全国的にも注目を頂いたようで、アメーバブログ政治家部門ランキング第3位になりました。

今後も、ブログやちほ号通信をまめに発行してまいります。

読者登録もお待ちしております。皆様の応援が私の力です。

今後ともどうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

米子市長選挙の結果

 

伊木たかし   29,922票

山川ちほ    20,624票

ふくずみ英行   4,631票

 

結果はこの様になってしまい、応援頂いた皆さんのご期待に応えることは出来ませんでした。組織が無い中、ご支援いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。

しかしながら、米子の衰退をじっと見ていることはできません。今後の在り方によってはリコール活動をしていきます。

リコールとは、

選挙権のあるもの(有権者)の3分の1以上(40万を超えるときは、40万を超える数の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上、80万を超えるときは、80万を超える数の8分の1と40万の6分の1と40万の3分の1を合計した数以上)の署名を集めて選挙管理委員会に請求できる(地方自治法第81条第1項)。
請求が有効であれば、請求から60日以内に住民投票が行われる(地方自治法第81条第2項)。投票の告示は、都道府県知事については少なくとも投票日の30日前に、市町村長については少なくとも投票日の20日前にしなければならない(地方自治法施行令第116条の2)。
解職投票において有効投票総数の過半数が賛成すれば、その首長(都道府県知事・市町村長)は失職する(地方自治法第83条)。ただし、投票前に対象の首長が職を失い又は死亡した場合は解職投票を行わない(地方自治法施行令第116条の2)。
その首長の選挙から1年間(無投票当選を除く)又は解職投票日から1年間は解職請求をすることができない(地方自治法第84条)。    
と、言うものです。
 
米子市では選挙権をもっている人が12万人います。
リコールするためには4万人の署名が必要と言う事です。
今後の市政を見定めながら、必要によってはこの権利を行使するために、私は米子のために頑張ります。
皆様、その時はまた私に力をお貸しください。一部の権力のためではなく、市民のための政治を実現するためにこれからも活動をしていきます!!
応援よろしくお願い致します(*^_^*)
明日は投票日です。

あなたの気持ちで政治が変わると言うことを私は実践していきます。
市民みんなで市民のための市政を作り上げましょう(⌒‐⌒)

しがらみのない山川ちほです。
今の市政を大改革していきます!!

最後まであたたかいご声援ありがとうございました(*^^*)
裸足で駆けつけてくれたお父さん、シャンプー途中で駆けつけてくれたお母さん等々
予想以上の反応で感激しました。

みなさんの力で市政に山川ちほを送り出してください!!

米子市長選立候補者 山川ちほ



今日も沢山の応援の声ありがとうございました!!
皆さまの声援が市政に届くよう、最後の最後まで、精一杯のご挨拶にまわらさせていただきます(^_^)

改革の第一歩!
借地に建てられた米子市役所移転!!

ムダをはぶき、財政の建て直しを実行し、子育てのしやすい街、安心して生活できる街をみなさんとつくりあげていきます!

山川ちほに皆さんの力を分けて下さい!!
しがらみのないクリーンな政治!!
市民のための市政をとり戻しましょう!!




米子市長選挙 4日目

テーマ:
皆さん、とてもあたたかいご声援ありがとうございます(*^^*)
残りの日程も皆さんへのご挨拶に駆け回っていきます。
市民の皆さんの想いを市政に活かすため、私に力をください。皆さんの想いを元気玉のようにわけて下さい(^_^)v
しがらみのない市政を目指してがんばります! 
しがらみを私の得意技のかかと落としで一掃します!
皆さんのお力で私を米子の小池百合子にさせてください(⌒‐⌒)

歴史公園の続報

テーマ:

史跡米子城跡保存活用計画」とは、以前にも書きましたが、

米子城や門を復元するような計画ではありません。また城跡の石垣を補修するような計画もこの計画書には記載がありません。

米子城と関連して記載されているのは、二の丸と三の丸の石垣を見えやすくするだけです。

ベンチ、トイレ、東屋を新たに設置するだけのホントに名ばかりの計画です。

「史跡指定されている土地は、建築造成が出来ないので、市場価値が低い為地権者のために私有地となっている部分を買い取る必要がある。」と米子市は主張しています。

その低い市場価値なのに平成20年8月30日に委員会に提出された資料によると、6億で買い取ることとなっています。鑑定資料もなく根拠も不明確です。ここまでは今までお話しした話です。

 

平成29年3月、委員会に新たに配布された資料によりますと、飯山も速やかに公有化する必要がある。と記載されています。

この飯山も今までの私有地も同地権者の坂口合名会社の所有となっています。

現状の公有地になっている城山も整備がされていないままエリアだけを拡大して私たち市民のために買いあげる必要があるのでしょうか?

今も湊山公園があり、その上同じエリアに公園をふやす必要があるのでしょうか?文化財の保存とはちょっと違いませんか?

 

鳥取大学医学部は米子市の大切な宝です。鳥大の医学部を有効に活用し、医療のタウン構想を立ち上げ、共通の目標をみんなで作り上げていきませんか?

議会での出来事です。

 

米子市は米子高島屋から東館の寄付をうけることになりました。

これだけを聞くととても良いことのように聞こえます。

しかし、私はこの案件については、「地方自治法第96条 負担付きの寄付」にあたり、議決事件だと思います。

米子市は「土地と建物の面積のみの資料を提示」し、

負担は無いと答弁を繰り返すのみで、議決は不要だとしています。

通常、民間企業の株式会社であるなら取締役会で重要事項として決議案件になるものだと思われます。

議会は民間で言うところの取締役会にあたる機関です。

 

民間の企業が業績をあげているものを簡単に寄付しますか?民間の企業でも業績があげることができない場所で、素人の行政が業績を上げることが出来ると思いますか?赤字が出た時は誰が負担するんですか?

私たち市民です。

これで良いと思いますか?

 

今回の目的は、中心市街地の活性化に寄与するためということですが、根底にある理由は何だと思いますか?

活性化としてひきうけるなら、それなりの説明と資料が必要で将来的にどの様な形で活性化にかかわってくるのか分析があるはずです。

例えば、東館をどのように運営し、青写真を描き、使い道や資金的、管理的勝算があるのか検討してから引き受けるべきだと思います。

結局、負担ありきの議案で、順序が逆だと思います。

このまま、寄付を受けて良いと思いますか?

議会で議案として検討するべきだと思います。

米子市役所借地解消の道

テーマ:

 

これまで、米子市が市役所の借地料として支払ってきた

金額は31億円超!!

これからも支払い続けると

トータルコストは69億超!!

 これからも、支払って行きたいと思いますか?

借地料を支払ってまで、今の場所に市役所が無いといけない理由はあるのでしょうか?

借地料を支払う事で私たちの生活は安心できるものにななっているのでしょうか?

借地を解消し、もっと違う行政サービスにつなげて行きたいと思いませんか?

米子再生道の第一歩は、市役所の借地解消だと思います。

商業施設を市役所に再活用した例も実際にあります。

ただ借地だから、別の建物へ。という事ではなく、他の都市の例を見て、駅前のにぎわい活性策として駅前イオンへの市役所移転は効果のあるものになると考えています。

もちろん他の案もあると思います。

借地を解消するための案を私たち市民で考えて、新しい行政サービスへ活かして行きませんか?

 

 

このままの米子でホントに良いですか?

このままの政治では、行政サービスの低下、税金は増加して行く一方だと思いませんか?

 

自分達の生活に何が必要で、何に公金をかけて行くことが必要か一緒に考えて行きませんか?

誰もが安心して生活できる街、子育てできる街づくりを一緒に考えて、米子を私たち市民みんなの想い描く街に変えて行きませんか?

 

私は確実な情報を届けます。

テーマ:

私は市議会議員です。

議会活動を基にして、しっかりとした資料作りをしています。

推測や憶測だけで情報を出すような無責任な事は出来ません。

議員として活動する中で感じた市政の問題について、深く向き合ってきました。

このままでは米子は衰退していく一方だと感じています。

誰かがこの流れを変えないとホントに米子は住みにくい街になってしまいます。

市民みんなが安心して生活できる街づくりに取り組み、みんなが米子を自分の

事のように考えれるような情報提供をしていくことが今は重要です。

市民参加できる仕組み作りにも取り組みます。