アメリカで物件探しをして気がついた。

大型家電が完備されている賃貸住宅が多い。

 

今回は洗濯機について。

 

他の家電の話は前回のブログをみてください。

こちらから → ☆☆☆

 

一定規模以上のマンションの場合

洗濯機はマンション共有で使用することが多い。

 

フロアーごとか建物のどこかに洗濯室がある。

 

「え~、他の人と共有!

 それって、どうなのよ~!」

って思いながら

 

いざ、生活を始めてみると。

 

前の人の洗濯物が紛れ込んでいたり、

他の人が使っていて使えないこともたまにある。

 

まず、

洗濯機を共有するメリットってなんだ?

 

・朝でも夜中でも好きな時間に洗濯ができる

・故障や掃除はマンション側がやってくれる

 

では、デメリットは?

 

・購入費はないが使用料がかかる

(うちの場合、洗濯1回2ドル、乾燥機1回1.25ドル

お湯、水、電気代込み)

・他の人がどんな使い方をしているかわからない

定期的に掃除はされている

 

 

(ココは各階に洗濯室があり16世帯くらいで

洗濯機、乾燥機が各2台)

 

 

日本で洗濯機共有って言うと

高級な感じはしない。

 

でも

マンションのメリットって何だろう??

 

そこには集まって住むということがある。

 

建物は床、壁、天井を他の部屋と共有している。

廊下、階段、エレベーターなども共有。

 

もっと共有できるものってあるんじゃない?

 

洗濯機の共有ってあり?なし?

 

もし、

家の中から洗濯機がなくなったら。

 

ちょっとイメージしてみて。

 

洗濯機があった場所が空く。

その場所どうする?

 

収納にしてもいいし、

洗面カウンターを広くしてもいいし。

 

洗濯機と壁の間の

手の届かないホコリ溜りも無くなるし。

 

どう思います??

ご感想お待ちしております。

 

 

 

P.S.

 

昨年、WIFIルーターのクーポンを

プレゼントしていただい“ iVideo ”

 

私も日本でWIFIルーター

使わせていただきました。

 

私の一時帰国は

日常+旅。

 

パソコンに向かう日常作業をこなしながらも

出かけ先では携帯で情報検索。

 

バタバタとあわただしい日々を送っていた。

 

そんな生活を強力にサポートしてくれたのは

やはりWIFIルーター。

 

いつでも、どこからでも、

サクサク快適に使うことができました。

 

お世話になりました。

ありがとうございます。

 

 

 

ビルの谷間の夕日 ニューヨーク

 

 

 

☆いつもクリックありがとうございます!

 


人気ブログランキングへ  

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界半周へ
にほんブログ村

 

 

AD