ちこの暇つぶし

2015年10月1日からアメンバー限定記事を交えて更新しています。
記事は全て予約投稿です。


テーマ:

Ristorante Aroma Fresca 【イタリアン・銀座】


住   所 :東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス12F
電   話 :03-3535-6667

営業時間:17:30~23:00(Lo 20:30)

定 休 日 :日・月曜日

H    P:http://www.aromafresca.com/


8月4日に銀座トレシャスの最上階にOPENした、アロマフレスカが手がける愛らしく上品なサロンSala AMABILE 』に訪問してからちょうど一週間後

ついに、私が愛してやまないレストラン『アロマフレスカ』へ行くことができましたあげ

5月に休業してから3ヶ月、この日が来るのをどんなに待ち焦がれていたことかある方の作品復元

それなのに、照明とデジカメの相性、私のしょぼいカメラテクのせいで、料理を実物とはかけ離れた色合いにしか写せなかったことが、とても悔やまれます泣かないで


メニューは南麻布のときと同様に、テーブルごとに2種類のコース「定番コース・Menu Aromafresca ¥16,000(税・サービス料込)」or「季節のコース・Menu Stagionale ¥20,000(税・サービス料込)」からチョイス

ただ、以前は来店時にメニューの選択ができたのですが、今回からは事前に(直近の予約でなければ、来店日の一週間前後にかかってくるリコンファームの際)どちらかのコースを選び、苦手な物があればそのときに伝えるシステムに変更になっていました

また、税・サービス料込みになったとはいえ、両方のコース共にお値段2割程度UPですアップ


宝石ブルー店内

ちこの暇つぶし

天井が高く、広々とした店内は、ゴージャス感はあるものの、決して華美すぎない上品な雰囲気

そして、中央に置かれた存在感たっぷりの豪華なフラワーアレンジメントを囲むように配置された席はたった7テーブル

(これでは予約が取り図らいのも仕方がありません汗笑

空間を最大限贅沢に使用し、席の間隔をかなり広めに取っているため、隣を気にすることなくゆっくり食事と会話を楽しむことができます音譜

ちこの暇つぶし

ビードロに似たガラスを上から吊り下げた、ちょっと珍しいシャンデリア

光の反射で、ガラスがキラキラと輝きとても綺麗です

天井、壁紙、テーブルセット、装飾品と、センスの良さが随所に光っていますキラキラ


    宝石緑食前酒

ちこの暇つぶし

    今回は私達にしては少し遅めの20時スタートベル

    もちろん、私達以外の席は全て埋まっていました

まずは、食前酒としてパッションフルーツのカクテルが振舞われます


宝石紫オリーブ
ちこの暇つぶし
続いて、定番のオリーブ


       宝石白メニュー

ちこの暇つぶし


    今回は季節のコース「Menu Stagionale」を選択ベル

      以前と比べてお値段は上がりましたが、

        そのぶん2品増えていましたニコニコ

     ※メニューはクリックすると拡大します左クリック

ちこの暇つぶし

反対側には素敵なオリーブの絵と直筆のサイン、訪問日の日付が記されていましたメモ


宝石赤Gewurztraminer 2007, Alois Lageder
ちこの暇つぶし

前菜に合わせて白ワインをオーダー白ワイン

スパーシーな香りとフルーティーな果実味を楽しめる、一杯目としてはなかなかしっかりした白でした

今回もいつも通りワインは全てお任せです


宝石白パン各種

ちこの暇つぶし

自家製のゴマとチーズのフォカッチャ、グリッシーニ

Signifiant Signifie シニフィアン・シニフィエ 』のバゲット


宝石ブルー最初の一皿
ちこの暇つぶし

軽くスモークした鰻にキャビアとパリパリのジャガイモをのせて、まわりにカルダモンをふりかけた、お馴染みの一皿

先週『Sala AMABILE』で食べたものより美味しく感じるのは、雰囲気or気分のせい!?


宝石緑鮎の炭火焼きサラダ仕立て アロマフレスカ風

ちこの暇つぶし

炭火で焼いた香ばしい鮎を丸々一匹盛り付けた斬新なサラダ


宝石紫焼タラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風
ちこの暇つぶし

絶妙な火の通り具合のタラバ蟹を、グレープフルーツ、香草類と共に穏やかな酸味のフレンチドレッシングでいただくサラダ
事前に、鮎は苦手食材である旨を伝えていなかったので、申し訳ないと思いつつも、定番コースの前菜「焼タラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風」に差し替えていただきましたスミマセン


宝石赤フレッシュポルチーニのロースト
ちこの暇つぶし

去年の11月に南麻布時代のアロマフレスカで食べて 、未だにその味を忘れられずにいた究極の一皿

まさか、こんな早い時期に再会できるとは思っていなかったので、飛び上がるぐらい嬉しかったですわーい


ちこの暇つぶし

供された瞬間から辺りに漂う極上の香り、驚くほど肉厚な身から溢れ出る旨み

そんな素晴らしいポルチーニ茸を、フォアグラと卵黄のソースでいただくのですから、これが美味しくないわけがありません好

今年はもうポルチーニが食べれなくてもいいと思ったぐらい、存分に堪能しましたラブラブ

    宝石白Dolee Friulano 2007, Vie di Romans

ちこの暇つぶし

       フリウラーノ100%の北イタリアの白

宝石ブルー冷たいパスタを少し
ちこの暇つぶし

ウニと赤茄子のカッペリーニ


ちこの暇つぶし

色合いは最悪、なおかつピンボケ気味の画像なので、全然美味しそうに見えませんが、味は抜群に美味しいですラブラブ!


宝石緑赤座海老のリゾット
ちこの暇つぶし

南麻布のアロマフレスカ最後の晩餐で食べたのは「赤座海老のリゾピラフ」でしたが今回はリゾット


ちこの暇つぶし

海老をそのまま食べるよりも、より海老の味を堪能できるリゾットは、お米の硬さも完璧で、海老好きには堪らない一品ラブラブ!

ちこの暇つぶし

リゾットに添えられた赤座海老のソテーもプリっと甘みがあり、美味しいです


宝石紫鶉を詰めた アニョロッティ
ちこの暇つぶし

アニョロッティとは、北イタリアのピエモンテ州の郷土パスタで、ラビオリのように詰め物をしたパスタの名称だそうです

ちこの暇つぶし

小籠包のように中からじゅわっと肉汁が溢れ出すので、アニョロッティはパクっと一口でぺこ

また、下にはサイコロ状にカットされた鶉と卵黄が隠れているので、それらをアニョロッティと一緒に口にすると濃厚さが増し、さらに奥深い味わいを楽しめますハート
実は、鶉もあまり得意な食材ではない好き嫌いの多い私ですが、見た目が鶉らしくないためか、なんの抵抗もなく、最後まで美味しくいただけました


    宝石赤Chianti Classico 2007, Poggio al Sole

ちこの暇つぶし
豊潤な香りと凝縮した果実味が特徴の赤
 

今まではOPEN直後に訪問することが多かったためか、いつも料理はテンポ良く運ばれてきていた印象しかなかったのですが、今回は最後の訪問客だったせいもあり、全体的にペースがスローな気がしました

なので、全14品中5品しか食べていないのに、時計を見るとなんと22時前!!

完全に閉店時間の23時をオーバーしそうな勢いですあせる


次回の後編では、残りの8品をご紹介したいと思います うふっ


【アロマフレスカ関連レポ(姉妹店を含む)】

2009/8/31  アロマフレスカ
2009/10/18  
カッフェ アロマティカ
2009/10/29 
Casa Vinitalia カーザ ヴィニタリア
2009/11/17 
アロマフレスカ
2010/1/19  
アロマフレスカ
2010/2/16  アロマフレスカ

2010/4/5   カッフェ アロマティカ

2010/4/7   カーザ ヴィニタリア

2010/4/19  アロマフレスカ

2010/4/28  アロマクラシコ

2010/5/20  カーザ ヴィニタリア

2010/6/14  カーザ ヴィニタリア

2010/8/6   Sala AMABILE
2010/8/9   カーザ ヴィニタリア

2010/8/15  アロマフレスカ銀座(後編)

2010/9/8   サーラ・アマービレ

2010/10/4  カーザ ヴィニタリア

2011/2/17  アロマフレスカ

2011/5/5   アロマフレスカ博多  

2011/7/21  サーラ・アマービレ  


ナイフとフォークグルメblogランキングに参加中音譜
クリッククリック
左クリックポチっと応援ヨロシクお願いしますペコ


アロマフレスカ イタリアン / 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅
夜総合点★★★★ 4.5

AD

ちこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。