1 | 2 次ページ >> ▼ /

摩天楼耕地

テーマ:ブログ
2005年12月29日

今日は山梨へと帰省する日。この1年、東京にいて本当に色々ありました。語りだしたらキリがありません。だから、今日のところは割愛。


本来僕は、京王線で八王子に出て、そこから中央線に乗って帰るのですが、今日は新宿に用事があったので、ついでに新宿から中央線特急に乗って帰ることに。


新宿で用事を済ませ、本屋で石田衣良の新作を衝動買い。『4TEEN』(フォーティーン)という、14歳の中学生の少年4人組を描いた作品。丁度、僕の弟の同級生に当たり、親近感も沸きます。早速帰りの電車の中で、途中まで読み進めましたが、なかなかいい手応え。年末年始の読書は、これで事足りそうです。


はてさて、新宿から特急に乗って山梨へ帰ることを決めた僕ですが、新宿から帰る、これが実に久しぶりで、去年の夏以来かと。新宿は甲府方面の特急の始発駅、且つ僕は早めに並んでいたので、帰省ラッシュに沸く中に紛れて、自分の座席を確保し一安心。


新宿を出て、中野、高円寺、荻窪、吉祥寺、三鷹、国分寺、立川…。八王子までの中央線の車窓が、ある意味新鮮。とりわけ、三鷹~立川間は、現在高架工事の真っ最中。以前通った時とは、車窓からの風景も一変していました。


八王子を出て、相模湖周辺の山々をかいくぐれば、そこはもう山梨県。しかし、僕の道のりはここからが遠い。しばしうたた寝をして、目覚めたら甲府に着くまでに程よい時間。


そして、帰って参りました。駅のロータリーに降り立って、先ず最初に感じたことは、無風なのに、風の吹いている東京よりもはるかに寒い。僕が山梨にいた頃、こんなに寒かったものか?そう感じてしまうくらい。東京の環境への順応は、こういった側面も孕んでいるのです。


実家に着くなり、はなと戯れ。すっかり大きくなり、普通に中型犬の成犬くらいの大きさにまで成長していました!まだ写真は撮れていないので、撮れ次第アップしようと思います^^


それにしても、寒い。本当に僕は2年前まで、これが日常の空間で生きていたのだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ニコリコが見つめた2005

テーマ:ブログ
2005年12月28日

今年も残すところあと3日となりました。早いものです。今年に入ってからというもの、年月が経過するのが早い早いと、耳にタコが出来るくらい言って来た気がしますが、早いものは早いんです。


そして、今年の僕を回顧する上で切っても切れないものが、写真。この1年ほど、写真を撮りまくった年はありません。


というわけで、今日はこの1年間を彩った数々の写真の中から、僕が主観で選んだものを、この場にて公開したいと思います!写真は、数々の部門に分かれています。皆さんも、その折々の出来事や心情を回顧してみてはどうでしょうか。それでは、どうぞ^^



・【】内は各部門名、解説の後の()は撮影日付

萌える闘魂部門


萌えのスパイラル 先ずは言わずもがな、我が家の犬・はな。この写真もヤバいですね。今度実家に帰った際、どれだけ成長したのか楽しみな反面、もう子犬ではないのだなという残念さもこみ上げて来るのかもしれません。(7月18日)


犬と少年 下北を歩いていた際に出くわした光景。とっても微笑ましい時間が流れていきました^^(10月1日)


多摩川桜 萌えは萌えでも、こちらは花の萌え。春のうららかな日差しの中、平和な、あまりに平和な日曜の午後。(@多摩川・4月10日)


和気愛愛部門


2男@新歓 サークル2男の集まり。僕たち2男は、サークル一仲が良いという評判が立つほど。ありふれた光景ですが、そこがまたいいんじゃないかと思います。(@新歓合宿・4月29日)


和みボウリング 2年でボウリングを開いた際の光景。みんないい感じに写ってます。今年撮った写真の中でも、ベスト10に入る作品。(5月21日)


徳パーティ とく君宅でバーベキューを開いた際の1枚。これまた2年のみですが、6月の梅雨入り直前の休日、和気藹々とした時間。(6月5日)


険悪ムードか否か これも6月の写真ですが、各々の表情が、何とも言えぬ味を醸し出しているように感じました。(6月16日)


怪々の巻部門


HGハイグレード 2005年は、Gさんが炸裂した1年でもありました。僕は怪しいGさんを多々目撃して来たのですが、その中で最も怪しかったのがこの1枚。既にかつて掲載された画像ですが、今ここに再び。(10月18日)


1男妖 この年末になって、滑り込みで僕の感性をくすぐった後輩・ASK。この一枚(写真中央)でも、その怪しさが如何なく発揮されている気がします。(12月23日)


おっさん1号 Oぺ君もこの1年間、自分の世界を余すことなく魅せてくれました。そんな彼に、僕は頭が上がらないのかも知れません。(4月9日)


刹那に映える閃光部門


濱線香 線香花火の束に丸ごと火を付けたHマシュウ君。彼の表情を取るか、瞬間そのものを取るかで悩んだのですが、最終的に後者を取らせていただきました。それでも、いい表情。(@多摩川・6月17日)


海に聞いてみよう お台場の某局の朝番組の取材を受ける海くん。この映像がOAされたかどうかは定かではないですが、これもまた決定的瞬間。(@渋谷ハチ公口交差点・7月28日)


SMOP 大人の遊びをしたOぺ君。これぞ、悶絶の瞬間。(12月13日)


SURREAL部門


王将ビーフ 先輩・Uっしーさんの額に燦然と輝く、王将の駒。そして枕はウーロン茶のペットボトル。この構図の意味を考えれば考えるほど、シュールの深みにハマって行くのです。(@新歓合宿・5月1日)


獣に銃を向け Oぺ君と10ou君のコントラスト。コメントが見当たらない、何故ならそれがシュールだから。(7月28日)


天変部門


平こんです 天才的変顔を略して天変としたこの部門ですが、この1年、10ou君(写真中央)には幾度となくいい被写体となってもらいました。マーベラス。(11月2日)


天才的変顔 もうこれは誰がどうとか言う必要はありません。34さんのこの表情こそが、天変と呼ぶに相応しいでしょう。(7月28日)


ラリラリラリラリ 極めつけは海くん(写真右)。変顔というか、ラリってるというか…。この表情をどう受け取るかは、これをご覧になった皆さんの解釈にお任せします。そして、7月28日という日は、僕にとってインパクト絶大な写真が数多生まれた日でもありました。(7月28日)


グランプリ部門


3位咆哮 海くんの咆哮の瞬間。今月に取られた写真であるにも拘わらず、強烈なインパクトを残しながら堂々のランクイン。やはりサークル代表は違う。(12月5日)


2位しゅーへいサーブ 後輩・Sーへいのサーブと、有明コロシアムと青空のコントラスト。これも今月に入ってから撮ったものですが、殊に最近は構図を考えながらシャッターを下ろせつつあるので、この短期間で僕にとって印象的な写真が多数撮れたのかも知れません。(12月5日)


1位おはなスーパーショット そしてそして、今年1年僕が撮った写真のグランプリ、堂々の1位がこの写真。はなです。この写真は犯罪です。可愛すぎます。親バカなのは百も承知ですが、やっぱこの写真は犯罪です。実際のところ、来年の我が家の年賀状はこの写真が絵柄として用いられています。そういえば僕のプロフィール欄の写真もこれですね。そんな感じで、総合的に見てブッチギリのインパクトを残したこの一枚。文句なしのグランプリです。(7月18日)


以上、こんな感じでお送りしてきました、本日のブログ。ご堪能していただけたでしょうか。「こんな部門の写真も取り上げて欲しい」という方は、お気軽にコメント下さい。その都度、その部門に相応しい写真を主観でピックアップして行きます。そして、来年になっても、僕は絶えずカメラを携えてあんな写真、こんな写真を撮り続けることを誓います!

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ストレートでいらっしゃい

テーマ:ブログ
2005年12月27日

ここ最近、僕の中での冒険に、翳りが見え始めました。冒険といっても、それは髪における冒険ということになりますが。


先日、本ブログ上にて書いたこの“冒険”、単刀直入に申すと、ただ単にパーマをかけただけなんですねこれが。それが高校時代、一度だけパーマをかけた際に大失敗し、まるでカンニング竹山の如き髪型になったというトラウマから、このような大袈裟な表現をしていたわけです。


本来、僕の髪質は超が付くほど直毛。それゆえ、パーマに羨望の念を抱いてしまうことが時折あるのは自然の流れで、この度久しぶりに羨望を実行へと変えたのでした。


しかし、パーマの効き目が切れていくのが想像以上に早い。風呂入ったり、朝洗髪する度にその効力が薄れて行っている、そんな気がしてなりません。前回の時は、数ヶ月その効力が付きまとったというのに。


実際のところ、今日も昨日と比べたら、なかなかいい調子ではなかったのです。


この度、僕が冒険に出たのは他でもない、成人式のため。でも今の調子で行くと、成人式の頃にはパーマの効きなんぞすっかり切れ、地元の友達から「おまん中学ん時からいっさら変わってねーじゃんけ(=お前中学の時から全然変わってないじゃん)」と揶揄・連呼される画が想像できてしまいます… 苦笑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヒューマン・ショップ・ハーモニー

テーマ:ブログ
2005年12月25日

今日はデジカメのバイトへと精を出しました!場所は相模原。東京ではないけど、一応多摩地区になりますね。

相模原は、今日が初めてだったのですが、フロア長及び店長の方に優しくしていただき、とてもやりやすい環境でした^^

あと、相模原の店は客層も素晴らしい!とっても接客しがいがある店。僕の接客を色々と受け入れてくれる客が多く、名刺まで求められたことも。あいにく僕は名刺なんて作ってないので、渡せるわけもなかったんですが…。それでも、いい顧客に恵まれたのは事実。お客様は神様です。

お陰で、時間はあっという間に過ぎ去って行きました。結局、僕の今日一日の売上台数は7台。コンスタントにそこそこ売ることが出来ているここ最近ですが、今日はそれ以上のものを得られた感じがします!フロア長と店長とも和気藹々に過ごせましたしね^^またオファーあらば、是非伺いたい店。


さて、バイトを終えて家に戻ると、山梨から来訪者が2人。実はそれは、母親と弟。姉と3人で「舞浜夢の国」に行くべく、時折やって来るんですよね。でも僕は、明日の予定にサークル企画の取材を入れました。家族と一緒に夢の国なんて、十数年間行っていないひねくれ者ですが、そんな自分を信じましょう。



話は飛んで今後、年内に記事にしようと企てている内容です↓


・輝く、部門別写真展2005:今年1年、僕が撮った写真の中から主観で、選りすぐりの作品を一挙公開するといったもの。当然の如く、未公開写真もアリ(節度は遵守する 笑)。


・写真付2005年5大ニュース:この時期になると、どこのテレビ局でも新聞でもこういう特集を組みますよね。でもここでは、自分の日常の範疇での、5大ニュースを綴って行く予定です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

クリパ仁義

テーマ:ブログ
2005年12月24日

昨日はサークルのクリパが渋谷にてありました。参加人数は何と100人強。僕のサークルは、何だかんだで大規模サークルだったのです。

みんなスーツ&ドレスで着飾って、いつもの飲みとは一線を画す雰囲気^^○×クイズに始まり、ビンゴ大会、事前に行ったアンケート結果の発表と、楽しく過ごすことが出来ました!クリパの準備に携わった方々、お疲れ様です^^

その後は2次会へと突入したのですが、ここで僕は飲みすぎ&ハシャぎすぎて、それなりにエグり且つ終電を無くすという最悪の事態に。そしてOぺ君の家に一泊させてもらいました。Oぺ君ありがとう。

そんな顛末を経て、今に至るというわけです。まだ頭が痛い。これは酔いよりむしろ風邪なのかも知れません。

それでも、それでも、昨日かなり楽しめたから、それでいいんです



・ギャラリー


1男妖 祝杯を上げる1男たち。真ん中はASK。非常に怪しい。


海ハーレム ハーレム状態の海くん。彼のこんな笑みを、久々に見た気がする。


2次会落ちぬテンション 2次会にて。Kな(中央)の両脇を固める3男、特にGさん(右側)に注目。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

曲者でGO

テーマ:ブログ
2005年12月22日

目覚めて10時半。7時にセットしたアラームは、朝5時半に就寝した男の耳元に届いてすらいなかったようである。



今日はサークルの準レギュ戦(団体戦のメンバーでない人々が出場資格を有する試合)が有明にて行われていました。僕は試合そのものには出ないのですが、応援に行くべく、アラームを朝早くにセットしておいたのです。


起きてそのまますぐ身支度をし、駅に急行。が…京王線が遅れたせいで、国際展示場駅に予定時間より遅れての到着。有明のコートへと急いで、応援開始。


そしてKトケンさんの勝利を見届け、とく・M瀬ペア、Yじさん、S宅・S平ペアを応援し、コートからそして、有明から撤収。実は3時半から、日吉の美容院に予約を入れてしまっていたのです。ちょっと中途半端な幕引きとなりました。みんなの結果が気になるところです。


美容院のほうは、実に久しぶりにちょっとした冒険をしてみました。全てが終わるのに4時間という時間を費やしながら。


また、今日最も驚いたのは、カラーを入れる時の担当だった人の名前が、僕の名前と全く同じ字を書き、尚且つ読みも全く一緒だったということ。僕と同じ字を書いて、もう一つの方の読み方をするって人は今まで何度か見たことがあるのですが、このような人に会うのは20年間生きて来て初めてのこと。お互いビックリ。


そんな一幕もあったわけですが、とりあえず冒険は成功したようで良かった。明日はサークルのクリパがあります。今のうちから、とても楽しみにしているのです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

印象の指す明日

テーマ:ブログ
2005年12月21日

Pからバトンが回ってきてたのに、放置していた者がここに。申し訳ない、今からすぐ着手します。その名も、印象バトン。最近バトン系で凌いでいる感が否めない本ブログ。そこんとこはご容赦下さい。では、始めるとします。


1.回してくれた方に対しての印象


1年生の時の新歓合宿の帰り、所用でお互い電車を使って帰ることになって、そこで初めて話をしたのを覚えています。最初の印象は、小さくて明るい、そして真面目そう。しかししかし、その後何度か話して行くうちに、それなりに適当であることが判明して行ったって感じです。笑 でも、明るく元気なのは最初の印象と変わりません。


2.周りから見た自分はどんな人だと思われていますか?5つ述べて下さい


・でかい(こればかりは…)

・変(自覚してる。これを活かすか矯正するか、そのジレンマに佇む日々)

・適当(はぐらかすものは結構はぐらかす。人間、愛嬌とユーモアが大事)

・シブい(何だろうか、そんなつもりではないのだが)

・マイペース(これがいい時と悪い時とがある。メリハリが肝心)


3.自分の好きな人間性について5つ述べて下さい


・自分というものと、自分の考えをしっかりと持っている人

・ユーモアのある人

・他人を思いやることの出来る人

・落ち着きのある人

・前向きな考えが出来る人


4.では反対に嫌いなタイプは?


・空気の読めない人

・自分中心でしか物事を考えられない人

・姑息な手段で他人の同調を買おうとする人

・タバコを吸う人

・食べ物をクチャクチャ音を立てて食べる人


5.自分がこうなりたいと思う理想像


物事を広い視野で見られる人。昔は相当カタブツ人間だったから、特にこれは第一に目指す理想像。そして、自分の考えを広く持ち、他人にもっと気を配れる人間になりたい。あくまでも理想。されど冗談やネタではない。


6.自分の事を慕ってくれる人に叫ぶ


僕の視野が広がったのも、大学に入って、今のサークルにいるお陰だと確信しています。何度も連呼してる事だけど、今いる環境は、自分の型にスッポリとフィットしているのです。あと、中高の友人・先輩後輩達も、我儘でガキンチョな僕と、よく今まで付き合ってくださいました。とにかく皆に感謝。これからも宜しくお願いします。

…書いてみてこそばゆい。赤面、更に赤面。


7.そんな大好きな人にバトンタッチ15名


サークルの面々にはほぼ回っているようだから、書きたくなった人はお書き下さい◎

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

星の数ほどのフィルムの中で

テーマ:ブログ
2005年12月19日
ミクシイの方で、さよさんから回って来た、その名も映画バトン。今回はネタとかはぐらかしとか一切無く書いて行きます。では、どうぞ。

★初めて映画館で観た映画

ドラえもん のび太のドラビアンナイト
当時は幼稚園の年中。この映画以降、小6くらいまでほぼ毎年、春休みにドラえもんの映画を観に行ってました。春休みのアニメ映画といえば、「東映アニメフェア」よりもドラえもん。映画館に観に行くと貰えるオマケも毎年の楽しみだった。話の内容としては、エキゾチックな設定とスリリングな展開が、子供心にとても印象的だった作品。

★最後に映画館で観た映画

ヴァン・ヘルシング
去年の9月、それなりに怪しい(?)メンツと共に鑑賞。つまり、かれこれ1年以上映画館に足を運んでないってことになる。

★最後に買ったDVD又はLD

ハウルの動く城

★よく観る、または特別な思い入れのある作品五本

①「ドラえもん のび太と鉄人兵団
ドラえもんの映画作品は、ここ5,6年の作品群を除いて大体映画館なりビデオなりで観てきたのですが、その中でもこの作品は自分にとって、屈指の名作。アンドロイドの少女が、自らの命と引き換えに地球を救うというラストシーンは小学生の頃、見る度に涙が出ました。今観ても普通に泣くかも。ちなみにドラえもん映画に限ると、その次に好きな作品は「のび太の日本誕生」→「のび太の宇宙開拓史」の順になります。

②「紅の豚
ジブリです。ファシズム台頭期のイタリア・アドリア海を舞台にした映画。爽快且つユーモアに溢れた作品なのはもちろん、加藤登紀子が唄うテーマソング(『さくらんぼの実る頃』&『時には昔の話を』)がこれまたいい。作品全体の持つ、レトロな雰囲気に惹かれました。ジブリ作品に限ると、その次に「魔女の宅急便」→「天空の城ラピュタ」…と続きます。あと、「耳をすませば」や「平成狸合戦ぽんぽこ」も、今いる所の近所が舞台となっていて、なおかつ面白い作品。

③「AKIRA
まだ原作の『AKIRA』が完結しないうちに映画化されたもので、その結末も映画版オリジナルという感じですが、原作も映画も簡単に言ってしまうと、深い。どちらの作品も、独自の複雑さとシュールさを併せ持っていて、1回観ただけでは絶対理解できないと思います。謎多き作品。 それにしても、’88年に公開されたにもかかわらず、スケールの大きさといい、CGの見事さといい、今観ても何ら遜色ない映画。やはり大友克洋は凄い。

④「踊る大捜査線 THE MOVIE
中学生の頃、「踊る~」のドラマの再放送を見て一気にハマり、そのままの勢いで観に行ったこの作品。“2”はこちらと比べて善と悪が露骨に出てしまっている気がするので、個人的には最初の作品の方が好きです。「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」懐かしい台詞ですね^^

⑤「ニュー・シネマ・パラダイス
シチリア島の映画館「パラダイス座」の技師アルフレッドと、そこに足繁く通う少年トトを中心に展開される、心温まるお話。年月を経ても揺るがない、アルフレッドのトトへの愛情の描写も感動的だけど、それにも増してエンニオ・モリコーネの音楽がとてつもなく素晴らしい。観終わった後も、頭の中でBGMがリピートし続けます。心が洗われる、素晴らしすぎる映画です。 一生に一度は観て欲しい

こんな感じ。極めてベタなチョイス。そして今思うとアニメ作品が多い。

★次に回す5人

これをみてやってみたくなった方、どうぞやってみて下さい^^
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ミクロされどマクロヴィジョン

テーマ:ブログ
2005年12月18日
15時に起床した今日。1週間ぶんの疲れを取り去ることに成功。

軽く身支度をし、向かった先は新宿。クリスマス&年の瀬ということもあり、もうとにかく物凄い人出。信号が青になる度に横断歩道を渡る人々の数が有り得ん。

先ずメンズ伊勢丹に行ったわけですが、ここもとにかく人・人・人。その人波をかき分け、ようやっと目的の店へ。

今日の目的は、成人式に着るスーツの目星付け。いい感じのものが見つかって良かった^^スーツそのものは目星だけ付け、今日はサークルのパーティーに着るシャツだけ購入。

その後丸井にも赴いて、今度はマフラーを購入。今まで巻いていたやつよりも温かめのやつです。

改めて感じたことなんですが、やはり新宿はいい!何度行っても飽きません。ただブラブラ歩くだけでも、一日お腹いっぱいになりそう。 明日も所用でお邪魔する予定。

そして最近は専ら、年賀状の注文、成人式のスーツ選び・式後のクラス会幹事など、来年への下準備を整えつつあります。僕の視点は自ずと、既に来年へと向けられているのでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ほぐし腹腕酷使

テーマ:ブログ
2005年12月17日

今日は「チキチキ」という、サークル2年生によるちょっとした重大企画の会議に参加すべく、日吉へと足を運びました。 会議参加者は、10ou君を筆頭に、Oぺ君・ポップ君・海くん・とく君・●といったメンツ。

会議では、チキチキのコンセプトが決まり、ひとまず安心。いかんせん会議の参加人数が少なく、僕らだけであれこれまとめたというのはありますが。

内容はどんなんかと。 そこんとこは、秘密裏にやり過ごします。

会議が一区切りついた後、マックへ向かってマッタリし、海くん・とく君・10ou君と共に次に向かった先はゲーセン。昨日に続き、2日連続で「太鼓の達人」に挑戦。ドンドコドンドコドドンコカッカッ…いや、もっと激しいリズムで太鼓を叩きまくっていた男たち。

その他にもUFOキャッチャーや「ポップンミュージック」、更にオンラインクイズに4人で白熱したりと、久々にゲーセンを満喫。


ゲーセンを後にし、4人とも日吉から帰路の途についたのですが、僕は10ou君と一緒にムサコ散策。電気屋や百均、本屋を転々とし、夕食に向かったのは10ou君お薦めのラーメン屋・丸仙。結構有名な店だそうで、店内には有名人のサインや写真がたくさん。味噌・しょうゆ・とんこつ等、ラーメンにおける「原色」的フレーバーは一通り揃っていて、僕は支那そばをオーダー。これが、最近専ら武蔵家・らすた・ポクチンといった家系もしくはコッテリ系志向だった僕にとっては、あまりに新鮮で、美味しい。あっさりでシンプルなのがまた、支那そばのいい所。コッテリ系ラーメンばかり食べている方にとっては、丸仙ののみならず、支那そばはお薦めです。


彼にはいい店を紹介してもらいました。ありがとう、今度また一人でブラブラ赴こうかと。

それにしても、「太鼓の達人」で激しく叩きすぎたせいで、普通に腕が痛いっていう。海くんがやっていたように、ゲーセンでこのゲームをやる時は、バチを短く持ってプレイするのが無難かも。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。