1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年05月30日

芸者の姐さん・・・

テーマ:ブログ

横浜で芸者をなさっている姐さん、もう八十過ぎたお婆さんなンすけど、この方が本当に凄い…。

芸は勿論凄いが、何が凄いってばジャンケンの勝ち負けをコントロールできる。

「勝てやしないよぉ、アタシに」

「アタシ四回勝って、五回目に負けるからね」

その通りになる、コレが何回やってもそうなる、誰とやってもそうなるんだから凄い。


 京子姐さん

東京・柳橋で芸者してる頃に身に付けたそうなんだけど、花柳会の中じゃ珍しくないンだとか…。
勝だけじゃ駄目、旦那集に勝たせないと可愛くなくなる。

藤八拳をやっている内になんとなく覚えるんだとか・・・。

藤八拳とはジャンケンと同じようなモンだと思ってもらってイイと思います。


旦那・鉄砲(猟師)・キツネ の三すくみで勝負する。

旦那 は 鉄砲(猟師) に勝つ

鉄砲 は キツネ に勝つ

キツネ は 旦那 に勝つ


一勝負、三回勝てば勝ち抜き、と言う勝負。

三味線のお囃子にのって勝負が進むお遊び。

旦那集は、芸者の手の中で遊ばれてくるらいが程よく、カッコイイ。
本気になっちゃ駄目な訳だそう、分かっていながら分からないフリをして遊ぶ…カッコイイじゃんかぁ。

芸者さんも、旦那さん分かってるクセにぃ~、なんてなぁ。
ほどほどに負け、結果は可愛く勝つってのがコツなんだとか…なるほど、女の粋ってもンなんしょうね。

京子師匠の紹介記事はコチラから↓↓
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news01.asp?c=5&kiji=840

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月29日

佐々 淳行氏・・・

テーマ:ブログ

以前、バイト先で別に専属ではなかったンすけど、この方の接客を毎回つとめた。


佐々氏

自分で言うのも何だけど、日舞もやっていたせいもあって膳の上げ下げ、立ち居振る舞いが綺麗ってんで店では有名だった。
そんで選ばれてたんだと思う・・・。
そりゃ~もともと太鼓持ちが志望だもんよ、座敷はまかしつくンなよぉ。
・・・店の裏では一番口が悪かったンすけどね。

10人程の団体で毎回使ってくれてた、かならず小部屋と言うか座敷で予約。

非常に腰の低い方で、料理を出す時、下げる時に、話し中だろうとなんだろうとキチント一言・・・
                   「ありがとう」
と言ってくれたのを覚えてる。

また、浅間山荘の話しや、東大講堂の事件の指揮をとった時の話も生で聞けた・・・本当にオモロかった。
話を聞いていたかったんで、用も無いのに仕事してるふりして、座敷に残った。

・・・バイト先の社員からは「配膳が遅いですよぉ~!」
「お前、国家のお役人さまへの配膳だぜぇー慎重いかねぇとよぉ~踏み込まれんぞぉ、店の看板にペンペン草はえんぞぉ」
・・・「いい加減にしてください」

一度は、元上司の"後藤田元官房長官"と一緒に来た事もあった・・・丁度、佐々氏が本を出版した時だったと思う。


後藤田氏は・・・なんだか可愛かった。


佐々氏1   後藤田氏

また毎年、新しく警視庁に入ったエリートかなんかを招待して食事会をしていた・・・。
そん時の一言が一番印象に残ってる。

「これから配属になった処に、必ずワケの解らない事を言う上司が絶対にいるからね、面白いよ・・・ちゃんと見極めて下さい。」


・・・ってな訓示(鼻笑)。


佐々氏、若い頃は恐そうなインテリヤクザっぽかったらしい(笑)。

・・・大勢を指揮するンだから、大勢の命あづかってるンだからねぇ~。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月26日

丑(道化)角の兄弟・・・

テーマ:ブログ

京劇の世界・・・アタクシは全くの素人なんスけど、義兄弟が二人いる。
同じく丑(道化)角が専門な二人、勿論のことプロ。

一人は日本人で・・・外国人で唯一、国立の京劇院に入団した男。
石山雄太。

石山
14歳の中学生の頃から仲間、道化を専攻する事になった時に義兄弟の杯を交わした。

もう一人は、山東省京劇院から北京に渡り、活躍した男。
馬政宏。

馬
日本に来て数年だが、初めて逢った時からウマがあい義兄弟に。

二人は主に立ち回りを得意とし、飛んだり跳ねたり軽業もしながら芝居をする道化役、"武丑"。

京劇の俳優は面白い事に役柄と性格が非常に重なる・・・。
二人の性格は、さすが"武"の文字がつくだけあり、男気のメンツを重んじる義侠心がたかい。

オイラは喋り、踊りなどで表現する道化役、"文丑"。

なにかにつけて二人は助けてくれる。
舞台で困ったり悩んだりした時でも、どんな時でも相談に乗ってくれる、アイディアをくれる。 

本当に感謝している、ありがとう。


丑(道化)角の結束は固い・・・のかぃ?

高力士  

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年05月22日

六月四日の稽古・・・

テーマ:ブログ

伝統劇は稽古が簡単・・・ってワケでもないンだけど、まぁ数回しか稽古しない。

型があるんでソレに併せて打ち合わせする感じ。
久々の演目《小上墳》のあわせ・・・一回目は「でぇじょうぶかぁ!?」


小上墳1

ブッツケであわせたんでメチャクチャで当りまえ・・・相方のロシさんと口立てしてもう一回。
大成功・・・なんだけどぉ~台詞を日本語にするンだけどぉーまだ翻訳が終わってない。

いい加減な俗語と冗談ばかりの台詞なんで翻訳しにくい・・・。
水曜日までにあげねぇーと間に合わない。
今夜から必死・・・。

汗ダクの二回の稽古・・・気持ちがイイ。
んでも体質が変わった。
今までは体は汗ビッショリでも、顔には一切出なかった・・・汗が滝のよう。

な、なんだよぉ、痩せたのはいいが体質かわったかぁ~!?

六月四日の公演・・・イイ手応えあったっス!!


丑角


『新潮劇院2005年 京劇公演』
日時:2005年6月4日(土)
開演 19:00
場所:烏山区民センターホール
    (京王線 千歳烏山駅下車)
前売:4,500円/当日5,000円(全席指定席)
前売発売予定:2005年4月1日(金)
http://www2u.biglobe.ne.jp/~shincyo/


こちらのブログをご覧の方々、受付で「チャン・チンホイ」の名前を出していただければ、当日でも前売りのお値段4.500円でご覧いただけます。

是非、お越し下さい!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月21日

ガマ・・・

テーマ:ブログ

京劇《西遊記・三打白骨精》と言う物語があるンすけど、ソノ中に出てくる"金蝉大仙(キンセンダイセン)"ってなキャラクターがいる。

文字によると"金のセミ"ってなってるんスけど、実は"ガマガエル"の妖怪。
何処がどうしてか中国でも間違っている"蝉(セミ)"になってる・・・。
上海で造られたアニメでは狐が正体ってな設定になってンすけど、実は違う。

まるっきりの"霊獣"の一種で、お金・・・っても小金の神の使いってな事になっている。
脚は三本、後脚が一本っきゃないって霊獣ガマ。


ガマ

金ガマ仙人・・・ってのが正しい。

これは丑(道化)角の役どころ、オバサンで演じる。

以前、何度か演じさせてもらいまさいたが・・・ガマであってもそうでなくても全然物語にはぁ~関係ありません。


彩旦


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月20日

万博で・・・

テーマ:ブログ

愛地球博の中国ナショナルデーと言う中国側のアトラクションスタッフをしてきました。 

面白い、やっぱいろんな人と出会えるってのはイイです。


その出会いの中には、再会もありました。
北京にいるころに、人から頼まれて京劇の"小生(二枚目)"をほんの一寸だけ勉強した事があります。

地声と裏声をいったりきたりする、特殊に声をコントロールしながら芝居する。
…脇役なんだけど、ソレを勉強してくれって言われて、先生を紹介されました。

国立の京劇学校、中国戯曲学院・中等部の校長先生、女性。
さすがは校長、独りでも十役くらい出てくる芝居を教えられる程。人物描写から、男女の関係なく動き、表情と細かく表現できる。

当時、アタクシが学校に行って習った。
校長は忙しく、学校に行くだけ行って会えなかった事も数回ありましたが、授業の時は熱心に細かく指導してくれました。

前置きが長くなりましたが、その校長先生が、万博の公演に生徒を引き連れてやって来ていた。
久々の再会、もう忘れてンだろうなぁ~…ご挨拶にいったら、名前もシッカリ憶えていてくれて、当時の細かい思いで話もしてくれました。

挙げ句には生徒を集めて…
「この人は日本人だけど、イイ俳優よぉ~」
…などと、何年後かにはプロになんだろうという子供達に紹介してくれた。

アタクシは舞台人のクセしやがって、非常に照れ屋なんで途中で…「勘弁して下さいよぉ~(照笑)。」と逃げ出してした。

先生もお変わり無く元気だった、本当に生徒達を可愛がってらっしゃいました。

・・・何十年も連絡のとれてない人との思いがけない再会、嬉しかったです。 


で…生徒達。
まだ中学生、男子は化粧すると男だか女だか解らない。
変な感じがした、ンでも女子はさすが、既に女優としての心構えが何となく芽生えて来てる。

男女の差はこの頃から既にあんだね…女は実年齢より大人だよ、男が勝てない訳だって…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月17日

その内にテカる・・・

テーマ:ブログ

コレを手の中で転がす、健康のために指を動かすってのから始まった"文化"。


・・・中国の文化。


くるみ


コレをとにかく手の中で転がしている内に、角がとれてテッカテカに照りが出てくる。



コレの骨董もある、それはそれはキレイに細かぁい彫がされた物。
角もとれて、照りも相当なモン・・・結局は、手油で光出すンで「ゲェ~!」って思う人もいるかも。
うんまぁねぇ、確かにソウ思うアタクシも。

健康にもなる・・・指を動かすと記憶力が良くなるらしい。



くるみ1


セリフ覚えが悪いンじゃないがぁ、わりに後回しに後回しにするクセがある。
稽古でセリフを覚えるってヤツ、家に帰ったら脚本を開かない。

・・・覚えが良くなるかどうか、関係ないっスね。

イヤ、やる気がないんじゃない、人それぞれなだけ・・・。



後日聞いたところ…くるみがテカるのは手油じゃなくて、くるみどうしがぶつかり削れる事によって出てくる、"くるみ油"なんだそう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月15日

つわもの・・・

テーマ:ブログ

だいぶんと前になるが、鳥にこった時がある。
で、そん時から世話になってる、小鳥屋の女将さん。
65歳くらい…。
今はもうオイラは鳥を飼っちゃいないが女将さんと話しをするのが好きでたまに遊びに行く。

旦那さんが小鳥屋を開いてまもなく亡くなり、女将さん独りで、小鳥屋を商い、子供3人を育てた人。

穏やかで、優しいく、可愛い人、カッコウよくもある。

この小鳥屋さん国から依託され、巣から落ちた野鳥のヒナを預かり育てて自然に返す事もやってる。

…前置きが長くなったが、なにがつわものって、オイラと話ながらも蠅を素手で捕まえて手のひらで丸め、口を開けてる野鳥のヒナに与えられる。


はえ

蠅の行動パターンをしっかり把握してる、どんな複雑な話をしてても平気。
眼は蠅を追ってるが、話は絶対に途切れないし、聞いてもくれてる。

女傑!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月12日

もうそろ・・・

テーマ:ブログ

先月の後半から北京は既に30℃あるそう・・・春が短いのが北京の特徴。

六月も半ばになると街にキリギリス売りが出てくる。
竹や芦なので編んだ球体の籠に容れて売ってくる。
自転車に巨大な葡萄のように括り付けて売ってたり、画像の様に三脚に立てて売ったりしてる。


キリギリス売り

キリギリスは連れ啼きってな事で一匹が啼けば、連鎖反応で他の奴らも啼きだす。
中国のは「ギジギジギジギジ」ってな感じで啼く。
軽く百匹は越えるキリギリスが啼いてるそのキリギリス売りの回りはマジでうるさい。

そっから子供や大人が夏の風物詩と買って行く・・・買った事がないンで幾らかは解らない。
んな高いモンじゃないハズ。
・・・ただ、様子が良かったり、色がイイと高価な取引になるそう。

買って帰って軒に吊るしたりして楽しむ、餌は籠の間から白菜、キャベツなどを差し込む、悪くなったら換える。


籠

キリギリスは基本的に昼間啼く虫だが、時折夜中、急に啼きだす・・・寝苦しい夜には、より一層たまらなくうるさく、暑苦しいそう。


キリギリス

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月08日

他にやってみたかった事・・・

テーマ:ブログ

中学生の頃から役者になりたかった・・・んスけどぉ、そりゃ他にもなってみたい事も無かった訳じゃない。

高校時代は、勉強嫌って定時制にしか入れなかったが、親が許さずに翌年も一回受験をやり直しさせられた。
画をやりたかったんで工芸高校やデザイン科のあるトコロを受けなおした。
うんまぁ、結果は駄目だったンすけどね。

「職人」てもんに凄い憧れた時期もあった・・・今でも惹かれる。
BSや教育テレビで職人を紹介する番組、モノを造る番組が一番楽しい。カッコイイ。

一時期は"犬張り子"ってなモンにこって関東を歩き廻って、職人から直接買うってな事をしてた。
犬張り子は別名"東犬"ってなもんで関東一帯にしかない、せいぜい静岡圏くらいまで。
どこも後継者がいなくなっていてマジで芸人やめて、弟子入りして後を継ごうかって悩んだコトもあった。


勅使河原犬   田中犬

今では、伝統芸能(何処の国の物も同じく)ってなぁ職人に近い世界だと思う。
だから一時期は弟子入りし浅草で浪花節を唸ってたんだと思うし、京劇も続けてるんだとも思う。

コレ一筋ってな男の世界が好きなんだろうねぇ・・・やっぱカッコイイでしょ。
向き不向きはあらぁな、またその業界での別な力で止めた事もある。

職人・・・この歳で一から始めるってのは無理だないくらなんでも。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。