注意:この日記の内容は筆者の主観的真実であり、実社会の客観的事実とは異なる場合があります。また、この日記は筆者の記憶を補完するためのものでもあるため、他人にとって「何を言いたいのかわからない」「どういう意味だかわからない」「痛すぎる」「突っ込みようがない」内容が大量に含まれているおそれがあります。
                                                                 
なお、アメーバブログが「冒頭のみ表示」機能を突然廃止してしまったため、トップページを開けると
いきなり記事全文が表示されることになりました。場合によっては
見たくもないものが目に入ってしまうおそれがありますのでご注意下さい。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-26 21:32:26

LIXIL銀座

テーマ:博物館・美術館

連休中には仏像とか忍者とか中国陶器だけでなく、京橋のLIXILギャラリーにも行ってきた。たダダからだ(公式サイト)。

                (アフィリンク)

 

ギャラリーは小さめのビルの2階にあり、10畳くらいの部屋が三つあってそれぞれ別の展覧会が開かれている。

行った日は

 
 

だった。

 

それぞれいろいろ示唆に富む展示だったが、やっぱり「ぬこだいすき」なので大塚茂吉氏の作品(の写真)をうpする

展示品はこれだけではないので、見たい人は現地まで。

 

LIXILギャラリー

場所:中央区銀座 3-6-18 東京建物京橋ビル

交通:銀座線京橋駅、有楽町線銀座一丁目駅そば

料金:無料

観覧時間:5-15分

荷物:ロッカーはないが受付で預かってくれた

開催期間:それぞれ違うので公式サイト参照のこと

 

合掌

 

AD
2016-09-25 22:49:31

反省

テーマ:愚行録

今日は三食食べて掃除して洗濯して買い物行ったら終わってしまったw

時間があっても、あっただけ無駄にしてしまうwww

明日仕事行きたくないwwwww

五用心by金閣寺

画像はイメージです

 

異常

 

AD
2016-09-24 23:59:27

続・出光一族の秘宝(東洋・日本 陶磁の至宝)

テーマ:博物館・美術館

今日は出光美術館の五十周年興行「東洋・日本 陶磁の至宝」を見に行った。

昨年の展覧会「東洋の美」(過去記事)が地味過ぎて個人的には今一つだったのであまり期待しないで行ったが、今回は狂人のような素人でもわかるような名品が並んでいて感動した。

展示は

ono lisa

なので公式サイトを見てほしいのだが、清朝の陶磁器とか日本の尾方乾山とか本当にキレイキレイな名品が多かったので、思わず二度見してしまった。

今思っても遅いのだが、大富豪になりたいと思った。

 

休憩室?から皇居を望む

 

ちなみに出光美術館の隣は帝国劇場だ。今日の演目はジャニだったので、会場を出るころには大きなお嬢さん達が大挙襲来して歩くのが大変だった。

完全に一致

画像はイメージです

 

ちなみにこの展示は明日2016/09/25まで。

 

合掌

 

                 

 

 

AD
2016-09-22 22:55:38

旅の終わりはダリ(旅行17日目)

テーマ:旅行

4月16日

2週間以上に亘るスペイン旅行も今日が最終日だ。

8時に寄宿舎の朝食をガッツリ食べてからちょっと郊外のグエル公園に向かった…のだが行ったら「午後1時過ぎから入場のチケットなら買えます」と言われて断念した。

あ゛ーやってもうたーと思って中心街まで帰り、出発時刻まで何しようかと思ったが、結局ダリ美術館に行った。有名なダリ美術館がフィゲラス(カタロニアの地方都市)にあることは知っていたのだが、バルセロナにもあるとは知らなかった。

ダリというと百科辞典か図工の教科書で見た「足だけ苦悶人間」「内乱の予感」…

 

                   (アフィリンク)

…が怖くて敬遠していたのだが、勇を鼓して入ってみた。そしたら狭い館内には有名な絵こそなかったものの、ダリの作品が数センチ間隔で並べられていて濃厚なダリ風味だった。

(館内の様子:ほぼ貸し切り)

こんなに狭いのw

そして何かの絵。

 

このほかタコの足に絵の具を塗って絵を描かせるパフォーマンスもあって大変楽しかったし狭いので脚を傷めずに済んだw

 

本当に狭い美術館だが、5ユーロでほぼ写真撮り放題なのでいろいろやってみた。

その後カタール航空で羽田まで戻り、4月17日の24時頃に帰宅した。

 

結論

スペインいいとこ一度はおいで。

 

合掌(2016年スペイン旅行終了)

 

 

2016-09-21 21:22:26

【二重国籍】蓮舫の二重国籍疑惑を中国政府が否定【反日無罪】

テーマ:特定アジア

一昨日の続き

結局蓮舫主席はいろいろ隠し切れなくなって

「台湾籍が残っていたけど日本政府は台湾を国家承認してないから…」

みたいなことを言った訳だが、まだ国籍離脱していない人間に後足で砂をぶっかけられた台湾人が怒るのも無理はない。

蓮舫稱台灣不是國家 管碧玲批「太狠心的女人」(聯合新聞網 繁体中文

テキトー訳(以下も同じ)

蓮舫「台湾は国家ではない」→管碧玲「本当に腹黒い女」だ。

因みに管碧玲は台湾の立法委員(国会議員に相当)で、日本のなんちゃって民進党ではなく、台湾の民進党員だ。

 

その一方、蓮舫氏を真っ向から擁護したのは、中国共産党だった。

日籍女政客引用一个中国原则 令台绿营恼怒(图) 新浪中国

日本国籍の政治家が「一つの中国」の原則を引用、台湾独立陣営は激おこ

それで記事によれば

她表示日本政府并不承认台湾是所谓“国家”。日本政府承认中华人民共和国政府才是代表全中国的唯一合法政府。因此,持有所谓“台湾籍”的人士都应该适用中华人民共和国的相关法律。莲舫基于上述观点认为,自己根本就不存在“双重国籍”的问题,自己的行为“并没有违法”。《中华人民共和国国籍法》第九条规定,“定居外国的中国公民,自愿加入或取得外国国籍的,即自动丧失中国国籍”。

彼女は「日本政府は台湾を”国家”を認めていない。」と言った。
日本政府は中華人民共和国を全中国の唯一合法な政府と認めている。だからいわゆる”台湾籍”の人間には全て中華人民共和国の法律が適用されるはずだ!蓮舫はその観点から、「自分には二重国籍の問題など元からない」と認識しており、違法性はないとしている。

<中華人民共和国国籍法>第9条には「外国に定住している中国公民が自己の意思で外国国籍を取得した場合、自動的に中国国籍を失う」(キリッ)

 

…いや中共の立場からはそうかもしれんけど、そんなに喜ぶべき話なのか?

 

ついでにこんなことも書いてあった。

9月12日,日本FNN新闻网又爆料称,莲舫在1993年接受媒体采访时曾自认“在日中国国籍持有人”。相关报道据称刊载在1993年3月16日的《朝日新闻》上,莲舫时年25岁。

9月12日、日本のFNNニュースが暴露した。

蓮舫が1993年にメディアのインタビューを受けた際に「自分は中国国籍」だと語った。ちなみにその記事が載ったのは1993年3月16日の朝日新聞で、その時蓮舫は25歳。

この話は事実だった。 FNNニュース(動画あり)

民放テレビ局のキャスターに抜てきされたことを受けて行われたインタビューで、蓮舫氏は、「在日の中国国籍の者として、アジアからの視点にこだわりたい」と答えていた。

(1993 朝日 蓮舫 中国)

いや中国メディアは本当によくご存じで。日本人がとっくに忘れた20年以上の新聞記事まで知っているのだからw

そう考えると、グラドル上がりのテレビタレントがテレビ朝日のニュース番組のメインキャラになる時点で中国政府の意思が働いていたんジャマイカと邪推する。テロ朝は中共とぶっといパイプでつながっているわけだし。

まあそういう立場で見れば「民主党政権のときの「二番じゃいけませんか」「外国人参政権」「尖閣諸島には領土問題が存在する」という発言がすべて中共政権の利益になっていることに気付くだろう。

 

…日本、中国、台湾の三つ又掛けた大人気のレンホー主席に乾杯!

 

異常

                  

 

 

参考

56%日本民众对民进党华裔新党首莲舫表示“期待” 新浪中国

 日本民衆の56%が民進党の中国系新党首蓮舫に「期待」

んー、狂人は44%の少数派なんで全然期待してないけど

…ああいうのってだいたい平日の昼間に固定電話にかけて来るから、その時間帯に出られるフリーダムな老害の意見が出やすいんだよねw

 

2016年6月の記事

着任した謝長廷・駐日代表を蓮舫参議院議員が訪問(台北駐日経済文化代表処)
台北駐日経済文化代表処の謝長廷・代表は6月14日、民進党代表代行の蓮舫参議院議員の訪問を受けた。両名は旧知の間柄であったことから、和やかな歓談の場となった。

そんなに親戚とか知り合いがたくさんいる母国をディスるんか・・・・?

 

一方、香港アップルデイリーにはこんな記事があった

父親是台南人 蓮舫曾拍養眼寫真

父親が台南出身の蓮舫、過去にはこんなお宝画像も

「養眼」というのは直訳すれば「目の保養」という意味である。因みにアップルデイリーは香港の上場会社オーナーが20年位前に創刊した新聞で「反体制的な東スポ」だと思ってくれればいい。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。