Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪
&たまに社会保険労務関連情報発信。最近は専ら親バカブログ。


テーマ:
10月から幼稚園に途中入園した4歳娘。

入園から、1ヶ月が経った。
幼稚園が快く受け入れてくれたこと、私の両親も毎朝娘を快く送りだしてくれること、そして、なんといっても娘自身が、がんばったおかげで、皆勤だった。

アンパンマンやバイキンマンのシールでいっぱいになって、皆勤賞のキラキラのシールも貼ってもらった出席ノート。先生からのお便りコーナーには、小さい字で、たくさん娘の様子が書いてある。「開園日数18日、登園日数18日。欠席0日。早退0日。」の文字がまぶしい。

がんばったね、子Chipapa。

はじめは、幼稚園のみんなが歌う歌が分からなくて、圧倒されて、幼稚園で起こること全部全部を消化するのだけで精一杯で、私達に報告する余裕なんて、なかった。「楽しかった」っていう思いを伝えるだけでいっぱいいっぱい。

うんと、うんと、がんばったんだね。

お友達もできたようだ。

でも、この前、お友達に「お昼、一緒に食べよう」って誘ったら、断られちゃったって。「だから、子Chipapaちゃん、一人で食べたの」なんて言うから、切なくなっちゃう。かわいそうになっちゃう。

ハハはね、そういうあなたの淋しそうな姿を勝手に想像して、胸がキュって締め付けられてしまう。

でも、色々な時期があるよね。
まだ、あなたは大丈夫。
初めての転園。初めて、出来上がったコミュニティーの中に入っていった。
なのに、うまくやっているし。
大丈夫。

お友達と、うまくいかないこもある。断られちゃったことは、悲しいと思う。淋しいと思う。でも、大丈夫。
お友達を誘えたあなたは偉いんだから。

もうちょっと、様子を見てみよう。
「断られちゃった」なんて聞くと、親としても切ない。すぐすっ飛んで言って、お友達に、「仲間に入れて上げて」なんてお願いしたくなる。
でも。
まだ。
いじめられているんじゃないし、娘も楽しく幼稚園に行っている。まだぐっと我慢しよう。

親ってこんなにも、子供のことで胸がキュンとしたり、嬉しかったりするんだ。私も、親に、どんなにか心配かけてきたんだろう。心配かけているんだろう。

中学生の頃、いじめに遭ってしまった私を、カラダを張って守ってくれたのは、母だった。家族会議を開いてくれたのは父だった。母は学校に乗り込み、いじめた子の親と対峙し、先生と相対して状況を話してくれた。

親って、そういうものなんだ。

娘が、初めてお友達から「断られちゃった」っていうことを聞いて、そんなことを考えた。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。