今、建築業界ではパッシブデザイン(パッシブハウス)という家づくりが注目を集めています。これは、機械や設備に頼らず、建物の周りにある太陽や風を最大限に活用・調整し、四季を通じて質の高い室内環境を実現させる設計の技術です。自然の力を利用して、暖かさ、涼しさ、明るさを実現させるので、当然ながら省エネルギーにもつながります。

例えば、屋根の軒を大きく出すことで、太陽の高度が高い夏場は窓からの日射量を減らし、更に風通しの良い間取りにすることで家屋内の温度上昇を防ぎます。一方、太陽高度が低い冬場は軒が大きく出ていても窓からの日射を屋内に取り込めるため室内温度を上げられるようになります。

確かに自然のエネルギーをうまく調整し活用することで、省エネ化を図るのはとても大事ですが、しかし、日本全国で同じ効果を得られるかというと難しいと言わざる負えません。例えば、冬場でも日射量が多い太平洋側に比べ、日本海側の地域では日射量が大変少なくなってしまうといった自然エネルギーの地域格差があるためです。

やはり、自然エネルギーを上手に活用しながらも、建物の断熱・気密性能を高めるのは当然として、機械力での暖冷房や換気などの設備を合わせなければ快適な生活は不可能と言えるでしょう。今後の建築デザインは、地域毎にこれらの複合的な要素を上手く組み合わせることができるバランス感覚が重要と思われますが・・・皆様どうお考えになられます?

涼暖ベースHPhttp://j-vs.com/
AD