新・ちの動物病院日記

ちの動物病院での日常や医療情報、しつけ方など、各種情報を発信していきます


テーマ:

こんにちは。小林ですいぬ


毎日、暑いですねぇ〜晴れ
今年は猛暑と言われていますが
お家のワンちゃん&ネコちゃんは夏バテしていませんか?

病院の中に居るとなかなか気付きませんが
外に出るとジリジリと夏の太陽に肌を焼かれ 体が溶けてしまいそうになり…ガクリ
不健康と思いながらも室内に引きこもってしまっています

ただ、この地域は湿度が低い分
暑いけど過ごしやすいので、今年の猛暑も なんとか乗り越えていきたいですねかお





この時期に注意したいのは『熱中症』です
外で生活している子はもちろんですが、家の中で生活している子も注意が必要なんですひらめき電球



熱中症とは


急激に体温が上昇して体温調節ができなくなる状態になることです

人間だと汗をかいて体の熱を外に逃がすことができますが
ワンちゃん達は口からハアハアと呼吸することで熱を外に逃がしています
(肉球以外の場所からは汗が出ないのです)

なので
人間に比べて高温多湿の環境で熱中症になりやすいのです



熱中症になると

呼吸が荒くなり、ヨダレがたくさん出たり、グッタリする、おう吐、下痢、
症状が重くなると意識を失ってしまう
といった症状がでます

最悪の場合、ショック症状をおこして亡くなってしまうこともある
命に関わる病気です聴診器


人間でも暑くなってくる時期から夏にかけて よく
「熱中症で搬送された」というニュースを耳にしますね



熱中症になりやすいのは

大型犬・肥満の子・毛が密に生えている子・シニアや子犬・パグちゃんなどの短頭種  などは特に要注意ですカラフルなビックリマーク

ネコちゃんも生活環境によっては熱中症になることもあるので(クーラーが壊れて室温が上昇しちゃった等…)注意して下さいね


そして・・・熱中症にならないために…


まず、室内で生活している子の場合ですが

ワンちゃん&ネコちゃんの体の高さは人間よりも低いので体感温度も違います

人間が涼しいと思っていても直射日光によって床の近くの温度は高かったりします

なので

カーテンで直射日光を防いだり

ワンちゃん&ネコちゃんの様子をみてハアハアと呼吸が荒くなってきているようであれば少し部屋の温度を下げてあげてくださいね


お外で生活している子の場合は

生活スペースを日陰になる所へ移動させたり
外気温が30℃を越えるような日は、日中の暑い時間帯だけでも玄関など室内に避難させてあげるのも一つですよ



そして
すべての子に共通することですが
水分補給は欠かさないようにして下さいテヘッ

水の入った器は2〜3ヵ所に置いておくと一つの器の水がなくなった時にも他の器の水が飲めるので良いと思います
器の中に少し氷を浮かべると時間が経っても冷えた水が飲めていいですね



また

雨上がりや曇りの日でも湿度が高い時のお散歩は
地面に蒸気がこもり気温が上昇しやすくなっているので要注意です

夜でも地面に熱気が残っていることもあるので蒸し暑い夜の散歩も要注意です

まずは
手のひらで地面を触ってみて熱くないかどうか確かめてからお散歩に行きましょう



そして・・・

もしも、お家の子が熱中症になってしまったら


まずは、冷水で濡らしたタオルを体(頭、脇の下、内股の付け根)に当てて体を冷やしてあげて下さい
ただし、冷やしすぎもいけないので

お早めに病院に連絡をしていただき
診察に ご来院していただければと思います

※ すぐに熱中症の症状が和らいだからといって様子をみるのは要注意です!ピンクグラ
体の中では大きなダメージを受けていることもあるので必ず早めに受診して下さいね




暑い夏はまだこれからです

皆さんもいろいろと熱中症対策をして
暑〜い夏を乗り越えましょうあひる

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
2016年もはや7月、諏訪の短い夏も本気を出しつつあります
今回はそんな時候の挨拶とは関係なく、野良猫のお話

今年はダニ同様、なぜか野良の子猫を保護したという方が多く訪れます
個人的には冬があまり寒くなかった影響かなとも思っているのですが、原因の話はおいときまして
元気に保護されて元気な子、ぐったりして保護されて無事回復した子、また保護された方の献身的なお世話の甲斐無く残念な結果になってしまった子もいます
いち獣医師、またいち動物好きとして悲しい話はできれば聞きたくないものです



そんな昨今「地域猫」というふれあい方を耳にするようになっています
簡単に言うと「野良猫を増えないよう、かつ苦しまないよう地域で飼っていこう」というもの
これはあくまで個人的な解釈で要約しているので実際の定義とは異なるかと思いますが……

野良猫の問題がどこにあるか?
○公共の場所や個人の庭に侵入し、用をたす
○善意から餌付けをする人が現れ、その結果集まってくる。集まれば繁殖の機会が増えてさらに数が増える
○過剰な餌付けのために一帯が汚れる
○単純に猫が苦手な人には非常に居心地が悪くなる
大雑把にこんなところでしょう
地域猫とはこれらの問題を解決し、猫と共存していこうという試みのようです

何を行うか
●去勢、不妊手術を行う
 単純に増えないようにします。過剰な数にならないことで環境をコントロールする目的です
 あるいは、子供が生まれなければ、親世代が寿命を迎えれば野良猫の問題はなくなるはず、ということでもあるのでしょう
 盛りが付いた猫の鳴き声や、外飼い猫の望まない妊娠も避けられます
●一定の場所で決まった人が餌付けする
 集まる場所を制限することで、猫が苦手な人、アレルギーの人らが回避しやすくなります
 また餌が広がる範囲や量も制限できるので、一帯の清潔性を保ちやすくなります

良いことずくめのようです。しかしながらおそらくこれは猫好き動物好きの理屈
私はひねくれているので、ここであえて猫嫌いの人の気持ちになってみます
◎結局庭を勝手に出入りし、汚していくことに変わりはない
◎そもそも餌付けをしなければ汚れることもないし、もっと早く減る
◎(極論ですが)そこに猫がいることが問題だ

書いていて空恐ろしくなりましたが、中にはいるんじゃないでしょうかこういう人
知人の身内の方が大層な猫嫌いで、庭に罠を仕掛け、実際に身動きが取れなくなっているのを見たという話も聞いています

また公衆衛生上の問題として、野良猫の存在自体に
◎幼児、小児への猫回虫の偶発的感染(砂場がトイレになってしまっているケース)
◎野良猫内での猫エイズや猫白血病、パルボウイルス等の感染症の蔓延(家出したときに感染)
◎狂犬病等の人獣共通感染症が広まった際の暴露リスク
といったことも挙げられます

全て駆除してしまおうなんて口が裂けても言えません
地域猫のあり方が間違いだとも言いません
ただ、さらに一歩踏み込んだ共存策も考え始めてもいいのかな、と
地域猫の話を聞くたびにそんなことを考えています



やっぱり最善は野良猫がいなくなることですけどね。もちろん駆除という意味でなく
先日県内の保健所の、昨年の保護率や譲渡率、殺処分数等が報告、公開されましたが、譲渡率は順調に増加し、処分数は減っているようでした
しかし保護、捕獲された猫の大部分は野良猫であり、結局野良猫が問題という形
逆説的には飼い猫については捨て猫や無計画な繁殖はちゃんと減っているのだなと、安心できる結果でした
だから、きっとあと一息なんです
犬はリードや室内飼いといった不自由と引き換えに、安全と共存を手に入れました
猫も完全室内飼いが当たり前になるのがいいのかもしれません
実家の子たちは野良の保護猫でしたが、すっかり室内で満足している様子です



余談ですが、ドイツでは猫は室内飼いが当たり前で、かつ処分数ゼロを達成しているそうです
実はこれには裏があり、ドイツでは屋外にいる猫は狩猟対象となり、ハンターが手を下しているとかなんとか
そして調べたところ、実は日本でも猫は狩猟対象になっています
「ノネコ」と限定され、野良猫との区別こそ曖昧ですが、人間の生存圏に依存しない野生動物と定義されています。同様に「ノイヌ」もあります
まあ、無いとは思いますがね……



地域猫への批判的な話が中心になってしまいましたが、そんなつもりはありません
むしろ健全な猫ライフを送るための素敵な活動だと思います
繰り返しますがもう一歩、猫好きと猫の距離、そして猫嫌いとの距離感を大事にしていきましょう


猫は若干目つきの悪い野良猫が好き、矛盾している獣医師 竹藤でした
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



こんにちは(^_^)


まだ梅雨は明けず
最近は雨の日が多いですね、、、
梅雨が明けたら明けたで
暑い日が続くのでしょうが
私はどちらかというと雨の日より
晴れの日の方が好きなので
早く梅雨明けないかな~と
いつも思っています(笑)



さて我が家のおちびさんたちゎ
7/3(日)で3ヶ月が過ぎました!

あっという間です (=^ェ^=)


また一回り大きくなりました(笑)

{11B1B557-6D43-4AD4-BF38-48AC3AB0BE2C}
☝︎息吹



{AB984E1C-5FD9-4AA3-AEDA-D6BC5940672A}
☝︎春樹



{5CBE9ADE-86F3-4C78-BDC7-D7B59E96EF3B}
☝︎桜





6月下旬に初めてのワクチン接種のため
病院へ行ってきましたよ~(^O^)


初めてのお外で初めての病院でしたが
3匹でいれば平気みたいです!


{BB80753C-4910-450D-9421-D6F03A73426F}
☝︎キャリーケースに入って
    準備オッケー!いってきまーす!



{96D52A2D-B01C-4E47-8F0D-456734EE1821}
☝︎病院では3匹そろってごはんタイム




いま食べてるごはんは
4ヶ月齢までの子猫用のドライフードに
少し柔らかいウェットタイプのごはんを
トッピングし1日4回と少量頻回で
あげていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ



春樹はとても食いしん坊で
自分のごはんが終わると
息吹や桜のごはんを横取りします(笑)



今はまだしっかり栄養を摂る時期ですが
わんちゃん、ねこちゃんは
避妊、去勢手術をすると
太りやすくなってしまいますので
そのときはごはんの量を
調整する必要があります◎





{FE4B7585-42BC-421B-B128-819863503273}
☝︎診察台の上でパシャリ



誰かがいいこでいると
誰かが降りようとして、、、
その繰り返しなので
おもちゃでつってみました(笑)




そのときに体重を測ったところ

息吹        1.46   kg
春樹        1.48   kg
桜           1.34   kg

でした!女の子の桜ゎ少し軽いですが
そんなに大きな差ゎなかったです!




そしていざワクチン接種ヽ(;▽;)ノ
針が刺さる瞬間は
さすがにビックリしたようで
悲鳴をあげておりましたが
無事1回目のワクチン接種は終わりました!



子猫のときは2回接種が基本なので
7月下旬にもう1回接種します◎



ワクチン接種の目的といえば
一言でいうと病気の予防です


健康で元気な猫さんが
病気にならないため
また他の猫さんへの感染源を
つくらないためにも
ワクチンの接種はしておきましょう




先ほど少し話題に上りましたが
わんちゃん、ねこちゃんの
避妊、去勢手術は目安として
6ヶ月が過ぎた頃から可能となります


特に未避妊の女の子は
7.8ヶ月で初めての発情が来たり
未去勢の男の子はマーキングをするので
その前に済ませてしまうと
いいかもしれません!



おうちのこで避妊、去勢手術を
考えていらっしゃる方は
まずは1度受診をして頂きご相談下さい ♪






それでは最後に何枚か写真を。。。


{1D39CCE9-EE70-4059-8922-C63F8D657C4B}
☝︎息吹と鈴ちゃん
    鈴ちゃんも元気です (=^ェ^=)



{E1D2DC10-B797-48DD-8BB1-060252C984CD}
☝︎おねむの桜           鼻!!!(笑)



{68D4FC68-1EBB-4BE5-9CFE-839636B036BB}
☝︎春樹はなにやっても起きません(笑)







また次回も写真を
沢山載せますのでお楽しみに(^ω^)






看護師         本山







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。