{77DA1B5C-1603-4F8E-8F93-B4087E0261C2}



私には折に触れて読み返す本が何冊かあり

そのうちのひとつがこちらの本です。

 

 

「わかりあえないことから_コミュニケーション能力とは何か」平田オリザ著

 

この本と出会ったのは2013年の年末でした。

きっかけはマドレボニータのインストラクターがお勧めしていた

というきっかけもあったのですが、

日ごろからコミュニケーションが大事っていうけれど

一体何をどうすれば?ともやっとした思いを抱えていたところに出会った一冊でした。

 

ひょんなことから友人と

「読書会やろうか!」と話がまとまり、

こっちからの友達もこっちからのつながりも・・・

と増えて総勢7名で開催!

場所提供していただきメンバーのご自宅を開放していただき

非常にリラックスした雰囲気ではじまりました。

(場所提供に感謝です!!!!!)

 

正直、「読書会どうやってすすめようかな~」と

あんまり考えてなかった(オイ!)ところもあるのですが、

 

フタをあけてみたらなんとまぁ面白い!!あっという間の2時間でした。

 

ふせんをはったところも、

気になる線を引いたところもそれぞれの思いや選んだ背景が違っていて、

「ここに線を引いたのは・・・」からはじまるストーリーは興味深かったです。

 

今回の読書会でテーマにあがった3つの箇所はこちら!

1「だが、人生には、話しあっても結論の出ないことがたくさんある。話しあう必要のないこともたくさんある。何を話しあい、何はジャンケンで決めていいのかを決定できる能力を身につけることが「大人になる」ということだと私は考えている。」第2章p50

 

2どうも私たち表現の専門家の側からすると、日本のこれまでの表現教育というものは、教師が子どもの首を絞めながら、「表現しろ、表現しろ!」と言っているようにしか見えない。そういう教員は、たいていが熱心な先生で、周りも「なんか違うな」と思っていても口出しができない。」第1章p20

 

3「会話」=価値観や生活習慣なども近い親しい者同士のおしゃべり

「対話」=あまり親しくない人同士の価値観や情報の交換。あるいは親しい人同士でも、価値観が異なるときに起こるその摺りあわせなど。

 

 

この3つを通して生まれた対話とは?

ブログの続きはこちらからですー。

 

 

 

 

 

しかくしかく現在募集中のスケジュールしかくしかく

・6月2・9・16・23日(木)
桑名:産後のボディケア&フィットネス教室6月コース 定員10組


四日市:産後のボディケア&フィットネス教室7月コース 定員6組


・6月22日(水)
四日市:産後のボディケア&フィットネス教室体験会@はもりあ 定員8組

 


 pasokon☆☆お問い合わせ先(出張レッスンなど)
以下のアドレスまでお気軽にどうぞきらきら
→maki.sahashi☆gmail.com
※迷惑メール対応のため、☆を@に変更して送信してください。

産後のボディケア&フィットネス教室体験会 定員8組

 

 

AD