韓国の美味しいごはん and・・・☆

ソウルの美味しいお店を紹介するつもりで始めましたが、ネタが広がってきたのでタイトルを変えました。
ご飯、買い物、コスメ、BIGBANGネタを中心に書いてます。

NEW !
テーマ:
最終日は、今回初の1塁側スタンド席で見ることができまして♡

オーラスにもかかわらず、とっても新鮮でした。

何より、ガラGOとHIGH HIGHでタプが花道先端で何をしているのかを確認出来て、満足です。

{D3EC30BE-5C6A-4150-95E9-C546501EC2FB:01}

iKONちゃんも可愛かった!

{73C79327-F81C-4258-B438-1AC87FF0B9CE:01}



それにしても終わってみれば。。。

最初と最後じゃ全く違うコンサートだった←


スタート時はすんちゃんの体調が万全ではなかったと思うけど、準備期間不足と言うわけでもなかったと思う。

本人たちも、時間をかけて準備したって言ってたし。

不足してたのは新曲だけでしょう?!(皆まで言うな)。


3か月間のステージを通して私が感じたこと、それは

「アーティストとして見せたい(魅せたい)制作陣と、アイドルとして観たい観客とのギャップ。」 


まずは今回のツアー制作陣の概要を"Kstyle"から抜粋↓

今回のドームツアーの演出を手掛けたのは、2011年~2013年に全世界を熱狂させた、シルク・ドゥ・ソレイユとマイケル・ジャクソンがコラボレートした「Michael Jackson THE IMMORTAL WORLD TOUR」や、その他マドンナ、ジェニファー・ロペス、リアーナ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、リッキー・マーティン、クリスティ―ナ・アギレラなど数々のアーティストのツアーを手掛ける、現在音楽業界で最も影響力ある人物の一人で「コンサートツアーの巨匠」と言われるジェイミー・キング。

舞台照明デザインには、これまでレディ・ガガ、ビヨンセ、ブルーノ・マーズ、ポール・マッカトニー、リアーナ等のツアーを手掛けるリ・ロイ・ベネットが、そしてツアー映像制作はマドンナ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、スパイス・ガールズ、リッキー・マーティン、クリスティーナ・アギレラなどのツアー映像を手掛ける、L.Aに拠点を置く映像プロダクション“VENENO”が担当。
そして、エミネム、クリス・ブラウン、レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、リル・ウェインなどのツアーやアワードショウのバックを務めてきたギル・スミス II率いるバックバンドが、2012年BIGBANG初のワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR 2012~2013」、「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014」に続き、みたびBIGBANGとステージ上で融合した。

このような世界的に活躍するワールドクラスのツアースタッフ・バックバンドが集結した「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 "X"」は「"X (エックス) = 未知数"というアルファベットが示す通り、これまでのBIGBANGからは想像もつかない、そしてこれからのBIGBANGの更なる可能性を感じさせるステージ」をコンセプトに、BIGBANGのツアーとしては初のセンターステージに挑戦。

舞台製作費約30億円、直径約30mのセンターステージとそこから客席へ放射上に延びる約50mの6本の花道は、ジェイミー・キングとメンバーの「ファンの皆さんが360度どこからでもBIGBANGをより近くに体感してもらいたい」という思いからこのステージセットが採用された。リ・ロイ・ベネットが手掛ける舞台照明では、360度のセンターステージを客席のどこから見てもBIGBANGの一挙手一投足が楽しめるようにと、膨大な数の照明器具と日本には存在しない機材に関しては世界各国から取り寄せて準備。
またステージ頭上や花道に設置された大型トラック10台分のLED画面、さらに音響システムにはイギリスのマーチンオーディオが開発した最先端のマルチセルラーラウドスピーカーアレイ「MLA」を採用するなど、アジアが誇るモンスターグループに相応しいスケールで作り上げられたステージに関するトピックスは枚挙にいとまがないほど。


とにかく何だかすごくお金がかかっていて、とっても贅沢な方たちに創り上げていただいたステージなのが分かります。

でもレディ・ガガやマドンナ、マイケル・ジャクソンなど存在そのものがアートな彼らと、BIGBANGはちょっと違うと思うのです。

更に何が違うって、ファン層が違うと思うのよ。

オタク文化を知っているのかね?!彼らは?!


どんなに米粒でもゴマ粒でもミクロでも、自分の目で(双眼鏡で)彼らが今ステージ上で何をしているのかを見たいし。

後ろ姿ばっかりじゃなくて、正面の姿も見たい。

そして、変なクラゲや砂嵐や鎧兜で彼らの顔が隠れるのは許せないのです。

よく分からないイメージ映像で着替えタイムを作るなら、彼らが映っている何かしらの映像を流してくれ!!

(昔みたいにパロディドラマをやってくれとは言わないから・・・涙)


回を重ねる毎にファンの要望に寄り添うようなステージへと変わっていったけど。

初日のあのステージこそが、名だたる制作陣が「完成品」として世に放ったものなんだよね。

どうせ変えるんだったら、最初からファン目線をもっと盛り込んで欲しいもんだわ。


「BIGBANGはアイドルじゃなくてアーティストだもん」

と言う人もいるけど。

それはそれで良いんだけど。


手を振られるとなんか心がフワフワするし。

微笑まれると心臓が痛くなるし。

目が合った日にゃ呼吸が出来なくなるし。

諭吉を何枚も羽ばたかせても、幸せだと思っちゃうし・・・。


ってことになると、やっぱり彼らは私にとって"アイドル"なんだろうな~。



2015年はワールドツアーを行うという噂もチラホラ出ています。

ますます世界基準のステージを追求していきそうな気もしますが・・・。

そこに、ちょっとだけでもオタク基準をミックスしてちょうだい(。-人-。)


とにかく、日本で毎年コンサートを開催してくれてまずはありがとう(ノω・、)だよね。

そこに関しては感謝しかありません。

{2D6867D1-E5F8-41FE-9EC6-38BBC12CE6EB:01}


5人が事故とか怪我とか病気とかなく、2015年を元気に過ごせますように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ソロでも稼げる彼らなので。

より個性が引き立つソロ曲もオススメです。

「ソロ曲聴きたきゃソロコンに行け」と言われているかのように、今回のドームコンはたまたま(?)ソロパートがありませんでしたが・・・。

というわけで、"個性"をキーワードにピックアップしてみました。


まずは曲数も多くて悩むけど、リーダーのG-DRAGON(ジヨン)。

「ONE OF A KIND」



まさにone of a ~な存在なんだよな、とこの曲が出た時鳥肌が立った覚えが。


もう1曲は「그 XX」



この曲はMVもあるけど、私はこの人気歌謡の特別ステージが大好きです。

ガッツリラップして踊るのもかっこいいけど、高音ヴォイスで歌う姿はとっても色っぽい。

歌詞に出てくる通り、彼はいま"love is blind.oh baby you so blind"状態です。

どうにかしてくれ!

切ない新曲ジュセヨ!!

カムバ ヘジュセヨォォォオ!!!




次はメインボーカルのSOL(テヤン/ヨンベ)。

この2曲を聴いて、見て、比べてほしい。

「YOU'RE MY/I NEED A GIRL」



「EYES,NOSE,LIPS」



チェリーで「彼女が欲しい」とか歌ってた数年前と、"目鼻口"が可愛かった彼女と別れた後の驚異的な色気の差!!!

同じ男の半裸がこうも違うのか!?

別れた後、気持ちの整理をするためにしたためたノートは20ページにも及ぶそうですよ(DVDメイキング談)。

ちょっと怖い・・・←



次は日本でも大活躍の天使♡D-LITE(テソン)。

「歌うたいのバラッド」



公式はショートver.しかないの(涙)

コンサートでこの歌を聴くと、無条件に涙が出てきます。

テソンくん自身が大切にしている1曲でもあります。

今まさに始まったであろうアンコンでも歌ってくれるかな??


もう一曲は、テソンらしさで言ったらやっぱりトロット?

「ナルバ ギスン」



年末は宴会部長(?)として涙ぐましい営業を頑張っておられました。

うちの会社にも来てくれ・・・。



残りの2人、悩むよね。

レパートリー少ないからw

ここからは、MVにこだわらず選ぶことにしよう。

レパートリー少ないから(2回目)。


VI(スンリ)は、「LET'S TAL ABOUT LOVE」のこのステージが私とっても好きなんです。



ヨンベとか主役喰ってるよ!!ばりの登場ですが、でも、すんちゃんの嬉しそうなマンネ顔^^

から一転、「ハルマリイッソヨ」でシュッとソロの顔つきに変わるのも好き♥


もいっこは「GG BE」



元カノを公共の電波にのせてディスるという、スンリの男としての器の小ささを盛大に披露しているこの曲ですがw

注目は脇汗オンザビーチではありません!!

「背汗」です(真顔)。

オンエア見た時、我が目を疑ったわ・・・。

TLが「背汗」で埋まったのも良い思い出です←


最後はTOP(タプ)くん。

いくら盲目的に好きとはいえ、彼の音楽が一般受けしないことは百も承知です!!

「DOOM DADA」のMVに込められた彼の想いを解説したら、”なんかちょっと変わった人なのかな?”と思われることもよく分かっております。


そんな中、彼の最新作品がこちら「Cass Can-Cert」



先日よりビール「CASS」のCMに起用されていますが、曲はタプがYGのPDたちと作ったものです。


もう一つもCMから。

(ソロ曲の紹介は・・・?)

「I’M THE KING」



小難しいソロ曲聴くより、たった30秒そこそこの「ティーオーピー、アイム ザ キン~グ!!」を聞いた方がタプの魅力がギュッと入ってきますよ♥


当初の趣旨からは大幅にズレたところで・・・おわり。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、「BIGBANG初心者にオススメのアルバムを教えてください」というリクエストを頂きまして。

確かに私が日頃徒然なるままに←綴っているこのブログは、丁寧な書きっぷりではないので分かる人にしか分からないですね。

妹ちゃんからも時々"深すぎて分からない"と言われることがあるw


で、わりと真剣に考えてみました。

これからBIGBANG(あえて正式名称で書いてみる)を大好きになってもらえるかもしれない、そんな方々にお勧めするアルバム。


まず、アルバムって時点で難しい←え?

BIGBANGのアルバムは1つのアルバムを通してストーリーがあるというよりは、色んなジャンルの曲が詰まってる宝箱みたいなものだと思うんです。

タイトル曲はわりと大衆性のある曲だけど、結構コアなジャンルや(その当時は)新しいジャンルに挑戦している曲も1つのアルバムに入っているので。

だからおススメのアルバムじゃなくて、"オススメの曲"をご紹介します。

(フルアルバムも数えるほどしかないしね・・・)


まずはこちら。

「HARU HARU(日本語ver.)」


(summerdream9036@YouTube)

公式から載せたかったんですが、無いの、ライブ映像すら。

(ちょっとしか探してないけど)

これは敢えての、日本語バージョンです。

基本的にはどの曲も韓国語そのままの方が好きなんですが。

この曲だけは別。

Kポにありがちな詰め込み日本語歌詞ではなく、胸に沁みる・・・。

疲れた時になんて聴いた日にゃ・・・泣ける。

この動画、去年のドームコンの映像なので歌詞が若干聞き取りにくいです。。。




次はこちら。

「ガラガラGO!!)」


(BIGBANG@YouTube)

説明不要!!

この曲で盛り上がらない場は無い!!

年末にさ、シンガポール公演見てて感慨深かったですよ。

シンガポール建国50周年の国家行事に→韓国人グループがヘッドライナーとして登場し→日本語の「ガラガラGO!!」を歌い→熱狂するシンガポール人→を韓国で見る日本人の私。

わけが分からんwww



お次。

「MY HEAVEN)」


(BIGBANG@YouTube)

この曲は日本のコンサートでアンコール待ちの時に、ファンが合唱する曲です。

本国アンコール待ちの時にはやりません。

だから、日本のファンにとっては特別な曲だと思います。



あんまりたくさん紹介すると厳選した意味がないので、最後w

「FANTASTIC BABY)」


(BIGBANG@YouTube)

ファンじゃなくても知っている名曲。

この曲で、本人たちもファンたちも3年食いつないでおります。

正直もう飽きたけど、2012年の復活を象徴する曲だし。

やっぱり最高潮に盛り上がる!!

こうゆう曲が入隊前にもう1発生み出せるかが、勝負どころです。

このMVは韓国語ですが、日本語ver.はm-floのバーバルさんが歌詞を書いてます。



ホントはもっともっとオススメしたい曲はあるんだけど。

初心者の方にお勧めするなら、まずは日本語の方が歌詞も入ってくるだろうと思いこの選曲です。

曲の好き嫌いは人それぞれですから、あくまで"きっかけ"となれば嬉しいです^^


久々にツベでビッベン漁ったわ。

ますますChromecastが欲しくなった・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
はぁ~・・・胸熱(泣)

シナ先輩のスペシャルステージです。

改めて、アンディおかえり!!

150125 Shinhwa (신화) - The Solver (해결사) & T.O.P & Brand New (브랜뉴) @ Special Stage [1080P]


(KMusic-Live@YouTube)

6人全員揃ってる・・・(涙)

若干・・・お顔が数名・・・(ry

なんか若いヨジャアイドルが入り込んでますが、黄金の選曲ですね。

「BRAND NEW」やっぱり大好きだわ~。

へソンの高音、最高だわ~。


今後のシナは2月末に新譜出して正式カムバですよね。

3/21,22はオリンピック公園体操競技場でコンサートを開催します。

因みに3/7,8,14,15はEXOのコンサート。

(4日間もやるって、さすがとしか言いようがない・・・)


そういや先週突如として、"3月にEXOとビッベンが同時カムバで対決!!"ってニュースが出ましたね。

同じ週にカムバってことはまずないと思うけど、どうなんでしょうね?

(同じ週にカムバしたら痛手を負うのはこっちだもの・・・辛)

ALIVEの時みたいにソウルコンでカムバ→2か月くらい新譜で活動→ワールドツアーって流れになるかなとも思ったケド。

iKONの1月デビューが流れたため、3月にビッベンは難しいんじゃないかなぁ。。。

気長に"8月くらいに"と思って過ごそう。





いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
もしかしてだけどぉ~

もしかしてだけどぉ~

タチャ3製作の話も

出てるんじゃないのぉ~

\byスン                         /
{E53F49B9-B690-4DE2-88D1-10408290963F:01}

もう一人のスンヒョンに代弁してもらいました。

過去作品へのオマージュもさることながら

"次はこの子でタチャ3があるんじゃないかしら?!"

と思わせる演出が。



物語終盤、アグィの屋敷を訪れる面々。

そこでアグィの弟子として一瞬登場する少年。

アグィはこの子が将来名を轟かせるタチャになるだろうと見込んでいるようです。

この少年、「会いたい」「太陽を抱く月」「ジャイアント」「イルジメ」など出演作を挙げればキリがない有名子役、ヨ・ジングくんが演じています。

{8A365F7F-D0C1-4685-81CD-F3C9588BD3BB:01}



ジングくん、実はドラマ「タチャ」で主人公ゴニ(タプ演じるデギルの叔父)の子役時代を演ってるんだよね。

{0021A0FB-5ECE-40FD-9757-69945C29A864:01}

ムチムチしてて可愛いの♡

そしてアグィ役のキム・ユンソクとは2013年に映画「ファイ」で共演。

{A92CE6DE-089B-45D1-AECF-A4CC0F3B3F56:01}

ジングくんはこの映画でキム・ユンソクに育てられた少年役ですが、「タチャ 神の手」でもキム・ユンソクに育てられている役どころというのが面白い。


アグィの屋敷を訪れたデギルとは言葉は交わしませんが、すれ違う際に強烈な視線を交わします。

このシーンを見て

「これは!!ジングくんで3作るわね?!」

って思いました。

(原作にそんな話があるかは知らんけど)



この少年にとってデギルは

"師匠の右手を奪った仇(ゴニ)の甥"

なわけ。

この設定だけでじゅうぶん物語が書けそうw

彼がいずれ賭博場の主役へと上り詰める際の大きな壁として。

または密かに憧れる存在として。

この世界からは身を引いて暮らす伝説のタチャ・デギルがカメオ出演するのではないか・・。

と想像したりするわけです。


ものの数秒の出演ですが、ジングくんがもの凄くカッコいい!!

そしてとてつもない存在感を放ちます!!

子役というにはあまりにも強烈な眼つきだったため、うちのオンマは彼が「太陽を抱く月」の世子だとは気付かなかったって。

あんなにハマってドラマ見てたのにw


タチャ3は完全に私の勝手な想像ですが。

十何年という時を経て、「タチャ」とゆう作品に縁のある子が主役を張ったら面白いですよね。


次は来週の金曜日に妹ちゃんと観に行く予定ですw

また何か発見があるかな~♪


いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード