遠征中毒患者日誌byすみだちひろ

誰かに気遣うこともなく、疲れたらすぐ休んで、食事の場所も決めず、風を抜けて気ままに走る。週末は、思いのままに、わがままに。


テーマ:
161204_164414.jpg

船橋習志野台・B1
千葉86-66渋谷
1Qから千葉の3Pが順調に決まり得点を伸ばす一方、
渋谷はインサイドを封じられ、獲得したFTも決め切れない。
波に乗れない渋谷に対し、千葉は残り1秒を切ってからストーンがセンターライン手前からロングショット。
ブザーと同時に手を離れたボールは一直線にゴールへ向かうと、
見事リングを通過してブザービーター3Pのスーパーショットが決まった。
いきなり15点のリードを奪った千葉は、2Qも自在なパスワークから得点を重ねる。
渋谷も千葉のターンオーバーを逃さずフリーショットを決めて追い上げるが、
ねじを巻き直した千葉が逆に17点リードに広げて折り返した。
後半巻き返しに出る渋谷だったが、千葉のハードなディフェンスにミスが目立つ。
対称的に千葉はいい連係から面白いようにショットが決まり、ついに30点リードに広がって3Qを終了する。
この点差で互いに緊張が緩んだか、4Qはターンオーバーの多い大味な展開に。
渋谷も必死に得点を重ねて粘るが、さすがに点差が離れすぎては焼け石に水だった。
ポイントガードが全員負傷離脱の渋谷は千葉の守備に苦戦したまま連戦を終了することに。
千葉はチームタイ記録となる9連勝、地区3位とワイルドカード首位をきっちりキープした。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
161204_123014.jpg

フクアリではお馴染み、喜作のソーセージ盛り。
船橋アリーナの喜作売店にも、ついに降臨。
火気厳禁なので鉄板ではなくホットプレート使用ですが、
ボリュームと味はフクアリ同様です。
次のホームゲームには、タッパを持参しよう。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
161204_114804.jpg

前座試合は、船橋市と市原市の選抜チームによるミニバス。
毎回思うのは、選手の保護者がものすごく熱いこと。
一心不乱に写真や動画を撮影し、監督より大きな声で指示を出して。
夢中になるのは理解しますが、いいプレーには拍手を送ってあげましょうよ。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
161203_194340.jpg

船橋習志野台・B1
千葉83-74渋谷
1Qから激しい点の取り合いに。
千葉が3P、渋谷がインサイドで強さを発揮する。
千葉が一時は7点リードも、渋谷が終盤の連続得点で1点リードして1Q終了。
2Qも引き続き、取って取られてのシーソーゲーム。
どちらも主導権を握りきれないまま同点で迎えた終盤、
千葉がストーンの3Pでリードして折り返す。
3Q、渋谷がゴール下の攻防を制して逆転するが、千葉が怒濤の連続3Pで再逆転に成功。
ファウルを受けながらもタフショットを仕留めた石井は、
ボーナススローも決めて4ポイントプレー、このビッグプレーで流れは千葉へ。
ファウルの少ない千葉はここから激しいプレスで渋谷の攻撃をヴァイオレーションに追い込み、
一気に16点リードに広げて最終Qへ突入する。
ここから渋谷は粘りを見せて、インサイドを徹底的に攻めて8点差に追い上げる。
最後はファウルゲームに持ち込むが、千葉は富樫にボールを預けてFTを決めて逃げ切った。
渋谷は3Qの失速が響き連勝ストップ、千葉は8連勝で上位追撃態勢に入った。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
161203_164338.jpg

161203_163759.jpg

千葉商科大学のマッチデー、今年のテーマは「ジェッツ女子」。
ここまでのホームゲームで、プレイベントとして会場での写真撮影やSNS連動企画を実施してきた学生チーム。
今日と明日の2試合が「集大成」となる。
場内には手作りの装飾、客席にはジェッツ女子専用エリアも設置された。
学生の頑張りに、チームは勝利で、ブースターは声援で応えたい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
161123_114136.jpg

伊豆箱根鉄道の車庫開放イベントでした。
今回はゆゆと、元国鉄マンで新幹線の運転士だった、にわあつし氏のトークショー。
鉄道ファン、地元の人以上に多く来場したのは、「ラブライバー」。
三島に沼津が最新作の「聖地」になっているので、
伊豆箱根や東海自動車のコラボレーションが実施され、
会場では限定商品が多数販売されることになった。
これを求めるラブライバーが、開場前から列を作り、
それは鉄道グッズの購入列よりも長くなる結果になった。
前記事に掲載した「痛タクシー」も人気だったし、
アニメのパワーは底知れないものがあると痛感。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
161120_165626.jpg

船橋習志野台・B1
千葉76-72秋田
千葉石井が1Qから大当り。
スティールからの速攻に持ち込むと、3Pを3本決めてリードを奪う。
秋田はFT4本を全て落とし、流れに乗れないまま終わり千葉が9点リードで2Qへ。
この流れは2Qも続き、千葉の一方的な展開となるが、
秋田はオフィシャルタイムアウト後からようやく千葉の守備のギャップから得点を返していく。
すると千葉の得点が止まり、残り20秒で3点差まで秋田が追い上げる。
この嫌な流れを、千葉はストーンの3Pで断ち切り、6点リードに戻して前半を終了する。
3Q開始から千葉の守備が秋田を止めて、攻撃に素早く転じる流れから連続得点。
11点リードに広げて4Qに入った千葉に対し、秋田は残り5分から粘りを見せて追い上げ開始。
残り10秒の時点でついに2点差に迫ると、最後の望みをかけてファウルゲーム開始。
しかし秋田にとって不運だったのは、この段階でのチームファウルが2だったので、
5ファウル到達までに時間を要してしまったこと。
そして5ファウルの際にボールを保持していたのが、富樫だったこと。
富樫がFT2本を確実に決め、これで勝負あり。
粘る秋田に競り勝ち、千葉が4連勝を決めた。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。