著者: 奥山 貴宏
タイトル: ヴァニシングポイント

『36歳ガン漂流』は 手にできなかった。


立ち寄った village vangard で「32歳ガン漂流」と本書を見る。

本書の帯には 4月17日永眠、と。


その日は カフェで働いていた。翌日山陰トリップへと経った。

余命1年ならば同い年になる。

その1年、どう 過ごせるだろうか...

診断から2年4ヶ月。「やはり、LKは早い...」呟く自分が居た。


いつかのどこかの服飾ブランド?のロゴが浮かぶ。

――too fast to die,too young to live――

今なら 後半の一節に疑問が湧く。


珍しく 晩酌をせずに1週間。

それでも今日は 勝手にワインを飲もうと決めた。


AD

Jack Johnson

会いました!!!Jackに☆

もう!!惹きこまれました~★

のんびり、シャイで 澄んだ印象。

ホリの深さはanimalなみ?!だけど 全体的にはイルカ!

聴かせる詩は ウィスパーボイスでメロウ~♪


いつもの???ジーンズにTシャツ。

1曲目から歌詞を忘れ??はにかみながら暴露しつつ

会場からの?な質問にも笑顔で返し

オオキイなぁと感じさせる体にウクレレがまた似合う!!

G-loveとのセッションも、ラストコール後の弾き語りも!

とにかく、Jack でしたよ~!!!


ハワイ オアフ島在住で2~3歳からサーフィンを始め

14歳でパイプラインマスターズに出場、

高校在学時にQuicksilverとプロ契約、

17歳、サーフィン中に頭蓋骨にヒビが入るといった大怪我を負い

2~3ヵ月の療養中にギターにのめり込む。

復帰後すぐ海に戻り、カリフォルニア大学時代には映画制作に。

サーフムービーはサーフィン誌にも最優秀ビデオ選出される。

それまでの出逢いが2000年のデビューアルバムへと導く。


そもそも彼を知ったのはサーフさんのブログ を見て^^;

ミーハ―発揮?新譜アルバムと来日チケットをゲット?!

勿論!!とても良くってハマり。。。

ともかく!

全く???な友人と行きましたが彼女も笑んでくれました。

これをリミットに就職活動をって気持ち、

至極前向きに抗わずに、受けた昨夜でした。

アーティスト: Jack Johnson
タイトル: In Between Dreams
AD

テーマ:

本日の波・・・汐:腿~腰、風波、ぐちゃたる・・・?

なーんか とれないし、とってもダンパーで何もできず

全然楽しめてない感じ...


気を取り直して、まだやっぱり早いかな~と思いつつ蛍見物へ。

居ました居ました!数匹ですが。

今回で今年3度目のトライ?!

1度目は偶々友人を送ってった時に見かけ、

2度目は友人と今日とは別の山奥に。

その時に近くに釣りに来てたおじさんが教えてくれた事、

「飛んでるのは雄」だって。

だもんで今日も飛ぶ1匹を『おす~』と笑い叫びつつ

友人と追っていったのでした。

AD
著者: 柴田 よしき
タイトル: 桜さがし

浅間寺は茶碗の日本酒を片手に囲炉裏の傍に横になり訴う。


世の中は―――もともと矛盾に満ちてるもんなんや。

理屈で割り切れることの方が少ない。

この世の中で強く生きるゆうのはな、

その理屈に合わんこと、不条理を、

いかに受け止めて消化して、

自分なりに解決して行く力があるのか、

幅があるかにかかってるんやないかな。


京都を舞台に 花や植物に見事に彩られつつ

恋愛と幾つかの事件が 8つのエピソードとして

4人の元教え子と元教師の日々に表れる。

快く軽い連載集。


『海のふた』と 

知人サーファーの 言葉がよみがえる。

―――抗わないこと。。。

ダンパーなら、その突っ込み大会を 

誰が一番ヒドイそれに向ってゆくかを競う。

誰かいたら それだけで楽しい。

波を選ぶのでなく、その波を楽しむ。―――


ここ最近、とても元気だと 自分でわかる。

歩いてゆく、実感が わかる。

ここではない、どこかへ


参加する友人に便乗して18日に宮崎入り♪

自身で驚いたのは 1年半ぶりのザキ!?

2年前くらいまでは 春~夏にかけて1~2ヶ月に1度は行ってたのに!!


19日 1R 木崎浜 胸~肩の超!!!キレイ・しかし早っ?!な朝イチ。

試合前というだけあって 皆のカオは殺気立ってる???感じ。

それにしても、ダンパーに思えなくもない程早いブレイクで抜けれない…

1時間でまぁまぁのライディングは1~2本。。。うぅぅ…

『あ~宮崎に来たなぁ』と 凹み加減で実感。

友人は残念ながらの結果で早々に日向まで北上。

2R 小倉が浜 胸前後のダンパー…

最近地形があまり良くないらしく 一度ブレイク後にダブつく感あり。

それでも!1Rでのリベンジを!!と果敢に?

1本だけ!よし!!!ってだけでご満悦。

今度は『宮崎に来たぁ』と 心地よい疲れで実感。


その後西郷村?!の波乗り友人宅に泊らせてもらい

こちらもまた久々で楽しく美味しい霧島タイム!


そして20日3R、レイナ胸前後キレ~☆☆☆

しかし得意のレギュラーはサイドのブレイクと交わりゲット相当ハード…

ほんっとに乗っていなかったグーフィーにトライ!

ライディング確認のつもりが スゴロクの1に居るような・・・

でも メローな波質といい 晴天でのロケーションといい

また ウィークデイの為にローカル含め5~6人!ということで

たっぷり!

まったりな その後、ローカルの笑顔に甘え「美味しいうどん屋あります?」

なんてことで『肉入りぶっかけ』¥500がお勧めの―さぬき―を教えて頂き感謝感謝~^^


それにしても三十路・・・考えた末に体の疲れが波に勝ち???

ここまでで今回は一旦戻ったのでありました。。。

また来月!