《2017年*生田ちむのブログ(新アカウント》

生田ちむです。
イースマイル所属。
レースクイーン、撮影会モデルなど。
2017年からはこっちのアカウントからブログを書きます!!
読者登録、アメンバー申請お願い致します╰(*´︶`*)╯♡


テーマ:
いぇーいみんなおはよう\( ・ω・ )/




週末は楽しく過ごせましたかー?


{EA05BEAC-B128-4C85-B4B0-FD4446FD5C6B}

(昨日の撮影会より)


週末といえばっ!!



菅生でGTテスト走行と
ル・マン24時間耐久レースが17から18日にかけて行われてましたね(*´ω`*)




どっちもお仕事してたので
必死にTwitterのタイムラインを追ったり、

みんなが情報を送ってくれたのを参考にしたりしてました。

ありがとう。




ということで。
久しぶりにMCちむちむから
レース結果をお届けします\(^^)/



(ちむちむ〜)




ありがとう(照)




まずは菅生でのテスト結果です


17日の1日目総合は

GT500   1位 16号車 MOTUL MUGEN NSX-GT
              2位  17号車 KEIHIN NSX-GT
              3位   19号車 weds sport ADVAN LC500

GT300    1位  3号車 B-MAX NDDP GT-R
               2位  21号車 Hitotsuyama Audi R8
               3位  25号車 vivaC86 MC
でした。

30号車aprは24位、31号車aprは15位







18日の2日目の総合は

GT500 1位 19号車 Weds sport ADVAN LC500                            
            2位 24号車 フォーラムエンジニアリング
                               (GT-R)
            3位 64号車 ARTA NSX-GT 

GT300 1位 4号車 グッドスマイル初音ミクAMG
            2位 65号車 LEON CVSTOS AMG
            3位 88号車 マネパランボルギーニGT3

30号車aprは21位、31号車は15位でした








菅生はテクニカルコースと言われていて
全体的に狭くアップダウンのある
右回りの多いコーナーレイアウトとなっています。


得意としているマシンはJAF-GT(私が応援しているTOYOTA PRIUSもそうですがボディの改造範囲が広いので特徴としてダウンフォースを得やすくコーナリングや燃費性能に優れている)なのですが、


今回のテストではFIA GT3規格の上位が目立ちました

(FIAの車両規定に基づく購入可能なコンプリートレースカーが多く、GT3は主にスポーツカーをベースとしたレース専用の市販車両)




前回31号車aprは正面衝突により

フロント部分はぐしゃぐしゃになってしまいましたが、メカさんの徹夜の作業により鈴鹿のテストにも今回の菅生のテストにも間に合うことが出来ました。


本当によかった…。

そして先程情報があったので書きますが、

午前中エンジン載せ替えの為走らなかったのでタイムが出なかった、
との事です!

確かに表を見ていたら走ってなかったのでなんでだろうと思っていましたがそうゆうことか!!

{67E41C9B-DE95-4146-B7EC-5DEC2E7381B2}

(写真ありがとう!!)

次回の菅生まであと一ヶ月!!
(7/22,23)

1位初音ミクと31号車の差はコンマ934秒!!

楽しみですね


{769A3783-C155-4541-8B67-D6EE2A2333A7}











一方

ル・マンでは
7号車小林可夢偉がポールポジションを獲得!!

めっちゃ注目されていましたね!




そしてレースが始まり、
TOYOTAの7,8,9号車がんばれー!
と応援していましたが朝7時か8時頃起きて
TLをみていたら


ぎゃー

1位を走っていた7号車がSC解除後に
スロー走行との情報、、


そのままピットに向かいますが入れず


車を降りてしまい無念のリタイヤとなりました。。


これには驚愕してしまいました。

{D2CE549A-AE92-4C04-AEB4-18DD0E006BB5}

(オートスポーツより)



そして続けて3位を走っていた9号車も
なんと衝突事故がありタイヤバーストの影響で

エンジンルームの付近までダメージがいってしまい
出火が起きてしまいリタイヤに。。





立て続けにこんな事が起こってしまい
朝からショックが隠しきれない状態でした。






そして残っている8号車はマシントラブル発生で
2時間程ピットで修復作業をしていたので
54位まで落ちていて、


残り12時間の時点で46位で
トップとの差がで29週でした。


厳しい…なんとか完走して欲しい!


そう思っていましたが、
なんと途中から
1位を走るポルシェよりも1秒程早いタイムを出して
ペースを上げていき、




総合9位まで順位を上げてチェッカー!!




一番近いところにいたはずなのに

表彰台には届かなくて最後まで走れなかった

7号車と9号車はめちゃくちゃ悔しい想いをしました。



応援している私達も同じ気持ちです。



去年のル・マンでは優勝が見えていたのに残り3分という所で車両トラブルという悔しい想いをしたこと。


それを今年こそは!!とドライバーさん、監督、メカニックさん、日本中のモータースポーツ好きのみんなは願っていたので


余計悔しいですが

個人的に8号車の追い抜きに感動してます。

結果だけみたら確かに悔しいってなりますが


残るTOYOTA勢は8号車のみという状況で…




でも29週遅れは厳しいよなぁ。
ってなっていて。

それでも最後まで走りきり、
9位のポイント圏内までいったので
注目して欲しいと思いました。



そして私も教えて貰ったのですが、
脇阪さんのブログを読んでじーんとしました。

脇阪さんのブログ

皆さんも読んでみてください。


これがレースなんですね。

悔しさを感じた分更にメンタルも強くなっていると思いますし、
速い事を証明してくださったので

引き続き期待しています!!







皆さんはどう感じましたか?


悔しい気持ちがあるからこそ、
勝った時に感動も倍増します。









次こそ











生田ちむ.

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。