胆道閉鎖症・乳幼児肝疾患母の会 肝ったママ’s

胆道閉鎖症や乳幼児肝疾患の早期発見に力を入れております。
便色カードで早期発見 No more 脳出血!


テーマ:
先日、胆汁のはたらきについて、少し述べました。
その中で、「胆汁が排出されないと、うんちに色が「つかない」」とありました。
胆道閉鎖症の赤ちゃんの症状はいくつかあります。
その中でも目に見えていながらも、見落とされがちなのが「うんち」と「黄疸」です。
今日はそのうちの「うんち」について、話したいと思います。

よく育児サイトやインターネットの質問サイトで、
「赤ちゃんが◯◯色のうんちをしました、これって大丈夫でしょうか?」
という質問を見かけます。
実際私達もこういう質問を見ては「ドキッ」とする時があります。

私達人間のうんち、成人については大体が茶色ですよね?!
うんちの色はどこから来るのでしょうか?
うんちの色は、腸内で胆汁のシャワーを浴びて、色が付くのです。
もちろん、食べた物によっては多少の濃い薄いはありますが、大体茶色系統です。
胃のレントゲンでバリウム飲んだ後は白くなったり、
胆のう関係の病気になり胆のうを手術で取ってしまうと、薄い色になったりします。

赤ちゃんのうんちは、最初は胎便と言われる濃い緑色のうんちが出ます。
これは赤ちゃんがお母さんの体内にいた時や出産時に飲んだ羊水や、腸管の分泌物です。
そして、生後何日か経つと、茶色系統のうんちに変わっていきます。
母乳とミルクでは多少の違いはあれど、茶色系統、もしくは黄色いうんちをします。
(たまに濃いみどり色が出ますが、これは腸の中で空気と混ざり酸化してしまったので、
大丈夫です。)

胆道閉鎖症の赤ちゃんはどうでしょう?

胆道閉鎖症の赤ちゃんは、胆汁がうまく腸まで流れないので、
色の元となる胆汁のシャワーを浴びられません。
そうすると、便の色が「薄く」なります。
よく、育児雑誌で赤ちゃんの病気特集では、
「灰白色の便」や「白い便」が出たら「胆道閉鎖症」と書かれてますが、
私達、胆道閉鎖症の子どもの母親の経験から言わせてもらいますと、
「厳密には」不正確です。

胆道閉鎖症=白い便 

だけではなく、

胆道閉鎖症=白い便、薄い黄色の便、薄い緑色の便、クリーム色の便

なのです。胆道閉鎖症の母親に

「お子さんのうんちの色を何かたとえると、どんな色ですか?」

と尋ねてみると…

メロンパンの色・うぐいす餅の色・プリンの色・蛍光イエロー・蛍光グリーン・黄緑色・

と、これだけ言い方があるのです。「白」だけではないんですね。
お母さんから見た、胆道閉鎖症の子どものうんちについては、後日また書きます。

そして、他にも特色として

油っぽい便が出る(食べた物の脂肪分が吸収されないので、油っぽいうんちになるのです)

があります。これだけの色の言い方があるのに、
育児雑誌や医学書では「灰白色」とだけ記されているので、
新米ママやお医者さんは「灰白色」ではない、「うすい色」は「大丈夫」と思ってしまう…
それがこの病気の難しいところです。
現に、肝ったママの中にはうんちを医師にも、助産師さんにも、保健師さんにも見せたのに、
「大丈夫です。」と言われ、発見が遅れたケースもあります。

お医者さんでもわからないの?と不思議に思いますね…。
確かにお医者さんは、何年も医学を学び、国家試験にも受かっているのに…ですが、
一万分の1という確率なので、大学の臨床等で「診たことない」お医者さんがほとんどです。
助産師や看護師は産院で見かけるかというと、やはり診たことない人がほとんどです。
東京のとある大学病院では、年に一人か二人しか新規の胆道閉鎖症患者が来ません。
医者のたまごである医学生が実際に診られるのは、ほとんどないのです。
それが、この病気が発見されにくい、見落とされやすい理由の一つでもあります。

もう一つ怖いのが、ロタウィルスに代表される乳児嘔吐下痢症と間違われることです。
私達は「誤診」と言いたくはありませんが、本当にそれで間違われて、亡くなった事例があるのです。
肝ったママ早期発見HPの【手遅れの現実】を参照)

ロタウィルスは、ウィルスが感染した後、胆道系の器官に悪さをし、
「一過性胆汁排泄障害」と言って、胆汁の分泌を邪魔してしまので、
胆汁がうまく流れず、色が付かなくなるため、うんちが白い色になるのです。
これはロタウィルスの感染後、身体が回復すればうんちの色も元に戻ります。

では、ロタウィルスと胆道閉鎖症のうんちは見分けがつかないのか?
これは経験豊富で、思慮深い医師でないとなかなかわからないかもしれません。
慎重な先生が、採血をしたり、浣腸して確認して病気が発見されたこともありますが、
生後すぐの赤ちゃんに採血をしてくれる先生はなかなかいないので、難しいです。
そのため、他の症状等との総合判断と沢山の検査が必要となります。

他の症状とはなんでしょうか?私達素人でもわかるのが「黄疸」です。

うんちの話は長くなるので(笑)、今日はここまでにしたいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

肝ったママさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。