明けです

テーマ:
昨夜は初の夜勤で、今日は明けです。
16:30から9:30の勤務(+o+)
眠すぎて変なテンションになりますね。
少しご飯を食べて眠ります。

ミーティング、なかなか定期的に参加出来ていません。
このような状況の中で、新しいスポンシーが与えられたのも何か意味があるんでしょうね。
恐れや戸惑いもありますが、出来る限り仲間の手助けをしていきます。

やっと休日

テーマ:
今週から障害者の福祉施設に勤務しています。
早くも様々な問題が見えてきましたが、最大の問題はやはり、「人が足りない」ということですね。建物も古いし、時代遅れのケア方法だと感じます。
そういう状況なので、最近高齢でよく言われている「個別ケア」とか「個人の尊敬」なんてものは基本ありません。
職員にも余裕が全くなく、新人教育のための体制が整っていないため、新規採用があったとしてもすぐ居なくなるそうな。
すごい職場です。

今日は休みなので、ゆっくりします。
しかしいつまで続くかな(^。^;)

大切なこと

テーマ:
「花粉症の人って気の毒だなあ」なんて他人事のように思ってましたが、今年は自らその辛さを味わっています。効いていた薬が急に効かなくなったりなど、その恐ろしさを存分に味わっています。何でも体験してみないと、本当のところは分からないものですね。

先日、地元でギャマノンとGA合同のオープンスピーカーズミーティングがありました。
午後からの開催にもかかわらず、多くの自助グループの仲間たちが参加してくれました。
改めて強く感じたのは、回復し続けている仲間の話を聞き、体験を分かち合うことの大切さです。
もちろん、ホームグループにも仲間はいますが、それだけでなく、より多くの仲間と交流し、回復による希望や仲間意識を体で感じることは、より良いアブスティナンスに欠かせないと感じます。
最近の僕は、以前のように県外へ出かけて他グループのミーティングやセミナーに参加することもなく、ホームのミーティングへの参加も疎かになっていました。
体調やスケジュールの関係でやむを得ないことだったとはいえ、結果として霊的な回復から遠ざかっていたのかな、と思います。
このような状態では、サービスや12番目のステップもうまくいきませんね。そうなれば次第に病んでいき、いつかまたギャンブルに捕まってしまう。
仲間って、本当に大切な存在です。そして自らの足で歩き仲間を求めることも。
OSMはそのことを改めて教えてくれ、再び活力を与えてくれました。まだまだ回復が足りないですね。
回復の道は一生続きます。