<個人セッションはスカイプ、電話、仙台対面>
ウィズダム・ヒーリング
(チャネリングとリーディングでメッセージをお伝えします)
ヒプノセラピー
(呼吸とイメージと誘導で自分で潜在意識から気づきや癒しを得ます)
http://chiharadakuniko.hatenablog.com/entry/menu


<深く自分を知る・学ぶ・プロになる>
東京お茶会1月22日(日)11:00-13:00(無料・完全予約制)

ヒプノセラピスト養成講座2017(すべて10:00-16:30)
第7期:仙台土曜コース 2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15
第8期:仙台平日コース2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様と応相談)
第9期:東京コース 2/11(土)3/11,12(土日)4/22,23(土日) 5/20,21(土日)
  • 26 Feb
    • 体験談

      個人セッションやワークショップの体験談 (過去にもご紹介させていただいたものをまとめで 〜ご縁をいただきました皆様に心より感謝を申し上げます〜    ウィズダム・ヒーリングを受けて   「私は、もともと、見えない世界にとっても興味が あり、いろんな本を読み、セッションを受けて きました。 ところで、 本気で自分を変えたい、時 どうしますか? コーチングを受けていただく。 うん、いいですよ。 結果が出るのが、2倍速くなりますよ。 本当です。 自分で堂々巡りしているより、ずっと ずっと、早くなりますよ。 ただ、コーチの私が言うのもなんですが(笑) コーチングではできない分野もあるんですね。 それはスピリチュアルな領域。 あなたは何のために、今世生まれて きたのか。 あなたの使命は何か。 あなたが生まれ持った能力は? それはコーチの私では分からないのです。 これをスピリチュアルな領域で、 潜在意識のメッセージを ハイヤーセルフからのメッセージを 受け取ると・・・・・・ 私は、自分のセルフイメージがガラっと変わりました。WHO I AMが変わってしまったからです。ただの地味な一般職のOLだと思っていた自分。 ところが、わたしに この世でこんなお役目があったのか。 あの辛い事件はこんな意味があったのか。そんなことが分かると、 あなたのアイデンティティが全部! ガラッと変わってしまいます。 もし、本当に変わりたい方。こんな領域もありますよ。 ちなみに、残念ながら、 いろんなセラピスト、チャネラーの方がいて信頼できる方って、分からないですね。 これが大きな悩み。 私が絶大な信頼を置いていて、 世界中にクライアントがいる素晴らしいセラピストの方がおります。チハラダクニコさん。 本物なのが分かるはず。」(女性 コーチ)   「本当に大切なこと、大切な時間、自分の知り得なかった自分の思い、自分のことを知ることのできる時間です。」(東京・30代女性・自営)   「正直、国内外で受けたあらゆるセッションの中で最高のセッションでした。エネルギーが変わったのが実感できます。自分の進むべき方向もはっきりして、自分のまわりに起こっていたたくさんの未解決のこと、不思議に思っていたことが、パズルがはまる場所を見つけたようにおさまりました。おかげで、希望と信頼と自信を取り戻しました。ありがとう!」(ハワイ・40代女性・自営)   「セッションで初めて自分が何をかたくなに考えてきたのか、どこにその悪循環があったのかを知り、それと同時に、がんばった自分を生まれて初めて正面から認めることができた。あのセッションがなければ、今、こんな風に生きる私は存在しない。私にはあれが本当に始まりだった。その人にとって本当に必要なことを、真摯に、はかり知れぬほどの愛を持って伝えられる、稀有な能力者のひとりです。」(東京・編集者・40代女性)   「私のやるべきことを知り、失われかけていたやる気がでて、またがんばろうと思えました。本当に驚きと嬉しさでいっぱいです。思いきって飛行機で受けにきて本当によかった」(医師・30代女性・広島)   「それぞれの方が深い所で求めているものを、タイムリーに、かつ絶妙な形で提供してくれることの不思議さは、感動もの。とても信頼できます」(ニューヨーク・40 代男性・アーティスト)   「今までたくさんの方の深い癒しや変容をサポートされてきたクニコさんは、本人さえも気が付いていない才能や可能性を見つけることにかけては天才だと思います。人の可能性の扉を開くスペシャリスト。違いのわかる方、まやかしではない本物を求めている方、もっと自分の人生を生きたい方、人生の壁にぶつかっている方におすすめです。あなたの苦悩が人生における大きなチャンスに変わるかもしれません。人間自分のことは分かりにくいもの。自分の中の宝を探すには、人の力を借りることもポイントの一つです。誰かに頼るのが苦手な頑張り屋さんには特にね」(30代 女性)   「セッションでは、ずっと涙を流していました。頭ではなく、魂が反応しているという感じなのです。豊かさは元から与えられていたのだ、と気づくこともできました。自分の生きる意味を知るということは、なんて素晴らしいのでしょう。つい頭で考えてしまう私にとって、心で感じるという経験は素晴らしいものでした。セッションを受けたことの効果は絶大でした。」(40代女性・個人事業主・新潟)   ワークショップに参加して   「自分を”開く”ということと、人の言葉を心から受け止めるということには、こんなにも力があり、愛やうれしさや涙を伴うものなんだと思い知らされた。あとになって、世間ではそういう真摯な姿勢のワークショップばかりでないことも知った。「自分を変えるのは自分である」という根本の考え方と、その覚悟を決めた人たちがお互いを助け合うことの力強さを、最初に学ぶことができた私は本当に幸運だったと思う。ただただ、感謝である」(マスコミ・神奈川・40代女性)   「去年のワークショップでの出来事が、昨日のことのように思い出されます。自分の中にあった、気づいていなかった力を認識した時の感激、常に差し伸べられていた助けに対する感謝、同じ志を持った人たちと出会えた感動!宝石のような3日間でした。すべての人が他者に隷従せず、すべての人が自分の人生の舵を自身でとるような世の中にすることを『維新』と呼ぶならば、クニコさんは『維新の指導者』です。そして自らも傷つき血を流し、葛藤しながらも確実に進化し続けている人です。人生と取っ組み合っている人たちへ羅針盤を授けてくれること請け合いです。」(開業医・40代男性・九州)   「体験するのと、しないのとでは、その後の人生の質が全く違ってくるのでは、と思うほど、素晴らしいし、パワフル。人って、素晴らしい!!頭ではなく、お腹の底からまるごと「体感」出来た。二日間でみんな顔が変わる。すごい!クニコさんのワークショップは、参加された方から、直接その素晴らしさを聞いたり、ネットで「感想」などをずっと前から拝見していて、「素晴らしいのだな!!」というのはすごく伝わるんだけども、具体的に、何をするのかがよく解らなかった。そして今は、よくわかる。魔法があり過ぎて、「何をするワークショップです」なんて、簡単に説明なんて、とても出来ないのだ! もーこれは、義務教育の授業で皆がやればいいのに!!そしたら世界が平和に!!」(青森 30代女性)   「未消化の感情を表面化させ解放すること」「心の闇を認識すること・向き合うこと」クニコさんはこのサポートがとても得意な、まれにみる才能を持った人です。この二つは、タイミングがとても重要になります。クニコさんは、その“タイミング”というものを的確に見極め、適切な処置を施してくれます。これが出来るのは、相手のことを「心から信頼すること」「愛を以て見守ること」がないととてもできないことだと思います。その人本来の魂の輝きを信じて疑わず、じっと待っていてくれたクニコさんに出会わなければ、今の私はいなかった。ここまで信じて待っていてくれたことに心から感謝しています。」(米国 30代女性)   「クニコさんのワークショップは、たった3日間と思えないような素晴らしく濃厚な、こんなに満ち足りてよいのかしらと思うほどの大きな大きな 体験で、今現在も、深い深い感謝の中にいます。膨大な知識や経験を、参加者が受け取りやすい形で惜しげもなく差し出し、人生経験も現在の状況も年齢も性別も違う全ての参加者に平等に深く、信じられないほどの集中力で見守り、支え、導く講師のクニコさんのナビゲーション。絶妙に体験と組み合わされる講義。できないと思い込み、制限がかかっていたことにチャレンジし、可能性の芽を見つけ、人の素晴らしさや無限の可能性を見出していくこと、これらの全てのことを、体験・体感していきました。最終日の皆の輝く笑顔を見たとき、クニコさんの仕事は、本当に神業だと思った。 」(女性・30代、自営、東京)   「凄かった。とにかく凄かった。この凄さは言葉にできないし、簡単に表現したくない。そして、いまだに何が起こったのか理解できていない自分もいます。参加動機でもあった、自分と繋がりたい、本当の私を知りたい、自信をつけたい、愛の能力を高めたい、という目的がなぜ今まで出来なかったのかということにこの3日間で気付かされました。この10年色んな本を読んで、色んな心理療法を受けたけど、ここまで「自分を受け入れられない自分がいる」という深い部分に気付けなかった。頭ではわかったつもりでいたけど、心ではわかっていなかった。本当に参加して良かった!心から感謝です!」(女性 30代)   個人セッション&ヒプノセラピスト養成講座の詳細はこちら   ヒプノセラピー、養成講座の体験談はこちら

      15
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 「浄化ケア習慣」疲れやすいセラピストやヒーラー、エンパス体質、サイキック体質の人へ(追記有り)

      こんにちは、チハラダクニコです。 目には見えませんが、気やエネルギー というのは確かに存在します。 信じるのも、信じないのも、自由ですが、   繊細で敏感、ひとのネガティブな感情に 影響を受けやすい方、 ひとの気持ちがわかるサイキック体質や エンパス(共感体質)の方、 あるいは、お仕事で、セラピーや ヒーリングなどのお仕事をなさっている方は、 目に見えない非言語の情報やエネルギーを大量に 受け取っているために、 その非言語の情報の処理に忙しく、 処理きしれないうちに新たな 情報が次々にたまってしまうために 疲労することが多いものです。   私自身もケアを怠ると いつのまにか疲労が蓄積されてしまい 使い物にならなくなるので(笑) ケアを習慣にしています。 思いつくままにお役立ちアイテムをご紹介してみます。   FESのフラワーエッセンス、 「ヤロウ・エンバイロメンタル・ソリューション」 スプレータイプとエッセンスタイプがあります。 ひとごみで疲れやすい方や、人の気持ちに敏感で 感情をスポンジのように吸収してしまうひとが、 影響をうけないよう自分を守るためのものです。 3種類のヤロウと、塩が入っています。 海外では最も売れている種類のひとつです。 私は毎日スプレーを使っています。   バッチのフラワーエッセンス 「レスキューレメディ」 繊細で敏感な方、 過呼吸やパニック呼吸になりやすい方、 ショックや不安があるときや、 ストレスやプレッシャーがあって 胸がハカハカする嫌な感じの時、 自分の状態が良くない時には 会社に1本、自宅に1本、バッグに1本。 どこでも、いつでも、さっと使いましょう。 私も在庫をきらさないようにしています(笑) 本当に少しでも自分のバランスが揺らいだと感じたら それを早めにキャッチして、すぐに対処する ということをしていくと、大事に至りません。   神社の塩や、粗塩 写真は、強烈な浄化作用がある として全国的に知られている 宮城県の塩竈神社の塩ですが ご自身のお気に入りの塩を お風呂に入れて入浴することで その日、自分から発生したあるいは 人や環境から取り込んでしまった ネガティブな感情を浄化します。 神社の塩がなければ粗塩でもいいです。 塩というのはやはりパワーがあります。   ひとは、首のうしろ、肩甲骨周辺、背骨上半分を 中心に、ネガティブな気やエネルギーがたまります。 ストレスやプレッシャーも霊も同様です。 セッション等をなさる方や、 困難な時期時には、 特に念入りに、 その部分を塩で洗ったり もんだりするといいですよ。 その日のことはできるだけ貯めずに その日のうちに浄化しましょう。   気休めのように思えるかも しれませんが、続けて行くと 疲れが違ってくるのでお試しを。   他にも色々ありますよ〜 定期的に浄化をしないと どんどん見えない気がたまって行くので ものすごく疲労します。お互いに 面倒がらずにやりましょうね!笑   ◎ちょくちょく温泉に入る (やはり温泉のパワーは強い)   ◎緑色のTシャツ・下着・肌着を来て寝ると 心身の疲労回復が早い 私は緑色のTシャツを7枚揃えていて それを来て寝ると、心身の疲労回復が早いです。 緑色のシーツ、タオルケットで寝るのもいいです。 緑色は心身の疲れを癒し、精神を安定させ、 目の疲れや心臓にも良いとされています。   ◎水を飲む (体の大部分は水でできているので 水を入れ替えることが、体から 余分な気を流すことになる)   ◎毎日部屋の空気の入れ替えをする 特に朝の気はぜひ取り込んで欲しいです。 できればこまめに空気を入れ替えるとGOOD   ◎セッションとセッションの間には 必ず空気を入れ替える。 (前の方の気と情報が空気中に 残っているため、情報や気が 混ざり合って、疲れるため)   ◎セッションをしたら、 髪を必ず洗ってから寝る (髪は大量に気を吸収するため)   ◎セッションをしたら、 セッションをしたままの服で 寝たり、寝具に横たわったりしない。 必ず、すべて着替えてから寝る。 (洋服は気を吸収しているため)   ◎物は少ないほうが疲れにくい 物にも、情報と気が宿っています。 いつもの場所にごたごたと物が多いと、 それだけ情報が増えてしまいます。 影響を受けるアイテムはできるだけ 少ない方が疲れません。 特に寝室に仕事の書類などが多いと 疲れがとれにくいです。 パソコンやスマホなどはできるだけ 頭から離して眠りましょう。   ◎アロマエッセンス アロマエッセンスは植物の波動を 持っています。植物の波動は一定なので ひとの気分や感情にも働きかける力があります。 空間に噴射すると、空間の波動が変わります。 私は朝昼晩とアロマエッセンスを使わない日は ありません。   ◎体を動かす習慣 このような体質のひとの神経は ほかのひとより多くの情報を取り込むため 常に神経が緊張状態におかれています。 感情労働や、神経を使う仕事をするひとほど 体を動かすことをお勧めます。 いつも鋭い神経がゆるみ、全体の気が循環し、 バランスを育ててくれます。 また、筋膜には感情やストレスが たまってしまうので、運動をすることで 感情やストレスを解放することもできます。 さらに、頭と心は変えられない過去を考えたり 未来への不安を考えるのに忙しくて、 なかなか今ここにいることが難しいのですが 体は「今ここ」にしか居られない性質を持つため 体を動かすことで、「今ここ」に集中する 回路が発達します。そのことによって、 考え過ぎや感じ過ぎをやめる力、 ま、いいか、と思える切り替え力がつき、 心が強くなります。生きやすくなります。 ◎ひとりの時間が必須 このような体質のひとは 親しさや好き嫌いに関係なく 人といること自体が疲れます。 このため、日常的に、 誰にも遠慮せず ひとりの時間をつくりましょう。 スケジュールに余白がないと 煮詰まってしまいます。   さて、おまけ!   名古屋製酪株式会社(めいらく)の スジャータを始めとする製品が 波動の高い商品として 話題になっていますね。   めいらくグループは 「波動医科学総合研究所」をつくって、 原料・素材、製品の評価、 さらに社員およびその家族の健康チェックに 測定器を利用しているそうです。 波動が高い食品をとれば、 波動が高くなるし 健康に良いというわけです。   ひとがパワースポットに行くと、 高い波動を体全身に 浴びることになるため 一時的にですが 波動が上がります。   同様に、セラピーを受けると、 心身が癒されたり心身が軽くなったり 満たされたりして、 低くなっていた波動が上がり、 波動の滞りや詰まりが再び流れ始め、 結果として波動が上がります。 なんとなく想像いただけるでしょうか。   以前からスジャータのジュースや コーンクリームスープは好きで よく飲んでいましたが 波動測定をしていたなんて 知りませんでした。   最近いただいた このゴールデンパインが (波動のことがあってもなくても) 美味しくて!!!! まとめ買いしちゃいました(笑)。 宣伝ではありません(笑)   LOVE   KUNIKO      

      37
      1
      テーマ:
  • 22 Feb
    • カウンセラーやセラピストの守秘義務って?

      宮城県名取市にある国指定重要文化財の 洞口家住宅を訪問しました。 宅地面積1500坪、50年おきに葺き替える 茅葺屋根の立派なこと。 19代当主の方ともお話をさせていただきました。 まるで江戸時代にタイムスリップしたようで 本当に感動しましたよ〜!     さて、カウンセラーやセラピストの 「守秘義務」という言葉を 聞かれた事があると思います。 でも、実際には、どこまでのことか ご存じない方も多いと思いますので 改めて、書いてみますね!   私には夫がいるのですが、 夫は未だに私の仕事内容をよく 知りません(笑)   共通の知り合いがあっても どなたが来られたかを言う事はありませんし、 そのことについて話し合うこともないからです。   幸い、夫はひとの悩みに全く興味がなく、 驚くほど忘れっぽく、駐車場で 何回か会ったひとであっても 顔や名前を覚えられないので、 とても助かっています(笑)   守秘義務を守り通す仕事というのは 実はとても孤独な仕事でもあります。 疲れても、悩んでも、迷っても、 それを気軽に誰かに相談することは できませんし、お客様のお話は 自分の胸にしまって、 墓場まで持って行く。   誰の味方にも敵にもならず 利害関係のない 中立の立場であるよう、 心がける必要もあるでしょう。   さて、守秘義務について本題です↓   カウンセラーやセラピストには 守秘義務があります。 カウンセリングやセラピーで 知りえた情報を ご本人の同意なくして クライアント様以外の他の誰かに 伝えることはありません。   例えば、ご家族や御親戚から、 「家族やパートナーが カウンセリングやセラピーを 受けていると思うのだが、 相談に乗って欲しい」 という問い合わせがあったとしても、 内容はもとより、 その方がカウンセリングや セラピーにいらっしゃっているかどうかを 伝えることはありません。   同様に、会社の上司等から 「弊社の者がセラピーを 受けていると思うのだが、 詳しく教えてほしい」という 問い合わせがあったとしても、 内容はもとより、その方が いらっしゃっているかどうかを 伝えることもありません。   カウンセラーやセラピストには、 セラピーで生じた 下記の情報すべてを守秘する義務があります   クライエント様がカウンセリングや セラピーを受けているという事実および予約状況 クライエント様がカウンセリングやセラピー時に話された内容 クライエント様に対するカウンセラー/セラピストの対応および見立て クライエント様についてカウンセラー/セラピストが記載した書類 クライエント様がカウンセリング/セラピーにおいて記載した書類   *   個人のカウンセリング/セラピーと カップル(夫婦)のカウンセリング/セラピーを 併用される場合で、担当者が同一の場合、 個人セラピーで話されたことを、 カップルセラピーの場で 言及することはありません。   セラピストは、守秘義務に基づき、 個人情報を第三者に 開示及び漏洩することはありません。 ただし、法令に基づき裁判所 その他の司法機関および行政機関から ご利用者に関する情報の開示を 要求された場合はその限りではありません。   プライバシー保護を解除する場合   1クライエント様ご本人、または第三者の生命が   危険にさらされる恐れがあると セラピストが判断した場合   2クライエント様ご本人又は 第三者が虐待を受けている可能性が極めて高く、 直ちに対処しなければ、 クライエント様ご本人又は第三者の生命が 危険にさらされる恐れがあると セラピストが判断した場合   3 自殺企図などの実行性が高く、 クライエント様の生命が 危険にさらされる恐れがあると セラピストが判断した場合   4法令、法的機関により開示を求められた場合   以上です。   いかがでしたか? ご参考になれば幸いです。   Love,   Kuniko   <お知らせ> 4月2日(日)仙台 「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」 ぜひ会いに来て下さいね! (完売となる可能性があるそうです) 【タイムテーブル】 09:30 受付開始 10:00〜10:30 澤口ご挨拶、会場説明、諸注意 10:30〜11:15 講演1 主宰 澤口珠子 「愛もお金も全て手に入る美しく自由な女になる方法」 11:15〜12:00 講演2 チハラダクニコ先生 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 12:00〜12:45 講演3 丹野拓子先生 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 12:45〜14:00 休憩 ランチ 14:00〜14:45 講演4 福田沙織先生 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 14:45〜15:30 講演5 杉浦永子先生 「~イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング~」 15:30〜16:15 講演6 阿部侑生先生 「絶対に大丈夫!自分らしく、めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 16:15〜16:45 休憩 16:45〜17:30 講演7 浅野道子先生 「今日からあなたも愛され顔に♡顔ヨガで美人度アップ!」 17:30〜18:15 講演8 佐藤律子先生 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール 異性間コミュニケーション」   【会場】 戦災復興記念館 (〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号) 【定員】100名 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日 12,800円   【お申込みこちらから!】 http://8nin-no-megami-20161023.peatix.com

      6
      テーマ:
    • セラピスト・マインドを忘れない

      VOGUE GIRLで大人気の しいたけ占いのしいたけさん。 幸運にも念願かなってお会いすることができました。 お顔出しNGなので、その素敵な男性ぶりを、 猛獣で表現してみました(^^) ガォ〜〜ン     さて、現代では、カウンセリング、セラピー、 スピリチュアル、ヒーリング、鑑定等 深い心の学びを共にする方々が増えていますよね。   そのような深い心の学びを共にする 仲間とのおつきあいの仕方には いくつか大切なことがあると思います。   心の学びを共有し、癒し合い高め合える かけがえのない仲間とは、むしろ、 いわゆる「普通の友達」には なってしまわないことを お勧めします。   え〜〜!?と疑問に思う方も いらっしゃると思いますので(笑) その理由をご説明しますね!   心の学びを共にする仲間は、 愚痴を言い合う相手でもなければ、 変化や成長や自己開示を強要したり、 頼まれもしないのに アドバイスをしたりするような いわゆる日常でよくある 関係性とは違う貴重な仲間です。   心の学びを共にした仲間というのは、 多くの場合は、知り合った期間が短くても 普段の生活では誰にも言えないような 自分にとっては大事な話を 勇気を持って打ち明けた相手だったり、 本来の自分を見せた相手だったりして、 かけがえのない絆を感じる方が ほとんどなのではないでしょうか。   だからこそ、日常でも仲良くしたり 食事をしたり飲んだりしたいと 思われる方は多いと思います。   それ自体は構わないのですが 残念な事にそういった飲み会や食事会で ついつい気が緩んで、 当初の姿勢や在り方から ずれていってしまい、 品性を失って、 知らずに相手を傷つけたり、 それまでの信頼関係性を貶めたり 壊してしまう場合があります。   心の学びの場は、多くの場合、 全員が相手を尊重する受容的な態度と ジャッジメントのない謙虚な姿勢、 守秘義務を守るという 前提を共有していますよね。 これを仮に「セラピスト・マインド」と 呼んでみます。   すべてのひとが、互いに適切な距離を保ち 相手を尊重しているからこそ、 その場が安全で効果的な場所になるのです。   それがもし仮に、日常と同じように、 ずけずけと心に踏み込まれ、 頼みもしないのにアドバイスや分析をされ、 守秘義務が守られず 噂や批判やジャッジメントがまかり通る・・・ もしそういう関係性であったなら、 果たして、癒しや気づきは起きるでしょうか? そもそも、信頼関係が生まれるでしょうか?   心の学びの最中だけでなく、 学び終えた後にこそ、 お互いに癒し合い学びあい高め合える 貴重な関係性を続けるためには、 セラピスト・マインドで自分を律することが 大切だと思います。   またあなたがプロであってもなくても、 心の学びを共にした相手からすれば、 秘密にしたいことや忘れたいことを 知っているというデリケートな相手でもあります。 そのことを忘れず、信頼関係を壊すような 軽率な言動はしないようにしましょう。 相手を不安にさせてしまいます。   どんな人格者であったとしても、人は、 近すぎる関係性の相手には、判断が鈍ります。 冷静さや客観性を失ってしまいがちです。 そこでつい頼まれもしないのに アドバイスをしたり、 こうした方がいい、ああした方がいいと 自分の価値観や理想を押し付けてしまいます。 そして相手をいつの間にか自分の 思いこみで、見たいように見てしまいます。 バランスのとれた客観的な見方が難しくなるのです。 また、相手も、近すぎる相手のアドバイスを 素直に聞き入れることは難しいものです。   ですからどんなヒトでも 自分は大丈夫だと過信しないで 謙虚であることが大切だと思うのです。   このことから、 セラピストやヒーラー、 コーチやカウンセラー、 占い師や鑑定士として 仕事をしている人が、 お客様といわゆる普通の友人関係になるのは 一般的には非常に難しいのです。   なぜなら、 「普通の友達」になってしまうことで、 本当に相手の方が悩んでいる時に まっさらな状態で向き合えなくなったり、 またいざという時に 本当に伝えるべきことを 伝えなければならないとき、 プロとして本来の役目を果たすことが できなくなるからです。 少し距離があるほうが理想的ですね。   以上、心の学びを共にする仲間は、 むしろ普通の友達にならないほうがよい と考える理由を説明してきましたが、 勿論、例外はあります。   それは、両者が精神的に オープンかつ自律している場合、 利害関係や依存性のない対等な関係性である場合です。 それは、もはや両者普通の友達関係云々を超えて 日常すべてをセラピスト・マインドで生きている場合 と言えるでしょう。   そういうわけで、 心の学びを共にする仲間とも プロとお客様との関係性と同じと心得て、 いわゆる日常的な社交や 普通の友達のようなおつきあいを期待したり あまり仲良くしようと近づきすぎるかわりに、 適切な距離を保つことで、 互いに癒し合い高め合うことのできる かけがえのない同志や仲間となります。   <セラピスト・マインドまとめ>   ◎相手が望んでもいないのに、 ”自己開示するべき” ”成長するべき””変わるべき” を押し付けていませんか? これらは強要するものではありません。 自己開示というのは、相手が 自分やその場を信頼して 安心して話せると感じたタイミングに 初めて成り立つものです。 ◎相手の気持ちを尊重して 礼節を守り適切な距離を保って おつきあいしていますか?   ◎相手に頼まれていないのに、 合意や了承、許可を得ずに、 勝手にアドバイスや分析や鑑定を していませんか? 相手が、あなたにアドバイスや 分析や鑑定を望んでいないのに そのようなことをするのは、 プライバシーの侵害です。 相手を傷つけ、安心安全な 関係性を壊します。 ◎相手がとまどっているのに気づかず 質問責めにしていませんか? 質問されて、相手が心地よかったり、 楽しんでいるように見えますか? それとも、とまどい、責められたように 感じていると思いますか? ◎あの人はこうすべきだよね、 あの人は〜できてないよね、 など仲間内で誰かの分析をしていませんか? これは噂話や悪口と変わりません。 自分が正解をわかっていて 相手はわかっていないのだと いう奢りがあると、このような ことをやってしまいがちです。   ◎自分はわかっている人で 相手はわかっていない人、 という上下の意識や優越感、 選民意識を持っていませんか? ◎自分の能力で、相手を無意識に コントロールしていませんか? 誰かにアドバイスすることで、 自分の存在価値を 埋めようとしていませんか? ◎仲間うちで、 自分がハマった他のセラピーや学びを 誰かに強要していませんか? 自分にとっては素晴らしい方法でも 相手にも効果的かどうかはわかりませんし 自分に必要なものが 相手にも必要だとは限りません。 自分の素晴らしい体験を 共有するのは素晴らしいことです!   が、相手にそれを強く勧めたり 強要するようなことは控えましょう。 例えば グラウンディングが必要な人もあれば 高次元とのつながりが必要な人もいます。 肩書きや学歴で選択する人もあれば 直観で決めたい人もいます。 知識で納得できる人もあれば 体験で納得できる人もいます。 そのような違いを尊重していますか? PS   人をサポートする上で、相手の期待が ”つっこんで欲しい” ”バッサリ斬って欲しい” ”どんどん斬り込んで欲しい” ”忌憚ない意見を言って欲しい” というものなのか?を よく考えてみましょう。   また、最初からあなたが「毒舌キャラ」などで その役割を期待して来た相手である場合や、 最初からつっこみあう関係性を快く思っている場合、 相手との出逢いの場と目的が、 繊細で深い心の学びの場でない場合は、 上記のようなことは当てはまりません。 気にしなくていいと思いますよ!   LOVE   KUNIKO   <お知らせ> 4月2日(日)仙台 「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」 ぜひ会いに来て下さいね! (完売となる可能性があるそうです) 【タイムテーブル】 09:30 受付開始 10:00〜10:30 澤口ご挨拶、会場説明、諸注意 10:30〜11:15 講演1 主宰 澤口珠子 「愛もお金も全て手に入る美しく自由な女になる方法」 11:15〜12:00 講演2 チハラダクニコ先生 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 12:00〜12:45 講演3 丹野拓子先生 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 12:45〜14:00 休憩 ランチ 14:00〜14:45 講演4 福田沙織先生 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 14:45〜15:30 講演5 杉浦永子先生 「~イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング~」 15:30〜16:15 講演6 阿部侑生先生 「絶対に大丈夫!自分らしく、めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 16:15〜16:45 休憩 16:45〜17:30 講演7 浅野道子先生 「今日からあなたも愛され顔に♡顔ヨガで美人度アップ!」 17:30〜18:15 講演8 佐藤律子先生 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール 異性間コミュニケーション」   【会場】 戦災復興記念館 (〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号) 【定員】100名 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日 12,800円   【お申込みこちらから!】 http://8nin-no-megami-20161023.peatix.com  

      11
      テーマ:
  • 21 Feb
    • (体験談)”ヒプノセラピー実習”in 韓国

      昨年12月にヒプノセラピスト養成講座を 卒業された韓国在住のutaodotabiさんの ブログをご紹介させていただきます! 幸せの波動が伝わってくるようですね。     ヒプノセラピーに限らず、 どんな技術でも、 学んだだけでは、 実践のレベルにはなりません。 何かを学んだら、忘れないうちに、 定期的に実践を積むことで 本物の使える力になっていきますよ!   LOVE,     KUNIKO     <お知らせ> 4月2日(日)仙台 「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」 ぜひ会いに来て下さいね! (完売となる可能性があるそうです) 【タイムテーブル】 09:30 受付開始 10:00〜10:30 澤口ご挨拶、会場説明、諸注意 10:30〜11:15 講演1 主宰 澤口珠子 「愛もお金も全て手に入る美しく自由な女になる方法」 11:15〜12:00 講演2 チハラダクニコ先生 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 12:00〜12:45 講演3 丹野拓子先生 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 12:45〜14:00 休憩 ランチ 14:00〜14:45 講演4 福田沙織先生 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 14:45〜15:30 講演5 杉浦永子先生 「~イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング~」 15:30〜16:15 講演6 阿部侑生先生 「絶対に大丈夫!自分らしく、めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 16:15〜16:45 休憩 16:45〜17:30 講演7 浅野道子先生 「今日からあなたも愛され顔に♡顔ヨガで美人度アップ!」 17:30〜18:15 講演8 佐藤律子先生 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール 異性間コミュニケーション」   【会場】 戦災復興記念館 (〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号) 【定員】100名 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日 12,800円   【お申込みこちらから!】 http://8nin-no-megami-20161023.peatix.com    

      5
      テーマ:
    • 体験談「参加して全力で、 人生の再生に取り組んでよかった!」

      Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:10.5pt; mso-bidi-font-size:11.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} ヒプノセラピスト養成講座を 11月に終了された卒業生の方から いただいた体験談を感謝をこめて ご紹介させていただきます!   「ヒプノセラピスト養成講座を受けたのは、 ヒプノセラピストになりたいというよりも ずっと生きづらくて生きづらくて、 もうこの生きづらさをなんとかしたくて、 そんな自分をなんとかしたい、 もうあとがないという切迫した気持ちだった。   私という人間の表面だけみたら、 まさか生きづらいなんて思っているのを 想像できないと思うけれど、 心の中ではいつも 毎日なんとか生き延びでいる…そんな感じだった。   仕事も人並みにできているかもしれないけれど、 いつも得意でもないことを なんとかこなしているだけで、 自分を活かして仕事をしたいと切実だった。   プライベートでは、 マイペースで自分を大事にできていると 周りから言われていたけれど、 自分ではそんな実感もなくて、 いつもいっぱいいっぱいで生きていた。 言葉にすることも苦手で、 自分の中にあるものを 言葉で表現するのも苦しかった。   そんな私は、今回の養成講座では もうあとがないから、 全力で枠もコントロールも 何もかもとっぱらって、 流れに身を任せて 心の叫びのままに取り組もうって 心に決めて臨んだ。   養成講座でレクチャーを受けて、 受講生同志で相互セッション、 全体シェアを何回も繰り返してやるなかで、 最終的にはセッションが 全く意図しない 想像もつつかない流れになることが多かった。   一瞬セッション中に、 自分の言葉や振る舞いに驚くけれど、 もう自分で自分をコントロールしなくていい、 それが今の自分なんだと思って 流れに任せていく (だからと言ってこの時点では 自分の潜在意識はコントロールできない)、 するといつもそこには 果てしない気づきがあった。   自分がクライアント役のセッションは、 仲間がいつも 自分におこる流れを信頼してくれた。 そばにいて支えてくれる安心感があった。   自分がセラピスト役のセッションは、 正直にいうと 手順通りにできるかできないか 戸惑うことも多々あった。   けど、いつからか 自分を信頼する相手を信頼する という言葉が 実感できるくらい 自然になっていった。   それでも…の時は、 クニコさんや仲間の支えで なんとか乗り切れるようになった。 シェアするときは、 いつも泣いたり笑ったり やけっぱちになったり、 言葉にならなくて もどかしくても精一杯で…、 そんな姿の自分もいいと思った。   最初から最後まで 全力疾走した養成講座で 自分が手にしたものは、 あえて言葉にすると 『自分は大丈夫という信頼感』 『未来への希望をもったこと』 『仲間への信頼』 『今までの自分へのねぎらい』 ということだった。   今まで感じたことがない類のもので、 からだの芯からじわじわっと これを体感したのは 全くの初めてな気がした。   そして体感して、言葉にしてみて、 今まで自分の中に これがなかったことに気づいて 衝撃を受けた。   いまこれがある状態で 何事もなかったように 日々暮らしているけれど、 ない状態で生きていたら ずっとしんどかったと思う。 参加して全力で、 人生の再生に取り組んでよかった…。   自分の人生に色がつきました。 未来への希望がもてました。 ありがとうございます。」 (AN様、30代、東京、会社員)   ******************   ☆一口メモ   AN様、ありがとうございました! 人というのは、表に見えている姿が すべてとは限りません。   「あのひとは、 仕事がうまくいっているに見える」とか、 「プライベートが充実しているように見える」とか、 その人の華やかさや地位や名誉や富だけを見て、 その人の本当の葛藤や悩みや孤独や努力を 思いやることもせずに、誰かを羨むのは 本当に愚かなことだと思います。   誰もが人知れず葛藤や悩みや孤独を抱えて がんばっているかもしれないと 思いを馳せることが、 思いやりでもあり 人間の深みを育てるのではないでしょうか。   さて、AN様が書いて下さったこと、 「体感して、言葉にしてみて、 今まで自分の中に これがなかったことに気づいた」 と書いて下さっています。 そして、今では、それが 当たり前のようにある状態で 暮らしていると。 本当に感動しました。   私自身も、自分の中に心の安全ネットが ない状態で生きていたことを知らず 心の安全ネットがしかれて初めて 気づきました。 セラピーを受け始めて数年たった頃 でしたでしょうか。   「普通の人は、こういうゆったりした感覚で 生きていたのか」と、驚愕しました。 それまでは常に背水の陣を敷いて 何も失うものはない覚悟と構えで 生きていたことに気づいていませんでした。   背水の陣を敷いて生きている感覚は、 行動力や努力や決断力や勇気を くれましたが、安らぎや、大丈夫、 安心感、優しさ、という感覚とは ほど遠いものでした。 常に心が緊張していて、 しんどい状態が当たり前でした。 でも、そのことに気づいていませんでした。   私達はしばしば、 自分の中に何かがないことに 気づかずに生きています。 目に見えないことは人と比べる こともできませんし、 それが当たり前で生きています。   仕事が変わる、結婚する、 引っ越しする・・・ これらはわかりやすい変化ですが、 内面が変わることほど 人生を変える大きな力は ありません。   長い人生には時には 困難も理不尽なことも 悲しいことも起きますよね。 それが現実です。 内面が変わるというのは、 物の見方や考え方が変わるということで、 同じことが起きても その捉え方、感じ方、考え方が変わる ということです。 物事の捉え方が変わると、 必然的に、反応や、選択、決断が 変わりますよね。 内面の力は、 自分の一生を支える強い力になります♡   チハラダクニコ   <お知らせ> 4月2日(日)仙台 「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」 ぜひ会いに来て下さいね! (完売となる可能性があるそうです) 【タイムテーブル】 09:30 受付開始 10:00〜10:30 澤口ご挨拶、会場説明、諸注意 10:30〜11:15 講演1 主宰 澤口珠子 「愛もお金も全て手に入る美しく自由な女になる方法」 11:15〜12:00 講演2 チハラダクニコ先生 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 12:00〜12:45 講演3 丹野拓子先生 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 12:45〜14:00 休憩 ランチ 14:00〜14:45 講演4 福田沙織先生 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 14:45〜15:30 講演5 杉浦永子先生 「~イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング~」 15:30〜16:15 講演6 阿部侑生先生 「絶対に大丈夫!自分らしく、めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 16:15〜16:45 休憩 16:45〜17:30 講演7 浅野道子先生 「今日からあなたも愛され顔に♡顔ヨガで美人度アップ!」 17:30〜18:15 講演8 佐藤律子先生 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール 異性間コミュニケーション」   【会場】 戦災復興記念館 (〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号) 【定員】100名 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日 12,800円   【お申込みこちらから!】 http://8nin-no-megami-20161023.peatix.com  

      5
      1
      テーマ:
  • 08 Feb
    • あなたにもできるヒプノセラピー。リーディングやチャネリングが始まる人もいるのはなぜかというと

      Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 今週の金曜、土曜から ヒプノセラピスト養成講座が始まります。   興味はあるけれど、 「自分に覚えられるのかしら」 「できるようになるのかしら」 と不安に思われるようです。   ヒプノセラピーというものは、 「覚えること」「学ぶこと」は勿論あるのですが それらは、「慣れ」です。 反復練習していくので、全く心配ありません。   特殊能力なんてなくても、どなたでも、 自らの魂の記憶や潜在意識の知恵から 自分でメッセージやアドバイスを 受け取ることができるし、 ひとにもそれをしてあげることができるようになる・・・ その感動と喜びは、言葉では伝えることができません。   自分にも人にも、 これまで様々な魂のドラマがあって 前世の体験があって、 今世での人生の脚本を生きていること。   家族の配役も、過去の辛かった出来事も、 すべて、人生の目的や意味があって、 それに気づくため、目覚めさせるために 用意されていた完璧で緻密で脚本だと知ること。   自分の内側にどれだけの知恵があるのかを 体験してしまうと、もとの自分には戻れません。 自分がどれだけ大いなる神聖な存在かを 知る前と、知った後では、 人生観や生きることの前提が違ってきます。   わずか7日間、 されど人生観を変えるほどの7日間です。 言葉を尽くしても、最終的には 体験した方にしかわからない体験です。   ヒプノセラピーの一番大切な「本質」は、 「足し算」ではなく、「ひき算」にあります。 がんばって覚えなくちゃ、 できるのかしら? なんて気負わないで下さい。 「引き算」ですから、誰にでもできます。 学ぶことで、ヒプノセラピーを 受ける側としても、受け方が上手になります。   「引き算」というのは、こんなことです 自分ではないもの、自分らしくないことを手放す。 無理してがんばっている部分をやめてもいいと知る。 思いこみや、自信のなさや、罪悪感を手放す。 抑圧してきた感情を解放する・・・・・。   すると・・・・・ 楽になる。 自由になる。 軽くなる。 本来の自分に還る。 自分の中の断捨離が進んでスペースが生まれる (パソコンでいう空き容量が出る)   さらに、新しい息吹が入っていきます ぶれない軸、しなやかな強さが育って行く。 集中力や潜在能力が研ぎ澄まされていく。 今まで自分に出せなかった許可を出す。 基盤が整い、自信、確信、余裕、 バランスがうまれる。 人への思いやりや慈愛が出る。 大事なことと、大事ではないことの 取捨選択や、優先順位がわかるようになる。 表情、雰囲気、佇まい、オーラ、 人間関係、環境、チャンス、 そういったものが変わって行く・・・・・ (パソコンでいうと、新たな情報が ダウンロードできるようになっていく。)   そして、他の人がそうなることを 手助けすることができます。 その喜び、安心感、感動、癒しを、 ひとりでも多くの方に、活用していただきたい。 心からそう思います。   チャネリングやリーディング、 メッセージが降りて来る・・・ そういったものに憧れる方も多いと思いますが これもまた獲得する技術、 プラスで学ぶ技術ではなく、 本当に純粋で神聖で愛に溢れた能力は、 自分を無心にすることが できるようになっていくことで 自然と生まれて行くものです。   自分を無心にするというのは、自分のなかの 余分なものを削ぎ落して行く事、 スペースをつくっていってあげることです。   自分を最初から無にすることが できる人なんていません(笑) 私自身もそうでした。 頭で考えることが止まらないタイプ(笑笑) そういう方も、大歓迎です。   ヒプノセラピーは自分の意識の中の 大掃除、断捨離をしていくことになるので、 段々と、無心な状態を、 頭ではなく、体が覚えて行くんです。   ヒプノセラピーを連続で受けていらっしゃる方には 自然と質の高いチャネリングや リーディングが始まる方も たくさんいらっしゃいます。 目的はそこではないですが あまりに自然なので、え、これが、そうなんですか。 という風な感じですかね。   なぜそんな能力開発が自然に起きるのか どうなっているかを説明しますね。 (ざっくりとですけど)   大事なことは2つです。 無心、信頼、愛です。   1無心(空、空っぽ)   頭・心・体が無心になっていて、 空きスペースがあるときに、 直観やインスピレーションや 閃きやメッセージが入って来ます。 いつも頭が考え事でいっぱいだったり 周囲のひとのことが気になっていたら 閃きが入って来にくいですよね。 ヒプノセラピーでは、周囲にひとがいても 呼吸とイメージで本来のリラックスした状態を つくりだす練習をしたり、 潜在意識の断捨離や感情解放で 空きスペースを生み出して行きます。 そして、その結果、体が無心の 状態を覚えて行くんです。   2自己信頼と大いなる何かへの信頼   直観やインスピレーションは 誰にでも降りて来ていますが、 それを認識したり 信じたりすることができるためには 自己信頼と、それともうひとつ、 宇宙とか天とか呼び方は何でもいいのですが 大いなる何かへの信頼、このふたつが必要です。 それらがないと、インスピレーションを 瞬時に打ち消してしまいます。 この2つの信頼は、ヒプノセラピーの様々な体験で 揺るぎないものへと育って行きます。   3愛   メッセージを降ろすというのは微細な感覚で 人間を媒体(フィルター)にしているわけなので 媒体であるひとの物の見方や考え方、思いこみ、 価値観や信念、過去の人生経験というものが 多かれ少なかれ、必ず、影響します。   このため、フィルターである人間が できるだけ偏りや濁りがない クリアな状態が理想的です。 このため、自分が媒体となって メッセージを下ろすなら、 思いこみや好き嫌い、 自分の利害や立場で 人をコントロールしたり ジャッジしたりする心の要因を できるだけ排除したいものです。   メッセージやエネルギーを 本来の宇宙や自然界の 愛に満ちた純粋なものに近いまま、 アウトプット(情報解析・言語化)するには、 自分の心が真実の愛を学んで行く事、 真実の愛に心が開かれていくことです。   ヒプノセラピーで自分の好き嫌いや苦手 こだわりと向き合って行くと、そこにはちゃんと 面白い理由があって、好き嫌いや苦手意識が 減っていきます。   以上、3つの大事なポイントでした。   ヒプノセラピーや養成講座を受けても すべての方がチャネリングや リーディングができるようになる わけではありません。 だからといって、無理に 獲得しようと思わないで下さいね。 映画「スパイダーマン」の名台詞でもありましたが、 すべての力には、責任が伴います。 森羅万象すべてのことには、光と影があります。   チャネリングやリーディングという形にならないのは その人の幸せな人生には、必要のない力だからです。 あるいは、自分のためにはできても、 人の分まではわからないのは、 ちゃんと意味があるのです。 そのひとの幸せに一番いい形は何か?が大切です。   チャネリングやリーディングという形でなくても、 その人の幸せな人生や使命に一番ふさわしい 閃きやインスピレーションやメッセージの受取り方、 目覚め方、変化というのが、ちゃんとあります。   チャネリングやリーディングができなくても、 能力を追い求めなくても、 ヒプノセラピーで自分でメッセージを受け取ることは 誰にでもできます。   そして、余分なものを削ぎ落して行くことで、 使命はやがてあなたを追いかけてきます。   話がだいぶそれました。   ヒプノセラピーは無限の知恵を目覚めさせるものです。 この無限の知恵は、すべての人に与えられた資産です。 その知恵を、仕事やプロジェクト、人間関係、 支援や指導、ご自身の人生の選択や決断、 現実の人生にどんどん活かして頂きたいです。   今週、仙台2/10金曜、東京2/11土曜から 養成講座が始まります。 いつか・・・・と思っていらっしゃった方、 ひっそり、こっそり習いたかった方、 ぜひ勇気を出してみて下さいね。   <ヒプノセラピスト養成講座概要> 深く自分を知る・学ぶ・プロになる 開催時間は全コース10:00-16:30   第7期:仙台金土コース7日間 2/4(土)2/24(金)3/18(土)3/24(金)4/8(土)4/15(土)4/21(金)   第8期:仙台金曜コース7日間 2/10(金) 2/24(金)3/3,(金)3/24(金)4/7(金)4/21(金)5/12(金)   第9期:東京土日コース7日間 2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21   詳細はこちらへ  

      13
      テーマ:
  • 03 Feb
    • 仙台4/2(日)女性限定「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」でお会いできたら嬉しいです

      「4月2日(日)8人の女神が知恵を伝授! 女性の輝きフェスタ IN 仙台」 たくさんの方からお問い合わせをいただいておりました 早割チケットの販売が始まりました〜!(月末まで) こちらから! 私の体験談も含めて、心をこめて、 心が満ちるお時間にさせていただきます。 ぜひぜひお会いできますこと 楽しみにしております。   4月2日(日)11:15〜12:00ですよ 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 「本当の自分を知りたい!」 「自分を変えたい!」 「自分の使命や役割って何だろう? 」   詳細のご案内は、イベントページを コピペさせていただきます↓   ※本イベントは【女性限定】となります。 (前回、2016年10月23日in沖縄 開催時の様子)   ・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜・☆。 各分野で大活躍の女性講師8人が仙台に大集結! 丸々一日、美しい理想の自分を創るための ノウハウが聞き放題の夢のようなセミナー! ・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜・☆。 。。。しかも。 講師の皆さまにご協力いただき、 あり得ないお値段での開催が 実現しました。 さらに今回も参加費から お一人1,000円ずつ寄付をします。 (寄付先団体につきましては 後日詳細をお知らせ!) これだけの講師の これだけの内容のセミナーを このお値段で受講でき、 さらに、参加することが 社会貢献にも繋がる。 どうか、 このチャンスをお見逃しなく! 4月2日(日)参加されると これらの願いが全て満たされ、 お悩みは全て解決されてしまいます! 「愛もお金もゲットしたい!」 「自分を好きになりたい。。。」 「人間関係の煩わしさから解放されたい!」 澤口珠子が 「愛もお金もすべて手に入る 美しく自由な女になる方法」 を教えします! 「本当の自分を知りたい!」 「自分を変えたい!」 「自分の使命や役割って何だろう? 」 チハラダクニコ先生が 「本当の自分がめざめる魂のレッスン」 を教えてくれます! 「メイクの悩みを解決したい!」 「今よりもっとキレイになって大切にされたい!」 「メイクで変われるってほんと?」 丹野拓子先生に 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 をお教えてもらいましょう! 「写真が苦手。。。」 「カメラの前でも素敵な笑顔でいたい!」 「あか抜けて洗練された女性になりたい!」 福田沙織先生の 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 講義で解決できます! 「すぐにイライラしてしまう…」  「本当はこんな嫌なオンナじゃないのに!」  「もっと笑顔でいたい!」 杉浦永子先生が 「イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング」 をお教えてくれます! 「自分の強みって何だろう?」 「自分らしく輝いて働きたい」 「マンネリした日常から抜け出したい!」  阿部侑生先生の 「絶対に大丈夫!自分らしく、 めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 を聞いてみてください! 「表情豊かな女性になりたい!」  「無表情が怖いと言われる。。。」  「顔ヨガでアンチエイジングしたい!」 浅野道子先生の 「今日からあなたも愛され顔に♡ 顔ヨガで美人度アップ!」 講義で解決できます! 「恋も仕事も根っこは一緒!」  「男の謎をすべて知りたい」 「女同士の友情の悩みから解放されたい!」  佐藤律子先生の 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール! 異性間コミュニケーション」 を聞いてみてください! まとめると・・・ ・愛もお金も自由も手に入って ・本当の自分に気づき ・メイクで人生を輝かせ ・写真写りが格段に良くなり ・イライラが笑顔に変わって ・幸せになる心のレシビを手に入れ ・顔ヨガで愛され顔になり ・男性とのストレスが無くなる 2017年早々に、 そんな自分になれちゃうセミナーです。 今年こそは変わる! と、強い目標をたてているあなたは なかなかない機会ですのでぜひ、ご参加下さいね。 そして、なんと!参加特典として ・澤口珠子のサイン入り著書 (6冊の中からお好きな著書をお選びいただけます) のプレゼントも付いちゃいます! 丸一日となると 「参加費が高そう・・・」と、思いますよね。 今回はお申し込みが早いほど、 お得にご参加いただけます。 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日参加 12,800円 講師の女神は全員、各分野で大活躍されており、 それぞれが生徒さん、クライアントさん、 読者さんを多数抱えていらっしゃいます。 毎回大人気のイベントなので、 今回もすぐに埋まってしまうと思います。 確実にお席をゲットされたい方は お早めにお申し込みくださいね。 以下、詳細です♡   詳細 【講師プロフィール】(あいうえお順) 浅野道子先生「顔ヨガ」 http://s.ameblo.jp/wankosensei0705 阿部侑生先生「コーチング・コミュニケーション」 http://dreamfield.jp 佐藤律子先生「異性間コミュニケーション」 http://www.iseikan.jp/ 杉浦永子先生「アンガーマネジメント」 http://daiichiinsho.jp/ 丹野拓子先生「メイク」 http://ameblo.jp/takukotanno/ チハラダクニコ先生「魂と潜在意識のセラピー」 http://ameblo.jp/chiharadakuniko/ 福田沙織先生「魅力開花ポートレート撮影」 http://www.photowin.jp 澤口珠子「愛されマインド」 http://konkatsu-bijin.com/?p=55&20170402koen ☆全面協力/株式会社 乾杯・KANPAI 松尾公輝☆   【タイムテーブル】 09:30 受付開始 10:00〜10:30 澤口ご挨拶、会場説明、諸注意 10:30〜11:15 講演1 主宰 澤口珠子 「愛もお金も全て手に入る美しく自由な女になる方法」 11:15〜12:00 講演2 チハラダクニコ先生 「本当の自分が目覚める魂のレッスン」 12:00〜12:45 講演3 丹野拓子先生 「恋も仕事も人生が輝きだすナチュラルメイク術」 12:45〜14:00 休憩 ランチ 14:00〜14:45 講演4 福田沙織先生 「自分をもっと好きになるプリンセスフォト講座」 14:45〜15:30 講演5 杉浦永子先生 「~イライラを笑顔に変える感情心理トレーニング~」 15:30〜16:15 講演6 阿部侑生先生 「絶対に大丈夫!自分らしく、めっちゃ幸せになるココロのレシピ」 16:15〜16:45 休憩 16:45〜17:30 講演7 浅野道子先生 「今日からあなたも愛され顔に♡顔ヨガで美人度アップ!」 17:30〜18:15 講演8 佐藤律子先生 「恋と仕事と人生に効く!男と女の不思議なルール 異性間コミュニケーション」 19:00 完全撤収   【会場】 戦災復興記念館 (〒980-0804 仙台市青葉区大町二丁目12番1号) 【定員】100名 【参加費】 早割価格(2月28日まで)9,800円 一般価格(4月1日まで)10,800円 当日 12,800円   【申し込みはこちら】 http://8nin-no-megami-20161023.peatix.com

      6
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 体験談「潜在意識への旅は、これまでの人生で体験したどんな旅よりも、感動しました!」養成講座

      先日、山形の熊野大社に行き、茅の輪くぐりに心洗われました。1200年の歴史は重く、神様がいっぱいで、神様酔いしました(笑)しかし、寒さや冷たさは、精神を研ぎ澄ましてくれるので、久しぶりに真冬の滝業に行きたくなりましたよ。変態かしらん(^^)自然のウォーターアクティビティみたいで感動するんですよ。真冬の滝は凍っていて、夏より更に精神が研ぎ澄まされます。 Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} さて、11月にヒプノセラピスト養成講座を修了されたTさんの体験談を、感謝をこめて、ご紹介させて頂きます。なお、養成講座は、東京コース、仙台土曜&平日コースともすべて2月初旬から始まります!受講ご検討中の方は、お早めにお問い合わせ下さいね。魂の旅をご一緒できることを楽しみにしております。 ************************* 「2016年春、いくつかの意味のある偶然に、私は、覚悟と勇気を出せ!と背中を押された気がしました。ヒプノセラピーってどういうセラピー?潜在意識の世界を旅する?未消化の感情を手放して癒していく?本当の自分を生きる?とにかく、私にはわからなさすぎて・・・・。でも、自力ではどうにも変えることのできない現実に、生きる力や希望が持てるようになるかもしれないと、漠然とした思いを抱きました。そして、実際に個人セッションを受けてみたら、面白過ぎて、はまってしまいました。そして養成講座も、心の赴くまま、「ぴょ〜ん」と受講しました。 講座では毎回、潜在意識への旅をしました。潜在意識への旅は、これまでの人生で体験したどんな旅よりも、感動しました。 旅の一部を紹介させてもらうと、ハイヤーセルフ(高次の自分)と出逢う旅では、ハイヤーセルフが、光のエネルギーで私の心と体をどんどんあたため、力強く抱きしめながら、「全部、受け止めてあげるから」と、エネルギーを充電してくれたことで、自己肯定感が高まりました。 インナーチャイルドと出逢う旅では、お月様のポカポカの光に包まれている安心感。「あるがままの自分でいいよ。」「抵抗しない自分でいいよ。」と言ってくれ、怖れを手放していく場所をつくってくれました。 中間生(魂が肉体に入る前後)の旅では、純真な胎児や天使に会いました。思わず「わ〜!可愛い!」と言葉が出て、自分を慈しむ感覚が湧いて来ました。胎児や天使が注ぐ光は、愛と平和と勇気の象徴でした。 他にもいろんな体験をしました。毎回、違った切り口で質問をして、それぞれの旅の体験から得る気づきは、現実とリンクして、新たな気づきをもたらしてくれました。そして、最終的には、7回全部がひとつに繋がっていました。ひとりひとりは、それぞれに違っていても、根底では繋がっているということと同じような気がしました。  7回の間に、私は私なりの着地点を見いだすことができました。受講前も受講中も、「ぴょ〜ん」を連発していたのは、ここに着地するための「ぴょ〜ん」だったのかと。笑ってしまいました。着地したら、ニュートラルになった自分がいました。ニュートラルになることで、どんどん気づきと癒しが起きました。この絶妙なバランス感は、自分や相手をジャッジしないこと。ありのままの本当の自分を受入れること。思いこみや刷り込みをなくし、制限から自由になること、許すこと、手放すことで、心も体も間違いなく、軽く楽になったのがわかります。 ありのままを受入れられるようになると、完璧主義や、自分に嘘をついてまで頑張らなくても大丈夫と思えてきました。そして今まで憎いと思っていた相手にも素直に「ありがとう」と思えるようになっていました。「お互い様」や「おかげ様」という感謝の気持ちが、すっと心に浸透するようになりました。  少しずつ自己肯定できるようになり、自分軸も見えて来て、誰かに何かに振り回されることが少なくなって来て、怒りを原動力にしなくても良くなっています。いくらがんばっても愛されない、評価されない、わかってもらえない・・・ないない尽くしの自分が、惨めで嫌いで、誰かを何かを環境を呪って生きて来た自分を、素直に認められるようになってきました。 潜在意識はかしこく、今の自分にぴったりの知るべきことを、グッドタイミングで教えてくれます。養成講座を通じて「生きる力」と「希望」をもらい、新しい始まりをスタートさせることができました。受講者の皆さん、それぞれが、それぞれに輝いていて素敵でした。皆さんと出逢い、共有できた時間や思いに感謝しています。ありがとうございます。 この養成講座は私にとって、来るべきして来た、まさに宇宙のギフトでした。養成講座を終えた今も、どんどん自分が変わって来ていることが幸せです。」 (T様・30代・仙台・主婦) *********************** ☆チハラダクニコより一口メモTさんは、長い間ご病気と闘って来られました。”呪って”とか、”憎んで”と強い言葉を使われていますが、本性はネアカだと思います(笑)一番印象的だったのは、7回の間に、誰が見ても明らかに、みるみる肌の色が明るくなり、顔色が良くなっていかれて、私も驚きました。ご自宅で業者さんから別人と間違われるようになったとお聞きしております。セラピーを受けた方が、止まっていた生理が始まったり、体調がよくなったりすることは普段からよくありますが、あれほど肌の色が変わられたのは初めて拝見しました。受ける側だけでなく、セラピスト役としても、非常に積極的に練習に取り組んで下さったことが、嬉しかったです。Tさん、ありがとうございました。 ******************** <ヒプノセラピスト養成講座概要>いよいよ今週!東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などのやむを得ない事情がある場合 あらかじめお早めにご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから *********************** 4月2日(日)仙台「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」女神に混ざって人間の私も登壇させていただきま〜す(笑)2/1から早割チケットが発売されるそうです。またお知らせしますね。

      12
      2
      テーマ:
  • 10 Jan
    • 体験談「自分を信頼できたときに、人を信頼できるということ」

      Normal 0 10 pt 0 2 false false false EN-US JA X-NONE $([\{£¥‘“〈《「『【〔$([{「£¥ !%),.:;?]}¢°’”‰′″℃、。々〉》」』】〕゛゜ゝゞ・ヽヾ!%),.:;?]}。」、・゙゚¢ /* Style Definitions */ table.MsoNormalTable {mso-style-name:標準の表; mso-tstyle-rowband-size:0; mso-tstyle-colband-size:0; mso-style-noshow:yes; mso-style-priority:99; mso-style-parent:""; mso-padding-alt:0mm 5.4pt 0mm 5.4pt; mso-para-margin:0mm; mso-para-margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:Century; mso-ascii-font-family:Century; mso-ascii-theme-font:minor-latin; mso-hansi-font-family:Century; mso-hansi-theme-font:minor-latin; mso-font-kerning:1.0pt;} 先週、生まれて初めて山形の「だんご木飾り」を知り、その大人可愛さに一目惚れナチュラルPOPなインテリアになりました!  さてさて、11月にヒプノセラピスト養成講座を終了された医療従事者のK.S様から、体験談をいただきました。感謝をこめてご紹介させていただきます。なお、養成講座は、東京コース、仙台土曜コース、仙台平日コースともすべて2月初旬から始まります!受講ご検討中の方は、お早めにお問い合わせ下さいね。魂の旅をご一緒できることを楽しみにしております。 ***************************  「わたしの興味はどちらかというと、ヒプノセラピーではなくて、クニコさんが開催する講座を知りたいという動機のほうが強かったかもしれない。 わたしは「親業訓練講座」のインストラクターになったことをきっかけに、コミュニケーションに関するあらゆることを学んでいる。コミュニケーションを学ぶ方法の切り口は多岐にわたるが、「親業訓練講座」の中では相手の話を聞くことをまず学ぶ。わたしは、これがとっても苦手で、インストラクターになった今でも苦手意識がある。  ところで「ヒプノセラピー」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。わたしは「前世」とか「過去生」とか、そういうものを見に行くものだと思っていた。ヒプノセラピスト養成講座で初めて知ったのが、「未来」のわたしにも会いに行けるし、「臨死」の体験や、「亡くなった人との対話」もできるし、今の自分の嫌なところを捨てに行くこともできるし、単純に自分をいつでもリラックスさせる訓練にもなるということだった。 「ヒプノセラピー」と聞くと、催眠ショーが頭に浮かぶ方も多いようなのだが、それとは全く違う。究極にリラックスした状態は、その人のマックスな力を発揮できることもあり、「ヒプノセラピー」とは、自分の脳ミソにある無限大の情報網を使って、過去も未来も含めた自分の魂との深い対話をすることだということが分かった。 ちょっとオカルトなものをイメージする方もいるかもしれないのだが、わたしが感じたのは、自らの能力開発ツールであり、深い深い自己対話であり、よく巷で言われるところの「答えは自分が知っている」ことを体現できるセラピーであった。 養成講座の中で、セラピスト役とクライアント役になって、お互いに練習を重ねる。その中で体験して面白いと思ったのは、見に行く予定のものと道筋を決めてヒプノ状態に入るはずなのに、その通りにならないこともあるということだ。ドライブで言ったらナビに目的地をセットしているのに、なぜか違うところに行ってしまう状態。セラピスト役のときにそのようなことになって、焦ってしまって失敗したと思ったのだが、行先はクライアントの潜在意識が決めるということがわかり、その人の必要なことが起こり、必要なことはその人が知っているのだということを体感できた。 ヒプノセラピーをドライブにたとえたのだが、まさに、自己探求の旅だった。個人セッションと違うところは、一緒に旅をしていく仲間がいることだ。それも、行先はそれぞれ違う。違うのに、一緒に旅ができるのだ。仲間がいることで、自分だけでは体験できないことをそれぞれが体験し、シェアをし、一度に何倍も旅をした気分だった。  ヒプノセラピスト養成講座で改めて学んだことは、自分を信頼できたときに人を信頼できるということだった。頭でわかっているけれども、なかなか実行できていなかった。ヒプノセラピスト養成講座の中で、クライアント役のときもセラピスト役のときも、自分を信じて相手を信じ、自分が選んだ道、もしくは相手が選んだ道を行くことができると、予想していた以上の成果が得られるということを実感した。 さて、わたしの苦手意識のある「人の話を聞くこと」なのだが、ヒプノセラピスト養成講座でセラピスト役をやったときに得た感覚、人の思い入れや感覚は本当に人それぞれであるということがよくわかり、「聞くこと」に対しての思い込みがあったことに気付いた。相手がその場で結論を出したり「気づき」を得られたりしていないと、わたしが聞くことに「失敗」したと思っていた。その「失敗」という感覚自体が間違いだということも気づいた。 人の成長はひとそれぞれであり、感覚も千差万別であり、思い入れがあるものや事柄も様々。その人固有の感想があり、気づきがあるのだ(わたしが成果だと思わないようなことも相手にとっては成果になるし、逆もありうる)ということを体験によって知ることができたのは、わたしにとって大きな収穫であった。  最後に。クニコさんの講座に参加することができて、本当に感謝しています。講座の中で、受講生たちが繰り広げるいろんな場面を、アドリブで切り抜けるクニコさん。やっぱりすごいと思いました。これからもよろしくお願いいたします。 」 (KS様・宮城・40代・医療従事者) ************************* ☆チハラダクニコの一口メモ KSさん、ありがとうございました!私達は、自分を信じている分量しか、ひとを信じることができないものです。自分を信じる分量が増えると、周囲の世界への信頼が増して、前向きさや明るさが増します。ひとりではなく、他の人の分も、何倍も、旅をすることができる、とても豊かな旅でしたね。自分とひとは違っていいし、違うことの尊さを実感します。 また、文中では、ヒプノセラピーをわかりやすくドライブに例えて下さいました。さらに補足でご説明させていただくと、「ナビをセットしたのに、違う目的地に行ってしまった」というより、正確には、「ナビをセットしたら、自分の予想と全く違うルートを通った。そのルートが、目的地にたどり着くために、最も効果的なルートだったから。」ということなのです♡ 魂や潜在意識への旅は、実は「目的地」ではなく、「手段」でありルートの取り方です。本当の「目的地」は、その人が今世、現実の人生で、望んでいる幸せや心の在り方です。その「目的地」に向かうためには、どんな体験をすれば(=ルートをとれば)、癒されるのか、解放されるのか、楽になれるのか、自分や未来を信じることができるのか。そのルートや旅のプランを、潜在意識や魂が提案してくれるのです。 **************************** <ヒプノセラピスト養成講座概要>いよいよ今週!東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などのやむを得ない事情がある場合 あらかじめお早めにご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから  ***************4月2日(日)仙台「8人の女神が知恵を伝授!女性の輝きフェスタ」女神に混ざって人間の私も登壇させていただきま〜す(笑)2/1から早割チケットが発売されるそうです。またお知らせしますね。

      2
      テーマ:
  • 09 Jan
    • 体験談(その8/8)「自分が自分を認めたら、他者からも認めてもらうことが起きるということ」

      こちらは昨年8月に韓国でのお話会のときの写真です。このとき、ひゃんさんと初めてお会いしました。韓国ドラマを”セラピー”と呼んではばからない、韓国ドラマファンの私は、興奮を覚えましたよ!(爆)   韓国在住、映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座体験談その8、行きますよ〜〜!! 「ヒプノセラピスト養成講座最終日。 「韓国ドラマ」を切り口にしたセッションの最中で、わたしは突然胸が苦しくなった。 「見たくない人生のテーマ」でも見ると決めた。 ぼんやりと何かが見え始めた。 あの羽根ペンの人だ。教会の十字架の前で一心不乱に何かを書いている。上から光が注いで彼の周りだけ明るい。神々しい。 胸が痛い…痛い…手がしびれてきた。 「胸の痛みを拡大してください」とセラピスト役の人に言われた。 胸が痛い!!痛くてたまらない!! 「助けを呼んでください」と言われた。 天使を呼んだ。みぞおちが痛い。痛みが少し落ち着いてきた。 セラピスト役の人が「今どんな感じですか?」と聞いてきた。 わたしは書いている。教会のような場所。たくさんの人たちがいて、わたしはその脇でイスに座って書いている。一心不乱に… ベンチのような長イスに座った大勢の人たちが待っている。わたしは物語を受け取って書いている。 誰かが壇上でそれを読み始めた。わたしではない。別の人が読み上げている。わたしは書き続けている。 「どのような物語ですか?」と問われた。 「戯曲」舞台、演じている人がいる。誰か別の人が読み上げている。わたしはひたすら書いている。ものすごいスピードで… わたしはまた苦しくなった。苦しみながらこう言っていた。 とてもたくさん書いた。世の中に広まって、大勢の人が見に来た。王さまも見に来ていた。大きな劇場…人が入りきれず外にまで溢れている。 もっとたくさんの人に見せたい。ここの人たちだけでなく多くの人に見せることができればいいのに。 この物語は「人生のテーマ」その人たちが生きる…みち…みち… ここでわたしは心の中で、「道しるべ」と言っていた。でもそれがどうしても口から出なかった。 「みち…」「みち…」と繰り返すだけ…胸のあたりにつかえがあるようで、言葉が出てこない。 これを言ったら大変なことになる、やらなきゃいけなくなる…イヤだ、面倒だ、言いたくない、という思いと戦っていた。 「痛い」「苦しい」「イヤだ」「イヤだ!!」 そこでクニコさんが誘導してくれた、「みち…何ですか?」「言ってください」「言えますよ」何度も声をかけてくれた。 何度もトライして、わたしはようやく…「みち… しるべ」と言えた。 「(その)人生で何があったんですか?」とセラピスト役に聞かれた。 場面が切り替わった。石畳の広場のようだった。わたしは石をぶつけられている。人々が口々に「ウソつき」と言っている。「ウソつき」「ウソつき」 ウソじゃないのに、全部本当のこと。すべて「宇宙の物語」 ウソではないのに信じてくれない。だったら書かないほうがいい。 その時代は分ってもらえない時代。その時の人々にはまだ理解できなかった。閉鎖的で伝わらなかった。だけど今なら大丈夫。今の時代なら伝えても大丈夫。 途中から何だかとても、神聖な雰囲気になっていた。 わたしの意思とは関係なく、口から言葉が出てきた。わたしの意識はそれを聞いていた。(あとから聞いたらチャネリングというらしい) せっかくの物語。宇宙が伝えてきた物語。わたしのペンに宇宙が降りてくる。 本当に分かってくれる人がいなかった。とても面白い物語。でも本当の意味は伝わらなかった。 今なら大丈夫。面白いだけではない、その中にメッセージが入っている。人それぞれ伝わるものが違う。あなたは書ける。今なら大丈夫。封じ込めてはならない。宗教的なことで排斥されることもない、自由な時代になった。 テレビが一番、伝わりやすい。今はその土壌が培われている。今だから大丈夫…早すぎたら「ウソつき」と言われていた。この時期を待っていた。 今度は頭痛がしてきた。しばらく深呼吸をしたら少しよくなった。 「どんな気持ちか?」と聞かれた。 わたしは、安心した。もうウソつきと言われないホッとした、と答えた。 「他にも書くことに対して心配があるか?」セラピスト役の人に聞かれた。 周りが離れていく。有名になると、ひとりぼっちになる。1人はイヤだ。寂しい。隠れていたい。みんな私のもとを去っていく。わたしは1人、1人で書いている。 1人で机に向かって書く年老いた男性の姿が見えた。広場に立つわたしの周りから、離れていく人々の姿も。 頭が痛くなってきた。もう集中力が限界に達していた。 今日の体験で得たものは忘れないし自分のものになると、クロージングをし、意識を今に戻した。 終わってからも、何だか異次元の空間にいるようだった。 クニコさんが、途中から神聖な空気になって、寒くなったから、オンドルの温度を上げてと言った。わたしはオンドルの温度を上げ、ベストを貸してあげた。 不思議な体験だった… 過去世で戯曲家?信じられるわけがない。ありえない。そんな才能はないよ。あったら苦しんでないって…という心の声。 でも…あのメッセージは本物だ。「今の時代なら受け入れられる」それは本当だ。 「この戯曲家は誰だろう?」と、いろいろ検索もした。 信じるか、信じないか…考え過ぎて頭が痛くなってきた。 そして結論は…もういいや、「信じる」と決めた、だった。 だって信じて何の損がある??どうせウソか真実かなんて、永遠に分からないのだ。 20年近く、ずっと苦しくて、悩んできて、「一体、何の修行だ?」と思いながら生きてきた。 ああ、そうか。つまりわたしは時代が変わるまで、準備をさせられていたんだ、と思った。 (不思議と今は別に何か書けなくても、楽しめればいいや、と思っている。気負いのようなものが少し消えた) 講座が終わった翌々日の月曜日。 普段はつっけんどんで、おそろしく冷たい態度の字幕担当者から、私の翻訳家人生における努力を、すべて認めてもらえるような、あたたかいメールが届いた。 ビックリした…ありえない…この人が?つい1か月前に、凍り付くようなメールをもらったばっかりなのに? 彼はわたしが駆け出しの頃、(もう十数年前です)ある制作会社で一緒に翻訳をしていた人で、当時の私の実力も、今の実力もよく知っている。 つまりこういうことだ。自分が自分を認めたら、他者からも認めてもらえたのだ。 クニコさんに報告したら「現実が動いたんですね!」と返信が来た。 そうなのか?そうなのか…うん…たぶんそうなのだ… 終わってからも、数日間はずっとふわふわしていた。クニコさんは意識が宇宙に散らばって戻ってくるのに時間がかかると言っていたが、本当にそういう感じだ。 とにかく現実に落とし込めるように、できることから始めてみよう、そう思った。 そこでクニコさんにもらったジュリア・キャメロンの本を読み、「モーニングページ」とやらを書き始めた。こんなので何か変わるのか?半信半疑だった。 10日が経過した。驚くべきことが起きた… おととい、モーニングページを書いていると、何だか手が勝手に動き始めたような気がした。2日経って、その時のノートを読み返したら、例の「剣の力」について書かれてる?? なんじゃこりゃ?わたしこんなこと思ってたっけ?ホラーだ… 確かおとといは、今まで怖くてたまらなかったはずの未知能力を開花させたい!と本気で思って、どうすればいいんだろうとググっていた。 それで何となく「モーニングページ」に、ネット上で見つけた未知能力の開発方法を書いていたら、何かが降りてきたんだ… 今朝は、その2日前のノートを読み返してから、昔好きだった本とか、今まで考えないようにしていた過去のことを、当時の体験の感覚を思い出しながら、つらつらと書きつづっていた。 すると突然、眉間のあたりがジンジンしてきた。何だかイメージが浮かぶ… 花畑の丘のあいだをバイクに乗った若者が進んでくる。丘を越えると海だ。 突然、主人公、設定、情景…そういう言葉が浮かんできて、わたしはどんどん書き始めた。(でも少し書いただけで、子供に邪魔されてしまった) すごい…これか…これが、降りてくるってことか…何だかどういうことか、分かった気がする。 でもまだ今までの習慣で、途中でつい止めてしまう。たぶんもう少し、いろんな面で、自分の感覚に忠実になる必要があるんだと思う。  【最後に…】 2016年の夏、今回養成講座を一緒に受けた受講生さんが、クニコさんを韓国に招待して開いたお茶会でわたしはクニコさんと偶然、出会いました。 そのお茶会の数日後、シャワーを浴びたあと、なぜか誰かに「ヒプノセラピスト」になりなさい、と言われた気がしました。 その後、ウィズダム・ヒーリングを受け、(*ヒプノセラピーではない個人セッションのほう)「これは本物だ!」とその内容の素晴らしさに感動し、本気で受講を考え始めて、今に至ります。  クニコさんのブログの最初のほうに、「ターニングポイントでお会いしましょう」という記事がありました。 わたしの書いた体験談が、ターニングポイントを迎えた人の目にとまれば、とてもうれしいです。 「求めよ、さらば与えられん」求めていれば、必ず、必要なメッセージが降りてくる。本当にそう思います。 すべては自分の魂が決めてきた人生。心から求める多くの人々が、すばらしい魂の旅を体験できますように。」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家) ☆チハラダクニコより 全8話、完結です!!ひゃんさん、ありがとうございました!また、ここまで読んで下さった皆様にも、本当にありがとうございました。 自分が自分を認めると、他者からも認めてもらうことが起きます。潜在意識レベルのセラピーを受けても、現実がなかなか動かない場合には、果たして、ご自分が、セラピーでの体験をどれくらい受入れているのかどうか、考えてみて下さい。現実的なひとほど、信じることに何の損もないことがわかるはずです。心の内側で、セラピーで体験した考え方や体験が、自分の行動や情熱や安心や自信を促すのなら、そして、信じてみても何も損はなく、誰にも迷惑をかけないないなら、信じてみても悪くないのではないでしょうか。 ひゃんさんは、ペア実習で、お母様のことがでて来た直後に、現実で間接的にお母様様からメールを受け取られました。さらには、ペア実習でご自分の才能を認める体験をなさった数日後に、現実で、これまでの仕事のすべてを認めるメールを受け取られました。しかも、ありえないお相手から。これらは、この上ない、わかりやすい現実の「サイン」です。 潜在意識は現実と直結しています。ですから、ヒプノセラピーを受けた後の、現実でのレスポンスの早さやわかりやすさというのは、その方が、どれだけヒプノセラピーでの気づきや体験を受け入れ、信じて、咀嚼して、自分のものにできているか、ということと比例します。ひゃんさんの場合は、これが、抜群に上手で、変化の早い方の典型です。 仕事や人生で成功するには、素直さというのが本当に大事です。素直さというのを、騙されやすさや愚鈍さと混同して警戒している方もあるかと思いますが、騙されやすさや愚鈍さのことではありません。ひとには平等に24時間しか与えられていないのですから、自分のこだわりや個性を守るだけでなく、外からの意見に耳を傾け、異なる要素にも心を開いてみる「素直さ」によって、変化や進化や成長の速度が違うのは、容易に想像できますよね。 また、好きな仕事で成功したくて努力をしているのに報われないという方も多くいらっしゃると思います。努力自体は、素晴らしいことですが、仕事での成功や発展は、黙って努力さえしていれば報われる・・かというと、そうではありません。仕事の成功や発展には、努力だけではなく「いざというときチャンスをつかむことのできる瞬発力や握力」が大切です。この「チャンスをつかむ瞬発力や握力」は、普段から、自分の内なる直観や閃き、自分の判断や選択を信じられる訓練をしているかによって、いざというときに差が生まれます。いざというときに、自分を信じられなければ、決断が遅れて、せっかくの良いチャンスを見送ったり、見逃すことになります。 こんなに努力をしているのに努力が報われないと不満を感じている方も多いと思います。大人にとっての努力はあくまでも「手段」であって、「目的」ではないはずですが、いつの間にか、努力のための努力になっていないか、自己満足の努力になっていないか。努力していれば安心だったり、努力で何かを誤魔化したり、何の失敗もせず、恥もかかず、リスクもおかさないことの、隠れ蓑になっていないかどうか。本当のリスクをとっていないのではないか。見直してみて、修正をかけるといいと思います。努力の方向性が間違っていると、努力が報われません。自己満足の努力でいいと腹を立てる方もいらっしゃるのですが、もしそれが本心なら、現状に不満を持ったり、他者を妬んだり批判したりする必要はないでしょう。自分を幸せにしてあげて下さいね。 また、好きな仕事を始めることは誰にでもできますが、続けることは誰にでもできることではありません。好きな仕事で長年食べている方というのはどの業界でもひとにぎりです。そして、例え好きなことを仕事にしている方々であっても、常にいつでもワクワクしているわけではありません(笑)自己管理や成長の課題は与えられますし、やる気のない時や迷いが生じる時もあります。ではどうするかというと、自分がどうすればセルフモチベーションをあげられるのか、どうすればその気になれるのか、どうすれば気分の乗らない時にも仕事ができるのか、そういった数々のシチュエーションで、「自分の気持ちの持って行き方、対処の仕方」がうまいのです。頭の切り替え方や、自分の乗せ方、思いこませ方、セルフモチベーション、セルフコーチングともいえますね。 ヒプノセラピーも、そこでの体験が有益な考え方であるならば、それで自分を思い込ませることにする、信じたことにするという「考え方を採用」してみれば良いのでは? ヒプノセラピーも養成講座も、究極的には、体験した人にしかわからないものです。しかしそれでも、こうした体験談が、必要な方の人生のターニングポイントで、勇気や希望をもたらすことができることを心から願っています。 ***************** <ヒプノセラピスト養成講座概要> 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから

      12
      1
      テーマ:
    • 体験談(その7/8)「本当にやりたいことを口にしようとすると、なぜか、急にしどろもどろになって」

      こちらは昨年8月に行った韓国・江村での写真です。江村はわたしにとってのパワースポットでした。何時間でも居れるくらい。体に気が満ちました。国を思い、国を支えて来た人たちの歴史、知性や品格、貢献心、豊かさを感じましたよ。  さて、韓国在住の映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト体験談その7、行きますよ〜〜〜! 「4日目の講座があった夜、わたしはすごく疲れていた。 クニコさんに背中の肩甲骨のあたりと背骨をお風呂の時、塩で洗うとお祓い効果もあるし、スッキリするよ。と言われていたので、やってみた。かなり体が軽くなった。 そのあと、髪を乾かしていると、どうも「戯曲」という言葉が思い浮かぶ…もしかして、あの羽ペンの人のことか?とも思ったけど、まあそんなのできすぎてるよね、と軽く流して仕事をし、その日は布団に入った。 さて、5日目の最終日。 最終日、どうするか。何を切り口にするか、という話し合いの最中、クニコさんにどういう仕事がしたいのか、と聞かれた。 ものを作りたい、お話を。翻訳だけじゃなくてその大元がとわたしは答えた。 するとそれだったら、プロデューサーとか制作とか、いろいろ関わり方はあるけど、「脚本家」になりたいの?と突っ込まれた。 確かにブログでも脚本家になりたいと何度も書いている…なのになぜかわたしったら、「脚本家」になりたいのか?と聞かれると、しろどもどろになって歯切れが悪い。 すごく書きたい!書ける!と思えないのだ… で、それはきっと、仕事しすぎて書くことに疲れてるからかなと、その場ではそう結論を出した。 だけど韓国ドラマと聞くとワクワクする。楽しい、ドラマは作りたい!と思う。 というような話をして、「羽根ペン」の人と「韓国ドラマ」どちらの切り口で、セッションを開始するか考えた。 (結論からいうと、使命とか天職とかいうものは、どうやらワクワクしないらしい、尻込みしたり何となく気が重かったりするということなのだ)*一口メモ。最初は、って意味です。 制限がかかっていることが多々あるため。 なぜあれだけ脚本家にこだわっていたのに、しろどもどろになって、歯切れが悪くなっちゃうんだろう…(その疑問も最後のセッションで明らかになる) とりあえずセッションの切り口は「韓国ドラマとの縁」でいくことになった。 セラピスト役の相方はもう慣れたもので(彼女、すごいんですよ)どんどん進めていく。 私は「韓国ドラマとの縁」が分かるドアの前に立っていた。 ドアを開けると、長い城壁が見えた。わたしは、赤い服を着たその国の王女(なんとなく新羅)で小高い丘の上の城壁に立ち、誰かを待っていた。 (このあとこれもとても面白いお話があるのですが、省きます) 新羅の王女の話の次に、「その人生で、重要なシーンへ行ってください」と誘導された。 すると突然、時代が変わった。わたしは李氏朝鮮時代の両班で、月明かりの照らす庭で笛を吹いていた。家の中には女の人と赤ん坊がいた。 この過去世では、お金持ちの両班の息子だったが、家族のことが足かせとなり、夢を果たせない人生を送っていた。 この男性の夢は、町や都、庶民や王族、王宮に暮らす人々の姿を、見聞きし、本にして、多くの人に伝えることだった。 だが家族思いの彼は、家族を残して家を離れることができず苦しんでいた。 それをセッションで、書き換えた。「旅ができますよ」とセラピスト役の人が誘導した。 すると、わたしは自由に旅をして、いろいろな人に話を聞き、たくさんのことを記録し本にしていた。 わたしの本は貸本屋に置かれ、多くの人が目にし、外国にも伝わった。幸せそうだった。家族も子供も喜んだ。 そのあと「今世では何を伝えていきたいのか?」とセラピスト役の人に聞かれた。 するとここで突然、胸が苦しくなった。 苦しい…苦しい…人生のテーマ、見たくないテーマが見える気がする。胸がどんどん苦しくなった。何か見えてきている… 「どうしますか?」「見ますか?」と聞かれた。 わたしは見ると答えた。 ⑧に続きます。」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家) ☆チハラダクニコの一口メモ 私達はしばしば、一番やりたいことに制限をかけていることがあります。本当に、不思議なのですが、なぜか、習わなくてもできるとか、人と同じように習っても、人よりうまくできたり、才能やセンスがあることってありますよね。それらは、前世での経験値から来ていることが多いんですよ。今世でのわずか数年、数十年の経験と比べて、もしも、仮に、前世での経験値が何十年分、何回分あったなら・・・相当いろいろな経験を積んで来ているベテランですよね。そのぶん、前世で目立って活躍して痛い目にあった経験もあるわけです。昔なら、自分や家族が理不尽に殺されたり、排除されたこともあったはず。もう二度とそんな思いまでして、やりたくない。普通でいい、平凡でいいと思うのは当然のことですよね。 やりたいはずなのに、それを素直にやりたいって思えなかったり、ワクワクしなかったり、なんだか自分で自分の力を止めているような気がするのはなぜなんだろう?と思われる方は、一度前世を見てみるといいと思います。きっと、今の時代、今の土地に生まれた意味があるはずです。 そして、今世では、才能を発揮しても、命を奪われる訳ではないということに安心して下さい。以前のように、命を賭けて仕事をするみたいなやり方ではなく、もっと楽しく、現代的に、うまくいくように、形を変えたりして、世の中に貢献する選択ができるということ。 あるいは、その使命はもう過去生で十分やったから、今世では、そのことに決して秀でていなくとも好きな事を選択するという生き方もありです。大きな責任や役割を抱えず、平凡に普通に生きたいという選択をしてもいいんです。人の最大の権利は、そういった「自由意志」です。ねばならないことなんて、何もないです。 世間一般的には、しばしば「使命や天職」=「それをやったら何の問題もなく必ずうまくいく仕事」だから、それが何の仕事かみつかりさえすればいいのでは、という気持ちで、使命や天職を探すためのセミナーに参加している方も多いのですが、実は使命はそういうものではありません。そういう、失敗や努力を避けるような甘い考えでは、好きなことで食べて行くのは難しいと思います。第一線で活躍されている方々は、それぞれに、表に見えない努力をなさっています。そして、それを当たり前だと思っていらっしゃるので、特別なことをしている意識はありません。 しかし、だからといって、「幸せや豊かさを得るためには、苦しまなければならない」とか、「逆境や困難を乗り越えてこそ、幸せや生きている実感が感じられる」といった、苦しいことを前提とした生き方(観念)は、変えて行かれることをお勧めします。これらが前提になっていると、本当に現実で次々に困難を体験することになってしまいます。しなければならない苦労は買ってでもしたほうがいいですが、しなくていい苦労は、本当にしなくてもいいと、ご自分に言い聞かせてくださいね。 「使命や天職」は、その人を最も効果的に成長させる手段みたいなものです。「才能」単体だけでは、様々な循環が生まれません。「自分との関係」を筆頭に、才能を巡る「人間関係」が絡んできます。「才能」を使って、自分も人にも喜ばれて感謝されて満たされる「循環」を生み出すためには、「才能」周辺の、自分で自分を止めていた心の制限を解除して、(勝手に)苦手だと思っていたことをやってみる勇気(大抵は慣れたらできる程度のこと)、それまでの自分が正しいと信じて疑わなかったことや譲れなかった事を、破壊して再生していくような成長過程が生まれます。つまり、自分の頑さを壊して、自分の視野を拡げて、より大きな器に、より寛容になっていく。より多くの人に心を開いて行く。そういう愛を大きくしていく成長です。もっと言えば、仕事ではなく、家庭やボランティアで、成長していくのでも、いいんです。 ***************** <ヒプノセラピスト養成講座概要> 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから

      5
      テーマ:
    • 体験談(その6/8)「自分がやらなきゃ。まるで命を削るように全身全霊な仕事の仕方をしていたのは」

      昨年8月に韓国・江村のお茶屋さんでの写真です。お母様と息子さんで運営されていたすご〜く素敵なお茶屋さんでした。煎ったひまわりの種を出して下さったのですがそれもとても美味しかったです。 さて、韓国在住で韓国ドラマの映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座体験談その6です!行きますよ〜〜〜! 「ヒプノセラピスト養成講座4日目のセッションの続きです。 さて、戦士(グラディエーター)の前世を見ていて、突如怖いと言い出したわたし。 剣の力を今は抑えている。今の力はほんの少し。抑えないととてつもないことが起きる。世界が変わってしまう…だから怖い。 こんなことを言ったあと、わたしは突然、ジタバタし始め… 「本当はこれ(養成講座)も受けたくなかった。力が出ないようにしたい。抑えていたい」「普通に暮らしたい、力は要らない。力なんてないほうがいい!!」と叫んでいた。 これを聞いていた私の意識は(しゃべってるのはわたしですが…)もうぼうぜんとしていて…何を言ってるのわたし?自分で受けようとしたんだよね?セラピストになれって言われた気がしたじゃん?どうしたの?と頭の中はハテナ状態だった。 そこで、過去につらい思いをしたのか聞かれた。 するとシーンが切り替わって、突然、神社のような場所で、白いひらひらした棒を(おおさぬきとか言うようだ)持った巫女さんが見えた。 その途端、わたしは怖くてたまらなくなり、苦しみ出した。手足が震え冷たくなり、歯がガタガタ鳴っていた。見たくないと体が抵抗していた。見たら大変なことになると… 怖い顔をしたわたしが、大勢の黒い帽子をかぶった臣下の前で、何かを指示している。彼らは何でもいうことを聞く人たち。(時代は平安時代) 「力があったのか?」と聞かれた。 国を動かす力…帝(みかど)に助言をし信頼されていた。戦が起こった。 わたしが戦をしろと言った。わたしのせいで戦が始まった。大勢の人が苦しんで死んでいった。 目の前に絵巻物のような戦の情景が広がった。倒れて苦しむ人々、馬や牛の死骸… わたしには神の声が聞こえた。声を聞かなければよかった。人を助けたかったのに、たくさん死んでしまった… だから力は要らない。もう聞きたくない。フタをして、平穏に平凡に生きていけばいい。 そう言って、しばらくわたしは苦しんでいた… 戦が起きても誰も責めなかった。仕方のないことだった。でも人は助けたい。たくさんの人を救いたい。そのためには力が必要… わたしは言葉を続けた。だけど、幸せな人生だった。 「救いもしたか?」と聞かれた。 目の前にたくさんの子供たちがいた。お寺か神社の境内のようだった。戦争で親を亡くした子たちを世話していたようだ。優しそうな顔をしたわたしがいた。幸せそうだった。 「表に出るのは好きじゃない」「力が必要な時だけ表に出る」「帝(みかど)はいい人だった」「国のことを考えていた、帝の力になれてよかった」「力が誰かのためになるなら、使ってほしい」と、わたしは言っていた。 ここでハイヤーセルフからのメッセージが降りてきた。私の口調がまた変わった。 「あなたはその力で人を癒やすことができます」「力で人を楽しませることができます」「愛を持ちなさい」「多くの人を癒やせる」ここで繰り返し「人々を癒やすことができる」と言われた。 すると突如また、場面が切り替わった。 薄暗い教会の、十字架の前で何かを一心不乱に書いている男性の後ろ姿が見えた。神聖な雰囲気だった。 羽ペンがどんどん動いて、何かを書いている…とても速いスピードで!まるで魔法のように。 メッセージは続いていた。 「書きなさい、書きなさい」「ペンに宇宙の物語が降りてくる」「すばらしい物語を書いている」「これを人々に伝えてください。あなたが受け取ったすべてを。それで人を癒やせます。」 そこでセラピスト役の人に「剣はペンか?」と聞かれた。 するとわたしの声のトーンががらっと変わった。きっぱりとした口調でわたしはこう言っていた。 「剣は剣」「ペンはペン、ただの道具」「剣はもっと大きな力。世界を動かすもの」剣は大事な時まで出てこない」と言った。 (※クニコさんの解説によると、この時ダークなエネルギーに変わったらしい、どうやら巫女だった過去世の私は、巫女のプライドで「ペンなんか」と思っているらしいのです。面白いですね) ここで集中力の限界にきて、4日目のセッションは終了した。 濃厚すぎた…フラフラだった。 わたしが巫女って…?帝?って何?正直、にわかには信じられなかった。 でも…確かに見えたのだ…赤と白の巫女の衣を着た女の人。帝に寄り添う姿。庭園にずらーっとならんだ大勢の臣下(の頭)。 そして、今までずっと怖かった。「自分にある力を出すのが…怖い」 その感覚はすごく思い当たる。だから何となく何か感じたり、力を出せそうになると、かならず自分でストップをかけていた。これ以上はダメだと… その理由がまさか前世のせいだったなんて…にわかには信じられないけど、疑ったり否定する気もなくて、少し時間が経つと、まるで以前から自分でもそうだったと分かっていたような気持ちになっていた。(こういうことがよくあります) クニコさんいわく、国を動かすような前世があったりすると、現世でも命を削るような仕事の仕方をすることが多々あるそう。 まさにそれだ。「私がやらなきゃ大変なことになる」という根拠のない思いに駆られて、全身全霊で仕事をすることが多かった。 つまりそれも前世の彼女のせい?そう考えるととても納得がいく。 なるほど…すごすぎる… 驚きだ… この巫女が、わたしがセッションを受けようとするのを邪魔してて…なんとなく気乗りがしなくて、積極的じゃないような気がしてたのも、彼女のせいだったわけか(ボーゼン…) 現世ではそんな苦しみはないし、過去世とは違う、力を出しても大丈夫。楽に仕事をしてもいい、というような暗示を最後にかけた。(と思うけど違ったかも…) すでにもうクライマックスにしてもいいような内容のセッションだったのだけど、わたしの魂はここで終わりにしなかった。最終日、最後の最後にとてつもないのが来たのだ…」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家) ☆チハラダクニコの一口メモ 物事はすべて表裏一体となっていて何事にも光と影の両面があります。森羅万象、光あるところには影があり、それが自然の摂理です。大きな権力や地位を手にしてその責任感ゆえ、批判や無理解に辛く苦しんだ経験もあれば、だからこそ、人の力になれたこともあります。 このペア実習では、「救いもしたか?」という光の面に焦点を合わせた質問が素晴らしかったです。 こればかりは人と比べようがなくてわかりにくいことですが、命を削るような全身全霊の仕事の仕方ゆえにその分野で成功された方々は多いと思います。しかし同時に、長年やっているとご自身の心臓にかかっている負担や表に見えない犠牲も多いことでしょう。ヒプノセラピーで様々な体験をされることで自分の中では当たり前になっていた感覚や、追いつめられたような感覚などが和らぎ、もう少し楽な気持ちでもうまくいくようになったり自分のがんばり以外の思わぬ盲点に気づいて、以前の成果以上のものが出せるようになっていかれる方も多いです。それまで培って来た実力と経験に、余裕のようなものが生まれます。 ***************** <ヒプノセラピスト養成講座概要> 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから 

      4
      テーマ:
  • 08 Jan
    • 体験談(その5/8)「人が本当に怖れているのは、自分には本当は大きな力があると知ることです」

      写真は、韓国の食堂の入り口です。カラフルなスツールが可愛いですね。「ANGEL IN US」という韓国のコーヒーチェーンでの写真です。店中に天使の翼が・・・! さて、韓国在住の映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座その5、行きますよ〜〜! ***************** 「あっという間の4日目。前世すごいな~と余韻に浸りつつも、夜は仕事をしていた。締め切りがあったから…(汗) 肉体的にもずーっと疲れていて、セッションも20分とか短くやろうとしても、わたしの魂がどうしても出したがってるようで、必ず70分とかになってしまう。内容も濃いので、泣きっぱなしだし、セッションが終わったあとはヘトヘト。 しかもわたしが感じやすいせいか、セラピスト役をしていても、ものすごく疲れる。相方はわたしの誘導が終わると、目をキラキラさせて生き生きしながら、誘導の際の切り込み方など積極的に聞いてる。 だが…なぜかわたしはどんより。相方がどうしても突破しないといけない、大きな壁にぶち当たってたからということもあるけど、たぶん誰が相手でも、これは絶対めちゃくちゃ疲れるなという予感…。 そこで…思った。わたしセラピストなんかなれないんじゃね?クニコさんにもわたしは個人対個人はきついかもねと言われて…じゃあ、なぜ?養成講座なんか受けてるんだろ?と最初の疑問に戻る(笑) さて、セッションの内容を書く前に、本当は今回の体験談は後半にあったセッションの細かい内容は省いちゃおうと思っていた。 驚くほど濃厚な内容で、うまく文章にする自信もなかったし、意識がふわふわしていて、その体験にもっと浸っていたくて、言葉にするのがもったいなかった。 でも、今日、日本語のレッスンに向かうとき、自転車をこぎながら、ふと思ったのだ。 よし、セッションで見た過去世もきちんと文章にしてみよう!って。 講座の4日目。今日は軽めで楽しいセッションでいこうとクニコさんが言った。 なので相方はワンダーチャイルド(純真無垢で好奇心いっぱいな創造的な存在)わたしはハイヤーセルフに会いに行くことにした。わたしたちは楽しい体験ができるんだ!とワクワクしていた。 ところが、やはり軽めなんてしょせん無理だったのだ。 相方のセッションでもワンダーチャイルドは出てこなくて、出てきたのはインナーチャイルド(傷ついた内なる自分)だった。そしてたどりついたのはやはり妹さんのこと…。 恐るべし潜在意識、どう考えても、彼女が突破すべきなのは、そこ(妹さんのこと)だよなーと再認識した。(本人がそうなんですか?と言った時にはみんなで大笑いしたけども) そしてわたしのセッションへ… わたしはハイヤーセルフに会うための扉に入った。最初は何も見えなくて、なんだか天使みたいな人がぼんやり飛んでいる気がした。 何も見えない~と思っていたら、突然、森の中にわたしがひざまづいて座っていた。天使がわたしに何か語りかけている。「あなたは勇敢だ、感じるままに進みなさい」 そのわたしは戦士だった。(ローマのグラディエーター、剣闘士のようだった)白いヒゲのおじいさんから剣を受け取っていた。おじいさんは「自分に自信を持ってまっすぐ進め」と言った。「もっと自信を持ちなさい」と。 そしておじいさんは森の奥へ去っていき、わたしは神殿の広場へ向かった。(コロッセウムというらしい)長い石の階段で女の人が待っていた。金髪で白人、笑顔がすてきな女性。恋人だ、と思った。 次の場面でわたしは突然、崖から落ちた。上を見上げると、その金髪の女性の顔が見えた。 わたしは牧場でその女性と暮らしていたが、言い争いの日々だった。(なぜかここで女性は今の夫ではないかと思った)女性が不満に思っているのは、わたしが戦士を辞めたこと。彼女は私の戦う姿が好きだった。もっと夢を追いかけて欲しかった、と思っていた。 わたしはあそこに戻りたかった。あの広場で、もう一度、勇敢な姿を見せたい。そう思っていた。戻りたい、もう一度、味わいたい。あの観衆の大歓声。勝利した姿。彼女の喜ぶ姿が見たい。 わたしは広場でケガをした。彼女と観衆が見守るなか、血を流していた。 わたしは判断を誤ったのだ。自分を信じ切れなかった。もっと自信を持っていいのに… 彼女はわたしを信頼してくれている。もっと自分を信頼していれば… ここで何かメッセージのようなものが口をついて出てきた。私の口から出ているのだけど、私の意識はそれを別のところで聞いていた。 「もっと強い心、 強い心を持ちなさい」「周りに揺さぶられてはならない」「信頼してくれる人がいるから大丈夫」「あなたの剣は最高の剣」「この世で一番貴い剣だ」「誰にも負けない素晴らしい剣」 「それがあれば、誰にも負けず、あの大歓声をもう一度聞くことができる」「あなただけが持てる剣」「信じなさい」 おじいさんがくれた剣。 そこで、今世でその剣は?とセラピスト役の人に聞かれた。 わたしは「胸の奥底に大事に取ってある」「まだ出てきていない」「これから出てくる」と答えていた。 「剣は力」「その力をもてるようになる」「人々を動かす力」 その直後、わたしは泣きながら、「怖い」!と言っていた。 怖い、怖い、まだ怖い…いつか必ず出てくる。準備が整ったら出てくる。今は準備をしている。剣はものすごい力を持っているから、わざと抑えている、出てこられないように。 一体わたしは何を言っているのだろう…自分でしゃべっていることの意味が分からない。意思とは関係なく口が動いていた。 その後、心底衝撃的な「ヒプノ受けたくなかった」発言が出るのだが…」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家) ******************* ☆チハラダクニコの一口メモ 潜在意識は賢いので、たとえ未来へ誘導しても、過去へ・・・たとえ過去へ誘導しても、未来へ・・・とか、その人の一番効果的なところへと案内するんです。ちゃんと、どんな順番で、何をしたらいいかを、わかっています。もう、この日は、ホント、面白かったです。 チャネリングの状態になって自ら聖なるメッセージを受け取っていたひゃんさん!とても神聖な空気でした。 私達人間が本当に怖れているのは、自分には能力や才能がないと知ることではなく、自分には大きな力があると知ることです。 実は、ヒプノセラピーで自分に向き合って行くと、とても自然にチャネリング能力が開花される方々がいらっしゃいます。 ここからは、余談ですが・・・ チャネリングにはそれぞれ異なる役目があり、質も様々です。人によって活用する目的や好みも異なり、需要と供給があるものです。 チャネリングは人が媒体となり高次元のメッセージを微細な感覚で通訳していく仕組み上、媒体となる人間ができるだけクリアであることが望ましいんです☆ 人を依存させるのではなく、人を助け自律させていくことができる純粋なチャネリングであるためには、「高次元とのつながり」(未知能力)と、「人間として愛を学んだ分量」(人格)このふたつのバランスがとれていることが理想! 高次元とのつながりや能力開発に偏ると、どこかでひずみが出てしまいます。プロの方でも、クライアントさんとの関係に悩んでいらっしゃる方は多いので、そのような場合、ヒプノセラピーで自分に向き合っていくと、責任を抱えこまず楽になれますよ。 ヒプノセラピーで自分をお掃除して自然にできるようになるチャネリングはバランスがとれていると思います。未知能力は、それをうまく扱いうまく付合って行くことができるように訓練していく必要がありますよ☆  その6へ続きます〜〜! ***************** <ヒプノセラピスト養成講座概要> 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから 

      5
      テーマ:
    • 体験談(その4/8)「家庭と仕事。ちゃんと順番があった。」

      12月の韓国は、粉雪が降り、水たまりに氷が張っていました。 韓国在住で韓国ドラマの映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座体験談その4、行きますよ〜〜!!! **************** 「養成講座が始まる前日に、クニコさんと数人でお食事会をしました。 夜だったんですけど(同席者の方に)講座についてそこでいろいろ聞かれて、「どう変わるか楽しみ!」とか言われたんですね…でも、わたし内心…なぜかぜんぜん楽しみじゃなかったんです。 そもそもなぜ講座を受けることになったのかすら、ぼんやりしてて、今でもそれなりに幸せだし、特に悩みもないし、セラピストになりたいか?と言われると、そうでもない… なのに気づいたらクニコさんを招待して、講座を受けることになっていて…何となく目的がはっきりしていなかった。 もちろん自己開発とか自己探求という目的はあって、もっとインスピレーションが受け取れるようになれればいいなとは思ってました。 でも…不思議と、これ絶対に受けたい!!どうしても受けたい!!受けたら変われる!という積極的な感じではないし、確信もなかった。 (よく考えたら大金を払ってそんなふんわりした状態ってあり得ないですよね?でも、なぜ気が進まないという状態だったのか、その理由も4日目に明らかになります) そんな中での3日目、強烈に眠くて、なんだかもう目を開けていられない。でも話はちゃんと聞いてる。こんなこと普通はないのにって不思議でした…(普段はどんなに眠くても仕事は絶対に終わらせる人ですから、眠気なんてどうにでもなるはずなんです) とにかくセッションをということで、またも誘導で催眠に。 この日は最初は前世かなと思っていたら、そうではなく、象徴的な物語でした。 それはやはり家庭に関することでした。 最初はイメージがわかなかった。 でも次第にはっきりしてきて、少女のわたしが森の中で切り株に座っていた。 そこでわたしは、何か本を…聖書のような分厚い本を読んでいた。そうしたら先生がやってきた。わたしとしばらく話をしてから、その先生はわたしに「命の水」をくれた。 でもわたしは怒ってそれを捨ててしまった。「欲しかったのはこれじゃない、こんなものはいらない!」と.言って。 細長いキラキラした美しいボトルにはいった命の水は、コルクのフタが外れすべて流れてしまった。 「欲しかったものは何ですか?」と聞かれた。 わたしは「ランプ」と答えた。わたしは暗い石の牢屋のような所にいた。そこを明るく照らす、暖かい光のランプが欲しかった。 そこへ「ランプ」が現れた、カボチャ型の金具が周りを囲んでいて、あたたかい黄金色の光りを放つランプ。とてもきれい。 頭からすっぽりと黒いマントに覆われ、ムーミンに出てくるミーのような顔をした小さな私は、じっとランプを見つめながら、「きれいだな」「これが私のものだったらいいのに」「これが欲しい」と思っていた。 私は暗い細長い洞くつを1人で歩いていた。突き当たりに薄暗い部屋があった。ベッドと机があった。外に出たくない、ずっとここにいる。 黒いマントの私は、机に向かい1人で何かを書いている。 「なぜ?」と聞かれた。 誰もいない。入ってきてほしくない、1人でいい、ランプがあればいい。ランプがあればみんなで一緒にいられる。 「ランプ」をもらってください。と言われた。 ランプを受け取った私は、突然大人になっていた。 とてもうれしそうで、白い服を着ている。周りには子供たちがいて、テーブルの上にあるランプを一緒に見ている。 そのランプを天井につけた。わたしは大人になり、同じぐらいの年の子供が3人いる。 先生が食卓に現れた。明るい食卓に「命の水」のボトルがある。みんなで一緒に飲んだ。 「飲むとどうなりますか?」 わたしは「大人になれる」と答えた。 「どんな気分ですか?」 成長できた気がする。 「どのように?」 子供から大人になれた。何でも許せる。もう子供じゃないので許せる。 「命の水」は「知恵と教え」「ランプ」は「家庭」そう答えていた。 「この体験はどんな意味か?」 すると、私が勝手にしゃべり始める。「順番があった」「それが違ったから、 受け入れられなかった」「ちゃんと順番がある」「だから大丈夫」 ここでもずっと泣いていた気がする。 この物語は象徴的すぎて、他人には分かりにくいと思う。でも私にはとても響いたし、「順番」があるということで、安堵した。 安心感…今までわたしに欠けていたもの。許されないんじゃないか、という不安。 焦らなくていいんだ。家族を捨てたわけじゃない。順序があった。 その順番どおりに満たされる日が来れば、すべてはうまくいく。順番の問題だった。決して自分を責めることはない。 ここでもやはり家庭が出てきた。潜在意識は、とにかく私を安心させようとしていたんだ、と思う。 「大丈夫」「大丈夫」…家族のことは大丈夫。家族はあなたといるよ。 次の日になってようやく仕事のことが出てきましたが、そこでもやはりずっと家族の話が出てきました。」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家)  本当に美しく象徴的な物語ですね。潜在意識は、その方だけにぴったりとわかるオーダーメイドの物語を用意してくるんですよね。 私自身も、家族と7年、15年の断絶がありました。長い間、辛くて、大きな葛藤がありました。でも、やはり、順番がありました。とても共感しました。仕事と家庭は本当につながっていて、その人の「順番」があります。 その5に続きますよ〜〜! **************** 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! <ヒプノセラピスト養成講座概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちら

      9
      テーマ:
    • 体験談(その3/8)「前世での私の気持ちは、中学時代から感じていた不思議な気持ちと同じだった」

      こちらの写真は、韓国で今話題の聖水洞(ソンスドン)というエリアの「デリム倉庫」カフェ&ギャラリーです。町工場だったエリアに、アーティストやクリエイターが集まり、レンガ倉庫などを再開発した個性的な店が並ぶCoolなエリアでした。  さあ、韓国在住で韓国ドラマの映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座体験談その3、行きますよ〜〜〜!!!! ******************* 「初日は軽いセッションと講義。でも講義は本当に頭を素通り。なぜこんなにやる気が出ないのだろう?自分でも不思議だった。 初日の相方の誘導をやってすごく疲れた。自分の気持ちを解放することに対する抵抗がものすごくて、なかなか進まない。 不思議だったのは、相方は今までいろいろなセッションを受けてきているはずなのに、なぜここまで頑なに抵抗があるのか、なぜ疑っているのかということだった。 すぐその気になって入り込んでしまうわたしとは、まったくタイプが違うので、新鮮で面白かった。 そのセッションの誘導の最中に突然、胸の上のほうが痛くなった。私はとても感じやすいけど、体で相手の気持ちを感じることはそれほどなかった。 次の日、相方はクニコさんに言われたテーマでセッションを行うことにし、(そうだったはず…)*テーマをご提案しました私は何にする?と聞かれた。 前日の軽めのセッションでは、赤と黒の宇宙のようなイメージが見えて、不思議の国のアリスのような植物がたくさん生えていた。 そのイメージか胸の痛みを切り口にするか…すべて必要だから出てきた現象だ。無意味なものはない。でもイヤならやらなくていいよ、とクニコさんは言っていた。 「胸の痛み」すごくイヤーな感じがした。でも避けて通れない気がする…きっと母とのことが出てくる。そう思った。 家族とのことで大きな問題は、だいたい解決してるので、もういいし、今回は仕事のことがいいんだけど・・・頭はそう言っていた。 でも結局そこを切り口にして、セッションが始まった。 自分が入りやすい人なのか、感じやすい人なのか、自分は他人になれないので、比較できないし分からない。人に言われたらそうかもと思うぐらいだ。 でも今回の養成講座では驚くほどすぐに入り込めた。個人セッションでヒプノをしてもらった時は、見えることは見えたけど、そこまで入り込めなかった。前世もすごく断片的なものだったし、今回もそんな感じで、わたしはあまりよく前世が見えないかもなと、正直期待はしてなかった。その時は、インナーチャイルドのほうが衝撃的だったから、インナーチャイルドとかハイヤーセルフに会うのもいいなと思っていた。 わたしはどうやら視覚タイプではなくて、感覚タイプなので、イメージで見ている。 誘導されて催眠に入っても最初は何も見えなかったりする。でも集中していくと、イメージが次第にはっきりしてくる。そして見えた気がするようになる。 これはきっと慣れと個人差があるのだろうと思う。今回私の潜在意識はもうやる気満々だったようなので、(私自身はやる気なかったんですけどね汗)最初からすごいものが見えた。。 出てきたのは雲がたくさんある夕日の中で、山の上に立つおばあさん。そしておばあさんにおんぶされた子供。 子供はおばあさんの孫で、おばあさんはあやしているようだった。わたしはその子供が自分だと分かった。 次のシーンで、古い藁葺き屋根の大きな家で、いろりを囲んでいるおばあさんと孫たちが見えた。そのおばあさんは誰ですかと聞かれて、わたしは母だと思うと答えた。わたしはおばあさんが大好きで、幸せそうだった。 次に私は夜、藁葺きの家の前に立っていた。風呂敷包みを持っている。どこかへ行くようだった。 その家の明かりを見ながら、わたしは泣きながら、行きたくないと答えていた。離れたくないずっと家にいたい。でも行かないといけない、中には戻れない… どこへ行くのですかと聞かれて、わたしは「戦争」と答えた。徴兵されたようだった。ずっと行きたくないと言っていた。 次にわたしは雲の上にいた。「亡くなったのですか?」と聞かれた。 そのようだった。下に何があるかと聞かれ、下を見ると海と森が見えた。 私はその森の中を進んでいた。木々のトンネルを抜けると、小さな洞くつがあった。そこにわたしが横たわっていた。「寂しい」「家に帰りたい」「おばあさんに会いたい」そう口から出た。 「心残りは?」という問いに「家でおばあさんに会いたい」「ありがとう」と言いたいと答えていた。 「おばあさんに会います」と誘導され、私はあの藁葺きの家に戻っていた。 大好きだった家。ずっとここで暮らしたかった。ずっと家にいたかった。兄弟とおばあさんといたかった。おばあさんはわたしをとてもよく面倒を見てくれた。おばあさんは優しかった。 催眠にかかっているわたしは、胸の奥からしぼりだすように、何度も「ありがとう」と言っていた。おばあさんありがとう、そう言いながらわたしはずっと涙を流していた。 なぜこの体験(セッションで)をしたのでしょう?という問いに、「ありがとう」と言うためと答えていた。 この人の人生で学んだことは、我が家はとても大切。いいところ。幸せになれるところ。ということ。 生まれ変わったら、家にずっといたい。家で過ごしたい。あたたかいおうちにいたい。子供とずっと一緒にいたい。 「叶ったか」という問いに、「叶った」と答えていた。「おばあさんに会いたかった」と。 *ここで、おばあさんは、 今世では、お母さんだということに気づかれました 最後にこの世でおばあさんとわたしが、母と娘で生まれ変わった意味について、問われた。 母は私を強くする役目。「わたしは…」と答えて、苦しくなり言葉が続かなくなった。 心の中でトンネルのようなものが見えた。ずっと進もうとするけれど進めない。なんとなく明るい光が見えて、あと少しで扉が開こうとしているのに… というところで、無理はせずセッションは終了した。 藁葺き屋根の家の明かり。孤独感。この2つは中学生の頃からずっと感じていた。 親も兄弟も友達もいるのに、ずっと寂しい。道路際に並ぶ家を見ながら、あのお家の明るい光の中に入りたい。いいな、うらやましいな、家族といたいな、と思っていた。 そのことが「なぜだろう?」といつも不思議だった。でも、この前世を見て、そうだったのかと腑に落ちた。藁葺き屋根の家の前で立っているわたしの気持ちが、中学の時から感じていた気持ちと同じだった。 これが前世かー!!ヒプノかーー!!と驚いた。初めての経験だったし、感動した。 でもこれは序章で、残りの3日間で、5つほどの前世と物語が見えた。 それも言葉では言い尽くせないほど、素晴らしい構成で… (しかし、全然セラピスト役には入り込めず…かなり体が疲れてしまったので、それは予想外だった。自分の考えていた受講動機としては、セラピストになりたい!と思って、受けたはずだったので…) 追記:このセッションがあった日、まさに前世を見終わった直後に、妹からメールが来たんです。それは母からのメールの転送でした。1年以上母とは直接連絡を取っていません。会ってもいません。でもこのタイミングでメールが来た。(お金を返してという内容だったけど…)タイミングのすごさに唖然としました…」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家)  ********************* ☆チハラダクニコの一口メモ ひゃんさんが書いて下さっているように、抵抗の強い相手にセッションをするととても疲労します。相手に渡そうとした愛のエネルギーが受取拒否されて跳ね返って来るからです。セッションを、素直に全開で受け取ってくれる相手にセラピーをすると、愛が循環するので、セラピスト自身の心が満たされ元気になります。面白いですよね。 ひゃんさんが「慣れと個人差」について言及して下さったので、よく皆様からいただく質問について解説致しますね! ヒプノセラピーの体験は、最初から鮮明で深い体験をなさる方もいらっしゃいますが普段、左脳・思考・論理を使って生活している現代人にとってのヒプノセラピー体験は、最初はぼんやりした浅いものであることが多く、自分がでっちあげているのではないか、見たい物を想像しているだけではないか、と感じることもしばしばです。 20年前、20代後半で生まれて初めてヒプノセラピーを体験した私自身、ほとんど何も感じることができませんでした。当時は仕事人間で完璧主義、仕事というのはコントロールしなければ成り立ちませんから、英語でいうところの”コントロールフリーク”だったと思います(笑) しかし、ヒプノセラピーでは、セラピストとの恊働作業によって、呼吸とイメージと誘導の3つを使って自ら思考を休め、コントロールを手放し、心身ともにリラックスした状態をつくることで、自分に本来に備わっている叡智を起動させます。仕事時の頭や心の動きとは真逆の練習です(笑) 20年前の私は、ヒプノセラピーを受けて自分が「思考を休める」「委ねる」「本当の意味でリラックスする」ということができないことに気づき、愕然としました。 自分はなぜコントロールを手放すことが怖いのか?どんな自分が出て来るのか怖いと感じた自分って、自分のことを本当には信頼できていないんだ、と気づきました。だからこそ、自分のために、そこに向き合ってあげたい、と思いました。 ヒプノセラピーは、潜在意識というインナーマッスルを鍛えて行くようなもので、回数を重ねてコツがわかるほどに深く鮮明な体験になっていきます。自己信頼とも比例していて、回数を重ねて行くと、自分の感じていること、直観や閃きを信頼できるようになっていきます。 その4に続きますよ! ****************** 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! <ヒプノセラピスト養成講座2017開催概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらへ 

      3
      テーマ:
    • 体験談(その2/8)「家庭と仕事は深くつながっていて、切り離して考えられないものだった」ヒプノ

      ホテルから徒歩5分、念願の韓流スーパー銭湯「チムジルバン」に潜入しました。ここでシッケとゆで卵を食べてみたかったんです韓国ドラマでは、主人公が家出をしたり行く所がないと、必ずこの安いチムシルバンに泊まるんです!(笑)韓国語しか通じず不安でしたが見よう見まねでなんとか着地。ドラマで見た通りの世界が広がっておりました。ゆで卵は3個セットだったし、アジュンマが裸で毛皮を試着していたり、寝転んでパックしていたり!!!!!さて、韓国在住で韓国ドラマの映像翻訳家ひゃんさんの「ヒプノセラピスト養成講座体験談」第2話をご紹介します!!!! *********************** 「ヒプノセラピスト養成講座を受けた時に、最初に繰り返し出てきたのは、家庭のことだった。仕事が大好きで、仕事もかなりできちゃって、家庭より仕事を重要視していると思われることの多い私。でも実際は何よりも家族をとても大切にしていて、以前、セッションを受けていた無意識が分かるセラピストさんには、 私が大事にしてるのは、①家族②仕事③自分のこと という順序ですね。と言われたことがある。 そう、確かにそうなのだ。家族と家で過ごすことも遊びに行くことも大好き。家族のために料理するのも大好き。本を読んであげることも好き。何か作ってあげるのも好き。 もちろん1人で外に出かけることも好きで、孤独でも全然平気で割と孤独も好きなのだけど、やっぱり家族がいるとホっとする。 ただ外から見るとそれが分からない。だから、家族や妹にも、もっと家庭を大事にしなさいよ、子供たちの心のケアに神経を使えば?ほったらかしでいいの?仕事減らしたほうがいいんじゃないの?(で、ウルセー!私は私でちゃんとやってるわい!とぶち切れる結果になる) だけど…たくさんの仕事をしていると、ついつい家族に当たってしまって自己嫌悪に陥り、私って家族を大事に思ってないのかな、と落ち込む… ずっと、その繰り返しだった。 そんな私なのに、やっぱり仕事のことが(というか自分の才能ですね)すごく気になって、今回の養成講座では、自分の使命や才能について聞きたかった。 だけど…最初のセッションで出てきたのは家族のこと。正直ちょっと期待外れだった。だけどその後のセッションにも、何度も家族のことが出てきた。 ひとまず母と父のことは一段楽ついて、まだ残ってるいろんな問題にはフタをして、後ろを振り向かず前を見て進もうとしている最中だった。でも決して嫌な感情が残ってるわけではなくて、時が経てばきっと、すべて解決して、何とかなるだろうという感覚だった。 その何とかなるだろうという感覚をよりはっきりさせてくれたが今回の養成講座でのセッション。 流れが本当に素晴らしすぎる。とにかく私が家族をどれだけ大事にしていて、おうちが好きで本当に大好きで、ずーっといたいと思っていること。それを繰り返し教えてくれた。 なぜか…? 私はその問題に関して心から大丈夫、と安心しないと、次の仕事や使命の段階に移れなかったのである。 結局家庭と仕事はすごく深くつながっていて、切り離して考えられないものだった。 両親とのことも順番があるんだよ、ということを「命の水」と「ランプ」という素晴らしい象徴的な物語で、教えてくれた。(この物語もそれはリアルで…、ほんと漫画か映画を観てるようだった) なんというか、前世とかあまり興味がなくて、前世で何かあったとしても、そんなの今の自分次第でどうにでもなるんじゃないの?とか、ほんとに前世なんて出てくるのかなーとか、と心の片隅で思ってたことが、こなごなに打ち砕かれたというか… それぐらい鮮明で、すばらしい物語の、前世が観れたのだ… さらに最後のセッションでは、何か神秘的な存在からのメッセージが降りてきて、自分ではない誰かがしゃべっていた。 私は何度も生まれ変わっていて、その時の人生の記憶が細胞と潜在意識に刻まれていて、今まですごく影響を受けていたんだ。それにずっと縛られていたんだ。と納得がいった。 そもそも昔から感じやすくて、金縛りやダークなエネルギーにも敏感で、疲れやすくて…小さい頃は大病もして、交通事故にもあい、骨肉腫という足の病気になり(結局陽性だったけど、霊能者みたいな人に見てもらったら、先祖の中で戦争で足をケガした人がついてるとか何とか...言われたらしい)韓国留学中に頭を打って1週間起きられなくなったとかいうこともあった。(これも何か憑いてたらしい) そういう未知能力とかに好奇心はあって、自分もなんとなく能力があるのかなーという気はしていたけど、絶対に封じ込めなきゃみたいな気がしていた。 怖いからこの力は出てきたらダメ!と思っていた。平凡が一番だって。 仕事をしていても、常に自分の力を少ししか出せてない気がして、何かに縛られて押さえ付けられている。もうあと1歩でもっと力が出せそうなのに、どうしてもダメ…という感覚だった。 なのに、その理由もすべて明かになった。しかも誰に言われたわけでもなくて、セラピスト役をしてくれる人も養成講座を受けてる素人。もちろんクニコさんも誘導や質問をしてくれたけど、特に何か能力を使ってたわけじゃない。 つまり…催眠で潜在意識にアクセスしただけで、自力でそういうことが分かってしまったってことだ。(誰でもそうなれるんです)これは…本当に…すごい…すごい…こと…です… 自分のことは自分が一番よく知ってる。ということがどういうことか… 常に誰かに確認したくなって、そうだよと言われたく、承認を得たいと思ってしまうけれど、そうじゃない。自分の中に答えがある。自分でその答えを探すことができる。自分はそれを知っている。 もし見える人誰かに何かを言われても、それを信じるか信じないかは結局自分なのだ。 自己信頼、ということに関しては、私自身よりも、相方の受講生さんのセッションを見ていて、いろいろ思うところがあった。 信じる、信じない、疑うこと…自力で壁を乗り越えようとする素晴らしさ、すべて選ぶのは自分だということ… 人が生まれて来る時、バースプランを細かく決めてきている。ということが一体どういうことか、目覚めるも目覚めないもその人の自由。他人がどうこうできるものではない、でもその人が本当に望んでいるなら、手を貸してあげることはできるんですね。 他人を変えることはできないし、変えようとしてもいけない、私にできるのはその人をただ信じてあげることだけ、セッションが終わって、だいぶだって、これを書きながらまた気づきました。 今でもまだ私の意識はどこか遠くへ行っているようで、仕事もする気になれないし、今はただひたすらボーッとしたり、書いたり、子供と過ごしたり、これを繰り返していたい。 ということで、いろいろ予約していたもの(他の人の鑑定だったり、カウンセリングだったり、日本行きだったり、自分の感覚に従いすべてキャンセルしました) とある人の鑑定を受けると1月の半ばに予約していたのですがそれもどうも気が進まなくてキャンセルのメールを先ほどしたら… こんな返信が! ーーーーーーーーーーー素晴らしい。最初の段階で気づいてました(*^O^*)よくご自分で気づかれましたね😃腹決まったときまたお待ちしてます❤ーーーーーーーーーーーーーーーー つまりこの人は私がこの鑑定があまり気乗りせず、必要ないかなと思っていることを知ってたんですね。 で、やっぱりどうもこれは必要ないってずっとメッセージが来てる気がしたので、キャンセルしたらこのメールです。自分の感覚に従うことって重要だわ… 今必要なのは、日本での活動じゃなくて、韓国での活動だという気がしていて… 今までも営業なんてしてませんけど、これからはもうさらに営業せずに来た仕事だけ、受けるつもりです。 そして、セルフヒプノをやっていた最中に出てきた、名探偵コナン似の営業担当ガイドさん(守護霊みたいなもの)に頼みました。 韓国の人気脚本家に会わせてください。その人の仕事を手伝えるようにしてくださいって。 ということで、このガイドさんの腕が今試されています(笑) おとといあたり、寝る前に自分の中にある瓶の栓のようなものが全部ぽんぽんと外れていって、過去の記憶や映像、イメージ、好きだった本の内容など、次々とあふれ出てくる感覚がしました。 クニコさんが今回の養成講座のテーマは、「縛りをとること」だったと言っていましたが、自分を縛っていたものから、自由になってきた気がします。(まだその段階の途中)きっといつも布団でぐるぐる巻きにされてるみたいに、何だかぎゅうぎゅう押さえつけられていたものが、取れたんだなあ…」 (ひゃん様・韓国・映像翻訳家)  ********************* ☆チハラダクニコのひとくちメモ 潜在意識は、私達の思考より遥かに賢いスーパーコンピューターでその人がどんな順番で何をしたら効果的かを、100%わかっています。繊細で緻密で戦略的です。私達の小さな想像を遥かに超える戦略と順番で迫ってきます(笑) そして、前世に興味があろうがなかろうがそれがその人にとって、効果的であるならば、出てきます。前世が出てくるのは、あくまでも、その人が、仕事や家庭においてより幸せで自分らしい未来を創造して行くために非常に効果的であるからで、単に過去を懐かしむため・・・とかではないんですよ! その3に続きますよ! ******************** 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! <ヒプノセラピスト養成講座2017開催概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらへ 

      7
      テーマ:
    • 体験談(その1/8)「最大の問題から、今世での仕事(使命)や未知能力のことまで、答が示された」

      12月に韓国に1週間行って来たのですが、オンドルという床暖房の文化がありとにかく家の中が暖かくて感動しました。外が寒くても、家の中が快適だったのでどんどん体が緩んで、体が楽でした〜〜。また、韓国の車は、古い車でも一般的に、運転席と助手席のシートが暖かくなる仕組みだそうです。体を温める工夫が随所にあるんですね!我が家の寒さが身にしみました(笑) さて、韓国在住で韓国ドラマの映像翻訳家ひゃんさんのヒプノセラピスト養成講座体験談(1〜8話)を心からの感謝をこめてご紹介させていただきます! ひゃんさんは映像翻訳家として数々の有名な韓国ドラマの字幕や吹き替えを手がけてこられた第一線で働く女性であり3児の母でもあり、大変忙しい毎日を送っていらっしゃいます。そんなひょんさんが、 ”とにかく受ける前、あんな大金払って効果がなかったらどうしようとか、身につかなかったらどうしようとか…思っていたことが恥ずかしい。講座代の元が取れたどころか、もうその数十倍の価値がある、と断言できる。” と書いて下さったこと、本当に嬉しかったです。 では、いきますよ〜〜〜〜! ******************** 「12月中旬に受けたヒプノセラピーの養成講座が衝撃的すぎて、まだ感想もかけないほどで、でもやっと何だか、ブログですこーし触れることができるまでに、バラバラになった意識が戻ってきた気がするので、ちょこっとだけ書こうと思います。 感想については、また改めてちゃんとしたものをレポートする予定なのだけども、ひとことで言うと。。 人間ってすごい… 「神様ってすごい」って思ったことはあったけど、人の持つ力や魂や叡知について、すごいと思ったことはあまりなかった。 なぜ、クニコさんの養成講座を受けた人たちの感想が、「魂のレッスン、すべては愛」「感動のひと言」etc.こういう壮大なものになってしまうのか…不思議だったのだけど、今回受けてみて、なるほどと納得がいきました。 だって…5日間という期間で最大限の効果(クニコさんいわく、魂の大手術)をもたらすことができるほど、人の叡知はとても緻密で・・・すべてを見通して講座を受ける前から、計画を練っていたんだもの。 あんな大金を払って受けた講座なのに、初日の講義なんか何を言ってるのか全然頭に入ってこなくて、何だか眠くてたまらなかった。しかも…ヒプノセラピーのクライアント役になってセッションを受けている最中に、潜在意識(前世の私)が「本当は今回の講座も受けたくなかった!」と叫んだ。それを聞いてた私はもう心底ビックリした。わたし、何言っちゃってるの??「受けたくなかったって」どういうこと? とりあえず、このひと言が一番の衝撃だった。半年前、受けると決める契機になった「ヒプノセラピスト」になれ、とシャワーを浴びたあとで、誰かに言われた気がしたこと、あれすらもトラップで、私が講座を受けるように仕組まれていたわけだ。(そうでもしないと、仕事人間の私が、5日間という時間をつくって、講座を受けようなんて思うわけないですからね) 私の抱える最大の問題である母とのことから、今世での仕事(使命)や未知能力のことまで、前世のイメージや象徴的な物語で、その答えが示された。 私がどうすれば安心して、素直にそれらの物語を受け入れられるか、潜在意識はよく分かっていて、私自身が唖然とするほどの流れと順番で、それらを見せてくれた。 どんな前世でどんな物語だったのか…その詳細を話してしまうのが、今はまだもったいない。言葉にした瞬間に陳腐な話になってしまいそうだから、もう少し自分の中で味わっていたいのです。 とりあえず、受講後にはさらに感覚が鋭くなっていて、人といるとどうにも疲れる。特に、長男や双子がぐずったり泣いたり、文句を言ったりすると、もうダメで、途端に力が抜けていく。 意識が落ち着いて、いろんなことが現実に反映されるまでは、あともう少しかかりそうです。 とにかく受ける前、あんな大金払って効果がなかったらどうしようとか、身につかなかったらどうしようとか…思っていたことが恥ずかしい。講座代の元が取れたどころか、もうその数十倍の価値がある、と断言できる。 普通のセッションと違い、3人以上で受けることができるのがやはり重要なポイントだなと思った。 今まで見える人や分かる人、他のセラピストに言われたどんな言葉よりも、ヒプノセラピーで自らが目にした内容のほうが、はるかに素晴らしい気づきと確信を私にもたらした。」 (ひゃん様・映像翻訳家・韓国)  その2に続きますよ〜!****************** 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 <ヒプノセラピスト養成講座2017開催概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらへ

      4
      テーマ:
  • 06 Jan
    • 体験談(その5/5)「もう心底、いったい、一体何が起きているんだ、と思った。」ヒプノ養成講座

      こちら、韓国で食べたカルグクス(うどん)です。韓国の汁物、スープ物の食文化の豊かさ、素晴らしいですね。また5月に韓国に行きます!  さて、韓国在住のutaodotabiさんのヒプノセラピスト養成講座その5話、いきますよ〜〜〜〜!!! 「ヒプノセラピーを題材にした、「ヒプノトラベル」(*絶版)という漫画の最初に書いてあった解説。 「今までのカウンセリングは、カウンセラーとの対話によって顕在意識の中で地道にひとつずつ掘り下げる、ということをやっていたが、 催眠療法は潜在意識という心のより深い部分とつながることで自分自身への気づきや理解が深まり、抑圧された感情や今の自分に制限を与えている思い込みなどが自然に解放され、効果的に癒される。また、内なる可能性をもっと発揮できるようになる」 まさにその通りだな、と思った。 多分ヒプノじゃなかったら、この先何年経っても、妹のことや「自分を許してはいけない」という思い込みと向かい合うことなどなかった。気付くことすらなかった。 もしも「見える人」に頼んで見てもらって、そのことを教えてもらったとしても、「ふーん?そうなの?そうかなあ〜?」としか思わなかったと思う。だって、自分で全然わかっていないのだから。 「自分で」「体験して」「感じる」ことが、どうしても必要だったのだ。 クニコさんがブログの中で、「それぞれの人の内側にある、魂の智慧の素晴らしさ」ということをよく書かれているけれど、もう本当に、それを実感した。 「ヒプノセラピスト養成講座1」で書いたけれど、何か特別な理由があって受講したわけじゃない。みんなに「何故受けたの?」と聞かれると自分でもよくわからなかった。 でも、ここまで自分と向き合うことをしてきて、「どうしても超えたいけど超えられないところ」が自分一人では無理だったので、ヒプノの力を借りることにしたのだろう。魂が。 それにはただセッションを受けるだけでは不十分で、この講座を受けるくらいの覚悟と気合と濃厚な時間が必要だったんだろう。 その上、疑り深いわたしのためにさらに準備されていたのが、最高の受講仲間。彼女のセッションに立ち会うことで、わたしは個人セッション以上のことを目の当たりにすることができた。 彼女のセッションはわたしとはまた全然内容が違い(テーマは「自分を縛っているものからの解放」というのは共通だった)、過去生がバンバン出てきたし、とても美しい、象徴的な物語なども出てきた。 わたしは側でそれを聞いていて、何てすごいんだ!と思った。ひとつひとつの物語の示してくれることもすごければ、この講座の間のすべてのセッションが、振り返ればこれ以上ないほど素晴らしい構成で成り立っている。 ありえない、と思った。なんなのこれ。こんなこと、あるの?と思った。 過去生の恐ろしい記憶を見ている時に、身体がガタガタ震えている。突然、「カチカチカチカチ…」という小さな音がして、何かと思ったら、彼女の身体が震えて歯が鳴っている。もう心底、一体何が起きているんだ、と思った。 感動的なほど、未知の世界だ。 わたし、結構疑り深い。それは、新しい世界を否定したいからじゃなくて、知りたいから、体感したいから、腑に落としたいから、なんだけどパッと感じて素直に信じて、というタイプではない。残念ながら。 だけどそんなわたしも、ここまで見せられたら、もう信じるどころか、受け入れるしかない! なんて、なんてうまいことできてるんだと感動する。 この講座を受けてからの目に見える変化は、というとまだよくわからない。だって、20年近くわたしを作ってきたその土台を入れ替えてしまったのだ。 家で言えば、庭に花を植えたとか、屋根瓦の色を変えたとか、壁を塗り替えたとか、そういうことじゃなくて、 「うち、基礎部分の材木を一新したんです(ドヤ)!」みたいな。いやそんなこと言われても見えへんし、みたいな。 そんな感じなので。だから、これからが、楽しみ。 まずはヒプノがすごすぎるので、そしてせっかくセラピスト側のやり方も学んだので、しばらくこれを磨いてみたい。いろんな方の、ドラマに立ち会ってみたい。と思っています。 あと、自分が受ける側としてももう少し体験を深めていきたい。 それから、2017年も始まったということで。気持ち新たに、これまで通りのことをコツコツやっていきたい。自分の心の声を聞く。自分が幸せを感じられる小さな選択をしていく。文章を書いていく。歌を歌う。旅をする。 ああ、楽しみだなあ。生きているのが、嬉しいなあ。」 (utaodotabi様・30代・主婦・韓国) 1~5話まで、完結しました。とてもリアルで、率直な体験談に共感したり、勇気をもらった方がいらっしゃるのではないでしょうか。utaodotabiさん、ホントーにありがとうございました!!! ******************* 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 <ヒプノセラピスト養成講座2017開催概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169詳細はこちらから 

      10
      テーマ:
    • 体験談(その4/5)「自分を許してはいけない」VS「そのままの自分で大丈夫」〜ヒプノ養成講座

      韓国のご飯、美味しかったです!出前ののり巻きも、野菜がたっぷりで毎日でも食べられると思いました。 さて、 韓国在住のutaodotabiさんのヒプノセラピスト養成講座体験談その4です! 「最終日、わたしは「超えたい」と思っていた。クニコさんにも初日から、「ビシバシやってください」と言っていた。本当に、今日で落としどころを得られるんだろうか。クニコさんは、「もうすでに変化は始まっているのだから、何も今日じゃなくてもこれからゆっくりとでもいい」と言ってくださるけれど、わたしはやっぱりこの期間でひとつ超えたかった。 最終セッション前、クニコさんも受講仲間も、「今日は大きいのが出そうな気がする」という(☆解説メモ☆抵抗との攻防戦はあるのものの、ご本人が、どうしても突破したいと強い意思をお持ちだったので、抵抗より意思の力が勝ることができるかもしれないと考えていました) ああ、そういう言われるのならそうかもしれないな、と素直に思いながら、セッションに入った。 セッションが始まり、普通ならリラクゼーションの段階を経て潜在意識に入っていくのだけれど、この日はいきなりそれをすっ飛ばして、妹が3歳くらいだった頃の写真のイメージが浮かんだ。 真ん丸いほっぺたの小さな妹が、コスモス畑の前で撮った写真。 そこから、当時暮らしていたマンションでの光景。お母さんと、遊びに来ていたおばあちゃんと、わたしたちきょうだい3人。(父は単身赴任)すごく安心感があった。「欠けたもののない、まん丸な安心感」。 それを味わっていると、ふと、闘病していた時期の妹の姿が浮かんだ。 そして、12歳で、亡くなる直前。最期を迎えるために、妹は家に帰っていた。息をひきとる前後、わたしが一人で、ずっと妹の側にいてそれを見ていた。呼吸が荒くなり、少なくなり、それでもまだ必死に息をしようとする姿。 生きていると大変なことばかりなのに、それでもまだこんなにも生きようとするのか、と思ったこと。 息を引き取った後の妹の姿を、抜け殻のようでとても不思議だと思ったこと。その身体を抱いて、枯れ枝のようだと思ったこと。 それから場面は戻り、容体が急変した妹に付き添って救急車で病院に向かったときのこと。妹の意識が遠のいてしまいそうで、必死で名前を呼び続けていたこと。救急車のサイレンは中で聞くととてもうるさくて、妹が辛いのではないかと思って、「サイレンを止めて!」と思っていたこと。 もう10年以上も思い出したこともなかったようなことが、ひとつひとつとても鮮明に、感情を伴って、展開されていた。当時わたしはこんなに悲しくて心配だったのだと、初めて知った。 ああ、これ、わたし「追体験」っていうのをしているんだな…半分覚醒している方の意識でそう思っていた。 場面は、お通夜が終わった後の明るい葬式会場。妹の遺影をたくさんの菊の花が囲んでいる。明かりが煌々と付いている。わたしは一人で座っていて、ぼんやりとしている。何もかもが夢みたいだなと思ったんだった。悲しくない。ただ、夢みたい。 わたしは完全に、そのひとつひとつの場面の中にいた。 それから続いて、ここ数年のうちに続けて亡くなった、おじいちゃん、おばあちゃんたち。 わたしは何もしなかった。何も返せなかった。という申し訳なさ。 それらを感じた後出てきたのは、 「自分を許してはいけない」 という思いだった。こんな、人間として大切なことのわからない、ダメな人間を許してはいけない。 セラピスト役の誘導で、妹やおじいちゃんたちの魂に会った。誰も怒ってなんかいない。ただそこにいてくれている。だけどわたしは受け入れられなかった。許されてはいけないから。 許されるくらいなら、自分で自分を縛りつけたまま、海の底で、たった一人で、沈んでいた方がいい…(ここら辺の思いは自分の「思考回路」では理解ができないのだけど。) そのイメージの中、 ああ、落ち着く…もうこれでいいのかも… と、再び自分の内側に沈んでしまいそうになった。 その辺りで、受講仲間の手に負えなくなり、クニコさんが出てきてくれた。普段なら本人の抵抗が強ければ無理をさせないのだそうだけれど、わたしが「とにかく超えたい」と言っていたのを汲んでくださったのだと思う。(☆解説メモ☆その通りです) わたしがかぶっていた毛布でわたしをぐるぐる巻きにした。ぎゅうぎゅうと締め付けて、「これでいいんですね?!あなたはこの先もずっと、自分をこうやって縛りつけたまま生きていくのですね?!これでいいんですね?!」(☆解説メモ☆ヒプノセラピーは、言葉で誘導する非常に優しくて穏やかなアプローチです。しかし、ここでは、感性が遮断されている状態での「思考優位+体感覚」+「あきらめ」という状態だったため、体への強めの刺激のほうが有効と判断して、アプローチを切り替えました。) わたしは怖くて泣いた。「やめて、やめて」と言って泣いた。 「本当はどうしたいんですか?!」 すぐに浮かんだ言葉は、「そのままで大丈夫、と言われたい。」 だけど受け入れられない。ものすごい抵抗で、口に出せない。 何度も聞かれ、やっとの思いで小さな声で絞り出す。「そのままで大丈夫、と言われたい…」 そのあとは「そのままで大丈夫!」とクニコさんが何度も繰り返す。受講仲間も必死で言ってくれる。 「思えなくていいから、無理やりでいいから言って!」とクニコさんに言われるので、自分でも必死で言う。 なかなか受け入れられない。クニコさんが足のあたりを毛布越しにバシバシと叩いてくる「なにこれ、ヒプノってこんなのもあるの?!」と思いながら、必死で言う。(クニコさん、後から「あれ、もうヒプノじゃなかったよね笑」と言っていた…笑) 受け入れられない。受け入れられない。 その時、クニコさんが何かを言った。なんと言ったのか全然覚えていない。 だけど、頭の上からスッと、清涼な空気が入って体の中を一瞬にして鎮めた感じがして、 わたしはスッと落ち着いた。 受け入れたのか?自分でわからない。 最後のセッションが終わった。」 (utaodotabi様/30代・主婦・韓国) ****************** ☆チハラダクニコの解説メモ☆ 手に汗にぎる体験談です。感情の回路が開いて、本来の豊かな感性がどんどん開いて来られているのが伝わってきますね! 言葉にはそれ自体に「言霊」という力があります。いわゆる周波数や波動と呼ばれるものです。その言葉を受入れたいのに受入れられない、信じられない、という時こそ、言葉の力を使います。これがアファーメーション、暗示の力です。最初はそう思えなくても、信じられなくても、(思えないからこそ、信じられないからこそ)その人が必死でそこから抜け出そうとするとき、全面黒のオセロを白にひっくり返すかのごとく、これまで何十年間と無意識に自分で自分に対して暗示をかけてきたことで蓄積された言葉のエネルギーの分量に対して、闘いを挑むくらいの勢いで、本当に望んでいる言葉で自分を塗りつぶすくらいのつもりで言葉を使います。 結果、言葉のエネルギーが、ある一定数を超えたとき、解放や反転が起きます。 私は何も特別なことをしたり、言ったりもしていません。 体への刺激、アファーメーション、そして何よりもご本人の意思があり、utaodotabiさんの中で「自分を許してはいけない」と「そのままで大丈夫」の激しい攻防戦が行われ、「許してはいけない」という壁が崩壊した瞬間でした。 これは個人セッションでは難しかったと思います。21世紀はグループワークの時代と言われており、一緒に受けて下さった受講者さんの言葉掛けの力があってこそ、可能になったと思います。 恥と罪悪感は、人間の感情の中で最も重いエネルギーを持っています。つまり、幸せや成功の障害となる一番大きなパワーを持っています。ですから、自分を許すこと、は本当に大事な作業なんですね。 その5に続きますよ! ************** 東京お茶会「ヒプノセラピーについて知ろう!」1/22(日)11-13時(無料・麻布十番)こちらからご予約下さいね! 完全予約制 <ヒプノセラピスト養成講座2017開催概要>深く自分を知る・学ぶ・プロになる開催時間は全コース10:00-16:30第7期:仙台土曜コース7日間  2/4, 2/25, 3/4, 3/18, 3/25, 4/8, 4/15 第8期:仙台平日コース7日間2/10(金)2/24(金)(第3回以降の日程は皆様で調整) 第9期:東京土日コース7日間2/11,  3/11&12,  4/22&23,  5/20&21 ◎お仕事のご都合などの事情がある場合 あらかじめご相談していただければ 仙台平日コースと仙台土日コースをまたいで 合計7日間で受講していただけます。 ◎その他、日程や内容などお気軽にお問い合わせ&ご相談下さい。kuniko☆chiharada.com(☆を@マークに変換して下さい)tel 090-7287-0169 詳細はこちらから

      9
      テーマ:

プロフィール

Kuniko Chiharada

性別:
女性
自己紹介:
http://chiharadakuniko.hatenablog.com/entry/menu ...

続きを見る >

読者になる

AD

最新の記事

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
32316 位
総合月間
34215 位
癒しブログ
439 位
書籍化ブログ
277 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。