雨降りだし

波もないし

何よりクランクインの時から見たかった、が逃してたし

今ならやってる?と 午後からネット検索(゚ー゚*)ノ

で 観てきました。

ひとことでの感想、『優しい』

そして 静かで綺麗で、。

そのぶん裏の リアルをも 考えさせる。

それは足して、

充分な『日常』だとも思った。


チェリストを諦めて田舎に戻り

サラリーと誤解から始めた仕事に戸惑いながら

決して流されない。逃げない。


死生観、についても想わされる。

職業柄 それを考えたり、またおくったり、貴重な経験を積んできた。

けれど。。。

果たして、おくってきた人々に恥じない今、だろうか。


死を身近に感じ、日常を過ごそう。

それが 全部での感想。



AD

解体

テーマ:
三十路の歩き方-200902271227000.jpg

1週間前のフラワーアレンジを解体。

少し小ぶりな トライアンギュラー↑と
短い丈も それはそれで可愛い挿しモノです↓


三十路の歩き方-200902271239000.jpg

もうすぐ3月、春もそこまで きてますね~
道端でも 大好きなミモザ発見↓


三十路の歩き方-200902171658000.jpg
 



昨日は眠くて充分に飲めなかった・・・(TдT)
「まぁそんなもんでしょ?」と笑ってくれる友人に
チャウ((・ェ・。)(。・ェ・))((・ェ・。)(。・ェ・))チャウ・・・は
ほんとのとこ、か
天邪鬼だから、か
想いを図り兼ねるなぁ。。。(▼▼。)ん?
AD
三十路の歩き方-image.jpg

朝9時 腹~胸△・・・キャッキャo('-'*)oo(*'-')oキャッキャってことで
大潮の満タン午後イチ過ぎを狙い着きましたが
!?工エエェ(゜Д゜ ;)ェエエ工!?

超朝一のみ、よかったらしい・・・(w_-; ウゥ・・

汐入 腰前後、風オフ気味ながらうねりばらけ。。。
が 見た目よりゲットハード・・・は海久々な体力のせい??
(;´▽`A``

して
今日は・・・飲みます・゚・(ノД`)・゚・。

三十路の歩き方-image.jpg
゚(∀)゚ エッ?
AD

廃墟建築士


さすがです、著者。

初めの「七階闘争」は 『となり町・・・』とダブり?でしたが

本題の「廃墟建築士」は ストーリー展開より

廃墟建築のなんたるか、が説得力があり

現存する、例えば遺跡についての関心が

古きを想う、のでなく 先を視る意味で 高まった、というか。


━━━━━━━━━

「廃墟は時の経過によって醸成される」という事実は、

最も単純であるからこそ、忘却されがちである。

連鎖廃墟は、廃墟に宿命的に課せられる、時間軸による制御を

際立たせるとともに、見るものに廃墟の有り様を再確認させることを

主眼としているのだ。

ややあって我に返った私は、時の流れという無慈悲で、

かつ公正なるものを自らの足で感じ取りながら、再び歩き始めた。

━━━━━━━━━━


続く「図書館」では 

図書調教による夜間開館でのパフォーマンス、なんて

著者でなければ 広がらないような点、からの物語。

でも やはり 日常に響くすぐ傍の想いや言葉たちが優しい。

━━━━

「迷いや諦めは、私の中にもあります。

自分の居場所が定まらないことも、定まってしまうことも、

きっと私はどちらも不安で、満足できないんだろうなって、

━━━━━」

今回のアレンジは 逆T のアウトライン。
三十路の歩き方-200902211336000.jpg

アレンジには欠かせないフォームで 

改定前のNFDでは検定課題だったそう。


この Tの窪み含めたアウトラインまで

花材の目安・手解きを受けて

いざ・・・が

つい トライアンギュラーみたくなり ラインがぼやけてくる・・・

(*´Д`)=зハァ-

 

かっちり、と面を作るのは それで難しいけれど

例えば『交差』だったり、

不要なものを要れず、って 面構成より難しい・・・o(´^`)o ウー


が、

みっちり・o(^-^)o ワクワクッなラナンキュラスはじめ


三十路の歩き方-200902220008001.jpg

花開けば



三十路の歩き方-200902251320000.jpg

ちょっとアウトラインの最初に気合を入れすぎて

トップのヴォリュームが淋しかったのが


三十路の歩き方-200902251319000.jpg

やや(・∀・)イイ?

な 4日目の画像。


まぁ すこ~し、わかるようになったかな、

アレンジメントに関する自身の癖が。