Chipapa の備忘録

忘却は、人間の味方であり敵であり。。忘れたくない珠玉の思い出達を書いていこう♪


テーマ:

6月の庭は、バラが沢山!

 

子どもの頃から、庭をバラでいっぱいにすることが夢だった母が少しずつ増やしていったバラばかり。種類が様々だから、咲く時期も微妙にずれて、毎日毎日変化していくRose Gardenが楽しい。

 

「私は、子どもの頃から、沢山夢があったの。バラも夢の一つ」という彼女の実現力には舌を巻く。

 

バラの写真を撮りながら、庭いじりをしている母に「綺麗ね~!!」と言ったら、「これは、私が26歳の頃、入院した時に職場の方々が持ってきてくれたバラを挿し木して増やしたのよ」と。ビックリしました、母は今年76歳。だから、樹齢50年ということ。すごい!私よりも長生き(*^^*)

 

他のバラの由来も聞いてみたら、「これはあなたの同級生のお母さん、つまり、今でいうママ友ね、にいただいたの」、「こちらは、お兄ちゃん達からもらったミニバラ」「これは、おじいちゃんが育てていたバラ」とかとか。それぞれのバラに、それぞれのストーリーがある。そのストーリーをおくびにも出さずに、それぞれが、それぞれの色で、形で、大きさで、懸命に咲いている。どれも美しい。

 

人も、かくあるべきかな。

バラにそれぞれの美しさがあるように、人もまた、輝くことや幸せになるレシピというのは、人それぞれに違うものだと思う。

 

明治42年生まれの祖父が育てていたツルバラ。祖父はもういないけれど、花の数は少ないながらも、毎年咲く深紅のバラは、圧倒的な存在感。

 

 

母が26歳の頃、入院見舞いに当時の職場の方々いただいた花束から挿し木されたピンクのバラ。このバラでいっぱいの花束は、少し沈んだ気持ちで入院していた26歳の母を、笑顔にしたんだろうな。そうして、50年たった今、母も、私たち家族も、みな笑顔にしている。ありがたいこと。

 

樹齢50年のバラの立ち姿。

 

サーモンピンクのバラは、ママ友からの贈り物かな。

 

黄色いバラは、写真にするといつもフワリとした色合いで、さわりたくなる(笑) こちらも母のママ友からかな。

 

 

この白バラも、母のママ友から。

このバラをくださった母のママ友の息子さんは私の幼馴染で中学までの同級生。彼は今は遠くに住んでいるけれど、先日、思いがけないところで、彼の高校時代の友達だという人に会い、ご縁の不思議を面白く思ったこと。 「切らないこと」「キレないこと」が、ご縁をつなぐのに大切なこと。と思ったな~♬

 

兄夫婦からのミニバラの鉢植えを、地植えに変えたそうです。手まりみたいな小さな蕾がどんどん膨らんで、弾けるように咲くミニバラは、可憐な中にパワーと可愛らしさがあって、とても魅力的。

 

ミニバラには、まだまだ蕾が沢山!!

まだまだ楽しめますね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

実に6年半ぶり!の更新ですって(´▽`*)

6年半、元気にしていました。色々あった気もするけれど、過ぎてしまえば皆、夢のよう♫

というわけで、6年半ぶりの更新だけど、特に特別なこともなく、最近読んだ本の感想を(*^^*)

~~~~~~~

 

文通をモチーフにした別の本のあとがきで紹介されていて面白そうだったので、名著「チャリング・クロス街84番地-書物を愛する人のための本」を読みました。

ニューヨークに住む劇作家の女性ヘレン・ハンフと、ロンドンの古書店マークス社の男性店員フランク・ドエルとその同僚や家族との文通をまとめた本。実際に交わされた書簡のみで綴られています。

ヘレンが、古書店に、絶版になった本を探して欲しいと依頼するビジネス文書から始まるのですが、20年近くにもわたるやり取りの中で、ヘレンの辛口のユーモアと、それを優しさと礼儀正しさをもって受け取るドエル氏とその周りの人々のハートウォーミングなやり取りが、何とも楽しい。

手紙の始まりは、1949年10月。当時のイギリスは、肉や卵なども配給制だったようで、そこに物資豊かなアメリカから、ささやかなクリスマスプレゼントとして、乾燥卵や肉の缶詰を贈るところも、驚きがあって面白かったし。

通勤電車の中で、先が楽しくてどんどん読んで行ったのですが。。

最初の手紙から19年たった1968年10月に、突然終わってしまうのです。

何故終わるのか。。って。ネタばれだから、書いていいものか迷うけど、書いてしまおう。

生きとし生けるものならば必ず迎える別れによって。

ニューヨークで劇作家という競争の厳しい仕事で生きる一人の女性と、ロンドンで家族をかかえ忙しい仕事をする古書店勤務の男性との、手紙を通した交流は、時間にしてみたら、彼らの人生の中でもさほど大きなポーションではないかもしれません。ましてや、一度も会わずに19年たってしまうのだから、空間的な共有はゼロ。だけど、手紙を書き、読み、周りの人達とその楽しさを共有する時間の、なんて心豊かなこと。

読書中の楽しさと、読了した、してしまった今の寂しさのギャップがこんなに大きいのは、たぶん、本当に交わされた書簡ならではの迫力だったんだと思います。

そして、エピローグに置かれた、残された家族からの手紙が、本当に秀逸。終わっても、始まっているし、続いている。忙しく、幸せに。

良い本です(*^^*)

ちなみに、私が読んだのは、リンクした版ではなく、絶版になった講談社のハードカバーです。県立図書館で借りてきました。書簡のやりとりは、古書の注文が軸になっていますから、30年以上前に発行されて古い図書カードの紙ケースがついたままになっている古書の、茶色にあせた頁を繰るのも、なかなかオツでした♬

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。