このブログをはじめたのは、外国に出張に行っていた、当時の夫と、離れて暮らす私の両親に、私たち親子3人が、元気に過ごしている様子を伝えようと思ったのが、きっかけでした。


それから、トラックバックっていうブログ独特の機能を使って、ワーキングママとその周辺の方々が情報を交換できる場になればいいな、と思って、【WM友の会】という会も企画しました。そこで、たくさんの人たちとの交流で、色々学ばせていただきました。


でも、今、私は、そういうブログをやっていた頃とは、全然違う方向を向いてしまっています。


ワーキングマザーだし、シングルマザーだし、会社員だし、子供たちにとってはママだし、両親にとっては娘だけど、私にとっては、かけがえのない私でしかなく、あんまり、自分に枕詞とか、冠をつけることに、意味が感じられなくなっています。


【WM友の会】には、色々助けられたし、今でも、【WM友の会】をどこかで知って訪ねてきてくれる方もいるから、この会をやめてしまうわけにはいかないな、と思います。


けど、やはり、今の私には、ちょっとこのブログタイトルと、ジャンル、【WM友の会】の主催は、しっくりきません。【WM友の会】については、正直言って、主催する時間を確保するのも難しいし、アイデアもわいてこないというのもあります。


ですから、タイトルは、「Chipapa日記」に変更します。ジャンルも、出産・育児から、Happylogに移動します。


【WM友の会】は、里子に出そうと思います。里親になってくださる方がみつかるまでは、ここにおいておきます。ずーっと見つからなかったら、いつかまた、私が、はじめるかも知れません。


突然活動を中止したり、やっぱり再開するって言ったり、やっぱ、無理だっていったり、勝手で、ゴメンナサイ。


【WM友の会】を引き継いでくださる方がいたら、プロフの最後にメールフォームを作っておきますので、メールをくださると嬉しいです。


これからも、笑ったり、泣いたり、がんばったり、元気にやっていきたいと思います!


「ワーキングママChipapa」時代からのお付き合いの方、「休日かあさんChipapa」からのお付き合いの方、どうもありがとうございました。今後とも、どうぞよろしくお願いします♪

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘@4歳のヤマハ音楽教室の帰り道、娘と二人っきりで、喫茶店に寄った。息子@1歳がミズボウソウになっていて、母が見ていてくれたから、本当は早く帰るほうがいい。


でもその日は、仕事や生活に追われすぎているせいか、なんだか心が、キューって悲鳴を上げていた。ちょっと休みたいと思っていた。本当は、一人になってどこかにフラっと旅行にでも行っちゃいたい気分だった。


でも、そんな旅行どころか、息子の面倒を見てくれている母に、喫茶店に寄っていきたいっていうことも、言い出せない。でも、ここでちょっと休まないと、多分、心の悲鳴はやまない。


って思って、娘に言い聞かせる。「子Chipapaちゃん、喫茶店に寄っていこう。いーい?じいじとばあばには内緒、ハハと二人だけのヒミツだよ」


娘は大喜びで。

ハハと二人っきりでいられるだけで、すごくすごく嬉しくて。


娘と一緒だと、一人っきりになってボーっとするっていうことはできないけど、大喜びで大好きなポテトを注文して、折り紙を折ったりお絵かきをしたりしながら、他愛もないことを喋り続けている娘に相槌を打ちながら、本を眺めたりしていたら、なんだかとてもゆったりした気持ちになった。


一人の時間を作ってリフレッシュするのも、間違いなく良い。でも、こんなリフレッシュも、悪くない。子供がいるからこそ、もてる時間だし。


ありがと、子Chipapa。この時間、二人だけの、ヒミツだよ♪


ヒミツ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子@1歳を車に乗せて、2人でTSUTAYAに行った。車の大好きな息子は、道中ずっと、「ブッブー!」と叫びまくり、とってもご機嫌♪TSUTAYAに着いても、車を降りたがらない。でも、息子を一人置き去りにするわけにも行かないので、チャイルシートにしがみつこうとする息子をひきはがし、店内に連れて行った。


店に入っても、「ブッブー!ブッブー!」と叫んでいて、うるさいうるさい、あーうるさい。


ところが。


女性誌のコーナーの前を通りかかったら、ピタっと、静かになった。


息子ったら、女性誌の表紙を飾る、きれいなお姉さん達の写真に、クギヅケで。

「おー」なんて、感嘆の声を出しながら、お姉さん達を指差す。


息子よ。

1歳にして、君も、オトコなんだね。

正常に発達しているようだね。

オモシロスギル。


これからも、奇想天外なことを、たくさん見せておくれ。

ハハを、笑わせておくれ。


女の子だけじゃなくて、男の子もいてよかったな、って思う瞬間でもある。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

鏡台の整理をしていたら出てきたとかで、母が、娘@4歳に、おもちゃみたいな真珠の指輪をくれた。


娘は嬉しそうに、朝起きると、その指輪をして、夜寝る時には、ちゃんと自分専用の「おしゃれセット」の箱にしまいこむ。


お出かけの時には、ちゃんとその指輪をつける。「ほらね!」なんて私に見せて、ニッコニコ。


車で親子3人で外出したら、後部座席に息子@1歳と一緒に並んで仲良く座り、弟の指に指輪をはめてやっている。息子もニコニコで、お姉ちゃんの顔を見て、ニーって笑って、きょうだい2人でニッコニコ。


しばらくして、娘が、「もういいでしょ~。お姉ちゃんに返してね~♪」と、息子の指から指輪をとろうとすると、息子が、抵抗。まだよく喋れないので、「ガァォー。グゥー。」みたいな声を出して、嫌がる。それでも、お姉ちゃんったら、強引に、息子の指から指輪を抜き取った。

「ね、おーくん、返してね。おーくんがもうちょっと大きくなったら、買ってあげるから。

お姉ちゃん、お金、持ってるんだから」と言って。


これには私も大笑い。


そうそう、確かに、お金、持っているね、子Chipapa。半年ほど前、じいじとばあばとディズニーシーに行った時にもらったお小遣いの残りが、数十円ほど。


数十円じゃ、真珠の指輪は買えないけれど、あなたの、そのジェネラスな、「お金持ってるんだから」発言には、脱帽だよ。弟のために、そのお金をつかってあげる寛容さにも、感心だよ。


そんなくらい、気前よく、きっぷよく、明るく、きょうだい仲良く、過ごしておくれ。そして、大人になったら、ちゃんとちゃんと、自分の生活を守ったり、自分の大切な人たちに贈り物ができるように、自分の力で、お金を稼いでおくれ。ハハは、そう願っていますよ。


きょうだい2人、いつまでも、仲良くしておくれ。こんなふうにね。


なかよしきょうだい

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

【WM友の会】の活動を、しばらく勝手に休止していましたが、また再開しようと思います。

再開のきっかけをくださった、Yu-mamさん、ありがとうございました!


まずは、休止期間中に入会表明してくださった方のご紹介から。

過去の入会表明のコメントからひろってアップしていきますが、もれていたら申し訳ありません。

この記事でも、どこかの記事にでも、コメントください。よろしくお願いいたします。

   ・Yu-mamさん
       「働くママのジタバタ育児日記」

   ・mikkymamaさん
       「mikkymamaの子育て日記」

   ・はたままさん
       「はたまま研究所」

   ・nikonikomamaさん
       「働く女の道*母の道」
    ・pinkbear1975 さん
       「☆桃熊の不器用子育て☆」

    ・cm110934341 さん
       「主婦のスイングトレード」

    ・aozoranikki さん
       「『青空日記』~会社勤めをしながら育児しているママの日記です~」

    ・nickday さん
       「すっきり」

    ・kyowakappi さん
       「働く母の子育て日記」

    ・reisemama さん
       「ハーフの子を持つシングルマザー ~未婚ママの爆笑育児~」

    ・sweetbaby さん
       「ママになろう!」

    ・響 さん
       「~ King has donkey's ears ~」 

    ・mighty-maikoさん
       「28歳・子持ち・共働きな日々」

    ・kiusiyoku-yuushiyoku さん
       「涼やか育児日記」

    ・s48 さん
       「サラリーウーマン魂」

会員紹介その1
会員紹介その2


※「入会表明したのに、まだ載っていないよ!」っていう皆さん、
ごめんなさい。これから掲載していきます。
  でも、もし、あまりに掲載が遅かったら、一言くださいませ。


会員募集中!!

【WM友の会】についてはこちら


実施中のTBテーマはプロフィールのリンクからどうぞ!

期限は決めていませんので、いつでも参加してくださいね。



今後話したいテーマがあれば、教えてください。


*入会希望の方は、この記事にコメントくださってもOKです。

お返事は、直接ご訪問します。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘@4歳をつれて、冬物の洋服をたくさん持って、クリーニングやさんに行った。


クリーニングやさんのおばさんが、料金計算の間ずっと待っている娘に、ペロペロキャンディーを2つくれた。


娘は、「ありがとう」と恥ずかしそうにいって、「1つは、子Chipapaちゃんの。もう1つは、おーくんにあげよう」とつぶやいた。


私に言われなくても、ちゃんと弟のことを思いやれるお姉ちゃんに成長しているようで、すごく嬉しくなった。「子Chipapaちゃん、優しいお姉ちゃんだね」と、娘をギュッと抱きしめた。


家に帰り、両親にそのことを報告したら、父が言った。


「そうか。えらいね、子Chipapa。でも、もし、クリーニングやさんのおばさんが、1つしかペロペロキャンディーをくれなかったら、こういうんだよ。


『あたしには、弟がいるんだよ。だから、1つだけは、もらえないの。2つじゃないと、いけないの』」


うーん、亀の甲より、年の功。

祖父母と一緒に暮らしてみると、こういう智恵(!?)も授けてもらえるのか。

ラッキーだな、子供たち。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

GWは遠出はせずに、のんびり過ごしている。

家にゆっくりいられるいい機会なので、冬物をクリーニングに出したり、冬用の靴をしまったり、全部衣替え。


冬履いていたロングブーツにクリームを塗っていたら、前の会社の取引先だった印刷会社にいた、営業の最前線で活躍していた女性を思い出した。

40代後半位のその人は、シングルマザーだった。
大学を出て、教師になり、若いうちに結婚して2人の子供をもうけたけれど、結婚がダメになり、実家のそばに戻ってきた、と言っていた。当時、もう、お子さん達は大学生になっていて、子育てはひと段落、仕事に邁進している時だった。

彼女が担当した印刷物に、ミスが出てしまったことがあった。上司と一緒に、誤りに来た。その時の様子が、潔くて、自分のミスを隠さず、真摯に受け止めて、キチンと謝っていた。なんだか、カッコよかった。その日、その人は、スーツにロングブーツを履いていた。

美人で、おしゃれな人だった。苦労した、とか、大変だった、とかなんて、全然感じさせず、軽やかに、かつ、グイグイと仕事をする人だった。


そんな彼女が実は、子供が二人いて、シングルで、必死に育てたのだというのを聞いて、すごくすごくビックリしたんだっけ。



私も彼女と同じ、二人の子供のシングルマザー。

当時の彼女と同じ40代後半になったら、私は、何をしているだろうか?
誰と、どこで暮らしているだろうか?

ロングブーツが、カッコよく履ける女性になっているだろうか?


すっごく、すっごく、楽しみである。

「将来が楽しみ」って、いつでも、何歳になっても、思えるように、今を一生懸命楽しんで、生きていきたいと思う。


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事帰りに、東京駅から、いつものように、そのとき来た新幹線に乗ったら。

なんか、長い。高崎駅までの時間が、いつもより長い気がする。でも、真剣に、くだらない本を読んでいたので、気づかなかった。


ふとアナウンスが耳に入った。「次は、越後湯沢です」


やっちゃった。。


そういえば、たまに、高崎駅に止まらない新幹線が、あるんだった。

前にも、こんなことがあった。新幹線通勤を始めたばかりのころ、なれない生活に疲れて、眠り込んでしまったのだった。で、気づいたら、やっぱり、越後湯沢。


越後湯沢で降りると、ちょうど向かいのホームに各駅停車の東京行き新幹線が止まっていた。早速乗り込み、30分ロスして、高崎に舞い戻る。


確かに、ロスはロスだけど、ま、読みたい本を読む時間が増えたから、いいっかな。

こんなアホなミスも、それくらい、ポジティブに、前向きに、気前良く、都合よく、捉えて、元気に生きていこう!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年のGWは、息子もまだ小さいし、カレンダーどおりに休んで、遠出はせずに、近場で子供たちと遊んで過ごすことにした。カレンダーどおりとはいえ、もともと超大型連休なので、結構遊べる。


29日は、天気も良かったので、お弁当を持って、近くの大きな公園に行った。


斜面を利用した長い滑り台を、娘@4歳が息子@1歳を抱いて、二人でキャーキャー言いながらすべる。最近お姉ちゃんのことを、「ねぇねぇ」と、呼べるようになった息子が、「ねぇねぇー!」と呼びながらあとをヨチヨチついていくのも、可愛らしい。


ちょっと前までは、息子はほんの赤ちゃんで、子供たち2人を連れて出かけると、ちょっと遊ばせるのも大変だったけど、今では、私は見ていてやるだけでいい。


子供の成長って、ホント、あっという間だ。


親子3人で、ビニールシートを広げてお弁当を食べていたら、なんだかとっても嬉しくなって、子供たちを抱きしめて言った。


「子Chipapaちゃん、おーくん、ありがとう。生まれてくれて」


そうしたら、娘がこたえた。


「そんなの、ハハこそ、ありがとう、だよ。」


「どうして?」と私。


「だって、育ててくれるから。ありがとう」



びっくりしたよ。。

4歳の娘が、「育ててくれて、ありがとう」なんて。。

しびれたよ、ハハは。

ハハがそんなに小さい頃、親に「育ててくれてありがとう」なんて、ちっとも思った事がなかったよ。


子Chipapa。

あなたは、年齢の割りに、色々な経験をしているのかもしれません。


子Chipapaが一番不安なのは、「ハハが帰ってこなかったらどうしよう」っていうことだと、ハハは、知っているよ。

でもね、大丈夫。ハハは絶対、帰ってくるから。

あなたたちが大きくなって、自分で自分のことが全部できるようになるまで、何があっても、絶対、いなくならないから。だから、大丈夫。

安心して、すくすくと、大きくなってください。


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。