2017年衆議院議員選挙結果

テーマ:

鳥取県の声を国に届けるために、2017年の衆議院選挙において鳥取2区より2名の衆議院議員を送り出すべく、

ちほ塾通信にて比例復活当選について記載したものを新聞折り込みなどで10万部配布しました。

結果は以下の通りになりました。

 

上記のように、今回の選挙では2014年と比較して赤沢氏の票が3752票減少し、 

湯原氏の票が4015票増加湯原氏の惜敗率は73.2%と8.9%も上昇しました。 

 

・上記のように、比例代表制中国ブロックでは2014年も2017年も希望の党(民主党)の 割当は2名。

湯原氏は当該政党中2014年は惜敗率5位だったのに対して2017年では 3位と大幅に躍進されました

他の候補者が軒並み惜敗率を落とす中、湯原氏は大幅に惜敗率を伸ばしました。

73.2%と僅差に迫りましたが惜しくも比例復活当選はなりませんでした。

 

・2位の津村氏との惜敗率(74.62%)の差は1.4%

湯原氏の票があと1032票((53312+X)÷72827=74.62%   X=1032)

多ければ湯原氏が比例代表制で当選していました。

 

 このような結果となり、僅かに力が及びませんでした。しかし、鳥取2区の自民党

現職議員の票が3752票減少したことから、次回の選挙で負けないためにも一層

仕事に励んで頂けると思います。惜しくも当選とならなかった湯川氏も次回の選挙

に向けてより政策を訴えていただけるものと思います。地方においても与党と野党の

競争が活発化することが重要であるといえるため、今回の活動は意義のあるものであった

と考えています。

鳥取の皆さん知っていますか?キョロキョロ

鳥取県の全国総所得は47都道府県中 47位ですガーン

公共工事も大幅に減少中・・・ショボーン

地方創生とはなんでしょうか??

どんどん格差の広がっていく地方と都市部。。。

住みよい環境、持続可能な暮らしをするにはどうしたらよいでと思いますか?

後世に負の遺産を残さない、長く継承可能な生活形態を築いていくことは地方が生き残っていく道だと思います。

ひとりでも多くの地方議員が選出されたとしたら、多くの県民の声が国に伝わると信じています。ニコニコ

 

 

 

政治ってなんかこむずかしい(*´?`*)・・・という

ご指摘をいただきました。

 

公職選挙の制約で候補者の名前を出せないため、

回りくどく書いたら、分かりにくくなってしまったようです。

 

すみません・・・

 

 

さて、敗者復活制度についておさらいします。

 

           つまり

 

鳥取2区の自民党以外伸びる比例復活もう1名当選できる可能性が高まるということです。

 

 

 

すると、

鳥取2区から2名

衆議院議員が誕生します。

10月4日のブログで伝えたかったことはそれだけです。

 

では、なぜそれが必要なのか。

 

すごく分かりやすく言います。

 

①鳥取県における公共工事の大幅削減

②鳥取県民総所得は全国ワースト1位

  ⇒この現状を打破したいからです。

 

鳥取は鳥取の戦略が必要!

地方には地方の戦術が必要!

リベンジができる仕組みがある。

それなら、リベンジ(敗者復活制度)を

活用しよう!

 

現状のままでは、参議院が鳥取と島根が1つの区(合区)になるため、2名いるの国会議員がおそらく1名になってしまいます。

⇒これを

 鳥取2区衆議院2名体制にしたいのです。

 

民主主義とは、

 

要は

数の論理です。(多ければかなう!!んです)

 

党だけで決めるんではないんです。

わたしたちが決めるんです。

鳥取のことを、本当に考える人が

多い方がいいに決まっています。


民が最終的には、ちます!

民をじるのみです!!

選挙が行われる際、争点が問われる事が多くあります。

しかし、今回の選挙は任期満了前です。

 

ですから、通常、任期前に解散することには理由があるのです。

 

安部総理は、今回は

①北朝鮮問題

②消費税を10%に上げることを前提にその使い道を変更することについて信を問うとのことです。

 

①    北朝鮮問題については、今までの対話と圧力路線から、

アメリカとの関係を重視して圧力の強化を行うということ

ですが現状の軍事状況で可能なのでしょうか。

日本の自衛隊員の総数は23万人程度と圧倒的に少なく、

中国は200万人以上、韓国は63万人程度、北朝鮮は

120万人程度に加え予備兵のような人員が数百万人います。

専守防衛に徹している日本が、攻撃的な国に対して

圧力をかけられるのでしょうか。

北朝鮮にしては日本の防衛力自体は脅威ではないかも

しれません。

今後、日本が本当に圧力をかけられるよう強くなる道以外は

ありません。

②    消費税の使い道についてはどう捉えるべきでしょうか。

そもそも国家予算を構成する税収のうち、所得税、消費税、法人税の順に高い割合を占めます。

では、その使い道を変更するから何なのでしょう?

「社会保障の充実」のための使い道と

「社会保障の安定化」のための使い道の割合を変更し

子育て支援の予算を割り出すというのが具体的な方策

とのことですが、早い話が、

必要なところに必要なお金を配分していくというだけでしょう。

 

消費税の使い道に関しては必要なところに必要なお金を配分していく

というだけの話であり、北朝鮮問題も防衛力強化という既定路線はあまり争点とは思えません。

 

③森友隠し加計隠し解散などと言われることもあります。

森友学園疑惑や加計学園疑惑が完全な言いがかりならともかく

選挙で自民党が勝った場合は、野党はそのことについて質問できなくなります

「それも含めて国民の皆様の信任を得た!」と言われるからです。

森友学園疑惑に関しては司法に委ねられており、事実が確定していない段階では

疑惑を揉み消すための解散という捉え方も出てくるのでしょう。

 

確かに、憲法や法律に解散総選挙に争点が必要などと書かれているわけではありません。

しかし、選挙にはお金が掛かります。

色々な調べによると、1回の選挙に600億~800億円

掛かるようです。

任期前に選挙を行うことは明らかに無駄遣いでしょう。

それなら、北朝鮮対策でシェルターを必要箇所に試験的に作るなどした方が国民は喜ぶと思います。

鳥取県においては、境港の基地などのセキュリティ強化等の必要性も考えられるでしょう。

今回の選挙は、野党のこの状況を見ると「今選挙をすれば勝てる!」という

自民党の議員の方針なのでしょう。

そこに、とってつけたような争点を掲げるところにおごりを感じざるを得ません。

このような状況に一石を投じたいと思い、4回に渡って、

鳥取県の状況、自民党1強の弊害、野党議員の敗者比例復活制度、解散の意味について言及しました。

鳥取県のことは、

鳥取県民が自ら考え、

行動しない限り

何も変わりません

参議院が合区となり島根と鳥取で1名選出となるため、

より一層、今回の衆議院議員選挙が県民の意思を国に届ける

貴重な機会といえます。

 

「①鳥取県の過去20年に及ぶ公共事業の減少、②比例による敗者復活当選、③自民党一強支配の弊害、④解散総選挙の意義について問います。

 

 鳥取県の現状打破!のため、

鳥取2区から衆議院議員を2名誕生させましょう!!!

では、自民党一強による鳥取県に対する弊害

他にどういうものがあるしょうか?

 

現在の北朝鮮

核兵器の開発・日本上空を通過するミサイルの発射など

民の生活を犠牲にしながら周囲の国家ましてや

アメリカに対してまで攻撃的になっています。

                                                                                      権力が集中すると、権力の上にあぐらをかく者は

民を犠牲にして自らの利益を追求するのでしょう。

 

日本においてはどうでしょうか。

上記の例に比べれば現状マシではあるでしょう。

しかし、この状態が続くと、独裁になりかねないという

潜在的な危険は継続し続けていくわけです

 

そして、今の様な状態が続くと自民党の議員の方は

仕事を怠けるようになるでしょう。

鳥取県の公共事業の減少割合などを考えると

そう思わずにはいられません。

 

このまま行くと、10年後には消費税は10%といわずに

15~25%以上、法人税は下がり、

一部の大企業、お金持ちだけが得をするような社会が

待ち受けているような気がします。

一億総中流など夢のまた夢、

お金持ちと貧乏人の2極化

となるかもしれないのです。

 

そのような状況におかれると、

鳥取県の過疎化した地方では

若者は都会に出ようとする でしょう。

すると、益々、過疎化が進行し、働き手がいなくなります。

都会に出た若者も激しい競争に巻き込まれ、

多くが敗れることでしょう。

敗れた若者は一生、被支配階級としての

人生が待ち受けることになります。

このように、自民党による一強支配体制は、

とてつもない危険をはらんでいるのです。

 

これを変えようとするのが、前回のブログで言及した

自民党議員以外の議員の敗者比例復活による当選という

選挙戦略なのです。

 

別に、比例にこだわるわけではありません。

小選挙区で自民党議員を倒す立派な人物が出てくれば

それはそれで良いことです。

そのような状況では、自民党の議員も必死になるため、

政治家の質の全体的な底上げにもなります。

 

そのためには、小選挙区比例代表区両方

自民党以外議員の伸びる必要あるのです

 

①鳥取県の過去20年に及ぶ公共事業の減少、②比例による敗者復活当選、③自民党一強支配の弊害、④解散総選挙の意義について問います。

 

 鳥取県の現状打破!のため

鳥取2区から衆議院議員を2名誕生させましょう!!!

前回、アベノミクスの効果が鳥取県に波及していない点を指摘しました。

鳥取県選出の国会議員も公共事業の獲得をできずに

ピーク時の3分の1にまで落ち込みました。

全く結果が出ていません。                                                                     

では、鳥取県のを国に伝えるためにはどうすればよいのでしょう。

 

ここで、強調しておきたい点があります。

鳥取2区から2名の衆議院議員の当選が可能ということです。

これにより、鳥取県のが届く可能性が単純計算で2になります。

さらに、 当選者2名は次回の選挙に向けて必死に仕事をするでしょう。 

それぞれの議員にとっては辛いでしょうが、この競争が今後、

鳥取県を衰退から解放する手段となり得ると考えているわけです。

どのように?というと、比例区での敗者復活制度を利用するのです。

                                                                                                                           

下の2014年の衆議院選挙の鳥取2区と比例代表中国ブロックの結果をご覧ください。

 

 

上の図で分析してみると、

つまり6500票程度の票の動きがあると

2名当選の実現性が高まります

 

このように、比例復活制度を利用して鳥取2区から

2名の衆議院議員を送り出し鳥取県の声を国に届けること

現実的な手段だと思います。

 

鳥取県のためには何がベスト

 

党の好き嫌いではなく

 

誰を選んで何を変える

 

県民の選択が迫られています

 

地方は地方の戦略必要です。

 

県民の行動によって大きく変わる現状

 

変えることができる現状も県民次第です。

 

「①鳥取県の過去20年に及ぶ公共事業の減少、②比例による敗者復活当選、③自民党一強支配の弊害、④解散総選挙の意義について問います。」

 

 鳥取県の現状打破!のため、

鳥取2区から衆議院議員を2名誕生させましょう!!! 

安倍総理は、経済政策を打ち出しその政策の総称がアベノミクスと呼ばれるようになりました。

では、アベノミクスが鳥取県に対して及ぼした効果は

何だったのでしょうか?

 

日本全体では、株価も大幅に上昇し、

企業所得も増加、雇用も改善するなどの成果を挙げました。

したがって、安倍内閣で実施した政策は必要であったには

違いませんが、その効果のほとんどは

金融政策によるものだったといえます。

 

では、アベノミクスが鳥取県に対して及ぼした効果は

何だったのでしょうか?

 

これについては特にないと言わざるをえません。

まず、下の鳥取県の

「公共事業の最終予算額推移」を見てください。

 

 

平成10年度に1658億円あった公共事業予算は平成28年度には648億円

ピーク時よりも1000億円も減少しています。

 

鳥取県は、皆さんもご存知のように日本で一番人口の少ない

県で、古くから公共事業に依存しながら少しずつ発展してきた

という産業構造なのです。

都会のように民間企業が強い地域では、公共事業が

少なくてもやっていけるところは沢山あるでしょう。

しかし、鳥取県においては

「アベノミクスの金融政策で資金の動きが

活発になっているから自由に競争してね」

などと言われても仕事自体が急に増えるわけはないのです。

 

その結果、平成26年度(直近)の内閣府調査において、

鳥取県の総所得ワースト1です。

一人当たり県民所得は233万円です。

 

しかも、鳥取県の平成26年度(直近)の調査によると、

鳥取県の民間法人所得個人企業所得

大きく減っています。

これは翌年以降の皆さんの給料に跳ね返ってくる

可能性があるのです。

調査から3年後の現在、皆さんの給料はどうなりましたか?

 

このように、

アベノミクスの効果は鳥取県には

ほとんどないものと思われます。

では、鳥取選出の議員は何をしていたのでしょうか?

例えば、公共工事一つとってみても、

上の図の減少傾向を見る限り、

鳥取県のための活動を積極的に行っていたとは思えないのです。

予算の上限は最初からほとんど決まっているでしょうから

その奪い合いになるのでしょうが、鳥取県選出議員は

負けたか/何もしなかったかのどちらかなのでしょう。

 

このように、鳥取県の国会議員が自民党議員のみから

選出されていることに疑問を抱いています。

次回は、鳥取県の声を国に伝えるために、

鳥取県の議員を増やす方法について考えてみたいと思います。

 

①鳥取県の過去20年に及ぶ公共事業の減少、②比例による敗者復活当選、③自民党一強支配の弊害、④解散総選挙の意義について問います。」

 

 鳥取県の現状打破!のため、

鳥取2区から衆議院議員を2名誕生させましょう!!!

湊山球場周辺の土地を米子市が

史跡公園化のために買い取りを検討しています。

 

このことについては、ブログで何度も警鐘を鳴らしてきました。

ここにきて、非常に心配な点があります。

 

米子市は

「地権者が建築や造成が出来ないため、一般的な価値が下がるため、地権者の為に買い上げるのが合理的である。」

という趣旨の説明をしています。

 

議事録と言う公式記録でご確認頂けます。

 

これは、「米子市の損害のもと、土地を

通常の価格よりも高値で買う」と同義

ではないでしょうか。

 

つまり、私たちの税金を有効に利用すべきところを

一部の人のためだけに使う事によって他の米子市民

全員が損をすることになるのです。

それって・・・背任罪にならないのでしょうか?

 

奈良県生駒市で実際に起きた背任事例があります。

この事件の概要は、

「当時の市長が「総合スポーツ公園」計画なるものを打ち上げ、建設会社の依頼を受け、市土地開発公社に対し約1億3500万円で土地を買うよう指示し、市に損害を与えたというもの。

裁判所の判断では土地の価値1240万円と判断された。

この取引においては、市長と市議が建設会社から金銭を

受け取っており、市長と市議は背任と収賄で逮捕され実刑判決を受けた。建設会社社長も背任で逮捕、過大な鑑定評価をした不動産鑑定士も逮捕・協会からの除名処分を受けた。」

というものです。

 

↓に分かりやすい図を載せます。

米子市では、土地の鑑定評価はまだ行われていません

危険を察知した地元不動産鑑定士の方が

依頼を断っているのかもしれません。

まさかとは思いますが、

米子市の事情を知らない県外の不動産鑑定士を

探しているから時間が掛かっているのでは・・・

と疑いたくもなります。

 

いずれにせよ、米子市に損害を与えることを認識しながら

土地を購入したとすれば背任になるのではないでしょうか

ましてや、賄賂の受け渡しでもあった場合には収賄にもなり、

関係者は全員逮捕、米子市政は大混乱に陥るとともに

全国に恥を晒すことになります。

 

このような疑いを持たれるような行為は

即刻やめるべきです。

問題の無い取引であるならば

速やかに詳細な情報を開示するのが当然だと考えます。

皆さんの税金が無駄に使われそう・・・

になっていることを本当に危惧しています。

お待たせしました。

空き家の解消作戦・ パート3。

 

今回は、低コストで空き家をなんとかしたい!!

『古家再生・施行事例』です。

 

場所は米子市新開

米子市でも珍しく人口が加しているエリアです。

そのため、賃貸物件としての需要有

建物は築30年、21坪家賃は5.3万

 

リフォーム金額は35万円

リフォームの特徴は以下のとおりです。

・クロスと照明の取替

・塗装及び木材の飴いろ磨き

・雨どいに痛みがあったため取替

 

低コストで古さを活かす趣深~い物件に!!

↓Before和室

 

↓Beforeキッチン

どこにでもある物件だなあ。

 

しかし、リフォーム後、

昭和レトロな古さを活かしたおしゃれ物件が実現

↓After キッチン

↓After 洗面所

↓After 照明

古さを活かした趣深い物件づくりと空室対策を是非!

「木造戸建・古家向け進化型ルーム」

ただいま賃貸者様募集中です!!

 

 

 

 

 

 

 

ここ何度か川の水(水質調査)に関するブログを投稿しました。
 
漁業に携わっている方、観光にも影響があると考えているからです
私は米子市の水質について特に関心を持っており、魚の有無なども実地調査したいと思っています。
 
ところで、皆さんは下水についてはどのようにお考えでしょうか。
米子市の一般的なホテルでは排水は浄化後、放流されます。
これが通常です。
 
しかし、皆生温泉の某ホテルでは、
側溝に流せないかどうかを議員を通して
米子市に相談しているそうです。

 
温泉の排水に関しては水質汚濁防止法による規制があります。
また、下水道法においても下水道に流入させなければならないと規制れています。
 
私は米子市の方針に賛成です
過去の水俣病などの公害にまで発展した最悪の状況を想定して厳しく規制するのが妥当ではないでしょうか。
法律は慎重に整備・運用されているといえます。
 
石鹸やシャンプーを含んでいるかもしれない、人が身体を洗ったもの、もともと有機物を含んでいる、温度が高いということ等を考えると側溝の水と混じることで細菌も発生し、生態系に悪影響を及ぼさないとも言い切れません。
 
しかも、皆生温泉は海がすぐそばにあります。
側溝から少しの距離で海に流すということは、海も汚れてしまうのでは?

それって色々とまずくないですか?
問題が発生してからでは取り返しがつきませんよ!
 
川や用水路、側溝、海の水が綺麗であることも米子にとっては大切なことだと思います。
漁業に携わっている方、観光客、
海水浴に行ったり・・・などなど。
何よりも日常、魚を食べている私たちにとっては
とても重要な問題です


↑は情報公開請求によって開示してもらった資料す。
皆さんはどのようにお考えでしょうか。