ちいろば旅倶楽部最新情報
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-11-18 23:02:03

ムラキテルミさんの講演会・河口湖

テーマ:病気


(稲佐の浜の「神迎神事」の様子・TVから撮影してます)




こんばんは~。

出雲神在祭ツアー直前ですが、
今日はお昼からムラキテルミさんの講演会、
そして同じ場所で夜には富士山講座。

なんと勉強熱心な私でしょう~!

本当は、富士山講座は疲れて休む予定だったのですが・・・。

「富士講の話だから大事だし、聞いたほうがいい」と
イトウさんから言われました・・・。(-з-)

今日は、ムラキテルミさんのお話を「生」で聞けたので
とても良かったです~。

ムラキテルミさんのお話、
またブログでご紹介したいと思います。

健康で幸せに生きるためには、
自分でいろいろ努力して調べてみる。
自分の体に聞いてみる。

自分の病気は自分で治す。
自分で作った病気だから、
その責任があるということですね。

もちろん、寿命の病気は例外ですが。

多くの人が、寿命よりも早くこの世を去っている
可能性が高いのではないかと私は思っています。

にんじんリンゴジュースを飲む意味なども、
知らなかったこともあったので、
いろんなことがわかりました~!

来月から再び、にんじんリンゴジュースを復活しようと
準備しておりました。

ムラキテルミさんのHPに載っていたイラストのジューサーは以下のものです。
私も持っています。


ゼンケン マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-B1


あと、ベジフル2っていうのもある。ベジフル2のほうがなぜかお値段安い。


ベジフル2 ZJ-VC1


ジューサーでは、高速・低速の種類があるのですが、
低速のほうが、野菜の栄養の成分を壊さないみたいです。

低速のジューサーはみんなちょっといいお値段しますけどね。

ムラキテルミさんご本人が余命3ヶ月の肝臓がんを克服するという実体験をした人なので、説得力があったとイトウさんも言ってました。

十二指腸潰瘍になってから、
毎日きっちり薬を飲むイトウさん。

鎮痛剤は、血液の流れを止めて痛みを止めているだけなので、
血液の流れが悪くなって体を冷やすというお話。

ガンは血液の浄化装置。
そのようにおっしゃっていた。

切ってしまったら、浄化装置がなくなってしまうから、
他に転移してしまう。

体の冷え(低体温)
血液の汚れ

この2つが、ガンになる原因。

ご近所の85歳の男性。
とてもお元気で、バイクによく乗っていらっしゃる。

「私は健康ですよ~、なんたって薬をたくさん飲んでますから」

それって、健康っていうのかな・・・?って
疑問には思いますけどね。( ̄ー ̄;

私の父が今、胃ガン治療のあとに寝たきりになっていますし、
病気になること、死を迎えることについて
私は今、とても意識しています。

父の場合、手術はするべきではなかった。
父が元気なときには、父は医療に関する書籍は読んでいた。

術後、歩けていたのが急に歩けなくなった。

抗がん剤は、急にガクンと症状が悪くなってしまうと、
ムラキさんはおっしゃっていた。

抗がん剤の世界の流通の7割をなんと、日本が使っている!!

抗がん剤を持っているのはアメリカ。

日本はアメリカの敗戦国。
アメリカに買わされている。
製薬会社はアメリカの会社も多いですね。

アメリカなんて、ほんの3%しか抗がん剤が使われていないそうです。
(福岡のお医者さんが動画で言われていました)

父は手術を受けたにもかかわらず、回復はほとんどせず、
弱る一方になってしまった。

近藤誠先生がおっしゃる、「手術をしたために・・・」
ということになるようです。

近藤誠先生の最近の著書は、100万部売れているそうです。

川島なお美さんのことで、
近藤誠先生は今、とても叩かれている。

本当のことを言われて困る人たちがたくさんいるってことでしょう。
でも近藤誠先生の言っていることがすべて正しいとは
私は思っていない。

100万部売れるということは、
今の医療が「おかしいのでは?」
と思っている人がこれだけたくさんいるっていう証拠ではないか。

その書籍を読んだ人がまたさらに家族や友人に言って、
さらにガン治療の真実はどんどん広がっていくのではないか?
とムラキテルミさんがおっしゃっていた。

父が抗がん剤を受けなかったら、
自宅でガンを治す道があっただろうと思う。

悔しいですが、父が決めたことだからしょうがない。
ムラキテルミさんの話も父にしたけど、
「自分とケースが違う」と言うだけ。

今の父の状態。
たまに父の意識があるのかないのか、
そんなときがあると、母から連絡がありました。

誕生日は乗り越えたものの、
今年いっぱいもつのかどうか。
そんな状況のようです。

*☆*:;;;:*☆*:;;;:

今日、喪中のはがきをいただきました。

いつもご夫婦でツアーに参加してくださっていたSさんご夫妻。

ご主人様が、お亡くなりになりました。

昔からのちいろばのツアーに参加している会員さんの中では
どなたのことかわかるかと思います。

とてもご夫婦仲が良くて、お二人が共にゆっくりした足取りで、ご主人が病気の関係で歩きにくいところも、一生懸命歩いておられました。

最近は、奥様のみがツアーに参加されることがあり、
ご主人様の様子を聞いておりました。

リハビリをしていたところの、突然のご病気。

まだ60歳代という若さ。

Sさんといえば、出雲大社の神在祭ツアーのときのことを思い出します。

今では出雲大社の神楽殿の前にある大きな注連縄に
お金を投げる人はおりませんが・・・。(現在はお金が刺さらないようにしてある)

若い男性たちが、本当に危ないのですが、
ものすごい勢いでお金が刺さるように、お金を注連縄に投げていた。
(この注連縄にお金を投げても、何もいいことはありません)

お金が注連縄に刺さらず、
投げたお金が飛び跳ねて
人に当たることがあって、とても危なかった。

その様子を「危険だな~」と私が言うと、
Sさんが、「危ないじゃないか」と、若い男性たちに一喝した。

すると、彼らはビビッて、「すみませんでした」と謝ってきた。

いつもツアー中は静かにいらっしゃるSさんなので、
このような方がツアーメンバーにいらっしゃるのは、
とても頼もしいなあと思ったのでした。

今、Sさんのことをいろいろと思い返しています。

Sさん、お疲れ様でした。
あの世では、どんどん歩いてくださいね!

またお会いしましょう!

Sさんのご冥福を、こころよりお祈り致します。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。