最近は暑すぎて、早くもエアコンの冷房をフル活用している方も多いと思います。



そこで気になる光熱費のことですが、それを削減するには建物の断熱性能を上げることは周知の事実です。その対策の一例として真っ先に思い浮かぶのは、内窓の設置ではないでしょうか?



確かに、建物からの熱損失量の約6割は窓などの開口部からなので、内窓を付けて2重サッシにすることは大変有効な対処法です。



しかし、熱というものは、断熱性能が弱い箇所をめがけて逃げて行く性質がある為、快適且つ、光熱費を削減できる建物にするには、他の部位に対しても断熱処理を行う必要があります。



例えば、冬期の寒冷地においては、足もとが冷え込み不快感を覚える方も多いと思います。いくら高い温度設定で暖房機を運転してもなかなか足もとが温まらず、逆に頭の高さの室温が高いため、頭がボーとなって子供の勉強がはかどらない等の話をよく聞きます。これを改善させるには、意外と盲点となっている床下の断熱処理をしっかりと施すこと尽きます。



実際、建物を調査してみると、床下の断熱処理が不十分だったり、断熱材が落ちかけていたり、断熱材自体が無いなど恐ろしい建物もあるとか・・・。目に見えないけど重要な断熱材こそ気にかけたいものです。



そこで、今注目されている≪住まいながら簡単に施工できる吹付け発泡断熱材≫というものがあります。


現在の住宅に使われている断熱材の種類は様々あるものの、最も多く使われているのがガラス繊維でできた「グラスウール断熱材」。

なぜかと言えば、安価で導入できるものだから。


しかし、このグラスウール断熱材の施工の仕方が悪いと、断熱材が壁内結露等で濡れてカビが生え、壁の中で下に落ちているなんてこともよく聞く話です。

ここで言いたいのは、グラスウール断熱材が悪いと言いたいのではなく、施工の難しさがあるということです。



熱というのは、どんなに小さくとも断熱性の弱いところに集中する性質がある為、アバウトな施工は厳禁です。

ですので、確かな施工性=施工ムラが出にくいものを選択することが肝心で、その断熱材の一つが「吹付け発砲断熱材」となります。



この「吹付け発砲断熱材」は、建築現場で建物に液剤をスプレーガンで吹付け泡発砲することで、どんな形状の箇所でも隙間なく断熱施工が可能ですので、将来にわたり断熱性能を保てるというわけです。

それに、一昔は高価な商品であった断熱材でしたが、最近は導入しやすい価格となっておりますので、新築に限らず、リフォームでも検討してみる価値は十分にあると思います。

AD