2016年幕開け !!

テーマ:

2016年新年の第1発目は、三次市出身、当時オリックスバッファローズの田中大輔君の後援会での演奏でした。

つまり、後援会しか入れないクローズなライブです。

実は、そのために竹下は、曲を1曲書き下ろしました。

田中大輔君の応援歌「Catch the Rainbow」

この曲も、いつものようにMTRでCD音源並みに作って、僕とKensouにプレゼンしてきました。

これが、また素晴らしくPopで、聞いた瞬間に飛び上がる気持ちでした。

これを、後援会のお酒の入ったステージでやるものですから、ウケないわけがありません。

その日、この曲はCDには入っていませんが、竹弦のCD「LIGHT SONG」が持ってった枚数を全て売りつくしました。

何枚だったかな~ ? 覚えていませんが (笑)

まぁ、後援会に来ていた達川さんの押し売りもあったのですが…。

のちに、後援会の方から、「Catch the Rainbow」のCD制作の依頼があり、シングル盤として発表することになりました。

 

この曲、実は聞いた時、POPな感想の反面、どうやって叩こうかと悩みました。

僕も、色んなユニットに参加していると、自ずと手グセが出て来ます。

それを脱却したい !!と、いつも試行錯誤です。

 

竹下も、例外ではなく手グセがあります。

ギターにもありますが、曲にもあります。

つまり、ビートがいつも同じになりがちです。

これが、悪いのではなく、良いのです。

作りやすい、歌いやすい、歌詞がハマりやすいビート。

あって当然です !!

 

それに、メンバーが、3人 (トリオ)と言う制約もあります。

これを、マンネリと取るか?  チャンスと取るか?

考えたら、3人…。演奏者が2人、歌が一人。

これが、ベストなのかな ?

これに、ベースが居たり、鍵盤が居たりしたら、曲の仕上がるスピードも変わるし、何と言ってもリハーサルの日程を合わせるのが大変です。

たくさんの人が居ると、サウンドは派手になり、表現力も増えますが、動きが鈍ります。

僕は、たくさんのバンドを作ってきて、段取りしてきたので、竹弦教は楽で、楽で。

余裕を持って、いろんなアイデアを無い頭で絞り出すことができます (笑)。

3人だと、結構身軽に動けて、曲の仕上がりも早いです。

 

話が逸れましたね。

ドゥンン ドゥンン カッ

ドゥンン ドゥンン カッ 

これが、竹下ゴールデンビートです。

これに、Kensouのハイトーンヴォイスが絡みます。

 

話の内容が前後して、お解りにならない箇所もお有りかと思いますが、とにかく、マンネリ化を防ぎたいと思いこんな違う角度からビートを作りました。

3人だから、こんな演奏が出来るのです。

 

 

今回は、少し音楽的な? 内容かと思いますが、やはり名曲です。

竹弦教「Catch the Rainbow」

AD

ラジオスタート

テーマ:

ラジオ番組のオファーが入りました。

はつかいちFMのマッキーさんがパーソナリティーを務める「ウエストミュージックジャンボリー@はつかいち」から。

マッキーさんと言えば竹弦の育ての親と言っても良いほどの存在で、マッキーさん達が立ち上げた「ウエストミュージックジャンボリー」でテーマ曲を歌っているのも竹弦でした。

 

以前は僕も中山泰造と一緒にWMJ (ウエストミュージックジャンボリー)に出てた時、竹弦のテーマ曲は耳にしていました。
でも、のちにそのユニットに参加するとは、不思議な縁ですね~。

 

話は逸れましたが、そんな流れもあり、マッキーさんの番組の1コーナーの10分間を頂きました。

タイトルを「竹弦教の今宵ほろ酔いトーク」。

廿日市近辺しか聞くことが出来ないので誰が聞いているのか?  

もしかしたら誰も聞いていないのかも知れませんが、ラジオで話をするなんて、そうそう出来る事じゃありません。

で、僕のような、挙動不審で、対人恐怖症の人間が、ラジオをするなんて、家族もびっくりです。

 

僕は、人前では字が書けません。

パーカッションを手で叩いているからと、みんなには言っていますが、本当はそうじゃありません。

手の震えが止まりません。

これは、精神的なものです。

30代の頃、いつも不安を抱えていました。

音楽も、仕事もうまく行かず、薬ばかりに頼って逃げていました。

そんな時は、誰にでもありますよな。

僕も例外ではなく、入院の繰り返しでした。

長い人生、足踏みすることもあります。

そんな経験もあり、常日頃から手が震えます。

「ちゃんと良い字を書こう」「手が震えるのを気づかれないようにしよう」と思えば思うほど止まりません。

ご了承くださいね。

 

ラジオも、なんとか形になりました。

そんな精神的な気持ちもありますから、尚更、いつも、決めてます。

お腹に力を入れて、”必ずやり抜く”って!!

 

僕は色んな人からオファーを頂きます。

中山泰造、大山百合香、清水十輝…。

そして竹弦教。

リハーサルも限られた時間で、納得の行く演奏に仕上がらない時もあります。

その時もラジオのトークと同じようにお腹に力を入れて”必ずやり抜く”て思いでやってます。

それが、僕に出来る最大のお返しになるのかなって。

みんな、ありがとう。

命の限り、サポートを務めます。

 

 

AD

新曲

テーマ:

でも、常に思います。

第三者としての耳を…。

本当に、竹下の曲は良いのか?

演奏して、身近にいるから、うまく洗脳されているのじゃないのか?

いや、実際そうなのかもしれません。

竹下に、うまく操られているのかも知れません。

でも良いじゃないですか?

やはり、歌いやすいし、一度耳に入ると1日中、口から離れなくなります。

皆さん、教えてください。

そうではありませんか?

僕は、完全に洗脳されているのですか?

 

その現象の最初の曲は「リボン」でした。

竹弦教としては、すでに数曲目の作品でしたが、曲が出来た時、衝撃でした。

元々、リボンは、広島市内で活動しているヒーローズってバンドに竹下が書きました。

ここで、ヴォーカルを務めている小早川彩。

彩とは、僕が参加している”EVER GLEEN BLUE NORI”で一緒にバンドをやってました。

メンバーは、僕の他に中山泰造、宇都宮冴、そして彩

そんな繋がりもあり「竹下~!! ヒーローズに曲を書かない?」って誘いました。

竹下は、すぐに快諾!!

 

元々、竹弦で新曲ができると、簡単に弾き語りで録音したのを、竹下がkensouに聞かせていたみたいですが、僕が入ってからの新曲披露は、正式にMTRで録音したのを、僕たちに聞かせます。

正式に…。

つまり、CDにしてもおかしくないほどの完成度で。

そんな完成度でリボンを聞かせるものですから、はまらない訳がありません。

1日に何回も聞いてしまい、数日間いや数ヶ月、頭から離れず、口についたまま逃げれません (笑)

その現象は今でも続いています。

 

皆さんも、その音源聴きたいでしょー

多分、数百年先に考古学者が音楽というものを研究して、土の中からPCのハードヂィスクを見つけ出すのでしょうね。

そしてその中に、見つけるのです。

竹下が作った作品の数々を…。

その時、ヒットするのかも~。

考古学者の口から離れない「リボン」が…。

 

 

AD

竹弦教誕生

テーマ:

竹弦と一緒にやりだして、竹下の作り出すサウンドに、はまりました。

今までいろんなバンドやユニットに携わってきましたが、こんなに何度もやりたいと思ったことはありません。

その気持ちは今も現在進行形です。

セールスマンは、自分の気に入った商品じゃないと、成績も上がらないと聞きます。

トップセールスマンは、本当に商品が好きな人。

そんな気持ちおわかりでしょうか?

竹下の曲は何度も聞きたい。

そんな、気持ちになったのは僕の音楽人生で初めてでした。

演奏者がこんな気持ちなのですから、お客さんはもっと思ってくれるのも当たり前です。

その証拠にリピーターが非常に多い。

びっくりです。

リピーターどころじゃなく、追っかけがいるのなんて、素晴らしいことです。

本当に感謝しても、しつくせません。

みなさん、本当にありがとうございます。

 

前に、ライヴでお話ししたことがありますが、竹弦の二人は、僕の入る前からすでに完成していました。

竹弦は、炊き上がったホッカホッカのご飯です。

本当に美味しいご飯は、そのままでも美味しく頂けます。

僕は、ただそこにふりかける胡麻塩です。

いや、「のりたま」です。(笑)

すごく美味しい取り合わせです。

でも、"のりたま" だけではお腹がいっぱいになりません。

やはり美味しいお米があってこその存在です。

 

例え話をしましたが、そんなことで上手く歯車が回り始めたのでしょうね。

オファーが入り始めました。

その年の11月だけで、6本のLIVEをしました。

そして、竹下がLINEをしてきました。
ユニット名「竹弦教」

 

 

初ステージ

テーマ:

話が逸れましたが、竹下が当時、僕に言った一言があります。

「のりさんパーマネントでお願いします」て。

まあ、どうなるかわかりませんが、その時は既に竹弦の魅力、竹下のセンスには脱帽していましたから…。

 

そんな形で始まりました。

竹弦リハーサル。

僕は、基本的に譜面は得意じゃありませんから、音源と歌詞を見ながら、視覚と聴覚を刺激して覚えていきます。

みなさんそうだと思いますが、その時のギターの弾き方や、歌の歌い方で覚えます。

しっかり動きや、息遣いを見て感じます。

だから、リハーサルが命です。

リハーサルに力を入れないバンドは、本番がうまく行くわけがありません。

だから、身体に入るまで繰り返し繰り返し、何時間でもやりたい人です。

幸いに、竹弦 (竹下)もその考えだったので、助かりました。

 

さて、リハーサル後の初のステージは、庄原にある「国営備北丘陵公園」

天気の良い気持ちのいい1日でしたー。

その日は、竹下もブログを書いていますが、僕にとっての運命の日

そして、竹弦教の前進「竹弦 with NORI」のデビューの日です。

ラジオ ”竹弦教のほろ酔いトーク” でも何度かお話ししましたが、この日に色んな人に会えました。

竹弦教にとって、僕にとって大切な仲間に…。

 

佐和さん、光くん、ステージ司会の奈苗ちゃん、ひだまりカフェのトシさん、そして大山百合香。
その後、今でもたくさんの大事な仲間です。

その1日が、今の僕を支えてくれてます。

ありがとう。

そしてこれからも…。

 

季節は巡り繰り返す1曲を。

「サクラサクラ」

 

 

竹弦教オフィシャルサイト

http://chikugenkyo-traveler.amebaownd.com