今年も残すところあと少し。
12月31日という数字を見返してしまうほど、普通に大晦日を迎えております。不思議ですね。
昨日、年内最後のゴミ回収日だったんですが、見事に出すの忘れました。くやしい
でも延滞中のツタヤは年内に返したぞ。うれしい。
プラマイゼロ。


そんなわけで
今年も終わりですね。
本当に本当に皆さまにお世話になりまして、感謝ばかりの一年です。
おかげさまで元気に終えることができました。ありがとうございます。


今年も、ホントに様々な現場に行かせてもらいましたが、
それぞれが楽しくて、そこにいる人たちが大好きだったですし、
一つ一つが、大切な作品でした。
沢山のお客様に受け止めて頂き、本当に幸せでした。


今年は、
自分の人生のなかでも忘れられない一年だったと思います。
とても大きな出会いが沢山ありました。仕事の上でも人間関係でも、繋がって出会って行くという事を強く感じました。


反省も多々あるのですが、自分自身と目一杯向き合って、あらためて自分を知ったり、可能性を見つけようとしたり、そんな有意義な一年でした。


来年は多分、大きな、大きな、勝負の一年になると思います。
シンプルに、目の前にあるものを信じて突き進むのみです。
絶対に勝つ。必ず勝つ。と信じ抜いて、来年に向かおうと思います。



とりあえず目下の課題は、実家で食べ過ぎないことですね。豚
長野につきましたー。
本年もありがとうございました。




Kubokan





おまけ



ホセ・フェルナンデス選手。
メキシコより愛を込めて。

AD

愛の水中花

テーマ:

少したちましたが、湯ぶね「愛の水中花」無事に千秋楽まで終えることが出来ました。
ご来場くださった皆様、支えてくださった皆様、本当に心から感謝いたします。
そしてスタッフの方々、作演出の松本君と共演者の皆にも、心から感謝しております。


毎回の事ですが、
終わった安堵感と共に寂しさもこみ上げてきますが、新しい事も次々と押し寄せて、段々と切り替わっていきます。
本番も、楽屋も、飲み屋でも、本当に楽しかったです。幸せな現場でした。
今でも、ひとりひとりの顔を思い出すと、自然と顔が緩んでしまいます。


色々な先輩たちや関係者のご尽力があって、なんとか公演を進められ、ただただ作品作りに没頭することができる毎日でした。
青臭いかもしれませんが、皆が一つの方向に向って物作りができるというのは本当に貴いことで、それは歳を重ねるごとに痛切に実感します。
面白いものを作らないと、役者なんてものに価値はないのですが、舞台に立ち続ける限り、その原点のような衝動は、やっぱり胸に忘れないように持っていたいと、このタイミングで強く思います。



言葉にならない事や思いは沢山ありますが、
それでも終わればいつも次に向って、次のその瞬間にむかって、悔しさも全部胸に秘めて、
切磋琢磨していけばいいと思います。



次の舞台は4月です。
少し空きますが、いろいろとインプットをして過ごしたいと思います。
また色々とお知らせ出来ることもありますので、ご都合つけば観ていただけましたら嬉しいです。


◇◆◇◆◇◆◇◆

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
夢の劇 -ドリーム・プレイ-

【原作】 ヨハン・アウグスト・ストリンドベリ
【構成・演出】 白井晃
【台本】 長塚圭史
【振付】 森山開次

【出演】
早見あかり、田中圭/江口のり子 那須佐代子 森山開次/山崎一/長塚圭史/白井晃/久保貫太郎/今里真
(ダンサー)
宮河愛一郎 高瀬瑶子 坂井絢香 引間文佳

【神奈川】
2016年4月12日[火]-30日[土]
KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉

【松本】
2016年5月4日[水・祝]・5日[木・祝]
まつもと市民芸術館 実験劇場

【兵庫】
2016年5月14日[土]・15日[日]
兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール


AD

夜中に

テーマ:
夜中に久しぶりにブログを書いてみる。
数ヶ月ぶり。ログインするのに手間がかかった。

明日も12時から稽古だし、早く寝なきゃいけないのよね。。


こないだある芝居を観に行ったら、
ひょっこりひょうたん島の歌のメロディで、未来は暗いが今は明るい 泣くのはいやだ笑っちゃおうーという台詞があって、一ヶ月たつのにとても印象に残ってます。井上ひさし氏の台詞だそうです。別に、全然暗いとかじゃないんですけどね。。


転換期、過度期、なんとか期、いろんなことを考える考える考える。あらゆることを考える考える。でも思い浮かぶのはひとつだけ。できることも信じる事もたぶん1つだけ。自分は自分だから、ほんとですよ。自分は自分ということ。あなたはあなた。そこはそこ。素晴らしいものは素晴らしい。あの人はあの人。土曜日は土曜日、お金は金、僕らは僕ら、上は上、いけるところまで どこまでも。
そう思います。
AD

ひとよ

テーマ:

遅ればせながら、KAKUTA「ひとよ」無事に東京、横浜公演ともに終わりました。
ご来場いただきましたお客様、サポートしてくださった、全ての方にお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


この公演に出ることが決まった今年の始めに、演出の桑原氏に「貢献できるように頑張るよ」と送ったら、「貢献というよっか、カンタにとって忘れなれないくらいいい舞台にしたい。から、がんばる」といった返信がありまして、公演が終わってからふと思い出しました。 見返してみたら今年の1月23日のことでした。


楽しかったか、忘れられなかったか、と言われれば、やってる最中はそういった事を考える余裕も感傷にひたる気持ちもなく、とにかく毎日課題は出てくるわけで、ひたすら次のことばかり考ええ、気づけば終わっておりました。。



落武者風 吉永さん。



それぞれ昔からの知り合いになるので、俺にとってはKAKUTAの人達は一緒にこの世界で切磋琢磨してきた友達でもあり、あるいみ競争相手でもあるんですが、
以前は、共演する度にノスタルジーな気持ちになったけど、歳のせいか特にベタベタし合うこともなく、
なにわともあれ、いい作品を作るという共通の目標にむかって


見てくれている目に全てをゆだねて、ただ次の自分達に向き合って、そんなところにむかっていけるのがとても幸せなことなんだと今よくわかります。
本当に、人からしたら些細なことですが 僕にとっては忘れられない沢山の夜とか朝とか、夕方がありました。




新しい毎日は、どんどこ更新されていきますが、
これからも頑張っていくよ。
本当にありがとうございました。
また劇場であいましょう。



刈り込む伊達さん。刈り込まれるおれ。



Kubokan

お知らせ

テーマ:
さてさて、そんなわけで5/21(木)から始まるKAKUTA公演「ひとよ」のチケット発売も近づいて参りました。

先日「第十八回 鶴屋南北戯曲賞」を授賞した 桑原裕子氏が手掛ける、受賞後初の作品です。
是非この機会に沢山のお客様にKAKUTAを観て頂きたく思っております。またチケットの売れ行きもおそらく早いと思いますので、是非お早めにご連絡お待ちしております。

チケットの一般発売は4/18(土)となりますが、それに先駆けて、 4/10(金)~4/12(日)、3日間のみの“お得な先行割引チケット”の発売がございます。


下記詳細となりますが、先行割引チケットは銀行振込をいただいてからチケット郵送となります。
もし劇場でのお取り置きご希望の場合は、いつものように久保貫までお申し付け下さいませ。
是非! お待ちしておりますm(__)m



【お得なチケット先行予約(指定席のみ)】
先行予約特別価格 4,000円
(サービスデーは3,900円)
①[通常4,300円のところ300円OFF!]
②「ひとよ特製クリアファイル」プレゼント!

※サービスデーは料金の割引はありません。特製クリアファイルのみの特典となります。
※お支払いは“銀行振込のみ”となります。
※入金確認後、順次チケットを郵送でお届けします。
※特製クリアファイルは、当日劇場にてお贈りします。

---------------
【ご予約方法①】
①お名前:
②ご観劇日時:
③枚数:
④ご住所:(チケット郵送の為)
を、久保まで、4月12日(日曜)までにご連絡下さいませ!
★こちらは、今から承ります!

【ご予約方法②】
『 KAKUTA「ひとよ」チケット予約ページ 』
上記ページから予約の申し込みが入れば、自動的に久保扱いとなります。
★こちらからの予約は、4/10(金)~4/12(日)の3日間のみとなります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


KAKUTA第25回公演
『ひとよ』
作・演出/桑原裕子



2011年にシアタートラムで好評を博したKAKUTA代表作!
新たなキャストも加わり“下北沢ザ・スズナリ”にて、より濃密に、パワーアップした『ひとよ』をお届け致します。
またKAKUTA初となる劇場“KAAT神奈川芸術劇場”でも上演致します。
元町・中華街駅へは、副都心線で一本!
是非お帰りの際には、中華街でのお食事も堪能下さいませ。



【出演】
岡まゆみ

若狭勝也  桑原裕子  成清正紀
高山奈央子  佐賀野雅和  四浦麻希
異儀田夏葉

伊達暁
磯西真喜(演劇集団円)
久保貫太郎(クロムモリブデン)
松本亮(扉座)
まいど豊(東京ヴォードヴィルショー)

--------------
【東京公演】
■場所/下北沢ザ・スズナリ
■日時/
5/21(木)14:00★/19:00★
5/22(金)19:00★
5/23(土)13:00/18:00*
5/24(日)13:00/18:00
5/25(月)19:00
5/26(火)14:00/19:00
5/27(水)14:00

【横浜公演】
■場所/KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
■日時/
6/6(土)13:00/18:00*
6/7(日)13:00

★…サービステー3900円
*…雪山素子デー(終演後、伝説の司会者によるパフォーマンストークショー)

---------------
【チケット料金】
●指定席 4300円(前売・当日とも)
★サービスデー 3900円(指定・自由とも)


KAKUTA HP


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ご不明点などあれば何なりとお申し付けください。
また近況報告などございましたら是非 生茶パンダ キラキラ

タカハ劇団

テーマ:

タカハ劇団「わたしを、褒めて」無事に終わりました。


観てくれたお客様が周りに口コミして下さったおかげで、日に日にお客さんが増えていって、最後の方は溢れんばかりの客席でお芝居をさせて頂き、とても嬉しかったです。
タカハさんという作り手の吐き出すエネルギーを、これでもかと吸収し、放出し、体感した公演だったと思います。


来てくださった皆さま、応援してくださった皆さま、差し入れを下さったり、褒めて頂いたり、助言や苦言やハグやら何やら、とにかくいっぱい感謝しております。言葉にすると月並みになってしまいますが、ひとりひとりの顔を思い浮かべてありがとうございます。


今回の座組は、本当に一度喋りだすと黒焦げになるまで騒ぎ尽くす地獄の業火みたいな座組でした。毎日アホな事ばっかりで楽しかったし、一人一人すごく好きでした。
役柄としても、出番こそそんなに多くなかったけど、いつもはあまりやらない部分が沢山あって楽しかった。
後輩刑事役の山田君と、二人で練習した毎日の事が、一番心に焼き付いてます。山田君いろいろありがとう、そして色々ごめんね。そしてやっぱりありがと。


出演者@自撮り棒

劇中の「楽屋」パンフレット

冒頭のシーン。



今日の昼から次の現場の稽古だったので、本当は終電で帰る予定だったのですが、結局楽しくなっちゃって始発まで騒いでしまい、焼け野原ような状態で新しい稽古場にたどり着いたのですが、
そこにはまた別の熱気というか、あーでもない、こーでもないという刺激とエネルギーが溢れていて、自分のセリフを声にしていくうちに、そこに気が入っていくというか、ズブズブと覚醒していくのがわかったので、ホントに現金な体質でよかったと思いました。 タカハは終わっちゃったけど、次の芝居もヤル気まんまん日曜日。
あしたもがんばります!




Kubokan

告知:家族

テーマ:

2月のタカハ劇団に続き、
初春3月に吉祥寺でお芝居をやります。
よろしくおねがいします。


小津安二郎氏の世界的名作「東京物語」にオマージュを捧げた作品です。
恥ずかしながら 私、小津安二郎監督の作品をこの度初めて見まして、あまりの感動に最初からもう一回見直し、Wikipediaで作品について調べまくり、小津監督についても調べまくり、もう小津プチフリーク現象が止まらずに、最近の私の待受は、笠智衆さんと東山千栄子さんのお二人が、熱海の海岸の堤防でたたずむこの写真にしております。



いやーなんて素晴らしいカットでしょうか。
聞くところによると、小津監督はこの背中の角度まで 何度も細かく演出をつけられたそうですよ。


さて我々の東京物語はどうなるのでしょう。そして私はどの登場人物の役なのでしょう。素敵な共演者さんとの絡みにもワクワクしております。
本番お楽しみに。



◇◆◇◆◇◆◇◆


オーストラ・マコンドー 2015年本公演
「小津安二郎に捧ぐ『家族』」


会場:吉祥寺シアター

日程:2015年3月5日(木)~15日(日)

いわずと知れた小津安二郎監督の名作「東京物語」は、今日の核家族化と高齢化社会の問題を先取
りし、小津映画の集大成とも言える作品であり、国際的にも非常に有名な日本映画としてヴィム・
ヴェンダース、ジム・ジャームッシュ、アキ・カウリスマキ、ホウ・シャオシェンをはじめとする
世界の監督たちにも大きな影響を与え続けています。
この「東京物語」にオマージュを捧げ、オーストラ・マコンドーが現代に書き下ろし舞台化します。


【作・演出】倉本朋幸
【音楽】MOGMOS
【キャスト】
趣里、松本紀保、久保貫太郎、 枝元萌、
後藤剛範、カトウシンスケ、MOGMOS、
松永大輔、でく田ともみ、豊川智大、
康喜弼、伴美奈子、他

【公演スケジュール】
平成27年3月5日(木)~3月15日(日)
5日(木)19:30☆
6日(金)19:30☆
7日(土)14:00☆/18:00☆
8日(日)14:00/18:00
9日(月)休演日
10日(火)19:30
11日(水)19:30
12日(木)19:30
13日(金)19:30
14日(土)14:00/18:00
15日(日)14:00
☆・・・前半割引公演
 
【チケット料金】[全席指定・税込]
・前売3500円、当日3800円
☆前半割 前売2800円 当日3000円
・学生割 前売2500円 当日2800円


チケットのご予約は、いつもの通りクボカンまでご連絡頂くか、こちらのURLから簡単にご予約下さい。
https://ticket.corich.jp/apply/61924/kub/



春の初めに、相応しいお芝居を。
劇場を出て歩く最中に、何かしらの気持ちで歩を進めて頂けるような作品になったら嬉しいです。



Kubokan


追伸
タカハ劇団「わたしを、褒めて」もどうぞよろしくおねがいします。2/4(水)から2/11(水)まで下北沢 駅前劇場です!





最近の状況

テーマ:

ヘロー久しぶり。
ここのところ毎日 タカハ劇団の稽古をしていますよ。
ただ漏れする女優たちのエゴとサガ、そしてそれに振り回されるスタッフたちの悲哀… まいにち稽古場でゲラゲラ笑いまくってます。(劇中の話ね。)


ちゃんと稽古が進めばとても面白い作品になると思うので皆さん来てくださいねー。連絡頂ければ即座にチケットご用意します。
かむひあオランウータンオランウータンオランウータン





タカハ劇団 「わたしを、褒めて」HP



あと
NHK-Eテレ(NHK教育)で、1月26日(月) 23:50~からスタートの
「人間観察ミーティングドラマ ただいま会議中」
という番組に出演しております。
僕のメインの回は3月2日(月)#6です。
普通にTVでみれるので、よかったらこちらも見て下さいね!



ドラマの舞台は都会の片隅にある貸会議室。1時間単位で貸し出されるスペースには、実に様々な目的をもって大人達が訪れる。そこの会議室の受付嬢・河原奈々は、単に〝楽そう〟という理由で、アルバイトを始めていたが、監視モニターから映し出される会議室の様子に、どんどん興味が湧き始め、今では各会議のパターンを見抜く洞察力まで身に着いている。
毎回1つの会議室を中心に、同時間帯の他部屋の様子もザッピングしながら、どこかに面白いネタが落ちてないかと凝視する 奈々目線を中心に描いていく、ほぼ1話完結のミーティングドラマです。


Eテレ:月曜23:50~23:55(5分)です!
ワンセグ2:月曜19:55~20:00(5分)


ちぇけらっ!  和田アキ子和田アキ子和田アキ子



Kubokan

即興イベント終わった

テーマ:

たのしかったー。



一緒に場をつくってくださったお客様、わたくし目の分裂気味の暴挙に嫌な顔せずつっこんで下さった先輩方、そして全てのスタッフの皆様、ありがとうございました。


もしかしたら使えるかなと思ってヌンチャクを持っていったのですが、お客様からのお題で「ヌンチャク」という単語が出てきた時は、神が見えました。



達也さんには、ちゃんと肝臓返しておきました。



Kubokan

明けましたね。

テーマ:

新年明けました。おめでとうございます。
遅いよね。。でもまだ2015年には慣れないね。
とりあえず今年も宜しくお願いします。


さて今年5月のクロムモリブデンですが、元旦にサイトで発表があったとおり、私 久保は出演致しません。理由は演劇性の違いから。みたいなロックバンドみたいな事にしたかったのですが、単に今回は勝手を許して頂き一回お休みさせて頂くだけです。
前回公演をやってる時から何となく感じておりました。齢38歳にして、わたくし 自分探しの旅に出て参ります。


次のクロムに出る新しいメンバーの皆さんとは、まだ面識がないので正直写真を見ても誰がどなたか分かりません。
一抹の淋しさはありますが、これも必要な事だと思えればとおもいます。


おかげさまで年末から今年にかけて色々とお仕事を頂き、鋭意取り組んでおります。新年だというのに部屋が引くほど散らかっており、毎日着ていく服を見つけ出すので精一杯です。
思い返せば昨年の10月11月は、仕事が入らなすぎてミイラになりかけました。仕事の神様はツンデレです。
一時期、パン屋さんになるという新たな夢が芽生えかけましたが、見事役者の世界に戻って参りました。戻ってこれてよかったー!
また色々お知らせさせて頂きますので良かったら見てくださいませ。


そして明後日は即興イベントです。
チケットは売り止めですが、ツイキャスもやるみたいなのでよかったらおうちで見てね!


☆☆☆☆☆☆☆☆


タイソン大屋の「はい、どーも!東京新春スペシャル!」


役者から台本を取り上げて「なんか面白い事」を期待する観客だけがある状態。役者なら一度や二度、見る悪夢。

それをやってしまうガチ企画!!台本なしのガチンコ芝居!!!

を、

売り止めとゆう事で
ツイキャスで劇場中継しますっ!

http://twtr.jp/tyson_ohya/status?guid=ON
(←タイソンツイッターです)

開演時間の後19時15分くらいからと、
21時15分くらいからの予定です!


出演

岡田達也(演劇集団キャラメルボックス)
    ×
久保貫太郎(クロムモリブデン)
    ×
タイソン大屋


嶋村みのり(ピアノ)

山陰匡瑠(津軽三味線)




1月13日(火)
時間

○ピアノの会・19時~20時半
○三味線の会・21時~22時半

会場
鯛cafe(京王井の頭線・新代田駅下車徒歩1分・環七沿い)


チケット
売り止めとなっております
※開場は開演時間の30分前を予定しております。


よろしくお願いいたします。
___________



Kubokan