夜桜

三十路の歩き方-130330_221616.jpg

川面に映る桜が
既に花見用のぼんぼりが消えているので写りが悪い~と口々に言いながら;
目に焼き付けつつ。。。

綺麗だ~~~

通りすがりの人達の口からももれてくる。
今の時期は本当、日本っていい~みたいな??


三十路の歩き方-130330_234525.jpg
足下の一房を持ち帰りました?!

今日は久々の嬉しい飲み会♪
二人とも元気だな~
かなり美味しいカシワ料理?舌鼓、後に
小倉城をぶらぶらし。

やっぱり今年の春には置いてけぼりにされた感・・・((+_+))

変わらない日常だけれど
周りにはそれぞれに転機があり
こっちまで春・・・・・気分?
感傷的とは別、なのだけど
なんて言ったらいいのか。

続ける、
それだけが充分な今を
やっぱり季節に教えてもらい、
のらりくらり過ごすしかないのだ・・・?
続ける、
それができるだけの今を
ちゃんと感謝して。。。

AD

空気は

読むのでなく、

吸い込むものだった。


列車の中か 街中でか、

見掛けた言葉。


そうだったよなぁ。。。と

五分と五分の良し悪しを抱える。


思っても見ない方向に流されゆくものだ。全く。

AD

車の件。

『窓開けよう~』って外に出て早速グリーンジャンボ当たり!!

計¥3300ですがね(^_^;)


今日はたまたま合った友人達と

安倍山~足立山?にかけて夜桜ドライブ~♪

見頃の週末、雨らしいし、仕事だし((+_+))


my car、諦めるか検討中を幾人かに話すと

『???直るやろ???』と!?

あっちこっち話聞いて

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

もう、車とりあえず自宅に引き上げることにした……


そのことも今日友達に話してたら

もう1台、乗りたい!!!車の車種、勘違いしてたことに気付いた;

チェロキー?のナカマだと思ってたら三菱jeepだった(^◇^;)

しかし、ググって中古車見ながら

「おお~!」と欲しい1台を見てびっくり…1970年式って・・・?

知らなかった。。。

でもって友達は言う「車って壊れるシステムはついてないじゃん?」

(^_-)-☆いいね~

問題も1つ。。。乗るならばミッション、取りに行かねば?!

なんて話してたら「だったら2輪、一緒に行こかな?」ともう1人。

(^_-)-☆いいね~(^_-)-☆いいね~

それも楽しいかも!?


ささ、元気出して 車復活させよぅ~☆


窓。

三十路の歩き方-130321_133511.jpg

年末の大掃除以来、初めて窓を開けました・・・(-_-;)
この3か月、
部屋にいる間はナノイーの空気清浄器、
部屋にいない間は除湿器がフル回転・・・

三十路の歩き方-130312_221406.jpg
ある深夜↑
チーコにもらったサングリアをたしなみつつ引き籠り作業・・・


三十路の歩き方-130312_182006.jpg
ある日中↑
春が来てるな~と足元の蓮華を見つけたのは
いつだった???

三十路の歩き方-130313_163522.jpg

再びある深夜↑
最近お気に入りのお菓子♪
ほおばりつつ、引き籠り作業・・・

三十路の歩き方-130320_030118.jpg

ある日中↑
ムスカリをゲトして
春始まったなぁ~と思ったのはいつだった???


三十路の歩き方-130321_134333.jpg

配置転換・昇格の同僚から↑
サクラをもらい・・・


このところ冬季鬱か?と自覚するくらいの凹みモード。
だってmy car帰って来ないんだもん・・・・・
休みを棒に振り引き籠り作業…は進まぬまま時間ばかり過ぎ;
甥っ子ちゃん達とお墓参りに行って
当然の如くパワーを吸い取られ?!
思い立ち急に海を見に行ったり、
芽吹く準備?してたのだけれど
いかん!いかん!
春に、置いてけぼりになるところだった((+_+))

窓、開けよう。。。
日産に頼らず、my car の修理or いざとなれば5台目、
板が仕上がる頃には 車の先行きも整えておかなきゃ。
今年の桜ドライブは厳しいけれど、
そのぶん、きちんと時間管理して
最近お気に入りのサカナクション、
i-podで持ち出して出歩こう(^o^)


濡れたままの髪で僕は眠りたい
脱ぎ捨てられた服昨日のままだった
何も言わない言わない部屋の壁にそれは寄りかかって
だらしない僕を見ているようだ
痛みや傷や嘘に慣れた僕の独り言
疲れた夜と並び吹く風 君の頬へ
触れた触れたヨルハナガレル
触れたナイテハイナイナイテハイナイ
触れた触れたヨルハナガレル
君がナイテイタナイテイタカラ
振り返った季節に立って思い出せなくて嫌になって
流れ流れてた鳥だって街で鳴いてたろ鳴いてたろ
過ぎ去った季節を待って思い出せなくて嫌になって
離ればなれから飛び立って鳥も鳴いてたろ鳴いてたろ
いつだって僕らを待ってる疲れた痛みや傷だって
変わらないままの夜だって歌い続けるよ続けるよ
いつだって僕らを待ってるまだ見えないままただ待ってる
だらしなくて弱い僕だって歌い続けるよ続けるよ