注意:この日記の内容は筆者の主観的真実であり、実社会の客観的事実とは異なる場合があります。また、この日記は筆者の記憶を補完するためのものでもあるため、他人にとって「何を言いたいのかわからない」「どういう意味だかわからない」「痛すぎる」「突っ込みようがない」内容が大量に含まれているおそれがあります。
                                                                 
なお、アメーバブログが「冒頭のみ表示」機能を突然廃止してしまったため、トップページを開けると
いきなり記事全文が表示されることになりました。場合によっては
見たくもないものが目に入ってしまうおそれがありますのでご注意下さい。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-29 22:29:34

サントリーのエミール・ガレ

テーマ:博物館・美術館

昨日はサントリー美術館のエミール・ガレ展に行った。この日は最終日だったのだが、何でそんな遅くに行ったのかはお察し下さい。

 (入口の看板:何故か画像が立たない)

ミッドタウンは昨年の六本木アートナイト以来だ。(過去記事

「アールヌーボー」ということでパステルカラーでキラキラなものを期待していたのだが、意外と渋い配色だったので期待外れだった。ただ上のポスター(左半分が実物で右半分はデッサン)でもわかるように、ボタニカルアートかと思うくらいに精密なデッサンが実物と一緒に展示されていて非常に興味深かった。

そして最後はキノコランプ(ヒトヨタケ)でちょっと癒された。(参考:養命酒製造hp

 

合掌

                  

 

AD
2016-08-27 23:23:45

遅ネタですが、都内発行の華字紙が絶賛鳥越推しだった件

テーマ:ニュースで学ぶ中国語

ニュースで学ぶ中国語 第34回 第33回

「遅ネタですが、都内発行の華字紙が絶賛鳥越推しだった件」

 

ちょっとというか一か月くらい前の話になるが、都知事選の直前に発行された華字紙「網博週報」が、都知事選について報道していた。

東京都知事選一場美麗而空洞的遊戲

(東京都知事選…美しいが中身のない遊戯)

見出し見た時点で

「あ゛~そもそも普通選挙すら実現していない奴等に言われたくないわぁ」

と思ったが、本文を見てその感をより強くした。

 

本文には主要三候補(笑)の人となりがが書いてあったのだが、一部抜粋すると…

 

小池

「政界的候鳥」「睡在權力的身邊的女人」

政界の風見鶏、権力のそばで眠る女

 

増田

好(yes)先生

イエスマン

 

鳥越
與前兩位候選人不同,
「癌細胞轉移到全身,鳥越不屈不饒」

前の二人と違って、癌細胞が全身に転移しても不撓不屈

記事を丸写しするのは良くないと思うのでその他のエピソードは略すが、ほぼ全力で鳥越推しだったのでワロタw

もちろんこの記事が日本の左巻きメディアの丸写しだったという可能性もあるが、わざわざこんな記事選ぶかなーと思う。

これは全くの憶測なんだが、この記事はスポンサー様*のご意向だったんじゃマイカ?

 

カイヨー! **

 

 

備考

・訳は逐語訳でなく、あまり正確ではない。

・赤字や太字は狂人が設定したもので、記事がそうなっていたわけではない。

 

*狂人が見た感じ、東京では無料で配っている華字紙が10種類以上ある。紙面の半分くらいは風俗店の求人だったり、食い詰めた士業の「不法滞在合法化します」みたいな広告が占めているのだが、それだけでフリーペーパーが刷れるもんだろうか?

**ググれ。

 

AD
2016-08-26 22:07:46

午後の美術館、農業省、虹、アトーチャ駅、スペインの石 (スペイン旅行14日目ノ二)

テーマ:旅行

前回の続き

そしてcomida(一日のメインである昼食)のあとは三大美術館のラスト、ティッセン=ボルミネッサ美術館に行った。この美術館は親子二代の富豪が集めた個人のコレクションを元にしているらしい。ジャンル的には近現代が中心で、狂人的には(三大美術館の中で)ここが一番気に入った。館内にはミロ、ダリなどスペインのビッグネームのほか、クレーとかフェルナン・レジェとかカンディンスキー&知らない作家等々の作品がいろいろ展示されていて感動した。

そんなわけでゴージャス&グラマラスな芸術をじっくり楽しんで建物を出たら、いきなりゲリラ豪雨に遭遇した。別に濡れてもいいのでアトーチャ駅*までずりずりと10分以上かけて歩いた。

歩いているうちに豪雨が止み、プラド美術館の上空にうっすらと虹がかかった。

♪じーんせーいー らーくーあーりゃ くーもあーるーさー。

というような歌が聞こえたが、たぶん幻聴だw

そして農業省の庁舎には青空が広がっている。

アトーチャ駅も雨上がりでいい感じだ。

確かこれを撮ったときまだ午後6-7時くらいだったので、中のお土産屋を回り、スペイン産の鉱物標本を買った。

スペインの石

 

そしてその日も9時半くらいに日が沈んだので、宿の周囲で軽く飲んだ。

・入口に主要メニューが書いてあって値段が高くない

・店内が適度に明るい

・それなりに客が入っているが満員ではない

という条件で店を選んでグランビア駅近くの店に入ったら、そこは若者向けのサンドイッチ店だったようだ。

(確か全部で6ユーロくらい、安い)

狂人は出口そばのすごく小さい丸テーブル(一応四人掛け)に座ってサンドイッチをわしゃわしゃ食べていたのだが、程なく店は大混雑になった。そしたら兄ちゃんとかお嬢ちゃんがバラバラとやってきて「この椅子持ってっていい?」と言う。もちろん「OK」と答えていたら、3分後には椅子が全部持って行かれてテーブルと自分の座っている椅子しか残らなかった。

これが(中略)だったらテーブルどころか自分の座っている椅子まで(以下略)。

…やっぱスペインって先進国なんだねw

 

合掌

                    

 

*その昔は中央駅だったが、今ではミニ植物園&イベントスペース&地下鉄駅になっている。

 

追記

・アトーチャという語は「加藤茶」に似ている。イントネーションは違うんだが。

 

 

 

 

AD
2016-08-25 22:31:57

近況

テーマ:愚行録

バイト先の近所の飲食店が肉体労働者向けの店ばっかりでやばいwww

どこも判で押したように飯が大盛で、おかずが油ギッシュand/or塩辛い

成人病の狂人にはまさに三重苦

 

今週2kg太ったwww

 

マジで? 画像はイメージです

 

血圧がちょっと上がってやばいwww

 

異常

 

 

 

 

2016-08-24 22:24:09

情無用の掟

テーマ:愚行録

狂人がバイトを終えてショボい夜景を見ながら酒を飲んでいたら、何者かが窓ガラスに激突して異音を立てた。

オスのアブラゼミだった。

狭いベランダの床をのたうち回っていたので、捕まえて外に放したつもりだった…のだが、部屋の明かりにつられて急カーブして戻ってきた!

ギーギー鳴きながら狭い部屋で乱反射するセミ。実害こそ無いものの、まさにセミ修羅場でアル。

ミクダヨー

十秒くらい飛び回った後で床に止まったので何とか外に追い出すことができたが、やはり野生動物に情は無用だったw

蚊取線香 おまけの画像(2012年)

合掌

 

 

                     

2016年8月24日掲載

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。