• 22 Feb
    • ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタが終了

      ネットワークで開催した企画が本日終了しました。 のべ2,000名の参加者だったとのこと。 すごいな!!!   佐世保で、子ども分野の民間のさまざまな団体が連携したのは初めてだと思う。   私が、この街で子育て分野の活動を始めたのはもう30年ぐらい前。 その頃には、街のあちこちに子ども文庫をしている人たちがいた。 その後、調べてみたら文庫の他に市内には4ヶ所ぐらい自主的な子育てサークルがありました。民生委員さんや地域の人たち、そして当事者の人たちが作っていた小さな活動でした。 私もその一人。   1990年代、行政が子育て支援に積極的になり、あちこちで子育てサークルを支援、平成7年頃には約30のサークルができていました。今回、集まってくださったさまざまな活動に関わる皆さんは、その頃に子育て当事者で、今は支援に関わっているのではないかな…と今回思いました。地域の活動は、普段はなかなかつながる機会がないのです。だからなかなかお互いを知りません。   子どもの健やかな育ちは、行政がきちんと応援してほしいこと。 しかしそれだけではもう対応できない子育て環境の変化を実感する日々。 今回のネットワークが大切に思えるのは、支援に関わるみなさんがいること、そしてつながろうとしてくださったこと。みなさんが子どもたちのために一肌脱ごうと思っていることを実感できました。   3月3日には振り返りの会を実施します。 今日は、みなさんへの感謝を感じながらゆっくりと過ごしたいと思います。   本当にみなさん、ありがとうございました。    

      3
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 今日もフェスタ

      今日も島瀬美術センターでフェスタ。   多分一番夢中になったゲームは楽しすぎて写真撮るの忘れてしまいました。   赤ちゃん交流と行政書士さんはきちんと記録。 私たちとしては初の取り組み「赤ちゃん交流」 お願いしていたママが見せてくれた生まれた時の写真やエコーの写真。 お話も大事だけど、記録を見るといっそう、さまざまなことが想像できるな、と思いました。   今後も方法を工夫して、お産のことや産後の育児のことを伝える場を設定したいと思います。   また、一見硬そうな行政書士の相談コーナー。 暮らしの相談は、早期に専門職に相談することで簡単に解決できることがたくさんあります。特に若い人たちにはそのような情報が届きにくいと日頃感じています。 私たちのネットワークに参加いただき本当にありがたいと思います。   あすも一日、予定満載。 楽しみです。  

      1
      テーマ:
  • 17 Feb
    • そろそろ転勤などの季節

      今日ファミサポ利用の方からいただきました。   この春転居。 赤ちゃんだったお子さんが、もうカタコトを話しています。 いろいろなことがわかって、その表情や仕草がかわいくてかわいくて仕方ない。 寂しくなります。   ママが子育てを精一杯がんばっていることも、見て取れました。 きっとこれからも、子育てに仕事に力を発揮されることと思います。 佐世保での子育てを楽しいと感じていただけたでしょうか。 佐世保で子育てしていただいてありがとう。お元気で。  

      1
      テーマ:
  • 16 Feb
    • ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ アナログゲームの世界へ

      デジタルで遊べる世界、それはそれでよし! ただアナログゲームのおもしろさを知ると、それはそれでずっと楽しい。 そんなわけで、フェスタからの継続イベント、「ママのためのアナログゲーム会」 しばし、子育てにも役に立つ…オトナゲーム女子の世界へ誘いますよ。   参加は絶対要予約。 先着順、早めのお申し込みを。      

      テーマ:
    • ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ ~せんそうほうき~

      今日もフェスタ開催中。 会場に置かせていただきました「せんそうほうき」の紹介です。                           「せんそうほうき」のトリセツ   〇 この「せんそうほうき」は電気エネルギーや電池ではなくみなさんの「心のエネルギー」で動きます。 〇お部屋のお掃除には不向きです。争いごとや争いの予防にのみお使いください。 〇事の大小は問いません。 〇もし「戦争なんて嫌だ!」という同じ思いの方がいたら「せんそうほうき」のことを教えてあげてください。 〇「なぜこのほうきつくったのかな?」と不思議に思ったら、家庭やお友だちと話し合ってみてください。話し合うことが平和への第一歩です。   この「せんそうほうき」は『MIHOの不思議劇場』でおなじみのパントマイマー村田美穂さん(長崎市在住)がひとつひとつ手作りしたものです。 昨今の状況に、未来が心配という気持ちは子どもに関わる人間として私たちも同じく思うところです。 今年は太平洋戦争からの戦後何年経とうとも過去の大戦で失った世界中のひとたちの生命のことを私たちはずっと忘れないし、子供たちにも伝えないといけません。   日本は戦後、世界が驚く程の復興を成し遂げ、その間一度も戦争で人が殺されることなく、また殺すこともなく今日までの歴史を築き上げてきた誇り高い国です。 しかし昨今、この国の行方に不安を感じます。そんな時にMIHOさんの「せんそうほうき」の存在を知りました。すでに3万本以上の「せんそうほうき」をつくり、全国各地、ご縁ある多くの方々に思いを送り続けています。 この「せんそうほうき」一個と言わずお持ち帰りください。 そして、身近なお友だちやご家族と「平和」についてぜひ話し合ってくださいね。        

      テーマ:
  • 15 Feb
    • フェスタ報告 ~ノマドコーヒーで休憩~

      美術館にはカフェもあります。   ぜひご利用下さいませ。    

      2
      テーマ:
    • フェスタ報告 ~ あるあるの木 ~

      産前産後、子育ての時のあるある。   *産後に里帰りから戻った部屋がゴミだらけ。即、夫とケンカになりました。 *たまたま夫が洗濯物を干してたら、近所の人みんなから褒められていた。ほんとに「たまたま」なのに、なぜ夫は褒められるの? *6ヶ月頃のこと、泣き止まない我が子を放り投げそうで、私が泣いてしまいました。   などなど、思い出したら悲しいことやつらかったこと、もちろんうれしかったことも。 準備している葉っぱに書いて「あるあるの木」に貼り付けてください。   お子様向けにシールも準備していますよ。      

      テーマ:
    • あたたかい木のおもちゃ~少年山荘~

      フェスタからの報告。   今回の参加団体の中、唯一、こだわりの職人仕事の展示コーナー。   東彼杵から参加の少年山荘さん。 HPはこちら⇒http://www.shonensanso.org/   最近は保育園などの園庭の遊び空間に大型の遊具を造っているとのこと。   今日と18日の展示ですよ。会場でも購入可能なものもあります。          

      テーマ:
    • ワークショップは「てぃだ~キュービックパステルアート~」

      私もちょっとだけ参加。   ゆったりとした時間の中で素敵なパステルアートができあがっていきました。        

      テーマ:
    • ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ始まりました!!!

      美術館でフェスタ!?   会場には、ママと子どもたちが来てくださいました。 音楽を愉しみ、ワークショップもやってみて…みなさんどうだったかな?        

      テーマ:
  • 13 Feb
    • ファミサポ佐世保に朝からのhappyなお客様

      個人情報なので、詳細非公開、あしからず。   朝から超元気なママのお客さま。 出産後、ファミサポ利用しつつ、自分なりに仕事を再開。 順調に仕事に向き合っている方です。 当法人関連の調査、イベントさまざまにご協力いただきました。   今回、私たちとのご縁がきっかけで、よいお仕事がやってきた! とのこと。   けっして楽な仕事じゃないけれど、彼女にとってはキャリアを積む好機になると思う!!!   以前から、この事務所にはコウノトリがいる…つまり関係者がママになっていったので… との噂がありました。 コウノトリだけじゃなく、いろいろな幸せの種があるのかな。 ならば大事に育てましょう。   おいしいお土産をいただきながら、一緒に大喜びさせていただきました。 人の数だけ幸せがある…ほんと。        

      1
      テーマ:
    • 事件から2年半。学習会開催しました。

      2月12日(日)佐世保市コミュニティセンターにて「今、大人が果たす役割とは~子どもの生きづらさ、大人の生きづらさ~」をテーマに学習会を開催しました。 主催は子どものいのちと心を守る市民ネットワークです。   佐世保市高一同級生殺害事件から2年半。 ネットワークでは学習会を続けてきました。   このネットワークのアクションは、市民として学習会を続ける一方、佐世保市そして長崎県の教育行政にもはたらきかけることも行ってきました。   今回の学習会は事例発表とそれを受けての広木克行さん(大阪千代田短期大学学長・神戸大学名誉教授)のご講演。 事例は長崎県こども・女性・障害者支援センターから一時保護のこと、NPO法人ちいきのなかまからは産前産後から子育て期にわたって起きている事、そして放課後児童クラブからは児童クラブで見える子どものストレスの事例をそれぞれお聞きしました。   事例から見えてくる大人、子どもそれぞれの生きづらさについて、私たち自身が系統立てて考える、または理解するためのお話をご講演でしていただき、今大人としてできることを熟考できた会となったと思います。とくに当法人からの報告には多くの皆さんから関心を寄せていただき、また自分たちが今ある場所の確認と役割、今後に取り組むべきことも指し示していただいたと思っています。   7月、事件から3年。この会では事件についての検証を丁寧に理解したい。 事件から目を背けてはいけないと思っています。 結果、家庭や個人が異常だった…と結論づけて、自分とは違う、と言ってしまうことは簡単ですが、まだ結論付けることはできないと思います。   さまざまな立場の方、50名を超えてのご参加。 事件を風化させないとの思いを新たにしたのでした。          

      1
      テーマ:
  • 10 Feb
    • ライフさせぼさんに掲載されました

      2月15日から始まる「ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ」に向けて、タウン誌ライフさせぼさんに取材をしていただきました。   今の子育て大変だけど、大変さをみんなでシェアして肩の力を抜いていただきたいなーと思っています。 そしてなにより、この街に生まれてきてくれた「子どもたち」にありがとうを伝えたいと思いっています。   準備は実行委員会で取り組みました。 「ひとりぼっちだな」とつぶやいているママたちに情報が届きますように。 子どもをまんなかに、あたたかな会になるといいなと思います。      

      1
      テーマ:
    • ファミサポ 会員養成講座 終了しました!

      3日間で実施する会員養成講座終了しました。 修了生は9名でした。   子どもの遊びの講座では保育士さんから読んでいただいた絵本に心揺さぶられ、手作りおもちゃで子どもの気持ちに戻って笑顔に。 佐世保市の子ども施策のご紹介は市役所子ども未来部次長さんに担当していただいています。佐世保市の取り組み、子育て家族の負担軽減に取り組まれていることを知り「なるほど…」とうなずく。 ファミサポ提供会員さんの体験談は具体的で、また支援への思いの深さや配慮を知っていただけたと思います。   3日間、今日は雪模様の寒い中、本当にみなさんお疲れ様でした。 早速活動にご参加いただけるよう、お声をかけていきたいと思います。          

      テーマ:
  • 08 Feb
    • ファミサポ会員養成講座 第一日目 終了!

      今日の科目は3つ。 心身の発達と支援の配慮・ファミサポの説明 その(1)・子供の事故と緊急事対応でした。 自己紹介からとても個性豊かなみなさんだなと思いました。   3日間を楽しく受講していただき、ぜひ登録をお願いしたいと思います。   明日は職員山﨑が一科目を初担当します。 午後からは私が支援の実際を、その後は保育士さんに「子どもの遊びと支援・援助的な関わり」を受け持っていただいています。   みなさんの第一歩。 ファミサポみんなで応援します!!!  

      1
      テーマ:
  • 07 Feb
    • ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ あるあるの木

      2月15日から開催する「ようこそ!赤ちゃん&子どもフェスタ」 昔からお祭りには「願い」がありました。   このフェスタはこの街に産まれ育つ子どもたちの健やかな育ちを願うものです。   会場に「子育て あるあるの木」を設置します。 葉っぱを準備しておきます。 みなさんご自身が… 子育て期の楽しいエピソード イラッときたこと 子どもへの気持ち 親への思い   または社会に伝えたいことなども   この葉に書き込んでいただきたい。 その葉っぱで「あるあるの木」を茂らそう…という企画。   みなさんの思いを受けとめて、また私たちも子育て応援していきます。                  

      1
      テーマ:
    • ちいきのなかま通信NO.47 送らせていただきました。

      今月も無事ちいきのなかま通信送らせていただきました。   もうすぐ50号。 気が付くと…という感じ。   開始時にはこんなに続くと思いませんでした。 すくなくとも毎月何らか仲間たちと活動してきたから作ることができた。 その意味で大事な足跡だと思います。 読んでいただいている皆さん、本当にありがとうございます。   あすお届けできると思います。  

      2
      テーマ:
    • ファミサポ会員養成講座

      ファミリーサポートセンター佐世保 会員養成講座 明日から始まります。 全日程3日間。 今回は8名のご参加をいただき、感謝しております。 この折角のご縁を大事にしたいと思っています。 支援のことがしっかりと伝わるように。 必要なスキルについてご理解いただけるように。 受講する皆さんがつながってくださるように。 受講後に勇気ある一歩を踏み出して下さるように、一生懸命準備しています。   週末は雪の予想らしくて心配ながら、楽しい3日間になりますように。  

      テーマ:
  • 27 Jan
    • 本日もリスク講座 ファミサポ佐世保です

      本日もファミサポはリスク講座。 思いのほか多様なメンバーでの受講になりました。 講師は弁護士の鈴木裕子さんです。   リスクの話のあとは一同、本当にドンヨリとした気持ちになります。 それだけに受講後は活発な意見交換になります。 システムを見直さなくていいのか。 具体的にできることから始めよう…。   リスク対応について素人の私たち。 防災講座と同じ、くりかえし講座を受け、時にはシミュレーションしてみる。 訓練もする…そうして危険回避の心構えを持つしかない。   講師のみなさんも、ファミサポというシステムへの理解を深めて下さって、シビアな内容だけれどもわかりやすく話してくださいます。また来年度も開催しますよ。      

      1
      1
      テーマ:
  • 26 Jan
    • 会員養成講座資料作り

      第三期ファミサポ佐世保会員養成講座が2月に開催されます。 現在受講生募集中。 関心ある方はファミサポHP、http://chiikinonakama.com/にアクセスしてください。 さて今回、いつもお願いしている講師が日程合わず、一科目、自前で教材準備中。   手分けした作業の私の分が今日、一旦完成。 私は一番ファミサポ経験が長いので、これまでのプロセスをまとめてみました。 年寄りだからか、年表など作ると過去にタイムトラベル。 細々説明したくなる気持ちを抑えて、なんとか簡潔な資料内容になりました。   佐世保の場合ファミサポ事業は子育てママの提案からスタートしています。 企画書書いた、その中のひとりが私でした。 写真の冊子は、ファミサポ設立当時、同時期に佐世保市子ども発達センターに着任してくださった小児科医 川崎千里先生のお話を収めたものです。   あれから20年近い歳月がたちました。 読んでみると、川崎先生は未来を予測し、「今」何が必要か語っておられた。 今読んで改めて、そのするどい先見性に驚きます。   あまり過去を振り返る時間が、これまでの私にはなかったけれど、整理して必要なことは伝えないと…と思う。必要ないけれど大事なことは、私の記憶にとどめていきます。   多くの皆さんと出会ってきた過去の時間がやはり愛おしいと思いました。  

      テーマ:

プロフィール

NPO法人 ちいきのなかま

性別:
女性
お住まいの地域:
長崎県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
283721 位
総合月間
447891 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。