新・ちの動物病院日記

ちの動物病院での日常や医療情報、しつけ方など、各種情報を発信していきます


テーマ:

伴侶動物、愛玩動物、ペット等、言い方はいろいろありますが、我々人間は動物と一緒に生きています

その中でもっとも一般的なのは犬、そして猫の2種類

しかしながら伴侶動物として飼育されている動物はそればかりではありません

大小の哺乳類はもちろん、インコなどの鳥類や、カメなどの爬虫類、金魚など魚類、カエルなど両生類、カブトムシなど昆虫類、ザリガニや、さかなクンの中学校ではカブトガニ飼っていたそうですし

およそ飼育されてない動物などいないんじゃないか? というほどです

中には市販のウズラの卵を孵化させて飼っている人もいるとかなんとか。ある程度の割合で有精卵が混じっているそうです

こういった犬・猫以外の動物を全部ひっくるめて「エキゾチックアニマル」といいます

今回はそんなエキゾチックアニマルのお話

本当は一口にエキゾチックアニマルと言っても様々なくくりがあるんですが、そのなかでも一番広い定義で進めます

 

 

エキゾチックアニマルと一口に言ってもその中でも多いもの少ないものがあり、やはり多いのは小型哺乳類、そして鳥類、次いで爬虫類かと思われます

小型哺乳類の中にはウサギがいて、モルモットがいて、フェレットがいて、あるいはフクロモモンガがいて

これらはそれぞれウサギ目(もく)、ネズミ目、ネコ目、双前歯目(有袋類の一種、コアラやカンガルーと比較的近縁)と全く違う動物です

ミニブタというのもいますが、最終的には体重50kgほどまで育つので思ったよりミニではありません。ちなみにブタはウシ目に含まれます

ハリネズミがブームという話も聞きます。名前はネズミですがまた別のハリネズミ目を作ります

 

いきなり出しましたがこの「目(もく)」、生物の分類上の区分です。「科(イヌ科、ネコ科など)」と「綱(哺乳綱=哺乳類など)」の間に入ります

犬や猫は当然ネコ目に含まれるので、そういった意味ではフェレットは比較的近縁ですが、それでもウシとブタ、あるいはヒトとオランウータン、またはそれこそ犬と猫ほどの差はあります

これがウサギでは目が変わり、形態や食性が大きく変化します。さらに鳥類や爬虫類になると繁殖や体温調整、心臓の形まで異なってきます

飼育に当たってはそういった動物ごとの特性を理解し、適切な環境やフードを用意する必要があります

 

また、こういった動物はストレスに非常に弱いことがあります

びっくりしたウサギが宙を蹴り、その勢いで骨折してしまうこともありますし、鳥類にいたっては、体調が悪いと大勢が囲んで見ているだけで死んでしまうこともあると言われています

犬や猫は捕食する側で、飼育されているエキゾチックアニマルの多くは捕食される側ということが関係しているのかもしれません

また犬や猫は人間と生活を始めて数千年、数万年を経ていますが、こういった動物はせいぜいが数十年、数百年であり、人間と共存するということに種が慣れていないのかもしれません

こちらについても結局は適切な環境をというのが第一で、一方で可愛さにかまけて無遠慮に手を出しすぎないという人間側の自制心も必要でしょう

 

 

さて、こういった特性や性格の違いは飼育する際も気にする必要がありますが、病気になってしまったときに大きな問題になりえます

例えば薬。人間と犬・猫の間どころか犬と猫の間にも作用副作用の差があるのに、全く別の動物ではその違いは計り知れません

例えばそのあまりの繊細さは、通院や知らない人間に触られること(獣医師の診察)でさえも負担になってしまいます

加えて、世界的に見てもエキゾチックアニマル診療はまだまだ手探りの状態です

集約的な研究が多くない以上限られた文献と経験を元に行うしかなく、当院をはじめ診察自体をお断りさせていただく病院や、あるいは診察は可能でも処置に限界がある病院も多いものと思われます

珍しさと、犬や猫には無い可愛らしさで魅了してくるエキゾチックアニマル

飼い始めるときは生態や飼い方はもちろん、近隣にその子を診察できる病院があるかどうかまで調べてあげてください

 

ヘビを可愛いというと家族から白い眼で見られる獣医師 竹藤でした

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

自転車乗りの友人からこんな話を聞きました

夜のサイクリングロードを走っていたら散歩中の犬がいたと

飼い主さんも犬もライトを点けて、道の両端を分かれて歩いていたそうです

「見やすくてありがたいな」と思いながら道の真ん中、つまり飼い主さんと犬の間を抜けようとしたら

そこにはまったく光らないリードがあって、危ういところで停止できたとかなんとか

リードはあるに決まってるだろうとか、飼い主さんもちょっと離れすぎじゃないかとか言いたいことはいろいろありましたが、誰一人怪我することなく無事だったそうでなにより

先日の小林さんの話じゃありませんが、夜の散歩は目立つようにしておきましょう

前置きが長くなりましたが今回は怪我の話

 

 

怪我はどうしてもしてしまいます

小さいものから大きいものまで。もちろん病院にも怪我で来る子が多くいます

爪が折れた、はがれた

喧嘩をした

気が付いたら膿が出ていた

飛び降りて足が折れた

交通事故にあった

理由は様々、程度も様々。特別に処置をしなくて済むものから緊急手術が必要なものまで

怪我ごとの詳細はさておいて処置についてお話します

 

具体的に処置となると何があるか?

傷の洗浄、消毒・薬の使用(外用、内服)、バンテージ、デブリードマン、縫合・接着

といったところでしょう。見慣れない、聞き慣れない言葉があるでしょうか

・洗浄

 文字通りです。傷口についている汚れや、膿が溜まってればそれを洗い流します

 こういったものは細菌感染の元になったり、治癒を遅らせる要因になるので邪魔者です

・消毒・薬の使用

 洗浄と消毒はあえて分けました。洗浄は傷口を物理的に綺麗にすること。消毒は既にくっついてしまった細菌を除去したり、新たな菌の進入を防いだりすることとご理解ください

 消毒液を使って継続的に傷口を綺麗に保つことや、局所的に抗菌クリームを塗ること

 抗生剤を内服することも広義には消毒に含められるでしょう

・バンテージ

 要するに包帯です。傷口の保護のために使用しますが、滲出液で傷に張り付いてしまったり、かえって菌の温床になってしまったり、それを防ぐために頻繁に巻きかえる必要があったりと実は手間がかかります

 ただガーゼをあてるだけでなく、特殊な保護素材を使うケースもあります

 いずれにせよ巻いて終わりというわけにはいきません

・デブリードマン

 あるいは日本語で創縁切除。治りかけで出てくる「正しく治ってない組織」を取り除きます

 このとき「正しく」治っている正常組織まで少し入りますので、出血はかえって増えることもあります

 かさぶたをはがすのとは似て非なるものです

・縫合・接着

 傷口をあわせて閉鎖します

 傷の汚れや感染がないこと、時間が大きく経過していないことが条件になりますので、実は実施できるケースは少ないです

 また全身麻酔になるので、そっちのリスクのほうが大きいこともあります

 なので接着剤で閉じてしまうこともあります。麻酔はかけませんがその分痛かったり滲みたりメリットばかりではありませんし、結局必要な条件は同じです

 もちろん医療用の接着剤です

 

これらは一つ一つが独立しているわけではありません。例えば洗浄は同時に壊死組織も取り除くデブリードマンの一面がありますし、切り傷であればバンテージで傷に圧力をかけることは縫合に近い効果を期待できます

怪我の状態に応じて必要な処置を組み合わせて、腫れたり引き攣れたりしないように治癒させていきます

基本は感染を制御し、膿や滲出液が溜まらないようにする。この2本柱が主体です

そして忘れていけないのはエリザベスカラー。痒い傷の治りかけを舐めて噛んでまた傷にしたり、口の雑菌が入り込まないようにしたり

性格によっては付けていられないこともあり、ある意味これが肝心ですね

 

 

ではもう少し重い怪我、骨折ではどうか

粉砕骨折や複雑骨折でない限り、基本的には並べて固定していればくっつきます。しかしそううまくはいきません

人間と違って安静に休ませておくことがなかなかできないので、治りかけに足を使って骨をずらしてしまったり

場所によっては筋肉や血流量が少なく栄養が不十分で、うまくくっつかないなんてこともあります

なので骨折については原則は手術、ピンやワイヤー、プレートでの固定と思ってください

なお骨折整復術は特殊な機材や厳密な管理が必要になる関係で、二次診療の大病院を紹介させていただく場合もあります

 

また骨折するような大きな衝撃が体にかかったときは、内部も大きなダメージを負っていることがあります

そのため全身の検査が欠かせませんし、当日は問題なくともあとからゆっくりと障害が現れることもありますのでご注意ください

 

 

怪我については眼に見えて気をつけられるからか、実際のところ来院数は多くはありません

しかし予想外、想定以上はどこにでも隠れています

時々は一切の油断を捨てて、身の回りの危険を改めて探してみましょう。一度気付くと無意識に注意できるものですよ

 

獣医師 竹藤でした

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

犬にも猫にも様々な品種があり、大きさや形態には幅があります

ある目的のために作り出されたり、たまたま産まれた特殊な形質を固定したり

その結果、特定の品種はある病気にかかりやすい。そんな状態になっているものが多々あります

時々テレビ番組で特集を組まれることもあるので知っている方も多いでしょう

今回はそんな品種と病気、「品種好発性疾患」の話

 

いきなり小難しい言葉を出しました。品種好発性疾患

これを書くにあたってとある本を参考にしているのですが、そこには「とある品種における疾患のリスクが高い状態」と定義されています

わかりやすく言えば結局は、かかりやすい病気(他の品種に比べて)、という一言に収まります

では、どうしてかかりやすいのか、という話になりますが、いくつかのパターンに分けられます

 

①遺伝性の疾病

②品種の目的に合致した疾病

③形態の発現に伴う生理的な疾病

 

あくまで私なりの分類です。それぞれ重複するケースもありますし、地域性や時代背景等、これらとは関係ない要因もあります

とっかかりとしては飲み込みやすいかと思います。興味を持った方はぜひご自身でも調べてみてください

 

順番にいきましょう。まず①遺伝性の疾病について

遺伝子上に特定の病気に関わる情報が固定されてしまっている状態です

品種とは言い換えれば特定の遺伝子、情報を固定させた一群です。当然のことながら目的外の遺伝子が同時に固定されることがあります

これが病気に関与する情報だったとき、遺伝性、家族性の病気として発現しやすくなります

あくまで発現しやすいだけで、確実ではありません。病気の遺伝子は基本的には弱いもので、条件が揃わなければなかなか発現しません

逆に言えば条件が揃ってしまえば間違いなく発症してしまうのですが……

こういった病気を避けるには、まずはそういった血筋を避けることです。血統を辿ることができれば理想的です

または遺伝子検査を行う。ただしこれは現実的ではありません。遺伝性が疑われてはいるものの目的の遺伝子が判明していないものも多いですし、そもそも検査系ができてないケースが大多数です

あとは繁殖の場での話ですが、病気の素因を持っている子を繁殖に使わないことです。全体から病気の遺伝子を減らしていければリスクは減らせる、当然ながらもっとも大切なことです

 

②品種の目的に合致した疾病について

これについては病気よりも怪我がわかりやすいかと思います

例えばスポーツについて回る怪我、野球肘やテニス肘なんかがありますが、別にスポーツ選手の遺伝子に刻まれてるわけではありません

同じようにある目的のために作られた品種は、その目的によって発生する疾病は当然多くなります

例えば犬レースに頻繁に出るような犬は四肢への負荷が大きく骨折が多いというデータがありますし、猟犬ならば外傷やそれに伴う感染症は多いでしょう

逆に言えばレース犬、猟犬として作出された犬でもそういった活動をしなければ怪我をすることはないわけで、今回のテーマとは少しずれているかもしれませんね

ただし、ある目的のために特化した形態の場合は、そもそもその形態が疾病につながりやすいことがあります

 

それはつまり、③形態の発現に伴う生理的な疾病と同義にとらえることもできます

例えば猟犬の中でもアナグマ猟に特化して作出されたダックスフント。実際に猟に使われていたころは、巣穴に潜ったところで主に出くわし、鼻の頭を攻撃された、なんてこともあったそうですがこれは②のケースです

それに対して、短足種はそもそもが軟骨異栄養症というある種異常な生理状態にあります。軟骨の骨化が速く進み、その結果足の伸張が少なく足が短くなります。この影響は他の軟骨にも生じ椎間板ヘルニアとして現れますが、これが③のケースにあたります

 

同様に特徴的な形態を持つものはこういった傾向があります

短頭種でもやはりあの形態の本質はある種の奇形であり、短頭種上部気道症候群と呼ばれる疾患群を発症します。瞬きでまぶたを閉じきれないことによる眼の疾患も少なくはありません

また皮膚の余裕が多くしわが多い品種では皮膚病を生じやすくあります

猫は犬に比べれば品種作出は少ないですが、そもそも腎不全が多いのは純肉食で飲水量が少ないという生理的特長に基づくものですし、スコティッシュフォールド折れ曲がった耳は軟骨異常によるもので、症状の有無によらず全固体が進行性の関節症を持っているという報告もあります

あるいは漠然とした話で、小型犬はその体型の分骨格や筋肉が弱く膝蓋骨脱臼が比較的多くありますし、大型犬・超大型犬が若齢で骨肉種を発症することがあるのは、その体重で成長軟骨に過剰な刺激を与えるためといわれています

 

 

とは言うものの、致命的な病気でない限りは問題なく生涯を送ることができるケースも多く、そもそも大多数の病気については「リスクが高い」だけで確実に発症するわけではありません

逆にリスクが低くとも突然難病にかかってしまうことだってあります

根本的なところは病気にならないようにするということ。品種好発疾患と言えども、生活習慣で予防できる部分はありますし、予防できないものでも徴候を察知し、早い段階で対処する

つまりは一般的な健康管理の話に落ち着きます

そのアンテナの感度を少しだけ上げていきましょう。まずは調べるところから

ちなみに雑種の場合は、いいところを貰ってきてるだけならばいいんですが、両親の悪いところを両方貰ってしまっているパターンもありますので、両方調べておきましょう

 

 

今回は特定の品種を持ち出して病気の話をしましたが、どの品種が良い悪いという話ではないとはご理解ください

ペットを飼うということは家族が増えるということ。そこには直感や相性があるはずです

その直感を現実だけ見て抑えこむのももったいないと思います。注意事項があるのなら、その子のためにできることがあると前向きに捉えてみましょう

 

これから動物を飼おうという方には良縁を、すでに買っている方にはより良い関係をお祈りしています

 

獣医師 竹藤でした

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。