こんにちは!

NPO法人マドレボニータ認定産後セルフケアインストラクターの佐橋真希ことちまきです。

 

今日はララスクエア四日市の「みえのこども応援プロジェクトよっかいちステーション」さまにて、産後ケアの啓発ブースを出させていただきました。

 

image

 

今回、現在お二人目を妊娠8か月の女性とボールに座ってお話しさせていただきました。

 

不安に思ってらっしゃることは・・・・

 

ずばり、

上の子とのかかわり方。

 

間もなくやってくる出産の準備よりも、今、目の前で成長し続けている上の子に関心が向きますよね。でも、必ずやってくる、出産、産後。そして二人を育児していく、子育て導入期もやってきます。

 

そのときに私自身が特に痛感したのは、自分だけでなんとかしようとしても限界がある、ということ。

 

どんなに気立ての良い方でも、産後は、正気じゃない状態(笑)になります。それでも全力で上の子の気持ち、行動を受け止められるかというと・・・万全ではないですよね。

 

家族の形が変わるときこそ、子育てを血縁に閉じないチャンス。

 

上の子が病気のときは?自分が体調崩したら?そんな体のピンチのみならず、心の余裕を失いがちな産後に自分を支えてもらう仕組み作りについて、お話ししました。

 

「確かに・・・・そんなこと考えたこともなかったけど・・・そういうときどうしよう・・」

 

そんな四日市市に在住で二人目の出産を控えてらっしゃる方にひとつおすすめなのはこの仕組みです!

 

「第二子以降子育てレスパイトケア事業」

保護者の育児に対する孤立感や負担感を軽減する ため、第2子以降の子を出産し、産後6カ月までの間に 市内の認可保育園が実施する一時保育を上の子が 利用する際に、その利用料を2回まで無料とします。

こちらのサイトに詳細が掲載されています。)

 

 

私自身、専業主婦だったとき、保育園の先生の出会えたことで、子どもとの関係性が変わり、自分の時間を持つことで子どもの気持ちをみつめるきっかけになりました。

 

image

 

妊娠、出産、産後、と切り分けてしまうのではなく、ひとつながりに安心して過ごせるような情報発信も、このブースを通してお役に立てたら、と思っています。

 

お越しくださった皆様、ありがとうございました!!!

 

そして。私にとって初の産後ケア教室OGさんと別の月に参加した四日市教室OGさんがつながり、さらに現コースに通ってくださってるOGさんもお越しくださって、ボールを通してできた地域でのつながりが広がっていくようでとてもうれしく思いました。

 

一歩ずつ、心をこめて、これからも取り組んでいきたいです。

OGのみなさん、よかったら遊びにいらしてくださいねー♪

 

 

 

しかくしかく現在募集中のスケジュールしかくしかく

・6月2・9・16・23日(木)
桑名:産後のボディケア&フィットネス教室6月コース 定員10組 →残1組


・6月22日(水)
四日市:産後のボディケア&フィットネス教室体験会@はもりあ 定員8組

 


 pasokon☆☆お問い合わせ先(出張レッスンなど)
以下のアドレスまでお気軽にどうぞきらきら
→maki.sahashi☆gmail.com
※迷惑メール対応のため、☆を@に変更して送信してください。

 

 

 

 

 

AD