先日、お知らせした
迷子のトイプードルのワンちゃん。

その時の日記は→えんぴつこちら

photo:11



すぐにお迎えが来ると思ったら…
新聞や有線放送、西友やビッグ、
動物病院、トリミングサロンなどに
チラシを貼ってもらいましたが
全然お迎えがありませんでした。



このワンちゃんの事情は全く分かりませんが、
お客様からこんなお話を伺いました。

認知症のおじいさんが、犬の散歩に出て
この近辺から穂高まで行ってしまっていたとの事。
穂高で犬をおんぶして立っていた所、
「何か様子がおかしい」という事で保護されたそうです。
疲れが分からず、どんどん歩けてしまう様です。
きっとワンちゃんの方がバテてしまって
おんぶしてあげていたんですね。


また、別のケースでは
同じく高齢の方が、
犬を車に乗せて、この近辺から新潟県まで
高速に乗って行ってしまったそうで
新潟で犬を連れて歩いているところを
保護されたというお話も伺いました。

ふたつのケース共、
ちゃんとワンちゃんを守っている事に感動しましたが、
何かの間違いで、遠い知らない場所で放してしまったり、
認知症の高齢者の方だけのご家庭だと
探す事も出来なくなってしまう事もあるのかな…と
高齢化社会とペットの問題を考えさせられるお話でした。



そして、このワンちゃんトイプードル汗*

今まで人のそばで暮らしていた小型犬のワンちゃんには、
保健所での収容生活は特に辛かったと思います。
怖くて寂しくて、食事も人も拒絶して
体調を崩してしまっていました。

急遽、ラッキーフィールドクロてんでお預かりして
動物病院へ...救急車
photo:04




ストレス性の腸炎を起こしていましたが
注射注射とmedicine*お薬で体調が回復しました。
photo:05




とりあえず綺麗になってbath*
photo:06


飼い主さんを待ちつつ、里親さん希望のご家族とも
お見合いをしたりしました。



とっても可愛くて甘えん坊なのですが...
繊細で人見知りで一途な性格のワンちゃん。
ひとりはぐれて、怖くて不安な思いを
したせいもあるかもしれませんが
状況や人によっては、防衛本能から唸ったりしてしまうので、
専門家の方のアドバイスも参考に検討した結果、
やっと慣れてくれた環境をこれ以上変えずに
今の場所で暮らしてもらう事にしました*room*
photo:08





今の場所とは、すなわち...
チャイムの子になりました!!*
photo:10

喜んでくれるかな...トイプードル??

名前は、モモちゃん桃
女の子らしい桃色の様に
柔らかく優しい良いところがたくさん出て
ほんわか穏やかに暮らせますように...と願いを込めて★





施設によって期限は異なりますが
3日~1週間で処分(殺処分・譲渡)になってしまいます。

知らない場所で怖くて攻撃的になってしまう犬猫は
適性検査の結果次第では譲渡対象からはずされてしまいます。

愛犬愛猫がいなくなったら
『きっと誰かに連れていかれた』
『どこかで事故に遭っているかも...』
『そのうち帰ってくる』と待ったりせずに、
一刻も早く保健所・警察署・市役所などに
失踪届けを出してください。



写真付きの特徴を書いたチラシを持って行ったり、
念のため収容犬猫を確認に行く事も大切です。


迷子札や注射票の装着などの身元明記も
忘れずに付けましょう。





…*   …*   …*   …*   …*



大町保健所では、迷い犬ねこに対して
マイクロチップの読み取りを実施しています。
photo:06


直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形のマイクロチップ。
痛みは普通の注射と同じくらいで、動物病院で処置してもらえます。
迷子札や鑑札と違って脱落したり紛失したりせずに
ワンちゃんネコちゃんの身元を示してくれます。


詳しくは
環境省HP【動物の愛護と適切な管理】
『マイクロチップいれていますか?』




…*   …*   …*   …*   …*





大町市では、大糸タイムスに写真付きで掲載されます。
ご近所、お知り合いのワンちゃんが居ないか
普段からチェックしたいですね肉球 茶色


【その他連絡先】
花大糸タイムスさん
花松本平タウン情報さん(芽インフォメーション掲載依頼フォーム)
花大町有線放送さんetc...


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

きなこ「もしも犬猫が迷子になってしまったら」
「迷子の犬猫を保護したら」
ネコ

************************************************

えんぴつ過去の記事
犬猫がいなくなった時、犬猫を保護した時の連絡先などのご案内
緊急事態にはパニックになってしまいがちですが
もしもの時に連絡する場所など普段からメモしておくと安心ですね。


「もしも犬猫がいなくなってしまったら」

************************************************


「迷子の犬を家に帰そう」プロジェクト


鑑札や注射票を装着していると
市役所等で番号の照合を行い、すぐにお家が判明し、
帰る事ができます。


また、長野県では
「1頭でも1匹でも処分される犬や猫を減らしたい。
飼い主の元へ返してあげたい。
新しい飼い主にお譲りしたい。」
という思いで
県内全ての保健所で保護されている迷い犬猫、
譲渡希望犬猫等を一覧できるサイトを運営しています。

犬猫を飼いたいとお考えの方、犬猫が居なくなったという方、
知り合いのワンちゃんネコちゃんが保護されていませんか?
しば犬悲しい是非、チェックしてみてください子猫 泣く

矢印長野県 飼い主探しインフォメーション






AD