風のマジム/原田 マハ
¥1,575
Amazon.co.jp


いいことも悪いことも。

むる、風に吹かれれば、なんくるないさ。


いろんなこと、

受け止め方ひとつで 全然違う。

今日の2冊、

たまたま斜め読み中で尚更そう思う。


まだまだ風は肌寒いけれど

心は 日々、色々にモヤがかかるけれど

風に吹かれ

少し身を縮ませるくらい、

しゃんとして

この春 過さねば。

去年とも来年とも違う、この春。

AD
海猫ツリーハウス/木村 友祐
¥1,000
Amazon.co.jp


「生かされている」でも

「自力で生きている」のでもなく、

ただ、

「生きている」。


ツリーハウスのような?

危うい明日に抱く焦りとぼんやりと遠い未来。

現実をそのままリアルに受け止めると

受け止められる以上にシビアなこともある。

でも

時々向かい合わないと

それこそ踏み外してしまうのかもしれない。

向き合ったからには

生きている、からには 

生かされている、と気付きたい。


表紙と題名で手にした133頁、

その重さは 読んでみてわかった。

AD

散歩

三十路の歩き方-image.jpg

うちのそばの桜。
木に そして枝に よりけり、ですが
まだ 一分咲き?

三十路の歩き方-image.jpg
用事も済ませ 成田山に。
こちらは 0.5分咲き??
でも見晴らしいいし、
陽射しの元では暖かいので
結構みなさんプラプラ訪れてました。


三十路の歩き方-image.jpg
み~たん達と合流してから目指すは・・・
秘密の?!つくし森( ´∀`)
( ̄ー『+』)発見!!
散歩中のおばあちゃん「今年はつくし、多いのよ~」って。


三十路の歩き方-image.jpg
(´∀`)ノ ハイ!
大収穫~~~


三十路の歩き方-image.jpg
道端のたんぽぽも
よ~く見るとかなり花弁多くてきれい☆


3月が今日で終り。
 新たなスタート、
4月ですね。

AD
フィルム (講談社文庫)/小山 薫堂
¥630
Amazon.co.jp


男は過去を噛み締めながら、生きている。

女は未来を見つめながら、生きている。


そう??

どれも オトコの人の書く筋だなぁと思いながら

10のショートは小気味良く読み進む。

パレットみたいな 様々な色合いは

多くが期待?を裏切らず

それぞれの色味で

本の中に引き込んでくれて

一遍を終えると 清々しい。

まだ肌寒い春先の 空いた時間に丁度いい感じ。

群生

三十路の歩き方-image.jpg

ムスカリの群生♪
かつて植え育てられていた軌跡。

ムスカリはつよいから
翌年からどんどん増えて楽しいの~と
アレンジメントのセンセに教えてもらい
アレンジで使って花のなくなった球根?を
プランターに置いていたら
ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
確かに翌年から 春を一番に告げてくれてます(*^-^)