「保健所の講習会に行ってきました」
えんぴつその1  えんぴつその2 えんぴつその3  の続き

*****************************************
先日の保健所での研修会で
長野県の現状についてもお聞きしました。
最後に犬猫との共生について少しご紹介いたします。
*****************************************

えんぴつ長野県の現状1の続き

そして、たくさんの犬猫が路上で亡くなっています。
県内の公共場所での犬猫死体収容数だけでも
約5400頭(ほとんどが猫です)

殺処分や交通事故等で命を落とす猫が
あまりにも多い現状…

殺処分される猫を減らし、交通事故等に遭わせないためにも

リストマーク屋内飼育
リストマーク迷子札などの身元の表示
リストマーク避妊去勢手術

この3つがとても大切で必要な事だと思います。

photo:03


避妊手術をせずに繁殖し続けた場合、単純計算すると
2匹の猫は、7年後に42万匹
2頭の犬は、7年後に67000頭
膨れ上がる計算になるとも言われているそうです。

母猫、母犬が命を懸けて産んだ赤ちゃんを
すぐに取り上げ捨ててしまったり、ある程度可愛がった後で
捨ててしまったりする残酷な事をするのなら
避妊去勢手術をしてあげて欲しいと思います。

動物愛護センターハローアニマル
長野県動物愛護センター
ハローアニマル

http://www.pref.nagano.lg.jp/xeisei/doubutu/animal.htm

ねことの共生「 忘れないで 2,236匹の命」
http://www.pref.nagano.lg.jp/xeisei/doubutu/top/neko.htm
-----------ハローアニマルHPより転載-------------
「子ねこが生まれた」、「家の前に子ねこが捨てられていた 」等の理由で
長野県内の保健福祉事務所に引き取られたねこは、昨年1年間で2,840頭。
その内、2,236頭が譲渡出来ずに残念ながら処分されました。

この数字1つ1つがねこの命なのです。
また、この数字は毎年繰り返されているのです。
人と暮らすようになって約5,000年。人間社会を構成する仲間として
現代に生きるねことの共生について、今一度考えてみませんか。

--------------------転載ここまで---------------------



ネコ動物愛護団体ハッピーテールを応援するブログ♪
『JR飯田線のある無人駅のエサやり場・・・その後・2011年末♪』
http://blogs.yahoo.co.jp/happy_tail_love/2916876.html




ネコ野良猫保護ボランティア『千葉市子猫』さん。
~猫たちに暖かいおうちを~
地域猫活動・TNRとは
http://www42.tok2.com/home/nagisaneko/tnr.html



猫ちゃん用お散歩グッズもあります空 ハッピー
チャイムでも販売中ハート
AD