1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-24 05:12:01

自分の中だけでやってくれ

テーマ:ブログ
「これはこうでなくてはいけない」
ということを言う人がいる。


恐らくその人が何処かで学んだことなのだろう。
自分で感じたことかもしれないし、誰かに言われたことなのかもしれない。
どちらにしてもそれを自分が編み出したかのように言う。
前置きもなく。


それを耳にした時、不快感と不信感が襲いかかる瞬間である。


売れている人達、一流の人達、多くのファンが取り巻く環境にいる人達のやり方と言っていることが違う場合、正直思う。
「そんなこと言わなきゃいいのに」
って。


僕に話している場合は適当に、「へぇ」で済ませることが出来るけれど、他の人に話しているのを見たときに起こる妙な気分は何だろう。


僕は15歳から先生に着いてギターの基礎を教えてもらった。
そして今教える立場もある。
伝える立場として決して「これはこうでなくてはいけない」という言葉は使わない。
何故なら僕自身がそう言われていないから。
とても単純な答えだ。


ただ、10代の時は勝手にそう思ってやっていた。
しかしとある一流のプレイヤーを見たときにこれまで「こうでなくてはいけない」と勝手に思い込んでいた全てのことが覆された。
あり得ないと思っていたプレイで胸を打つ美しい音が鳴っていたからだ。


それから数年経ち、教える立場に就いた時から言葉を選んできた。
絶対に「こうでなくてはいけない」とは言わない。
考えさせる為にも、「こうした方がいいかもね、でも、一概には言えないよ。こういうこともあったからね。」と自身が体感した話を付け加える。
そして生徒さんは納得しながら悩み始める。
それがいいと思っている。


つまり絶対的に「こうでなくてはいけない」なんてことはないということだ。
勘違いから始まるオリジナルはある。
伝説的な第一線で活躍されている人達がそうであったように。


この話で注意したいのは、、
基礎は必要ないということではない。
基礎は大事です。
基礎を知っていること、出来ていること、毎日練習していること、これ程大事なことはない。
絶対に裏切らない。
100パーセント裏切らない。
同時に完璧は難しいし、納得したら先に成長はなく、現状維持さえもない。


話を戻すけれど、、


一流の人達がやっていることを否定するのは間違っている。
だって、あなたは一流ではないのですから。
そして、「こうでなくてはいけない」と謎の説を押し付けるのはやめた方がいいかもね。
だって、あなたは一流ではないのですから。


もし僕が「こうでなくてはいけない」と押し付ける言い方をしていた場合、注意してください。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-18 06:30:13

L.A HIKORIPITOUS

テーマ:音楽
16日と17日、鈴木ナオトバンドでL.A presentsとHIKORIPITOUSに参加してきました。


L.Aは個人的に気持ち的にお世話になっているdj teraokaさんが昨年から始めた新しいグループ。
7.1にDr.G七変化イベントでJJバンドでご一緒させて頂きましたが、あの時はVo.のチャールズがいなかったし、今回はDr.Gがいないし、入れ替わりメンバーだったけど、かっこよかったですね。
寺岡さんはかっこいい。


この日の鈴木ナオトバンドは、いつものメンバー。
ギターは僕でベースはアイノライトうみんちゅ、ドラムはSound Pocket小野雅人。
先月からやっている新曲、「ニューライフパラダイス」。
この明るさの中にある切なくも通り越えるイメージというのか。
ナオトさんの作る楽曲、つまり歌、言葉の意味に乗りたくなる時間です。


そして、17日は、ひこざpresents ヒコリティが10回目を迎え、イベント名がHIKORIPITOUS!
ひこさんの人脈や人柄が素晴らしいです。
寺岡さんにも同じように感じる素敵な方々です。


HIKORIPITOUSでは、前日に加えてキーボーディスト、ニシナオユキくんを迎えて挑みました。
最高な男ですよ!
ニシナオユキ!
イベント自体も何度か出させてもらっていてイベントの上がる感じは分かっていたけれど、本当に楽しませてもらいました。
皆も楽しんでもらえたのではないかと思ってます。


この2日間でまた勉強させてもらいました。
また明日へ向けていきます。


この2日どちらかでも見てくれた、そこにいてくれた方々、、
ありがとうございました!


そしてスタッフの皆さん、出演の皆さん、バンドメンバーのみんな、寺岡さん、ひこさん、ナオトさん、ありがとうございました!








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-14 10:55:58

時代を越えて 4

テーマ:家族
http://s.ameblo.jp/chikaweblog/entry-12178630543.html?frm=theme


の続き


先日、煙草屋に行ってきました。
いつものおばちゃんが背を向けて棚の中をゴソゴソしていた。


「こんにちは」と声を掛けると振り返り、「あぁ待ってたのよ、この間メモした番号の紙をポケットに入れたまま洗濯しちゃったのよ。」
と第一声がそれだった。


笑いながらポールモールを手にして、例のすえさんの話しになった。


僕もあれから忙しさとは言いたくないが、中々来れずに時間が過ぎてしまっていたのを気にしていた。
とは言え、すえさんが来れば連絡してくれるようにしていたので、連絡がないのに行くのも迷惑かとも考えてしまったりもしていた。


聞くところによると、すえさん、何度も来店していたらしい、、


僕の話しだけはしてくれたみたいで、すえさんも僕と話した事は覚えているらしい。
確か97歳と言っていたので、最近の事を記憶しているのは凄い。
僕の祖父は亡くなる頃には、最近の事よりも過去の、つまり戦時中の事をよく話してくれていたので、やはりあの年代の人達はその当時の事を鮮明に記憶しているのだろうけど。


おばちゃんの話しによると、僕がすえさんから聞いた話しは間違いないっぽい。
祖父の故郷は一致しているっぽいけれど、鴨川という街の名前をおばちゃんが忘れてしまっていて、街の名前が出てこなかったという。
それと、祖父の旧姓もメモした紙と共に洗濯してしまったので全く分からなくなってしまったという。


おばちゃんが僕に言った。
「ボウシュウって言ったかしら、知ってる?」


僕はすぐにピンときた。
多分、「房州」のことだ。


どうやら、すえさんの口から「房州」という言葉が出たらしい。
おばちゃんは、房州が何なのか分からないまま、すえさんが進める戦争の思い出話しを聞いていたという。


僕の祖父は、千葉県鴨川市の生まれなのは、この話しの第一回目に書いているけど、祖父は鴨川の事を房州と話していたのを僕は記憶している。


房州というのは、現在では房総のことを指します。
房総半島とか言います。
鴨川は房総半島の一つです。


すえさんが言った、「世話になった千葉の人、軍曹、自分よりも若い」更に今回出た「房州」という人が僕の祖父の可能性が高まりました。


が、本当に軍曹って役人はその部隊の中に一人しかいないものなのだろうか。
何人もいるのかな。
でも房州という言葉が出た以上可能性は高い。


時間作ってまた行くけど、祖父の写真を持ち歩こうかな。
いつすえさんいるか分からないからね。


2011年に祖父は亡くなったので、生きていればすえさんの一つか二つ年下になる事になるのだけれど、その孫が時代を越えて話せる日を願っています。


連絡出来なかったお詫びにくれたライター










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。