*

*

Amazon、全国の書店にて絶賛発売中。

  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-29 23:05:10

IVS

テーマ:仕事


先日、IVSに初めて参加してきました。

経営者としての先輩方の生々しい話は、

新たな刺激をもらたしてくれました。

新規事業の生まれる組織のつくり方、

普通の人が大きな成果を出す仕組み、

非連続的な成長への経営者のコミット、

経営者の成長とは、

事業を学ぶ→経営を学ぶ→投資を学ぶ。

私のメモが学びでいっぱいになりましたw

他にもベンチャー経営者の皆さまの

新規サービスのプレゼンを聴く中で、

この業界がどこに向かっているのか、

どのようにグローバルで戦っていくのか、

改めて考えさせてもらいました。

最後に特に印象的だった経営者の言葉。

「自分の為にお金を使っても面白くない。

 他人の為にお金を使うのが楽しい。」


正しく。

その域まで達するよう精進あるのみ。





日々精進。





いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-24 22:55:48

その仕事に志はあるのか?

テーマ:仕事


仕事に行くのではなく

世の中を変えに行く。

サイバー・バズのクレドのひとつ。

そもそも何の為に仕事してるのか?

そもそも何の為に商売してるのか?

時には、それらを想い起し、

自分の原点に立ち返ることが大切です。


「今月の受注いくらできるの?」

「達成までに足りない分はどうするの?」

これらは、よく繰り広げられがちな

営業マネージャーと営業メンバーの

日常会話だと思います。

これ自体が決して悪いわけではなく、

営業たるもの常に目標数字に対して

シビアに接し、達成へコミットする。

これは当たり前の話です。

ですが、それだけだと組織は疲弊する。

その疲弊を防ぐ為には、一刻も早く

成果を生み出すことが最も重要です。

但し、もう1点、重要なことは、

冒頭で述べたように、

時には、自分の原点に立ち返り、

自分たちの未来を見ることです。

今のサイバー・バズでは、

コミュニケーションを価値に変え、

世界を変える


というビジョンを掲げています。

我々はその為に仕事をしている訳です。

数字というのは、その為の手段であり

その結果の評価という位置づけです。


なので、数字至上主義になっては、

実は、何の目的も達成できないという

ことに成りかねません。

今、自分の顧客へ提案している内容は、

価値あるコミュニケーションを

世の中に生み出そうとしているのか?


原点に立ち返りましょう。

サイバー・バズは、

コミュニケーションを価値に変えて

世の中を便利にし、豊かにし、

世界をより良い世界へ変えていく。




日々精進。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19 00:15:24

熱狂するファミリーを創る

テーマ:仕事


先日の社内報に事業部にかける思いを

掲載してもらいました。

よく採用面接とかでも聞かれるので、

こちらにも記載しておきます。

熱狂するファミリーを創る

仲間の為に戦い、仲間の為に働く。

そして、自らの達成、組織の達成に

熱狂できる組織(ファミリー)を創る。

仕事とは基本憂鬱であり、苦痛だけれど、

この仲間と一緒なら楽しいと思える組織。

皆で2020年売上100億円を成し遂げたい。

それには100億円の顧客満足を創造する。

広告代理事業と広告メディア事業の

ハイブリッド体制をさらに強化していき、

生活者の「購買」に近い販促領域だけでなく

生活者の「好意」を醸成するブランド領域

まで幅広くカバーできる戦略プランニング、

コミュニケーションサービスを提供していく。

ありとあらゆる「人」がメディアとなり、

そこから生まれるコミュニケーションで

世界を変えていく。


某マフィア映画の名言。
---------------
よく聞け、仕事のやり方は3通りだ。

正しいやり方、間違ったやり方、

俺のやり方だ。

---------------

過去に囚われず、自分たちのやり方で

未来を切り拓いていくんだ。




日々精進。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-13 08:04:19

超変革

テーマ:仕事


先日、2020年までのロードマップは

発表済ですが、足元の5,6月の動き

について微修正を加えるべく

あらためてプレゼンさせてもらいました。

そこで、掲げたスローガンが、

「超変革」

そうです。

今年の阪神タイガースのスローガンと同じ。

もちろん金本監督への強い憧れの気持ちは

ありますが、それよりも今の弊社の状況と

阪神タイガースの置かれてる状況が様々な点

で似ていると感じたからです。

弊社は今年10周年を迎えたようにベンチャー

企業としては老舗に入るのかもしれません。

ですが、実際いる社員は入社3年以内が

中心で、まだまだ若い会社だと思います。

また、これまで業績は堅調に伸びてますが、

今ひとつ突き抜け感が無いのも事実です。

阪神タイガースも伝統ある球団ですが、

近年、成績はパッとせず、

外からの血と若手の血で今生まれ変わろう

としています。

そこが似ている点だなと思っています。

今一度、我々も攻める気持ちを強く持ち、

過去に囚われず、仲間、取引先、顧客と共に

全員で一丸となって、戦っていかねばです。

特に営業本部では、以下が主な変革点。

■今まで

行動量MAX

■これから

1.計画策定の徹底

2.KPIマネジメント

3.フィードバックの活用

他にもメディア本部では、広報強化や

新サービスへの着手などもやっていきます。

そして、広告事業全体としては次の一手を

打つべく、幹部陣で月次合宿を実施します。

「組織」と「マインド」を「超変革」させ

どんな困難にも「勝つ組織」を創っていく!

自らの手で変わり、未来を切り拓いていく!




日々精進。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-08 21:25:55

蜩ノ記

テーマ:書評


GWは自分の原点を確かめる作品に

多く触れました。

その中でも特に良かったのがこの作品。

先日、アニキとお慕いしてる

スパイスボックスの田村さんに

オススメ頂いた一冊です。

3年後の切腹が決まっている武士の生き方を

様々な理不尽、疑惑と絡ませながら

冷静に描き切った感動の作品です。

武士としての守るべきものが何なのか?

武士の心はどこに向かって生きるのか?

武士としての恥じない生き方とは?

私の原点と言える世界観が溢れており、

本作品を読む事で、荒んだ自分の心が

今一度、洗われたような気がします。


まだまだ、真っ直ぐに生きねばならぬと。



日々精進。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>