1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

イメージとイマージュ、この際どちらでもいい

テーマ:ブログ
2005年09月30日

もう8月終わりなのか!?そう思っていた日々からでさえ、1ヶ月が経ったのですね。今日は9月最後の日。明日から10月。世間は衣替えの季節。僕は、といえば、あと1週間ぽっちで二十歳を迎えるという状況に置かれています。


今日も学校の授業は単調に進んで・・・は行かなかったんです、僕の中では。2限が文学の授業だったんですが、自分でも不思議なくらい、真面目に受講してしまいました。


内容はアメリカ文学が主体で、そこに歴史的背景を絡めて行くので、高校時代、世界史が大好きだった僕にとっては結構頑張れたようで。あと、毎回即レポ提出ってのも、何だかんだでモチベーションを上げる要因かも。出欠を取らない・試験まで課題等一切無しといった授業は、僕をオワッテル方向へと導いていくのみかも知れません。はてさてしかし、この“真面目モード”が一体いつまで持続するでしょうかね・・。


昼休みはたく君とひようらのラーメン屋・武蔵家まで赴いて一緒に食事をし、駅で彼と別れて3限に出向。3限が思いの外早く終わったので、学生食堂に溜まっていたサークルの面々に合流することに。


そこにいた海くんと一緒に夕食を、という案も一時は出たのですが、双方あまりに眠いということもあり、このプランはオジャン。それでも帰りの電車、僕はあまりに暇だったので、いつもならムサコにて乗り換えるところを、とく君・海くんと共に渋谷経由で帰りました。そんな1日。



さてさて、この続きに、先日とく 君から回ってきた、イメージバトンなるものを書こうかと。何と、マジカルバナナのブログヴァージョンみたいなものとのこと。マジカルバナナ・・・リアルタイムの時も学校で流行っていたし、去年、サークルの友達と一緒に久々にやってみたら、面白いのなんの。今年もやりました。そして、これからも。これまでの経路を辿って行くと・・・


叶姉妹→ゴージャス→名古屋→ラーメン→カレー→大泉洋→ 北海道→メロン→巨峰→梨→那須→ソフトクリーム→バニラ→ カップ→おっぱい→舐めたい→べろ→男性の乳首→硬くなる→アレ→せっくす→濡れ濡れ→快感→夢→お嫁さん→料理→主婦→過去→プロポーズ→ウエディングドレス→白→ホワイトバンド→声→ベッカム


といった流れになっているようです。


そしてこの「ベッカム」というお題に、僕が編み出したイメージはズバリ、


」。


思うにベッカム、テレビで観る度に髪型変わっている気がしてなりません。スキン→ソフモヒ(2002ワールドカップ時)→(中略)→ドレッド→またスキン、みたいな具合に。声もセクシーじゃないと言われた上、更に髪も傷んでそう。それを公に晒さないために、スキンにしているのかも知れませんが。


というわけで、次にバトンを回す人は、arumat44 君・ くん・mi-ho さんにしたいと思います。皆さん各自、いい反応を期待しています。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

懐古にそそられて

テーマ:ブログ
2005年09月29日

昨日に引き続き、今日も学校の講義は、さほど印象深い事象を残すことは無く。経営学の授業なんですが、ただビデオを観て終了。普段は面白い授業なんですけどね。今日はひたすら、退の屈。


昼、その授業で一緒だった苅くん・タマリで遭遇したとく君と共に、ひようらへ昼食に。とりわけ苅くんに会うのは、先月の夏合宿以来実に1ヶ月半ぶり。故に昼食の席は、この1ヶ月半の近況を各自報告して盛り上がり。


昼食後、とく君と2人で暫くネットに興じ、帰路の途へ。ムサコの駅で乗り換えるべく南武線のホームに降り立つと、こんなものを発見。


甲州にいらっしゃい モロに山梨をアピールしたポスター。「遊びにこーし」とか、大々的に甲州弁使っちゃって。真ん中の勝沼って町は、僕が今の実家のある街に引っ越す前に住んでいた所から、比較的近かった町なので、多少は縁がありました。この度の合併で、ワインやブドウでその名を全国に轟かせている町の名前が消えるのは、少し寂しい気もします。何だろうか、僕が帰省する度に、地元の馴染みのある町村名がどんどん消えて行っているような。財政難のこのご時世に、それは仕方のないことなのでしょうけど。・・・ご当地トークを延々と申し訳ない。ちなみに冒頭の甲州弁、「遊びに来なよ」って意味。


最近の女子高生の間では、専ら方言がブームだとかこの前テレビで観ましたが、この調子だとおそらく彼女たちの間に、甲州弁は浸透しないんでしょうね。


それから、自宅に帰って一休みし、向かうはカテキョ。今日から教え子が変わるんです。場所は以前の教え子と同じく南武沿線・S河原。新しい教え子は、何と中1!家にお邪魔して、親御さんが2階から彼を呼び出すと、そこに響くはまだ変声期を迎えるかどうかの瀬戸際の声若い。ただひたすらに若い。


部屋にお邪魔すると、更に若さを感じさせるものが1つ・2つ・3つ・・・。曲がりなりにも、半年前まで小学生だったのですもんね。僕の弟と学年は1つしか変わらないくせに、弟たちの世代とは、一線を画しているような気がしました。


そんな中で、僕は彼と話が合うのか、非常に、非常に不安に感じましたが、不幸中の幸い、何と電車が好きなようで。部屋に電車の吊り革が飾ってあったのには、少しウケました。僕と話が合いそうです。


今日は無料体験ということもあり、60分だけの指導で終わりましたが、指導後、お母様と今後の方針などを、コーヒーをちょうだいしながら談義。英語の基礎強化を依頼されました。


嬉しかったのは、今日はご不在でしたが、お父様が何と慶應のOBだったということ。子供の部活の関係もあって、今もちょくちょく日吉に出没するそうです。とにかく、とても上品そうなお母様でした。僕のことを気に入ってくれたみたいで、とても安心。その熱意と厚意に心打たれたのは事実なので、割に合った指導をして行けたら、嬉しいにこした事はありません。


そんな感じで今日もまた、いい1日なのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

HoukaGo・・・ほら、HGがいるよ

テーマ:ブログ
2005年09月28日

たった今、ずららが発した言葉:「ポップだ!」 それを目の当たりにして、パソの画面の前で大爆笑する19歳。

今日は、授業においては、これといって印象的な事象は起きずに時間が過ぎて行きました。真骨頂は、放課後の時間

OPジェントルマン 3限が終わった2時半、僕とOぺ君とポップ君とでひようらのマックへ。3人でマッタリしていると、おもむろにOぺ君がトレーの敷き紙に落書きを始めたではないですか。写真はそんな彼が描いた、紳士と思しき人物。きっとこれは、何十年、もしくは何百年か先に、ある一定の評価を受けるかも知れません。

僕たちの輪は更に人員を増幅させて行く。4限が終わった海くん・とく君・サークルの1女のR子ちゃん・Nっちゃん・更には1男のUdといった具合に。気が付けばマックの片隅に、男6人・女2人の大所帯

途中とく君が用事で抜けたものの、7人の面々は毎度おなじみのパスタ屋、マリーンへ。更に夕食後、僕・Oぺ君・ポップ君のオリジナルメンバーで、ポップ家にて飲むことに。やがてUdも再び合流し、色々と語らいました。

学校自体は、いくらでも早く終わっていいんです。放課後の時間さえ活かせれば、1日大いに意味ありきと言って良いでしょう。今日はその点で、非常に充実したものとなりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

キュンの卍固め

テーマ:ブログ
2005年09月27日

遂に、ずららが喋りました。第一声&二声が「陽射しいる?」・「それっていい?」だって。うん、いいことなんですよ、ずらら君。陽射しが無いと人間、少なくとも僕はやって行けませんからね。


と、謎の持論が展開された冒頭。これからまた、先日に引き続き、海くんから回ってきたバトンを書こうかなと。その名も「胸キュンバトン」。友達から回ってきたバトンを、手でこねぐり回しながら遊ぶという、失礼千万なことをするつもりは毛頭ありませんが、その質問の各々に、僕が本当に真面目に答えているかどうかの判断は、読者の皆さんにお任せいたします。それでは始めます。温かく見守っていて下さい。


Q1.胸キュンするポイントは?

笑顔が第一。それと、その人のイメージと現実とのギャップ。これが一番でかいかも。


Q2.憧れの胸キュンシチュエーションは?

手をつなぎながら、夜景なり映画なり、一つのものに見入ること。


Q3.胸キュンしちゃう言葉は?

「甘ーい」とか「あははっ」っていう微笑とか。


Q4.聞くと胸キュンしちゃう曲を3曲

スピッツ「涙がキラリ☆」

BUMP OF CHICKEN「スノースマイル」

aiko「桜の時」


Q5.胸キュンドラマは?

「オレンジデイズ」


Q6.胸キュンする有名人は?

加藤あいとか、吉沢明歩とか。


Q7.今まで生きてきて1番の胸キュンは?

手つないだ時


Q8.胸キュンに、仮に呼び名をつけるとしたら?

弾けたどうしよう


Q9.胸キュンした時に心でする音は?

「マロ~ム」


こんな感じです。胸キュンという響きが好きな方、是非お試しあれ。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ささやかな鎮魂

テーマ:ブログ
2005年09月27日

新人戦、敗北・・・。最初に結果だけ書くとこうなってしまいます。念願の4強入りはなりませんでした。


反省としては、強いスピンのかかった相手後衛のストロークに慎重に対応しようとして、クロスに返した甘い球を殆ど前衛に取られてしまったものが一番大きいかと。スピンストロークにもう少し強ければ、もっと張り合っていたかも知れません。セットカウント自体はは0-2なのですが、何よりも第一セット、ゲームスカウント5-2から巻かれたことが痛かった。それで、流れが完全に相手に移ってしまっていましたから。


かくして、僕とポップ君の挑戦は終わりました。少し悔いが残りますが、ここまで来られたことは、僕にとっては想定の範囲外。それは単に、2人で穴を埋め合いながら、励まし合いながら、あらゆる面で協力してやって来たからに他なりません。


そして何より、僕にとってこの結果は、ポップ君がいたからこそのもの。改めて感謝。無論、応援してくれた全ての方々にも。今後も何かしらの試合の折に、彼とペアを組めたらいいなと、切に思っています。塾内にちょっぴり名を残す事が出来たこの大会のことを、僕は決して忘れません


有明の会場を後にした2人は、その後日吉へ向かい、昼食を済ませ、僕だけ再びテニスをすべく、サークル練に向かうことに。


今学期初のサークル練ということもあって、参加者は結構多かった気が。試合の反省を踏まえ、色々と心がけた練習を出来たと思います。


途中、僕のサーブが海くんの急所に直撃し、彼が全く動けなくなるという非常事態もありましたが、何とか復活し、一緒に頑張りました。今日の練習は笑いあり、真面目ありの、メリハリがついたものとなったかと。総じて、楽しくプレーすることが出来ました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

掌一杯の新刺激を

テーマ:ブログ
2005年09月26日

スカっと晴れた空、夏のものより少し優しくなった陽射し、道を行き交う人々。


いつもと何ら変わらぬとある1日の午前中の光景。ただ、一つだけ違うのは、僕がその行き交う人々に紛れて電車に乗り、大学へ向かうということ。


というわけで、今日から秋学期が始まりました。約3ヶ月近い勉学へのブランクがあったので、今日一日無事に乗り切れるか、かなり懸念していましたが、3つあった授業を何とか乗り切ることが出来ました。もっとも、今学期から始まった3限・現代生物学概論は、内容が未知の世界をトボトボ歩くような感じの科目で、一緒に履修していたC者くんと2人でその内容のエグさに思わず目を合わせてしまいましたが・・・。


5月以来リニューアル工事を施工していたサークルのタマリ(というか学生全般の食堂)も、目まぐるしい進化を遂げていました。内装が変わりすぎ。モニターヴィジョンやカウンター席まで追加されていて。


あと、キャンパスに通ずる道のイチョウ並木から、銀杏が所々に落ちているではないですか。お陰で、それなりの異臭に直面しなくてはならなかったわけですが、季節は確実に移ろっているんだなみたいな。


そんな物思いに耽る一コマもあったわけですが、何はともあれ1日やり過ごすことが出来た・・・と思っていた矢先、ちょっとした出来事が。


自宅に帰ってみると、姉が体調を崩して寝込んでいて、急遽僕が夕飯の支度をすることに。今日のメニューはズバリ、クリームシチュー。今までカレーは作ったことがあるのですが、いかんせんシチューを作るのは今日が初めて。といっても具を炒める際、多少焦がして良いか良くないかという点で異なるだけで、作り方はあとはほぼ一緒ですが。


野菜刻んで、肉炒めて・・・。時折姉からアドバイスを仰ぎ、完成。それがこれ。→はじめてのシチュウ 味も我ながらまあまあ。これでもう、美味しい作り方覚えました。新たな料理レパートリーに仲間入り。今更シチューかよ、って感じですけどね。


とりあえず、今週一週間は、学校への感覚を取り戻す日々にしたいと目論んでいます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

さらば道楽2ヶ月強

テーマ:ブログ
2005年09月25日

本日をもって、夏休みが終了。9月も終わりそうだというのに、夏休みと言い張る方がおかしいかも知れないけれど。


そんな休み最後の日、僕はとく 君と共に下北沢を散策することに。僕にとっては7月初旬以来、実に約3ヶ月ぶりの下北。


昼少し前に駅で待ち合わせをし、いざ散策開始。先ずは腹ごしらえということで、向かった先はヤフーやライブドア検索で載っていた、とあるラーメン屋。その名も、「桜吹雪が風に舞う」。これ、本当に店名なんです。しかも嬉しいことに、今日に限ってラーメン一杯400円(通常は600円超)!これにはとく君も僕も驚愕。ちょっと得した気分で昼食を終えました。


昼食後は、2人で古着屋巡り。下北の東西南北、色々な古着屋を巡った僕ら。そのうちに、辿り着いたのは古着屋ではないが、小さなTシャツ店。


いい店見つけちゃった "No More Tears"という名のこの店、小ぢんまりとした店内に、前衛的なデザイナーによるTシャツが散在。僕ととく君の興をそそるようなTシャツばかり置いてあったので、次回来た時に、改めて品定めをしようと感じたのでした。


2人はその後、スタバの中へ。コーヒーと抹茶フラペチーノとを挟んで、デジカメの撮影・描写テクについて、知識薄弱ながらも色々と談義。コーヒーと微笑み ちなみに、写真はコーヒーを前に微笑むとく君。彼は自身のブログでコーヒーのことをよく記事にしているので、この光景が物凄くナチュラルに受け取れました。


その後再び古着屋散策。途中の店でふと見たジャケットが何と900円だったので、迷わず購入。いい買い物をしたと思っています。


あと、アンゼリカっていうパン屋にも行きました。カレーパンとみそパンが非常に有名で、各メディアから取材を受けているパン屋。カレーパン、普通に旨かったです。


そんなこんなで、6時間ほど下北を散策。いい店・新たな味、と前回以上に様々な発見があった今回の散策。地図をリンクさせておきますね。→今日の発見 (青い印がNo More Tears、赤がアンゼリカ、緑が桜吹雪が風に舞う)


このようないい散策が出来たのも、僕のオニ暇っぷりに付き合ってくれた、下北ナビゲーターのとく君がいたからこそです。今この場を借りて、お礼申し上げます。大学2年の夏休みの最後の日に、いい収穫を得られて、とても満足したこの男なのでした。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

簡単だ、引いたら押せばいい

テーマ:ブログ
2005年09月23日

今から書くことは、半ばフィクション&ネタです。そのことを覚悟の上で、この記事をお楽しみ下さい。




予め予告しておくと、こういうことになります。今から何を書くか。海くんから回ってきたラブバトンなるもの。長期放置していました。先日、後輩と思しき者からも、「書かないんですか?」とのコメントがあったので、この度書くことに。ネタとは分かっていても、自分の書く内容のサムさに我が身が抗えるかどうか・・・。まあ温かく見守ってくださいってことで、サムい&イタい記事の、始まり始まり。



Q1.初恋はいつ?

4歳くらいの時、この前結婚した従姉妹に。


Q2.今まで付き合った人数

2人じゃないかと。


Q3.デートで行きたい場所は?

東京でいうならお台場・品川。それか、多摩地区の自然味溢れる場所。深大寺とか高尾山とか。


Q4.一緒に観たい映画は?

「ノッティングヒルの恋人」とか、そういう感動の恋愛モノもいいかも知れないけど、「グリーンマイル」とかの、ヒューマンモノの方がいいです。


Q5.好きな人はいますか?

もしいるとしたら、このブログにそれなりに表れるんじゃないかな。子供だから自分。


Q6.こんな人は絶対無理

何よりもかによりも、タバコを吸う人。出来れば絡みたくもない。


Q7.浮気は許せるか?許せるとしたらどこまで?

自分の方に、明らかに負がある場合は容認するのかも。


Q8.同棲はしてみたい?

してみたい。


Q9.あなたが愛情を感じる行動は?

心から喜怒哀楽を示してくれること。遠慮なんて要らないだろうし。


Q10.愛と恋との違いは?

恋は、自分の心の内に秘め置く静かなるもの。愛は、恋と定義されるものに更に、何らかの行動が伴うもの。又は恋というものを何らかの形で示すもの。


Q11.一番長く続いた恋愛は?

一ヶ月。


Q12.付き合ってみたい有名人or芸能人は?

長谷川京子とか、吉沢明歩とか。


Q13.究極の選択:一生愛することしか出来なくなるのと、一生愛されることしか出来なくなるのと、どっちを選ぶ?

前者。


・・・やはり冷静になってみると、自分で自分が痛々しい。例えネタであったとしても。とりわけQ9以降は、タイピングする手が震えていました。みんな良く書けたなあ、このバトン。というわけで、このブログを見てこのバトンを書きたくなった方々、気ままにやってみて下さい。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

メラでも何でも打ってやるよ

テーマ:ブログ
2005年09月22日

新人戦、ベスト8に進出しました!多くは語りませんが、とりあえず何より嬉しい!ポップ君と僕とで、お互いの穴を埋め合いながら、とうとうここまでやって来れました。


やはり、先日の記事で書いた、僕のクラ友と前回のシングルスの対戦相手のペアとの試合が、今日のキーだった気がします。


そしてミスであれいいプレーであれ、1プレー毎にポップ君とお互い声を掛け合ったり、励まし合ったりして、常にシチュエーションを把握すること、次のプレーをイメージすること、集中力を切らさないことといった要素を維持できました。これらが程よい相乗効果を生み出していると思います。


ただ、僕とポップ君の挑戦は、当然ここに留まることなどなく、今までの流れを維持しながら着実に進んで行きたい、ただその一心。


同じ場所で試合があった、2女のIっつぁん・Mずえペアも順当に勝ち進み、これで晴れて、来年の新人戦のパンフに共に名を残すことが出来ます(新人戦のパンフには、前年のベスト16以降の戦績が掲載される)!


試合の後、僕・ポップ君・Iっつぁん・先輩のTKささんと共に軽いアフターを開き、TKささんの粋な計らいで、僕たちは赤&白ワインをいただくことに。ちょっとリッチに見える、勝利の美酒


POPにゃワインがよく似合う 写真はその勝利の美酒に酔うポップ君。そのご満悦そうな顔はもちろんのこと、何より、彼には赤ワインが良く似合っていますね。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

青めいたデジキャメ

テーマ:ブログ
2005年09月21日

新デジカメ 赤という色が「情熱」というものに形容出来るのであれば、青という色は「冷静さ」に形容することができ、この色のカメラを手にした者は、被写体を冷静に、且つ鮮明に映し出す・・・。


・・・謎の冒頭が入りましたが、それはともかく、とうとうデジカメも変えました!更に色は念願の青、青、青!これまで使っていた、ニコンの300万画素のデジカメもクオリティは高かったのですが、バッテリー消費の早さ・画面の小ささ・シャッタースピードの遅さという点をかんがみて、この度買い換えることに。リコーのデジカメは、認知度はそれほど高くないのですが、実はデジカメ誕生当初からこの世界に参入している老舗なのです。


このデジカメ、先代のニコンのデジカメの3大ウィークポイントを全て補っている上、電源を入れてから起動するまでのスピードもハンパなく速い。


更に言うなれば、このカメラ、今までのデジカメのバイトで、僕が売り込んでいた機種。今までこのブログ上で申告してはいませんでしたが、実は僕はリコーのデジカメのヘルパーとして、各地のヤマダ電機に派遣されていたのです。ですから、キヤノンやニコンやパナソニックやカシオのデジカメばかり売っていればいいという事ではなく、その一方でリコーのデジカメもちゃんと売らなくてはいけなかった。もっとも、最後の2回は、リコーのカメラを1台も売り込むことは出来なかったのですが(トータル販売台数の多さに救われた)。


まあ要は、リコーのデジカメを売り込むべく研修を受けたり、機能やスペックを把握していくうちに、このデジカメに惚れてしまっていたという話。機種の色の方も、タイムリーに青いものが存在していましたから、もう文句なしでこれに決めました。


最近は、自称・写真担当として、サークルでその地位を固めつつある僕ではありますが、このデジカメを手に入れたことにより、また一歩、それに近づけるものかと。更には、今後アヴァンチュールする際に、チャリ・コカコーラに次ぐ必須アイテムになるのは必至。このカメラを使って、今まで以上に、色々な風景・人物を撮って行こうと目論んでいます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。