1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月30日(月)

みっちゃんの涙

テーマ:みっちゃん

昨日のみっちゃんは、泣いたり…笑ったり…慌しい一日でした。

将来への不安、焦り、戸惑い…

話しているうちに、涙が溢れ、ぽろぽろと こぼれ落ちました。


「女一人で生きていくって大変なんだよ」

「お金もらうって大変だね」

そう言いながら 泣いたみっちゃん。

あんなに泣いたみっちゃんを見たのは、初めてでした。


ひとしきり泣いた後は、カラオケの話で盛り上がりました。

坂本九さんの「上を向いて歩こう」を、時々歌詞を間違えつつ

とても楽しそうに歌ってくれました。


今のお気に入りは "夏川りみさん" だそうで…

今度、カラオケで歌ってくれるそうです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月28日(土)

「代々木公園・テントの強制撤去」 都に申し立て

テーマ:ニュース

ホームページ 「東京ホームレス」を読んで下さっている皆さんは、

覚えている方も多いかもしれませんね…去年0月29日、

代々木公園での 「テントの強制撤去」 事件


          


あれから、実は 私のホームページの日記を読んで下さっている

弁護士さんから、 「ホームページを参考にさせてほしい…」

といった連絡を頂いたりもしていて (勿論OKしました)、

私も、その後 どうなっているのか、とても気になっていました。     

 

先日、遂に テントを撤去されたホームレスの方の代理人弁護士が、

東京都に対して申し立てを行ったそうです。

 

申し立てを行った弁護士さんの存在に ホームレスの皆さんの心は

ずい分と救われたんじゃないかな…とも思いますが、

これを機会に、東京都には よく考えてみてほしいな、と思います。



人権救済:野宿者5人の代理人が申し立て「都のテント撤去、違法」

 

昨年10月、都立代々木公園(渋谷区)で生活していたホームレス

(野宿者)5人の代理人弁護士が25日、「テントを違法に強制撤去された」

として都を相手取り、

日本弁護士連合会人権擁護委員会に人権救済の申し立てを行った。


申立書などによると、5人は他の4人とともに昨年10月16日、

同公園内にテントを設営。

これに対し、都東部公園緑地事務所と同公園管理事務所の職員らが

テント設営は都市公園法や都立公園条例に違反するとして

同29日に撤去した。


代理人らは「強制排除手続きがホームレス自立支援特別措置法や

国連人権規約などに違反する」とし、

5人への謝罪、財産や名誉の回復、

撤去手続きの違法性の認知などを求めている。


都は昨年度から、ホームレスの自立支援を目的に、

家賃が安い住宅を貸し出す事業を開始した。

一方でホームレスが多い戸山、代々木などの公園に24時間体制で

警備員を置き、流入防止を図っている。 【田中義宏】 5/26毎日新聞

 

10月29日の出来事をご存知ない方、現場の写真なども含め、

HP「東京ホームレス」内・日記ページを ぜひ見てください。

http://www.tokyo-homeless.com  


10/29  「代々木公園・テントの強制撤去」

11/7  「代々木公園・テントの撤去跡」

11/12  「10/29の日記(強制撤去)について」(←読者の方の声など)

2/12  「久々の再会」(後半部分)

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月26日(木)

クリス・ガートナーさん

テーマ:ニュース

昨日の記事、より詳しい内容が産経新聞に掲載されたようです。

「私はホームレスだったが、ホープレスではなかった」

そんな風に語る この人の名前は、クリス・ガートナーさん(49)

以下、記事をどうぞ。(5/25 産経新聞より)



不屈の男、米で映画化

服役→子連れホームレス→証券で成功、億万長者


           クリス


駐車違反で服役し、子連れのホームレスとして地下鉄の駅などで

暮らした黒人男性が、その後、証券業界で成功を収め、

億万長者となった波瀾万丈の人生ドラマが全米で話題を呼んでいる。

テレビが紹介したのがきっかけだが、来年にはハリウッドの大手映画

制作会社、コロンビア・ピクチャーズが映画化。

主人公は人気俳優、ウィル・スミスが演じる。


この人物はクリス・ガートナーさん(49)。

ルイジアナ州で生まれ、教師をしていた母親に女手ひとつで育てられた。

高校卒業後、海軍を経てサンフランシスコで医療関係の仕事に就き、

一九七八年には結婚。息子もできた。

念願だった高給の株式ブローカーへの転職話が舞い込んできたが、

経験も人脈もないため結局採用されず失職。

妻子にも見捨てられた。

そのうえ、路上駐車違反の罰金(千二百ドル=約十二万八千円)

未納で刑務所へ。十日間服役し、出所後、薄給の株式ブローカーの

見習いとして再出発するが、別れた妻が彼に幼い息子を押し付けた。

宿泊先の下宿は子供との同居は認めておらず、彼はホームレスに。

三十歳の時だった。


しかし、昼間は見習いとして猛烈に働き、夜は息子と一緒に地下鉄や

空港のトイレで寝泊まりした。食事は貧困者用の給食施設で済ませた。

こうした奮闘ぶりが大手証券会社のトップの目にとまり、

その後、着実にキャリア・アップを重ねた。


八七年十月にはシカゴで自分の会社、

ガートナー・アンド・リッチ証券会社を設立。

同社は後にニューヨークとサンフランシスコにもオフィスを構え、

これまでに累計約五十億ドル(約五千三百億円)の商いを行った。
現在のガートナーさんは高級ブランドのスーツと靴、

そしてマイルス・デイビスのレコードであふれる豪邸三軒のオーナーだ。


今年一月、米三大ネットワークのひとつ、ABCがニュース番組で

彼の半生を紹介。

「私はホームレスだったが、ホープレス(希望がない)ではなかった」

「母はいつも私に『あなたが望むなら、百万ドル(約一億円)だって

手にすることができる』と説いた」と語り、サクセス・ストーリーが

大きな反響を呼んでいる。(産経新聞)



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月25日(水)

ホームレスから億万長者に

テーマ:ニュース

こんな話を聞くと、なんだか 希望を感じますね…。

映画の公開も、とても楽しみです。



地下鉄のトイレで寝泊まりするなどホームレス生活まで経験した人物が

その後、株式ブローカー見習いを足掛かりに証券業界で成功、

億万長者となった波瀾万丈の物語が米国で話題を呼んでいる。

既にテレビで全米に紹介され、

来年にはウィル・スミス主演で映画も公開される予定だ。 【時事通信】


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月24日(火)

ホームレスなんか…

テーマ:みっちゃん

           mitchan&chinami     

     

        

みっちゃんと みっちゃんの知り合いのホームレスのおじさんに会いました。

名前は秘密、顔はニュースに出たことがある、というその人は、46才、

日雇いの建設関係の仕事をしているそうです。

一見強面、でも、話してみれば ユーモアのある面白いおじさんでした。

そんなおじさんが、冗談っぽく 私のことをみっちゃんに聞きました。

「この子、誰よ?ホームレスの子か?」


すると、みっちゃんがものすごい剣幕で怒り始めました。

「何言ってんだよ!!この子は、ホームレスなんかじゃないよ!!

なんでそんなこと言うのよ!ちゃんとした家に住んでる子だよ!

見ればわかるでしょう?ホームレスなんかじゃないよ!!!」


おじさんは、「分かった、分かった」と納得してみせ、

私も一緒になだめるのですが、みっちゃんの怒りは治まらないようで…

しばらく、一人怒りっぱなしの状態が続きました。

ホームレスではない人がホームレスの人を指して 「ホームレスなんか…」

という言葉を聞き、ショックを受けることはあっても、

こうして、当事者であるみっちゃんから 同じ言葉を聞くというのは、

それをはるかに超えるショッキングな出来事でした。


みっちゃん自身が、自分の立場にとても引け目を感じているのだ…

初めて みっちゃんのそんな気持ちを、はっきりと知ることになりました。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。