{41949C4B-A104-468B-8CD4-638ADB6B8331}

ケーキ4つ購入(笑)

その理由は…
今日 5月21日は吾郎ちゃんのお誕生日ですニコニコ
そして一緒に暮らし(共同生活)夫婦として生活を共にすること丸11年目。11年前の5月21日に入籍をしました。
お誕生日と結婚記念日。Wお祝いですね口笛
挙式した日はたしか…4月26日?27日?28日?…
覚えてないんだけど口笛
Wお祝いということでケーキ4つなのですてへぺろ

ただ…
吾郎ちゃん。
お誕生日の前の日に人間ドックの検査・健康診断の結果が返ってきたところ…。

昨夜は家族会議が始まり、これからの人生をどう過ごすか…真剣な話をしての次の日だから、ケーキはひとつのみですニヤリ

家族会議の結果。
今朝から始まった食事改善。
朝はパン🍞習慣だったのをやめました。

{936AE4C9-BA7F-4DBF-9C3D-D1F6E888DDE9}

たくさん食べる朝食をスタートしました。
前の夜に下ごしらえして、準備を楽にすることから♪

今日はケーキを食べたかったので、糖質を減らして、牛の赤身ローストビーフ・タンパク質をメインにしましたニコニコ

{7A502717-72C8-4FDB-8015-2FEF220B1877}

初のチャレンジ照れローストビーフ🍖作りましたが!なんせ切り方が…ぶ厚いニコニコ

なんちゃっててへぺろローストビーフ🍖

味は良かったんだけどさ、顎が外れそうなくらい噛むのがしんどかった(笑)

吾郎ちゃん、『薄く切るんだよ』って笑いながら言われて、『は〜い!あ?(笑)Umeちゃんにも言われたでっニコニコ』って言ったら『だろ〜ね〜ニコニコ』って。
(お料理ができる男性にはかなわない…笑)

これからの人生。
何歳まで生きたいか。
何歳までやりたいことができるか。
これって…
あたりまえのことじゃないからね。

お互いがパートナー。
これから。
今から。
家族会議は常にしながら(笑)
お笑いいっぱい健康家族を目指します。


{F8C01EFB-4BE7-46F3-B6DF-AC452CBD95EC}

今日は午後のお仕事を終えた後、機能改善体操入門セミナーを担当致しました。

参加者の皆さんは介護関連に携わる方々です。
機能改善体操の考え方を再度確認し、そこから高齢者の方々のために実用する手立てを取り込みながら、共有を図りました。

どうすれば
『動きが楽になるのか?』
どうすれば
『痛みや不具合を手放すのかな?』
そのための方法・手立てを共有しました。

エクササイズをたくさん知っていることより、
ひとつひとつのエクササイズには目的・意味・価値があることを抑えます。

なぜ、ほぐすことをするのか?
どうして、可動性や安定性を引き出すのか?
何のために、協調性コーディネーショントレーニングを行うのか?

参加者の皆さんと肩凝り改善のための機能改善体操、5つのエクササイズを体験し、確認し合いながら行いました。
先週のセミナーの時もそうでしたが、質問をたくさん下さったり、ひとつひとつ確認して下さります。
アットホームで行えるのは、皆さんのおかげです。ありがとうございます。

引き続き来週は【機能改善体操入門セミナー  腰痛改善のために】を開催致します。
受付は、26日(金)まで承ります。

{7FC837ED-A1AA-4E9C-887F-10DA8ABED04D}

詳細はこちらからもご覧いただけます。

お問い合わせ 受付は
林部まで   ☎︎090-2974-5527

7/23(日)に長野県上高井郡小布施町の小布施オープンオアシスにて開催される【運動指導現場に役立つセミナー】をご案内しています。

今回提案致しました【椅子ヨガ】〜シニア世代のカラダとココロに寄り添う指導〜に触れさせてください♪

椅子ヨガと
床の上で行うヨガの違い。


床の上で行うヨガ。
シニア世代の方々にとっては、だんだん個人差が出てきます。
個人差が出て当たり前で自然なことですが、参加者にとって、(これはヨガに限らずかな…)膝や腰、肩が痛いから私はできないって不安で諦められる方がいらっしゃいませんか…。

できていたことが思い通りにならない歯痒さや身体に生じる故障、痛み、違和感…。
これは私達・自分達も経験する、本人しかわからないこと。
そこを我々が無理しないで〜とか大丈夫?…という言葉がけにはもう限界があると私は考えます。そして、言葉がけだけでは通用しないと私は思ってます。
『無理をしないでがんばりましょう』という意味がわからない言葉がけは通用しますか?

どうしたらいいのか?
導くことが求められていく時代だとすごく思います♪

やっぱり、こちら・指導者がそこに向き合わないとシニア世代の方々にとってのヨガは、できないカテゴリーになっちゃうのかな…。
膝や腰が曲げられない、座れない、ポジションの動作ひとつひとつ腰が痛いと…ヨガそのもの、そして参加者の方々の楽しみがなくなる…

ヨガはヨガであっても
できるヨガ。
ずっと続けたいとなるヨガ。
安心できるヨガ。
そこに機能改善を目的とした体操・カラダの機能を引き出しながら行う考え方をお互いに共有していくこと。グループレッスンや大勢であっても、そこには一人対ひとりの空間でヨガを楽しめられたら♪と思うのです。
自身のカラダ、気持ちが安心できること♪
導くヨガを届けたいですね^^

ヨガの需要が高いからこそ、これからの時代を考える【椅子ヨガ】を今回提案しました。
ご本人が安心できる運動。
椅子ヨガのプログラムを通して、そしてこのセミナーで得られる言葉の掛け方や寄り添い方を知るのと知ってほしい提案です。


ここはヨガに限らず、高齢者向けの指導について今、指導者がいないと言われています。
実際に伺うと、高齢者の指導は難しいと声が多く、高齢者との向き合い方であったり、どう声をかけたらいいのかわからない、指導法がわからないと。

講師のちづさんに高齢者指導というお話も相談をして、シニア世代のカラダとココロに寄り添う指導を入れて貰いました♪

{451F2ECC-B16E-4BD0-A3EB-B75F211EB686}


高齢者の指導にお悩みの方や介護関連に携わる方々にも得られる内容です。
ヨガの指導を幅広くされたい指導者の方々にも得られる内容です。

これからの時代に必要とされる【椅子ヨガ】
今から、これから、新しい指導力を高めて、身につけて、自身の在り方をいつまでも成長していきたいです^^

{6687E881-112A-4892-9F67-C854BAE9C5D2}