Thu, September 22, 2016

◎ワークショップの流れ◎

テーマ:◎ワークショップの流れ◎
ちるのきのろうけつ染めWS。
流れを、簡単にご紹介します♪

①ボディ&原画を選ぶ
{6050F9C4-2B22-4128-A875-8420E9F65431}

ボディは、その時々のちるのきオススメボディから、お選びください⭐️
原画は、ちるのきが制作に使っているもの。曼荼羅、動物などいろいろ。。。
(オリジナルの原画の使用も可能です!)


②ロウ描き

{DB3E7E43-CF58-49AF-BC1F-1A7AF1451EAA}

{278FC592-0E7A-4AE2-A91B-6E9D5CAF6F5E}

原画が決まったら、いよいよロウ描きの工程へ。
ボディの厚みなどによって下絵が見えにくい場合は、ロウでなぞれば消えるペンでガイドラインを書いてもOK!



③色を入れる
{DD2B8D07-7EAF-43DE-B9F3-E4E3537FD7AB}

{51642264-0554-4481-A70B-C086A6C3A801}

{9DCC1C35-8B92-4D35-B50F-359E04E95F73}

{A800335C-C220-4E8B-AD69-FCE52DC469D4}

さあ!集中して線を書いたあとは、思いのままに色を入れていきます。
絵の具の広がるままに任せてグラデーションにしても良し、ひとつひとつのパーツを塗り分けても良し。。
基本的に、失敗というのはありません。
色を、楽しんでください⭐️

※④ロウ伏せ
この工程は、時間に余裕がある時には行います。

色を入れたボディが乾いたら、ロウで伏せていきます。
染めたくないところに全て、上からロウを塗っていきます。
これにより、柿渋や藍などの染料が入らなくなります。
ロウが割れた部分には染料が入り、
ろうけつ染めならではの、美しい亀裂が入ります。

{BC0A13B8-81E5-4361-8AF5-40CE770CAAAB}

みんながそれぞれに作り上げた作品たち。
持って帰って、ちるのきが染めさせていただきます。
その後、ロウ落とし、湯洗いをして、お届けします。


出来上がりは、こんな感じ。
{08027CB8-E2F0-4923-84A6-FA55EDB308B1}

{46A44D73-F40E-4575-86CB-8F21234B67D4}

{7A432292-FB00-4119-8051-F97EFC7CE850}

{9775895C-7BE2-4753-B3FC-1C3B518292AB}

{1ECC936D-A6BC-4C7D-91D6-A77286279D4A}

{29CF49EB-75E8-4A95-826D-48A582797B4D}

{4033CA8E-EC55-4A9A-A95D-728C76C138E2}

一枚だけの、スペシャルな服たち!


線が太くなっても。色が思ったように塗れなくても!
仕上がる子達はみんな、そんなの全然気にならない、素敵な子になります⭐️


∞ワークショップやりたい!次はどこであるの?そんなお問い合わせは、こちらまで♪∞
chill-no-ki@hotmail.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

chill no kiさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。