去る2月27日(月)に、東京の丸の内ピカデリーにて、神山監督オリジナル長編アニメーション映画『ひるね姫』の完成披露試写会が行われ、マスコミ関係者やアニメファンがたくさん集まりました。Ameba Meister運営局より体験会をプレゼントされ、私も参戦しちゃいました!

 

▲いただいたフライヤーです。ジョイ(ぬいぐるみ)を抱っこするココネがキュートですよねラブ 舞台挨拶では、高畑さんも腕に抱えてましたよ音譜

 

 まず、登壇されたのは高畑充希さん(森川ココネ役)、満島真之介さん(満島真之介役)、古田新太さん(渡辺一郎役)、前野朋哉さん(雉田役)、江口洋介さん(森川モモタロー役)、高橋英樹さん(志島一心役)と、神山健治監督、司会進行役の日テレの藤井恒久アナ。

 

 とっても豪華な顔ぶれに拍手喝采の会場でした! 特に高畑さんは、ピンクのスカジャン風ワンピという個性光るファッション音譜 かわいらしかったですラブラブ 満島さんは、豪華な登壇陣にならんで、ちょっぴり緊張のご様子。auの三四郎CMの一寸法師役としてお馴染みの前野さんは、作品の舞台である岡山県出身ということで、アフレコではネイティブな方言を披露しているのだそう。古田さんは、悪役ならお手の物!! といった、自信満々のコメント。江口さんは「スタッフロールの最後まで観ていただきたいです」と力強くおっしゃっていました。高橋さんからは、「僕の俳優人生で5本の指に入るくらい監督は厳しかったですよ(笑)。」とコメントし、会場を沸かせていました。

 

 豪華な舞台挨拶が終了し、いよいよ本編のお話。

 

 もちろん、ネタバレは記載しませんからご安心を(笑)。私は神山監督作品のファンで、ほぼコンプリートしている組です。だからなのか、監督の作りたかったものが、きちんと伝わる作品だったなという印象を持ちました。過去作より、オチも明確で誰にでもわかりやすい映画に仕上がっているのが魅力だなと思いました。

 

 きっと神山監督は映画が大好きで、空想好きのロマンチスト。この『ひるね姫』には、そんなロマンがぎゅっと詰め込んでありました。さまざまなところに有名映画のオマージュが散りばめられているのが、宝探しのようでおもしろかったです音譜 

 

 演者さんたちの声も、キャラクターとピッタリでした。特に、声優初挑戦だと話していた江口さんは、「本当に初めて????」と思うくらい素敵な声を聞かせてくださいました。

 主人公のココネは、夢と現実を行ったり来たりします。初見さんには、どこからが現実でどこからが夢の世界なのか混乱するシーンも多々あるかと思います。でも、その混乱こそが、ココネの心境とシンクロしているのです。夢か現実か、わからなくてもOK! なのでご安心を(笑)。 そして、くぎゅ……かわいすぎかっラブ

 

 個人的にお気に入りのシーンは、ラストのバトルシーンです。神山監督らしい、ド派手なドンパチアップ そして、『FF15』や『キングダムハーツ』などの音楽で知られる、下村陽子氏が作った滾る音楽がババーンと流れますDASH! きっと、ゲーム好きならたまらないシーンなんじゃないかなと思いますビックリマーク 

 

 スタッフロールで、高畑さんが歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」が流れるのですが、歌声が美しいドキドキ 私は、朝ドラやウメッシュのCM以来ひさびさに高畑さんの歌声を聴いたのですが、「まさにこのためのキャスティングだったんじゃないかな?」と思ってしまうほどに、心が洗われるエンディングでした。それに載って語られる、ココネの両親の前日談には、ほっこりしました。

 

 

 ちなみに余談ですが、同行者のツレは試写会が初めてだったらしく大興奮!! 登壇者の方も超豪華だったので、大満足の様子でした。映画も「すごくおもしろかったお願い サイコー音譜」とコメントしてました(笑)。ミーハー女子か!!!!

 

 春休み、おもしろそうな映画がたくさん上映されます。ほっこりした気分になりたいとき、家族や恋人、お友達など、誰かと一緒に観る映画として『ひるね姫』、オススメですグッド! たまには映画で春を感じ取ってみるのも良いかもしれませんねウインクアップ 初日舞台挨拶もあるようなので、ぜひ足を運んでみては?

 

 『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』

2017年3月18日より全国ロードショー

 

 

<声の出演>
森川ココネ:高畑充希
モリオ:満島真之介
ジョイ:釘宮理恵
佐渡:高木渉
雉田:前野朋哉
森川イクミ:清水理沙
渡辺一郎:古田新太
志島一心:高橋英樹
森川モモタロー:江口洋介

 

<ストーリー>
 得意なことは、昼寝をすることという能天気で明るい女子高生・森川ココネは、自動車整備士の父・森川モモタローと2人で岡山県倉敷で暮らしていた。しかし、東京オリンピックを三日後に控えたある日、突然モモタローが警察に連行されてしまい、平和な毎日が一変してしまう。ココネが寝るたびに、毎回みる“夢の世界・ハートランド”。どうやら、その世界と現実がリンクしているようで……? 家族をまもるため、ひとりの少女の大冒険がはじまる! 

 

<スタッフ>

原作・脚本・監督:神山健治
キャラクター原案:森川聡子
音楽:下村陽子
主題歌:森川ココネ(高畑充希)「デイ・ドリーム・ビリーバー(ワーナーミュージック・ジャパン)」

 

公式ホームページはこちら

 

(C)2017 ひるね姫製作委員会

AD