白い風を超えて

テーマ:一山梨人
2006年03月22日
今日、さりげなく車に揺られているとラジオから、4時の時報と共に、レミオロメンの「太陽の下」が流れ出したではないですか。

地元のラジオ局なんですけどね。もはや時報の次にはレミオの曲ってくらい彼らは、お膝元ここ山梨で、支持されているのだと感じました。

事実、僕も3年前の夏から彼らのファンです。地元テレビ局のニュース番組のエンディングに「雨上がり」が使われていて、おーいい曲だなーと思っていたら、後に彼らが山梨出身ってことを知り、更に愛着が沸いたってやつね^^

このテレビ局、てか山梨放送っていうんだけど、今思うとなかなかアツいんです!僕が高校生の頃、即ちブレイク前から度々ニュース内で特集やっていたし、「フェスタ」とかを自局のCMソングに充てるし。

ローカル局の大プッシュというものに対して僕は良いイメージを抱いてなく、第二の“伸太郎”(スマン、山梨県民にしか分からない歌手。一応メジャーデビューし、最近はヴァンフォーレの応援歌を歌ってた…)になるかと思っていたら、そんな主観的心配を払いのけ、見事全国の第一線にまで上り詰めましたね。

でもあの歌詞とメロディは、全国に評価されて然るべきでしょう。実際、前回実家に帰って来た際、車のポケットに1st&2ndアルバムをちゃっかりしのばせておいたのです。そしたら昨日、弟から「レミオロメンのアルバム聴いたけど、いいね」との反応が。僕の浸透作戦は成功したようです^^

「太陽の下」を毎日のように耳にする日々ですが、5月には待望の3rdアルバムが出るようで。絶対買います!そして、彼らの更なる飛躍を願って止みません。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

永遠に懐かしく

テーマ:一山梨人
2006年01月09日

櫛形最高!!


開口一番、「ブクロ最高~」ならぬ、こう叫びたくなる一日でした。



地元の成人式が、昨日ありました。

会場の入り口で、中学時代の多くの友達や知り合いと出会ったのですが、みんな人それぞれ、といった感じ。

中でも女子の変わり様がハンパではない。パッと見誰だか分かりません。男子は髪型がチョチョイと変わったくらいで、すぐに見分けがついたんですが。

式後、会場の外で小中の同級生たちと一緒に写真を撮りまくり。そして、中学の同級生たちが酒樽を割り、僕もそれに参加。樽酒のまあ旨い事旨い事。まるで水を飲むが如し。その調子で、柄杓で4杯ガブガブ飲んだところ、見事に昼間から酔っ払ってしまった二十歳。

ヘベレケの状態のまま写真館で友達6人と一緒に写真を撮ってもらい、その後酔いの眠気にやられ就寝…。

さて目が覚めて、夕方からは、お待ちかねのクラス会!店のシステム上、みんなのオーダーを、幹事である僕が一手に担って電話でオーダーするのはなかなか大変そうでしたが、何故か昨日は記憶力が冴えていたので難なくこなせました。

あいにく恩師は急用で出席できなかったのですが、クラスメートたちだけでも、十分すぎる盛り上がり!リアルタイムの中学時代は、みんなどこか人付き合いに不慣れで、ぎこちない面とかも見られたのですが、5年の歳月を経た今、それぞれの対人関係が成長したということもあり、色んな人と、色んな話が出来たと思います。とにかく楽しく、そして懐かしい^^

一次会で飽き足らぬ何人かのメンツで、続いてカラオケ。これまた楽しかった!3時間歌ったのですが、それはあっという間の時間。喜びと興奮のうちにお開き。

とにかく最高の時間を過ごせました!!友達からも「クラス会超楽しかった」ってメールを貰って、嬉しい事限りなし^^幹事をやってて良かったです!そしてまた、春先にみんなで集まることを約束^^
中学の仲間、最高!そして大切な仲間たち!
改めて昨日、それを実感しました!


ギャラリー


小学校から 小中からの友達と一枚。みんな変わっているようで変わっていない気がします。


来いやのフリ 雄大な(?)自然に向かって。ポーズに困った挙句、こういう被写体になりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

絶望からの大躍進

テーマ:一山梨人
2005年12月11日
に、この時が来ました!

昨日の話になりますが、ヴァンフォーレ甲府がとうとう、とうとう悲願のJ1昇格を果たしたのです!!!

柏レイソルとの入れ替え戦に勝利しての昇格となったのですが、そのスコアも凄いもので、何と6-2!しかもその6得点全てがFW・バレーによるもの!もちろん、個人1試合6得点はJ発足以来最多

今シーズンの甲府のミラクルは、第42節(11月23日)の対コンサドーレ札幌戦から始まったと言えるでしょう。2-1と敗戦ムード濃厚の後半ロスタイム、一挙3点を奪っての逆転勝利!ベガルタ仙台と争っていた入れ替え戦進出に、大きな弾みをつけたのです。この試合が今の事態を生んだことは間違いありません。

思えば小学生の頃、Jリーグが開幕した時に山梨にも当時のJFL所属のサッカーチーム・甲府サッカークラブ(通称甲府クラブ)があることを知り、Jリーグ昇格に期待を馳せていたのですが、あまりの弱さにいつしか希望も持てなくなりました。

その後ヴァンフォーレ甲府へと名前を変えても、99年から始まったJ2では3年連続最下位、更に当時のJワースト記録の25連敗を叩き出し、果てはフロント側の経営難により、5年前にはチームそのものが消滅の危機に晒されたことも。

この件に関しては、中学のサッカー部の顧問が前身の甲府クラブと繋がりを持っていて、生徒達にチームの危機を訴えていたこと、サポーター達が駅前で必死に署名活動をしていたこと、スポンサー側から提示されたチーム存続条件をクリアすべく、試合会場で特製のお菓子やブドウといった山梨の名産品を販売し、それらの収入をチームの経営に充てていたことなど、様々なシーンやニュースが思い出されました。しかし逆にこのことが、チームの存在感を山梨に浸透させ、サポーターそして県民の意識を高めて行ったのではと感じています。

その後、何とか経営も軌道に乗り、チームもいつしか上を狙えるチームに成長していました。それでもJ1には程遠い…そう思っていた中でのJ1昇格!陳腐な表現にはなりますが、まさに不毛の地に生えた雑草が、晴れて花開いたという言葉がピッタリ。おめでとう!そして僕は、心から嬉しくてたまりません^^

来年はその舞台をJ1に移すヴァンフォーレですが、現実的なヴィジョンで行くと、まずはJ1残留、あわよくばAクラス入りを目指し、頑張って行って欲しいものです!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

渋谷に山梨お持込み

テーマ:一山梨人
2005年12月04日

日吉戦から一夜明けた昨日は、ひたすら眠り続けていました。目覚めると2時過ぎ。


これといってすることも無いので、気の向くままに午後&夕方のひと時を過ごしていると、突然電話が。


その相手は、地元の大学に通う中学時代の友達(通称・Gリ)。今新宿にいるから遊ぼうとのこと。Gリとは僕が地元に帰った時に、彼のバイト先へ行って会ったりしていたのですが、東京に出てくるのも珍しいことなので快くOKし、一路新宿へ。


新宿駅でGリと久々に再会。何でも、山梨の大学から東京の大学へ編入したい願望があり、その試験を受けるべく東京にやって来たのだとか。更に彼の傍らには、かつてこのブログ上でも登場した双子の弟(通称・Tモ)が。


僕ら3人に加え、更に何人か中学時代の友達を呼び集めていたようなのですが、そのうちの一人(通称・Dン)の都合で、今度は急遽渋谷へと足を運ぶことに。ちなみに、僕は地元の友達に会うと、急激に訛りが生じるので、渋谷に向かう山手線の車内ではこの3人の周りに、終始甲州弁がこだましていました。


渋谷に着きDン、そしてもう一人、中学時代僕と一緒の部活で、今は東京の大学に通う友達(通称・Cッペ)と合流し、かくしてGリ・Tモ・Dン・Cッペ・そして僕の5人で、道玄坂の飲み屋へ。


みんなそれぞれ、地元や東京でちょくちょく会ってはいたのですが、5人合わさって、しかも東京で飲むなんて初めての試みだったので、とても新鮮な気分


飲みの席では、先ずそれぞれの近況を述べ、後は地元話に花が咲きました。中でも驚きだったのは、小・中と同級生だったやつが結婚して母親になっていたり、中学時代、真面目そうだったやつがこれまた結婚して、先月父親になったばかりだということ。時間というものは、確実に進んでいるのです。


程好く酔い、そのままの流れで一行はカラオケに突入。そして勢いのままオール。カラオケから久しく遠ざかっていたので歌いまくりました。


またとりわけ、Gリとまともに絡むのは、中学以来だったかも知れません。バイト先に行った時も、忙しそうでしたからね。昔と同じく、相変わらずバカなことを言ったりやったりするので「おまん(=お前)変わってねーな」と僕が言おうものなら、向こうも「おまんの方こそ、眉毛以外いっさら(=全然)変わってねーずら」と返す始末。どうやら、僕も何だかんだで地元の友達の前だと、中学以来進歩が歩みを止めているようです・・・。


それでもやはり、飲みもカラオケも楽しすぎるひと時。こうやって楽しめる友達との別れ際というのは、どうしても素っ気無いものになってしまうのですが、そのことに何故かちっとも違和感を感じないんですよね。一緒に騒げる友達ほど、別れ際はこういうものなのでしょうか。


僕と4人とも、地元の成人式に出席するらしいので、次にみんなで会うのはその時になりそうです。来月が楽しみ。

こんな感じで、中学時代の日々に久しぶりに浸った週末となったのでした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

山越え谷越えトキオだや

テーマ:一山梨人
2005年09月19日

あれから、祖父母の家を後にし従姉妹の家へ。先日の結婚式の裏話など、笑いに事欠かない話をタップリと堪能しました。


また、叔母のぺ・ヨンジュンへの没頭ぶりが更に加速度を増していて、例の映画「四月の雪」は土曜だけで2回観たとか、彼が映った情報番組は欠かさず録画している(「めざまし」とか「徹子の部屋」とか)etc.・・・といった有様で、これには僕も引き気味でした。このまま行くと、熱狂的な追っかけファンとして、空港へ押しかけた時などにインタビューされる日もそう遠くはないことかと。


そして今日は一旦山梨へと戻り、荷物をまとめて再び東京へ。明日からテニスの新人戦もあることですし。


夕方に東京に着くよう、甲府駅を4時頃に出る電車で帰ろうとしていたのですが、最初に乗ろうとした特急(あずさ)は、連休の最終日ということもあり、乗車率が何と150%超。しかもあずさが行ってすぐに甲府始発の特急(かいじ)があったので、そちらに乗って帰ることに。


するとどうでしょう、かいじの車内で出発を待っていると、先発のあずさが、先の駅で人身事故に遭遇したとのこと。もし無理してあずさに乗り込んでいたら・・・と思うと、嫌ですね。人身事故の当該列車に乗っているのと、後続の列車に乗っているのとでは、気分は相当違ってくるでしょうから。


かくして、途中駅で1時間近い足止めを食らいましたが、その後は運転に支障はなく、I堤に着いたのは7時過ぎ。これでは、普通電車で帰るのと大差ない所要時間。


しかし中央線、電車のトラブル多すぎ。毎日のように人身事故・車両トラブル・信号故障のいずれかの要因でダイヤが遅れている気がしてなりません。まあ山梨県民にとって、中央線は大事な大事な足なので、多少の遅れには目をつぶっているというのが現実なんですけど。JR側も、中央線が東京近郊の重要路線の1つであることに違いはないのですから、もっと迅速にこれらのトラブルの対策を講じて欲しいですね。南武線といい、中央線といい、JRはまともな対応をしてくれてはいない。これは東京に出てきて、僕が京王や東急といった、私鉄志向になった背景の1つです(参考記事として、2004.10.29)。


と、久々に愚痴が漏れた本日の記事ではありますが、そこはご容赦を。明日からは新人戦。ペアのポップ君と共に、1試合1試合大切に闘って行きたいと、ひた感じています。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

届きそうで届かないもの

テーマ:一山梨人
2005年09月13日

今日はですね、ただ山梨に帰るための日だと言っても過言ではないでしょう。その前に日吉で、先輩のY介さんに、先日の総会の時の資料を渡したりして。


山梨に帰る際、僕はいつもと趣向を変えてみました。それは、特急ではなく普通電車で帰るということ。立川まで南武線で出て、そこから普通電車に乗り換え。特急なら1時間ちょっとの道程を、普通電車で行くと2時間強。プチ中央線各駅停車の旅となりましたが、こういうのもたまにはいいことでしょう。何せ普通電車で帰省するなんて、去年の9月以来実に1年ぶりのことだったのですから。


1日を簡潔に書くと、これだけで終わってしまいます。しかしタダでは終わらない、このブログ。写真を載せれば記事にとっていいアクセントになります。


感性の保養 この写真は、帰りの電車の中で、僕の味覚と視覚を刺激し続けた飲み物と読み物。本を読むことの素晴らしさに最近やっと気付いたこの男。本さえ読んでいれば、2時間の旅路も苦じゃないのですね。


鮮やかな夕映え また、6時ちょっと前からだったでしょうか、車窓の左右にまばゆいばかりの夕焼けが広がったのは。折しも電車を降りる時間と重なっていたので、ホームに降り立つと同時に一枚。手を伸ばせば届きそうなくらいの位置までピンクが降りていた気がします。東以外の三方向を包んでいたこの夕焼け。それを見て、今日という日に山梨に帰って来て良かった、とつくづく感じたのでありました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

青臭すぎては困る

テーマ:一山梨人
2004年12月19日
昨日は諸事情により書けませんでした。まとめて2日分です。

昨日は東京での週末と何ら変わらぬ行動をしてました。ヒッキ―。強いて言うならララを散歩に連れて歩いたくらいです。あとは地元の広大なフィールドに佇んでたそがれたり(?)と、自分なりにも山梨を満喫しました。

長野から祖父&祖母が来たのは午後4時頃。先の新潟の地震の時の話とかを聞かせてもらいました。家は長野の北部にあるのでやはりかなり揺れたとか。

その後は酒を交えながらの夕食となったわけですが、ここだけの話、我が家の家族は酒豪なんです。母はそうでもなく、弟はまだ飲めませんが(笑)

おかげでビール・ポン酒・ワインとさまざまな酒が登場し、ほろ酔い状態に。まさか山梨まで来て酔うとは考えていませんでした(笑)

ほろ酔いの状態でテレビを見ていたら、ちゃっかり大塚愛が有線大賞の新人賞を受賞していました。凄いですな。

そのままテレビを見たりラジオを聞くなどして、就寝したのは午前3時。

翌朝、つまり今朝目覚めると9時すぎ。ところがそこには祖父と祖母の姿はありませんでした。そう、祖父と祖母は朝8時過ぎに既に長野に帰ってしまっていたのです!まさにスピードスターでした。

その後は母方の祖母の家(こちらは実家からチャリで1分 笑)に行くなどして午後はドライブ。山梨の北の方へと向かいました。家族でドライブをする度に、早く自分も運転できるようになりたいと思う今日この頃です。

何をしたかというと、中田ヒデの母校がある韮崎という所でラーメンを食し、再びM市に戻って雑貨を買ったり犬・猫を見るなどしました◎本当に和みました(笑)そんなこんなで今に至っています。

明日は朝早くの特急で東京に戻り再び学校に行きます。夜から家庭教師もあることですし。次に山梨に戻ってくるのはおそらく29日。それまで東京で一人で過ごします。食費がかさむことが予想されますが、何とか切り抜けたい所存でございます。

久々に長くなりましたが、今日はこのくらいで。

余談ですが、写真は実家の近くで撮ったものです。手前は果樹園。向こうには高速のインターと街の象徴の山があります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アットホーム@山梨

テーマ:一山梨人
2004年12月17日
今日は学校がいつもより早く終了し、早いうちに山梨に帰ることとなりました。調布の駅で姉と待ち合わせをし、そこへ向かうべく京王線に乗り込んだのは何と4時20分!そして調布を4時半に出る特急で八王子に向かい、駅ビルで買い物をしていざ山梨へと帰りました。

甲府駅で降りたのですが、何せ寒い!東京とはまた違う、身にしみる寒さを感じました。

駅には家族そろって迎えに来てくれていて、そのままM市のファミレスで食事、実家に向かいました。

この前に帰った時と何か変わったかというと、テレビが壊れたらしく新調していたのとコタツもイカレていたらしく新しくなっていたということぐらいです(笑)

玄関ではララがお出迎え。久々の再会にテンションが高揚しました。その後は完全にまったり状態になり、のほほんとしながら今に至るというわけです。

明日は長野から祖父&祖母がやって来ます。会うのはお盆以来ですから、期待しています。あとどうやら土木作業のバイトは土日ともにないみたいです◎なくて嬉しいやら稼げなくて残念やら。という訳で明日もまったりと山梨満喫かもです。それではまた明日。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

いつまでも櫛形

テーマ:一山梨人
2004年11月08日
町村合併する前の我が町の町歌のタイトルです(笑)毎年秋に町内の小中学校が集まり、“アヤメの里合唱フェスティバル(苦笑)”なるものが開かれ、そこで毎回始めに歌われました。懐かしき思い出です、はっはっは・・

・・はい、知って何の得にもならない情報から始まってしまいましたw失礼失礼

今日は10時過ぎに起き、祖母宅へ赴き土産渡す→お墓参り、と順調に予定をこなしていきました。

午後になって親と弟と、かつての町名の由来となった櫛形山という近くの山へドライブに行きました◎あーそういえば、サークルの話はこっちに帰ってきてちょくちょくするのですが、我が弟くんはそれらの話を聞くうちに某K津くんファン(?)になってしまったらしく、よく「K津って人面白いの?」とかしきりに聞いてくるんです(>_<)あーあ、困ったもんだw弟くんの将来を心配する自分がいますw

話は戻って、ドライブの行き先は見晴らし平という場所。かつて行ったことがあるのですが、最近本屋で見た「夜景百選」とかいう本にそこが載っていて、その写真がヤバイ綺麗でぜひ行きたかったのです!

富士山は雲に隠れて見えませんでしたが、紅葉がピーク寸前で美しかったし、甲府盆地もほぼ一望できました◎同じ町とは思えない場所です。また暇なときは足運ぶかもですね、今度は自分の運転でw

今日見たこの風景と、山梨のお土産に信玄餅を携えて、再び東京に戻ろうと準備を進めている今の自分です。ではでは。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

遥かなる山梨

テーマ:一山梨人
2004年11月06日
帰ってきたずら・・!山梨に帰ってきたずら!2ヶ月ぶりだからいっさら変わってないものもちとくら変わったものもあるらにね。まああれこれ細かく話すのゴッチョずら。

・・・とまあ甲州弁はこの辺にしといて(笑)、何はともあれ山梨に帰ってきました◎甲府の駅に降り立つとさすがに寒かった!

母親が迎えに来てくれたのですが、この年になって未だに車を運転できずにいるとちょい恥ずかしく感じますw早く免許取りたいものですね、はい。

駅から自宅までは車で30分ほどかかります(>_<)最近では道路が整備され以前よりは時間短縮されたものの、まだまだ遠い道のりです。

東京から小一時間なのに、どうしてこんなにも寂しさが漂うのでしょうかね・・wそんなことを考えつつ家に着きました◎

家では母親のほか、愛犬ララと父親・弟が歓迎してくれました。2ヶ月ぶりであまり変わってはいませんでしたけど(笑)

それぞれの近況をおおまかに聞き、今はまったりしていますm(__)m明日も気ままに過ごします。

色んな考えを巡らせつつ、山梨に息を下ろす自分です。そんなわけで今日はこの辺で。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。