遠征中毒患者日誌byすみだちひろ

誰かに気遣うこともなく、疲れたらすぐ休んで、食事の場所も決めず、風を抜けて気ままに走る。週末は、思いのままに、わがままに。


テーマ:
160626_152648.jpg

所沢・パシフィックリーグ公式戦
ライオンズ4-10マリーンズ
試合開始30分前のスタメン発表では、マリーンズの2番サードは高濱だった。
ところが開始直前の最終確認で、これが中村に変更された。
アクシデント発生に暗雲漂いかけた嫌な雰囲気を、その中村が払拭する。
初回、マリーンズは細谷が詰まりながらもヒットで出塁すると、
中村の送りバントは三塁線上を転がる絶妙な当たり。
これが内野安打となりチャンスを拡大すると、角中はストレートの四球で無死満塁。
昨晩の10表は無得点に終わったマリーンズだったが、
このチャンスはデスパイネがきっちり犠牲フライで先制する。
さらに一死一、三塁からナバーロの緩い遊ゴロの間に1点を追加、
立ち上がり不安定なライオンズ先発多和田を攻略する。
2表には先頭田村の二塁打から二死一、三塁とすると、
角中の強い三ゴロを金子侑が一塁へ悪送球、ライオンズの拙守が今日もマリーンズに味方して追加点。
ライオンズの反撃は2裏、二死一、二塁から永江が今シーズン初安打。
これがタイムリーとなって、1点を返す。
しかし3表、マリーンズは二死から加藤がヒットで出塁、
田村がレフトへ1号ツーランを放ち突き放す。
ライオンズもその裏、マリーンズ先発スタンリッジの悪送球から無死一、三塁とチャンスをつかむが、
メヒアの併殺打の間に入った1点止まりで差を詰めるには至らない。
スタンリッジの球数が100に迫った6裏、ライオンズは浅村、栗山の連打で一死二、三塁。
山川の遊ゴロで1点を返すと、昨日に続き代打で登場の上本がタイムリーで1点差に迫る。
さらに永江が猛打賞となるヒットでつなぎスタンリッジをマウンドから下ろす。
二死一、二塁と一打同点の場面で秋山を迎え一気に場内は盛り上がったが、
マリーンズは二番手の松永が秋山を抑えてリードを死守する。
7表、マリーンズはデスパイネの四球とナバーロのヒットで無死一、二塁。
ここで鈴木はバントの構え一転強攻策に出てライオンズの裏をかくが、
打球は二塁正面のゴロで併殺になってしまう。
チャンス潰えたに見えたマリーンズだったが、二死三塁から加藤にタイムリーが出て貴重な追加点。
前日はリードを守れなかったマリーンズだったが、
7裏は松永と大谷、8裏は益田がしっかり抑えて最終回へ。
2点ビハインドのライオンズは四番手に佐野を送るが、
鈴木、加藤、田村の三連打で失点すると、
細谷の犠牲フライ、自らの暴投、岡田のタイムリーで都合4失点。
6点リードとなったマリーンズは西野を温存、最後はルーキー東條が抑えてカード勝ち越しを決めた。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160626_115107.jpg

三塁側のクレープ専門店で、イチゴとクリームたっぷりのクレープ。
暑いので、アイスも乗せてもらった。
クレープ生地が温かいので、アイスが溶ける前に素早くわしわし。
中のイチゴも凍らせてあったので、最後まで冷たさが持続してました。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160626_112640.jpg

夏場の西武ドームは暑い。
正面広場にはミストの出る装置が木々に設置され、
内野コンコースには大型の送風機がある。
今年になって、売店エリアにこんな巨大扇風機が出現した。
同じものが、打撃練習中のグラウンドにも。
直径2メートルはあるだろうか、相当の風力です。
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160626_093213.jpg

昨晩のライオンズ対マリーンズ、前記事にも記した通り、現地で観戦できたのは
「10裏二死二塁、秋山の故意四球で一、二塁になるまで」。
正確に言えば、秋山が歩かされた場面で席を立って、
内野席からバックスクリーン裏にある出口へ移動。
歩きながら金子侑の打席を横目で見て、出口を出ると同時に内野安打で満塁に。
この時、時刻は22時44分。
船橋の自宅に間に合う最終電車は、西武球場前22時46分発の各駅停車清瀬行き。
後ろ髪引かれながらドームを後にして、駅までダッシュ。
西武球場前を定刻に清瀬行きが発車した直後に、坂田のサヨナラヒットの報が入ってきた。
仮に終了まで観戦してヒーローインタビューまで残っていたら、西武球場前出発は23時過ぎ。
JRで津田沼までは到着できても、その先がないのでタクシーかネットカフェになるところだった。
ホームのクロスプレイを巡ってのリプレイ検証が二度あった一戦、
このロスタイムがなければ決着の瞬間までいられたのに、残念。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160625_202231.jpg

160625_210220.jpg

所沢・パシフィックリーグ公式戦
ライオンズ10x-9マリーンズ
(延長10回)
ライオンズはリーグワーストの失策数。
初回から守備のミスが出て、先発野上の足を引っ張る。
マリーンズは一死から高濱、角中に連打。
角中のヒットで高濱が三塁へ向かうと、ライト森から二塁への返球が乱れたのを角中が見逃さず二塁へ。
一死二、三塁からデスパイネの遊ゴロで高濱がスタートを切ると、バックホームされて高濱は三本間に挟まれる。
ランダウンプレイの最中に金子侑が落球すると高濱は本塁突入、金子侑がボールを拾って本塁へ送球。
判定はアウトも、マリーンズがリプレイ映像検証を要求する。
長い検証の結果、高濱の足が速く入ったとして、コリジョン関係なく誤審で判定が覆った。
記録上は金子侑の失策でマリーンズが先制すると、待たされた野上の動揺を突いてナバーロが2点タイムリー。
いきなり3点を失ったライオンズは2裏、一死から浅村が左中間へ11号ソロを放ち反撃の狼煙を上げると、
栗山、鬼崎の連打で一死ー、三塁とマリーンズ先発二木を攻める。
このチャンスに山川がレフトへ1号スリーラン、一発攻勢で一気に試合をひっくり返した。
直後の3表、マリーンズは先頭のデスパイネがお返しと言わんばかりの12号ソロであっさり同点。
さらに5表、マリーンズは角中、デスパイネの連打で無死一、二塁として、ナバーロが詰まりながらもセンター前へ運ぶ。
二塁から角中が三塁を蹴って本塁突入も、バックホームが速くアウトとなり一死ー、二塁に。
流れの切れかけたマリーンズだったが鈴木のヒットでつなぎ、一死満塁。
このチャンスに岡田はレフトへのやや浅いフライ、三塁からデスパイネがスタートを切る。
しかしこれまたバックホームが速く、この回二度目の本塁アウトでマリーンズは無得点に終わった。
ピンチの後にチャンスあり、ライオンズは5裏先頭の山川が死球、一死二塁となって秋山が四球。
さらに金子侑のヒットで一死満塁とすると、森がフルカウントからタイムリー、二者生還で再び勝ち越すと、
続くメヒアにもタイムリーが出てリードを3点に広げた。
6表に細谷のライナーが一塁正面を突いて併殺となるなどマリーンズはツキに見放されかけたが、
7表に先頭の高濱が鬼崎の失策で出塁すると、角中、デスパイネの連打でまず1点。
一死ー、三塁となって鈴木の一ゴロで山川はバックホームするが、
スタートを切った三走の角中がすぐに引き返したためオールセーフ(記録は野選)、満塁。
岡田の二ゴロを浅村がバックホームするも送球低く、角中が生還(記録は野選)、これで1点差。
さらに満塁とチャンスは続き、田村のタイムリーで二者生還、ついに逆転。
二走鈴木の生還を巡って再びリプレイ検証となったが、判定変わらず得点が認められた。
6表からイニングまたぎのライオンズ二番手十亀は1失策2野選でリズムを崩し、降板となった。
これで流れは一気にマリーンズのものに。
7裏を大谷がきっちり抑えると、8表にはデスパイネがこの試合2本目となる13号ソロで突き放す。
8裏、マリーンズは三番手に益田を送るが、先頭の栗山を四球で歩かせると、鬼崎のヒットで無死一、二塁。
ここからライオンズベンチが勝負をかける。
山川の代打に「ピンチバンター」渡辺直を送ると、初球を一発で決めて一死二、三塁とチャンス拡大。
続けて岡田の代打に上本を起用、上本は追い込まれながらもタイムリー、
二者生還でライオンズがまたまた振り出しに戻した。
延長10表、マリーンズはライオンズ六番手武隈から無死満塁と、勝ち越しのビッグチャンス。
しかし鈴木が遊フライでアウトとなると、代打大嶺翔は三振で二死。
田村のライナーはショート正面を突いて、まさかの無得点に終わる。
その裏、ライオンズは一死から渡辺直がヒットで出ると、炭谷は送りバントで二死二塁。
マリーンズバッテリーは秋山を敬遠して、金子侑との勝負を選択する。
※終電の関係でここで退場、以下は球団の試合速報で把握
金子侑はしぶとく内野安打でつないで満塁と今度はライオンズにチャンス。
ライオンズベンチは途中出場の永江の打順だったが、最後の代打・坂田で勝負。
坂田はマリーンズ六番手南の初球を振り抜き、ベンチの期待に応えてサヨナラヒット、
守備のミスからもつれにもつれた乱戦をもぎ取った。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160625_170445.jpg

売店で目に入った、肉味噌焼そば。
以前食べたカレー焼そば同様、味付けしていない焼そばが準備されていて、
そこに肉味噌と野菜がトッピングされて提供される。
辛口を想像していたら、それほどでもなく、水菜のさっぱり感で辛さがなくなってしまった。
暑い夏に向けて、もっと激辛のメニューが欲しいかな。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160625_171347.jpg

西武電車で西武球場前に到着したら、改札を出て正面へ。
ライオンズのファンクラブブースへ向かい、まずは来場登録。
次にピンバッジ販売テントへ向かい、数量限定の記録達成記念ピンバッジを購入。
そして、今日はマリーンズのビジター応援デーになっているので、
マリーンズのファンクラブブースで来場登録も。
こちらの行列が予想以上に長く、電車を降りてからドーム入場まで30分以上かかった。
手元にはピンバッジ5個。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160612_125717.jpg

千葉・インターリーグ
マリーンズ7-1スワローズ
この試合が終わると長期ロードに出るマリーンズ。
初回、先頭の加藤がヒットで出ると、二死二塁からデスパイネのタイムリーで幸先良く先制。
一方スワローズは3表、やはり二死二塁から坂口にタイムリー、早い段階で追いつく。
4裏、マリーンズは単打3本で一死満塁とスワローズ先発原樹を攻め、
田村がきっちり犠牲フライを打ち上げて勝ち越しに成功する。
さらに6裏、原樹がこの試合初死球を鈴木に与えると、細谷がヒットでつないで一死一、二塁。
このチャンスに清田がレフト線を破る二塁打、坂口がクッションボール処理にもたつく間に一塁から細谷も生還。
100球を突破して疲れの見えてきた原樹をつかまえたマリーンズが、リードを広げた。
マリーンズは7裏から登板したスワローズ二番手村中にも攻撃の手を緩めず、
一死ー、二塁からデスパイネが右中間へ11号スリーラン、勝負を決めた。
マリーンズ先発唐川は5回1失点と前回の汚名を返上する好投。
球数少なく余力十分に見えた唐川だったが、マリーンズベンチは6表から継投に入る。
まず大谷が6表を抑えると、以降益田、松永、南が1イニングずつをしっかり無失点。
自慢のブルペン陣が機能、打線も噛み合ったマリーンズが連勝でカード勝ち越しを決めた。
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。