Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:
第16回TB企画「食事の準備、いつしていますか?」
のリンクは、プロフィール欄に移動しました。
 こちらも、引き続き、コメント・TB受付中です。


久しぶりぶりのTB企画です!!

今回の【WM(ワーキングママ)友の会】のTB企画は私chipapa自身の素朴な悩みからです。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

「子供と過ごす絶対的な時間、
どう確保/埋め合わせしていますか?」


WMは、仕事に育児に家事に大忙し。いくら要領よくこなしても、絶対的に子供と触れ合う時間が少なくなってしまうのは、悩みどころではないでしょうか。

子供が小さいうちは小さいときなりの成長を楽しんだり、遊んであげたりという時間を確保したいし、大きくなればなったで、宿題も見てやりたい、習い事もさせてやりたい、悩みを聞いてあげたい、など、どうしても絶対的な時間が必要なときもあるのではないでしょうか。

今回は、皆さん、どうやって、子供と過ごす絶対的な時間を確保する努力をしているか、また、絶対的な時間が少し少ないかも、と感じても、それを埋め合わせるために、どういう工夫をしているか、教えてください。

  ◆参加方法

     
この記事に、本テーマに対する、コメント又は
     関連記事のトラバをください。


     改めて記事を書かなくても、過去に書いた記事のTBを
     ペタリと貼り付けるだけでもOK♪

     コメントだけでも、もちろんOK♪

     この記事についたコメントやトラバをたどって、会員の
     皆さん同士、どんどん交流してくださいね!

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら


会員紹介はこちら


今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日熱を出した娘@3歳も、今日はなんとか持ち直して、保育園に登園した。昼間、会社から保育園に電話を入れて様子を聞くと、外で元気に遊び、食欲もあるとのことで、一安心。体力のある子でよかった。

ところで、私は、子供が生まれてから、仕事の取り組み方が大きく変わった。子供がいない時は、小さいことにもこだわって、ウンウン唸って考えたり、何度も何度もやり直したりした。でも、今は、とにかく、悩まず、どんどんこなさなければならない。スピードと集中力が勝負。良いか悪いかは別として、とにかく時間に制限があるから、仕方がない。

それによって、アウトプットの質が下がったかというと、また、そうでもなかったりする。そう以前の上司に話したら、ニヤリと笑われた。「そう、やればできるのよ」と。

その上司は、とにかく仕事が速かった。判断も早い。女性だけど、男性以上に男性っぽいところがあって、いつも圧倒されていた。

その上司はまた、とっても勘の良い人でもあり、直接的に手取り足取り仕事を教えてくれることはなかったけれど、ここぞという部分で、非常に参考になることを、スパっと言ってくれる人だった。

例えば、1年に1度のレビューのとき。私の仕事に対するスタンスをあっさりと言い当てた。「chipapaさんはね、はったりでもいい、もっと自信を持ちなさい。何か仕事を依頼されたときに、『出来ます!』って言っちゃってから考えても良いのよ。できるから。それでも大変だったら、私に相談すればよいのだから」

そうそう、その通りだった。私は、今の会社に入社する前、別の業界にいた。この会社に入社してからは、すぐ妊娠・出産をしてしまって、いつも負い目を感じていた。自分はこの業界の知識がない、職務知識が不足している、だから、出来ないかもしれない、どうしよう、と思うことが良くあった。かと言って、そんなこと、上司に言ったわけではない。でも、上司は気付いていて、それを、上記の言葉で励ましてくれたのだった。

そして、それから1年後のレビューのとき。彼女は、今度は、「大分安心して仕事が任せられるようになったわ」と評価してくれた。今考えてみても、なんだか気持ちの良い上司だったなぁ、と思う。

話がかなりずれた。

今回、何が書きたかったかというと、子供が小さいと、いつ体調を崩すか分からない。だから、基本的に「明日やります」という言葉は、不履行に終わることもあると思っているということだ。

もちろん、そんなの職場からしたら、迷惑至極だと思う。でも、明日、普通に、会社に来れると100%言い切れないので、「会社では」、明日やることはできないかもしれないと思っている。ただし、そんなの繰り返したら、それこそ私自身の信用を失ってしまうし、場合によっては、「だから子持ちはダメなんだ」と、他の頑張っているWMにも迷惑をかけることになってしまうかもしれない。

だから、どうしても明日やらなければならない仕事は、家に持ち帰ったり、作りかけの資料があれば、データをメールで自宅メールに送っておいたりという「保険付き」で仕事をしている。

娘が保育園の0歳児クラスに行っていたときは、本当によく熱を出した。だから、いつもいつも「明日はこれないかも知れない」と思っていた。なんだか毎日、あっぷあっぷだった。毎日作りかけの資料は、メールで家に送ったり、フロッピーで持ち帰ったり、、(あ、でも、コンフィデンシャルのものはそんなこと、しませんでしたよ。念のため。)。。。

娘が2歳くらいになってからは、本当に丈夫になって、殆ど熱を出すこともなくなった。それ以降は、そこまですることもなくなった。が、息子@9ヶ月が0歳児クラスに通っている今、また、保険付きで仕事をする日々が戻りつつある。本当は、もっとゆったりしたいけど、仕事をしている以上、仕方がない。これはもう、お給料をもらう以上、責任があるのだから、なんとかするしかないのだぁ。。。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

下息子@9ヶ月が、熱を出し、病後児保育室に行ったことを聞いて、「子chipapaちゃんは、びょうごじほいくしつに行くのはいやよ。だから、熱を出さないのなんて、あったりまえよ~♪」と元気一杯だった、我が家のお姉ちゃん@3歳。

それが。

息子の熱は1日で下がり、その翌々日の今日。息子の方にばかり気を取られていたけれど、昨晩から娘がコンコン乾いた咳をし始めた。今朝の朝食時には、「おなかが痛い」と言いながらも、「あ、でもカボチャはおいしいから、いっぱいたべるよ♪」なんて、元気なんだか、元気じゃないんだか。。。私が会社に行く直前に、夫が念のため熱を測ったら、なんと、38.3度。


あらまぁ。元気印のお姉ちゃんが熱とは...
娘は、ここ1年半ほど、病気で保育園を休んだことが、一度もないのだ。

だからなのか、そういえば、きょうだいって病気を移しあうものだという単純な事象をすっかり忘れていた。息子が熱を出したときに、娘のことも用心しなければいけなかったのだ。

なんて、反省していても仕方がない。
現実に、熱を出した、元気な(っていうのも変なのだが、本当に元気だったのだ)娘@3歳が、目の前にいる。保育園に連れて行くことは出来ない。夫も私も、仕事を休むのは厳しい。

で、また、夫が午前中に息子をいつもの保育園に送っていき、その足で娘を病院から、病後児保育室に連れて行くことにした。私は、早い時間のうちに片付けたい案件があったので、会社へ。

この病後児保育室へは、お弁当とおやつを持参する必要がある。もっと前から分かっていれば、手作り弁当も持たせてやれたが、今回は、出社直前に分かったものだから、何も用意できない。夫に、送っていく途中に何か買ってもらうことにした。

娘に、「子chipapaちゃん、熱が出ちゃったね。病後児保育室、行こうね。チチに、好きなお弁当とおやつを買ってもらってね」というと、口をヘの字にして、涙をこらえながら、娘は、「うん」。

かわいそうになったけど、「イヤだぁ~~!」と泣き叫ばなかったので、子供達を夫に託して、私は会社へ向かう。

会社でバタバタと14時半過ぎまで仕事をして、一通り急ぎの案件を片付けると、病後児保育室へ迎えに行った。会社から、そこまでは、電車とバスを乗り継いで、1時間半もかかる。遠いけれど、預かってくれるのは、本当にありがたい。

迎えに行くと、娘は、とても楽しそうに遊んでいた。あんなにイヤがっていたのに、私の顔を見ると真っ先に、口を尖らせて、「もっと遅く迎えにきて欲しかった~。だって、おままごと遊びが出来なくなるじゃない」。

はいはい。そうね、そうね、だから言ったでしょ。「ここには、保育園にも、うちにもない、楽しいオモチャがたくさんあるから、それなりに楽しいと思うよ」、って。それに、病気の子供しかいないから、基本的に、保育士さんが、本当に優しい。今日は、娘のほかには赤ちゃんが1人いただけで、オモチャも独占できる。娘は、実生活でもお姉ちゃんだもんだから、赤ちゃんの扱いは手馴れたもので、赤ちゃんに、「はい、これどうぞ」なんて、気前良くオモチャを渡したりしていた。

機嫌良くすごせてよかった。熱は高いけれど、元気いっぱい遊び、食欲もあったようだ。上機嫌の娘と一緒に、バスに乗って帰宅。バスは、ちょうど夕方で、ものすごく混んだ。娘は、私の手を握って、ケナゲに立っていた。そして、家について、すぐ息子を保育園に迎えに行こうといったら、「子chipapaちゃん、疲れちゃった。だから、一休み」と。これにも大笑い。

一休みした後は、もうすぐ4歳になるというのに、弟のベビーカーに乗って(だって、疲れるから♪)、息子を迎えに行った。「子chipapaちゃん、赤ちゃんになったみたいね」なんて、これまた、とってもご機嫌。大声で歌なんか歌っちゃって、この子ホントに、38度熱があるのよねぇ。。

保育園につくと、会う人会う人に向かって、「子chipapaちゃんねぇ、お熱だしちゃったから、びょうごじほいくしつに行ったの」と報告しまくっている。ってか、ホント、38度あるのに、元気すぎる。ま、グッタリしていたら大変だから、それで良しとしよう。

息子の部屋に入ると、「おーくーん!!」と叫んで娘は息子の所にすっ飛んでいった。息子も、足をバタバタさせて大喜び。

子供達は、熱で大変だったし、仕事では迷惑掛けまくってしまったけれど、なんだか幸せ。娘が、とっても病後児保育室を気に入っちゃって、「また行くー。だから、またお熱出すね♪」なんて張り切っているのには、参ったが。

それなりに大変だけど、こういう、日常とは違うことを、大変大変!とキリキリしないで、ま、仕方がない、と割り切って、どーんと構えられる余裕が、常にあるといいのだろうなあ。

多分、家族にも、職場にも、病後児保育室にも、恵まれているのだと思う。だから、今回も、大変なのに、なんだか幸せって思えたのだろうなぁ。

さて、そうはいってもこの非常事態が、「幸せ」なんて言っていられるのも、毎日じゃないからだと思う。毎日こんな非常事態だったら余裕もなくなるだろうし、私に風邪が移ったら、それこそ、本当に家族の一大事になってしまう。だから、今日はもう寝るとしよう。明日もまた、元気に過ごせますように。

ここに遊びにきてくれた皆さんも、天候の不安定なこの時期、体調を崩しがちなので、どうぞ気をつけてくださいね♪

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日熱を出した息子@9ヶ月が、病後児保育室に行ったことを、夕食のときに、娘@3歳に話した。


  私: 今日、おーくんねぇ、お熱が出ちゃったから、病気の子供が行く
     「病後児保育室」っていう保育園に行ったのよ。ハハが迎えに行った

     らねぇ、おーくん、ご飯食べてたよ。

  娘: ふぅ~ん。それ、ようちえん?

  私: ううん。保育園よ。でも、病気の子供だけ、行くの。お熱出しちゃったり
     したときとかね。子chipapaちゃんも、小さい頃、行ったのよ。

  娘: 子chipapaちゃんがお熱を出したら、また行くの?

  私: 場合によってはね。どうしても、チチもハハもお仕事に行かなければ
     ならない時は、行くかも知れないよ。

  娘: え~、いやぁだぁー。

  私: そっかぁ。でも、子chipapaちゃん、小さい頃、行って、すべり台で遊ん
      だり、おもちゃのベビーカーを押したりして、結構楽しそうだったよ。

   娘: うふふぅーん♪ だけど、やっぱり、行くのは、いやぁだぁー。

  私: そっかぁ。じゃ、お熱をださないことね。

  娘: そんなの、あったりまえよぉー♪


わっはっは。「そんなの、あったりまえよぉー♪」なんて、人差し指を立てて、ニコニコしながら言っている3歳の娘。いつのまにか、そんな楽しいナマイキを言う子供に成長していた。

小さい頃って、手がかかることが多いけど、こうやって成長していってしまうのだなぁ。息子も、あと3年もすれば、すっかり小さいお兄ちゃんみたいな顔になっちゃって、ナマイキ言うようになるのかな。楽しみ♪間違いなく、楽しみだけど、チビちゃんで、すっぽり抱っこできちゃう赤ちゃんの今が、あっという間に過ぎてしまうのも、もったいない。

普段忙しさにかまけて、「早く!早く!」ばっかり言ってしまうけど、「あぁー、あの時、もっとゆっくり子供の成長を見ておけばよかった」って後悔しないように、存分に楽しみたいな、なんて思った。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月初旬に私が仕事に復帰してから、体調を崩すことなく元気に保育園に通っていた息子@9ヶ月が、ついに熱を出した。

昨晩よなか、グズグズしていて、さわってみたら熱い。熱を測ったら、38.5度。

さぁ、どうしよう。

昨日は、午後外出があったので、私はどうしても今日午前中は仕事に行って取り急ぎ処理できることは片付けたい。夫は、今晩海外とのテレフォンカンファレンスがあるそうで、休むことは出来ない。

朝になっても、やっぱり38.3度。保育園に連れて行くことは出来ないので、市内に一つだけある病後児保育室を利用することにした。夫と相談し、私は、早めに家を出て、午前中、とりあえず片付けられる仕事をして、あとは、上司に頭を下げて引継ぎをお願いして、昼過ぎに会社を出る。

こういうとき、上司や周りの理解があるのは、非常にありがたい。

一方夫は、子供達に朝食を食べさせ、娘@3歳を保育園に送っていくと、息子を病院へ連れて行き、その足で、病後児保育室へ。朝食時に、息子が吐いてしまって大変だったようだが、なんとか10:30過ぎに入室し、夫は会社に向かったようだ。

私が病後児保育室についたのは、14:00頃。息子は、昼寝から覚め、食事をしていた。機嫌は悪くないが、食欲はあまりないとのこと。そういえば、朝、私が出かけるとき、いつもは私が先に出ても全くグズらないのに、珍しくぐずっていた。体調が悪いと、精神的にも参ってしまうので、ママに甘えたいのだろう。

そして、家に帰ってきて、息子は今、おんぶで私の背中に張り付いている。まだ熱は38.1度。これから、娘@3歳を迎えに行く。

明日は、どうなるのだろう。。。明日は、早朝から夫がまた海外とのテレ・カンファレンスだそうで、今晩は帰ってこない。

子供が小さいと、子供が体調を崩すことはよくある。そのたびに仕事との調整に綱渡り。だけど、一番辛いのは子供自身だし、こういうのも、小さいうちだけなんだよなぁ。。過ぎてしまえば、あぁ、あの時は大変だったけな、なんて思い出になる。娘@3歳も、0歳児の頃は、よく熱を出した。この病後児保育室にも、何度もお世話になった。おたふくのときは、1週間近く通って、すっかり「主」みたいな顔しちゃって遊んでいたっけ、なんて思い出した。

にしても、こういうとき、やっぱり、夫婦の協力は、私にとっては必要なものだなぁ、と心から思った。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月初旬に仕事に復帰してから、ブログにかけられる時間が、圧倒的に減ってしまった。記事の更新も、やっとこさっとこ。皆さんの所に訪問する時間はおろか、コメントを下さってもまともにお返事を書くことが出来ないありさま。ゴメンナサイ...

でも、ひょいっとできた時間にブログを開くと、ホッとする。あたたかいコメントをもらっていたりすると、すごく嬉しくなる。

ブログってすごい。

もともと、このブログは、夫がアメリカに出張に行ってしまって、2人の子供との生活の様子を、遠くにいる夫に見てもらったり、離れて暮らしている私の両親や兄に見てもらえればいいかな、と思って始めた。あとは、あっという間に過ぎてしまう子供達の子供時代の記録をつけようと思ったことと、普通のワーキングママとして、微力ながらも他のワーキングママや将来のワーキングママの皆さんに、ちょっとでもお役に立てればな、と思った。

でも、始めたら、思わぬブログの素晴らしさに魅了されてしまった。

バーチャルなコミュニケーションではあるけれど、ここで出会った人たちからもらうパワーは、とっても私を元気付けてくれる。

私自身も、そりゃ、毎日過ごしていれば、イヤなことだって、面倒なことだって、辛いことだって、ないっていったらウソになる。

でも、このブログには、そういうことは、できるだけ書かないようにしている。できるだけ、楽しいこととか、面白いこととか、元気が出るようなこととか、読んでくれる方が、「お、なるほど!」って思ってくれることとか、そういうことを書くようにしている。

そうしたら、このブログが、プラスのエネルギーを私にくれるようになったように思う。

仕事に復帰してからも、なんとなく、今までよりも、何でもできるような気がしている。実際のところ、別に私の実力が変わったわけでは、全然ない。でも、マインドが変わったっていうか。ブログを通じて、たくさんの、プラスのパワーを持った人たちに会えたからじゃないかな、と思っている。

だから、訪問してくれる皆さん、本当にありがとう!!

楽しい記事を書いてくれているブロガーの皆さん、本当にありがとう!!
こんな素晴らしいツールを開発してくれた、ブログ開発者の方、ありがとう!!

私に無料でサーバーを提供してくれている、サイバーエージェントさん、ありがとう!!

これからも、ちょっとでもいいから、プラスのエネルギーが感じられるようなことを書きたいと思う。

幸せのオーラが出ているようなサイトにしたいな、と思う。

リアルな世界で、もし、大変なこととか、面倒なこととかがあっても、ここに来ると、ホッとできるような、そんな世界が作れたらいいな、と思う。大変なことを、プラスに変えていけるような、そんな力を、私はこのブログを通じて、追求していきたいなと思う。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

育児休暇中に、私の会社は移転した。そうしたら、通勤経路も変わってしまい、ものすごい満員電車に乗るはめになってしまった。移転前は、そこまで満員ではなく、毎朝通勤電車で新聞を読むことも出来たが、今度の電車の込み具合は、半端じゃない。ギュウギュウ押されて、ヨレヨレになってしまう。新聞なんて、全く読めない。

電車に乗る時間はトータルで40分くらい。この間、ずっと新聞も読めず、何もできないのは辛い。ということで、英語を聞く時間にすることにした。

アルクの「英会話 コエダス・アドバンス」に加え、ヒアリングマラソンも始めたが、実は、ヒアリングマラソンは、聞き流しばっかりで、課題提出が追いついていない。課題をやる時間を取ればよいだけなのだが、マインド的にイマイチ乗り切れないというか。。なんて、これは言い訳。早速、通勤時間中に聞くべく、まずは環境整備から、とばかりに、MP3プレイヤーを購入した。

私が買ったのは、「アイリバー」。イヤホン一体型のネックストラップがついていて、全部で40gくらい。女性のスーツって、ポケットがないものもあるけれど、これだと首から下げられるので、ポケットに本体を入れたり、コードをクリップで止める必要もない。

おー、なかなかの優れものだわぁ、と思った。そうして、そういえば、洗濯ものを干したり、たたんだりする時間って、子供が寝ている間のことが多く、英語を家のステレオで聞くのも音が出てできなかったが、そのときも聞いてみよう、と家でも首からアイリバーを下げて、洗濯ものをやってみた。うん、いい感じ。

アイリバーの宣伝文句に確か、「音楽を身につけるとい発想」みたいなのがあったと思うが、まさにその通り。私の場合は、英語を身につけるって感じだけど。だから、「英語携帯生活」なかなか楽しい。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子@9ヶ月は、生まれたときから剛毛で、天然パーマ。大分前から、前髪が目に入るくらいに伸びていた。だから、男の子なのに、前髪を結んで保育園に登園していた。襟足なんて、ライオンのよう。天然パーマだから、フワフワの襟足が広がって、なんともいえない味を出していた。

そういうのも手伝って、女の子に間違えられることが多かった。

それが面白かったから、髪を切るのを伸ばし伸ばしにしていたのだけど、やっと、今日、切った。

赤ちゃん筆センターの代理店に行って、ざっくり切ってもらった。髪は、胎毛筆を作って余りあるほど多い。

3年前も、娘が赤ちゃんの頃、同じ代理店に行った。そのときは、娘は泣き叫んで大変だった。でも、今日の息子は、さすが2人目、肝っ玉が据わっているとういか、単に人慣れしているというか。おひげを生やした理容師さんの顔をを見つめ、一泣きもせず、切ってもらった。

そうしたら。
息子は、男前になっちゃって。

なんか、ちょっと残念。

これまでいつも、絶対女の子だと思われるから、「こうは見えても、実は女の子なんです」と、カミングアウト(?)するのが、楽しみだったのだ。

明日、保育園に登園するのが、楽しみである。
息子のはじめてのイメージチェンジ、保育園の先生方から、どういう反応が見られるかな。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

育児休暇を終え仕事に復帰して、1週間たった。

この1週間、まずは、子供達が2人とも元気に過ごせたことに、感謝。

私自身は、家族と職場の皆さんのご理解のおかげで、無事仕事に復帰できたことに感謝。

久しぶりの仕事は、とっても楽しい。どんな仕事でも前向きに取り組むぞ、と思えてしまう気がする。多分、私が能天気なのと、能天気に考えられる気持ちの余裕を、育児休暇からもらったため。

一方、子供と過ごす、「絶対的な時間」が減ってしまったのは、やっぱちょっと、もったいない。

例えば、育児休暇中、娘@3歳が毎夕見ていた、NHK教育テレビの「おじゃるまる」や「忍たま乱太郎」。娘は、この1週間も、帰宅すると、「忍たま乱太郎は?」と聞くけれど、その時間にはもう終わってしまっている。それを知ると、娘はとっても残念そう。録画でもすればよいのだろうが、ズボラなので、それも面倒。

子供と過ごす時間も、睡眠時間を除けば、朝の30~45分ほどと、夜の3時間ほどだけになってしまった。共有できる時間が少ない分、密度を高く、とは思うけれど、やっぱり、絶対的な時間が短いのは、ちょっと物足りない気がする。

そうはいっても、子供をもっと起こしておくわけにも行かないし、仕事を辞める気も全くない。だから、この時間の中で、なんとかやっていくしかない。

けど、子供がもう少し大きくなって、習い事もさせてやりたいし、勉強を見てやりたいな、なんて思うようになったら、この時間じゃ、圧倒的に足りない気がしてしまう。

実のところ、どうなんだろう?今は、子供の物理的な世話、例えば、授乳とか、オムツ替えとか、寝かしつけとか、そういう世話のための時間が必要だけど、大きくなったら、そういう世話がかからない分を、勉強を見てやったり、家事を手伝わせたりする時間に充てることができるのだろうか。

この辺り、今の私には未知の領域である。いつか、【WM友の会】のTB企画で、先輩ママたちに聞いてみようかなぁ。うん、そうしよう。

(今回は、全くの独り言になってしまいました。わっはっは☆)

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

育児休暇最後の日に保育園に迎えに行った夕方、娘@3歳は砂場で夢中になって遊んでいた。本当は、さっさとピックアップして帰りたかったけれど、こんなにノンビリできるのも最後だ。娘の気が済むまで、砂場で遊ばせることにした。そうして作ったのが、こちら。


富士山


砂を山にして、最後にシャベルでてっぺんを押し付ける。そうして、「富士山の、でっきあがり~~!」。
これには私も大笑い。

前が低層住宅街になっている私達のマンションの部屋からは、早朝や冬の晴れた日に、富士山がよく見える。それだけでなく、テレビや本などで、何かと富士山を見る機会が多いので、印象的なのだろう。

この富士山を作ってから、砂場を後にして、保育室で帰りの支度をしていると、今度は、紙とクレヨンを引っ張りだしてきて、お絵描きを始めた。うーん、帰りたいんだけど、、という気持ちを押さえて、待ってみた。

そうして描いたのが、こちら。

てんとうむしとうさぎさん   うさぎさん

両面に描いてある。

一つが、「てんとうむしとうさぎさん」。もう一つは、「にんじんと、おいもと、うさぎさん」。

娘は、私が下息子を妊娠しているときから、てんとうむしとうさぎさんが大好き。「子chipapaちゃんのおなかにはね、てんとうむしとうさぎさんがいるの。ハハの赤ちゃんが生まれたら、生まれると思うよ~~♪」と嬉しそうに言っていたが、まだ生まれない(笑)

うさぎが着ている服にうさぎが描いてあるところが、なんか笑ってしまった。

私としては、「てんとうむしとうさぎさん」もすごく気に入っていたのだが、家に帰ったら、のりを出してきて、別の紙に貼り付けるという。だから、慌てて写真を撮っておいた。今では、どういうわけだか、のりで別の紙に張り合わされ、「にんじんと、おいもと、うさぎさん」の方が、娘の部屋である二段ベッドの上段に、飾られている。

私自身は、こういう図画工作系のものは、得意ではなかったので、娘の作品が、とっても面白い。多分夫ゆずりなのかな、と思う。好きな遊びを、好きなだけやらせて上げられればいいなぁ、と思う。けど、なかなか普段時間に追われてしまうのだなぁ。

これらの作品をもう一度見てみたら、仕事が落ち着いたら、たまには午後休でも取って、早く迎えに行ってみようと思った。忙しく仕事をしていると、こういう子供の様子が見られないのは、圧倒的にもったいない。子供はどんどん育ってしまうもの。そのときそのときに、描く絵とか、作る作品とかも、変わっていってしまう。

一方、仕事はずっと続くもの。変化はあるけれど、基本的にずっと仕事をしていくのは変わらない。であれば、なんとか仕事を調整して、子供の保育参観に行ってみたり、リフレッシュで子供と一緒に遊んだりという機会を、ちょっとずつでも作れるといいな、と思う。

==================
まだまだ会員募集中!!
【WM友の会】についてはこちら

※実施中のTB企画は、左のプロフィール欄からどうぞ!
今後取り上げて欲しいTBネタも募集中です。
どの記事でもOKなので、コメントください!!


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。