昨日は夫と生ガキを食べに行きました。

 

場所はセントレジス・・・

 

 

 

 

ラグジュアリーな空間に

シャンパンを傾けながら

生ガキを・・・

 

 

 

 

 

なんとも優雅な感じなのですが

 

頭のことが会社で埋め尽くされている

経営者夫婦は

 

 

経営哲学に普遍性はあるのか?

 

 

で延々と議論・・・

 

 

ロマンチック?

 

そんな欠片もありませんでした・・・。

 

 

 

事の発端は、

 

 

私が

 

稲盛和夫さんの話

 

をしたことに始まります。

 

 

 

稲盛さんは誰もが知っている

Kyocera、KDDIの創業者であり

現代の経営の神様と呼ばれている方です。

 

 

私も著書を何冊か読んでおり

人生哲学、経営哲学に

深く感銘を受けました。

 

 

・・・で

 

この発言が議論のもとになったのです・・・。

 

 

~~~

 

私は、

 

人が生きていくこと、

人生、

会社経営に関して

 

宇宙の法則と言うか…

哲学と言うか…

 

太古の昔からある

 

普遍性のようなものが

あるのではないかと思う。

 

~~~

 

 

こんなことを言ったと思います。

 

これに対し、

夫は

 

 

僕はそう思わない。

 

 

と言ったのです・・・

 

 

夫が言ったのは

 

 

~~~

 

経営に普遍性なんてものはない。

 

ましてや経営哲学なんて

時代や環境によっても変わってくる。

 

昔はこれが正しい、

良い考え方、

良い方法だと言われてきたことが

 

時代によっても、変化してくる。

 

経営哲学と言うものがあったとしても

それには普遍性はなく

柔軟に変わっていく。

 

常に変化するものではないだろうか?

 

~~~

 

 

そこから1時間以上、

 

経営哲学の話になり、

 

地動説、天動説の話になり・・・

 

 

結局3時間近く

こんな話になりました・・・。

 

 

 

今日は私はお休みです。

 

夜は山形県人会へ

行ってきます。

 

 

~~~~

 

ブログランキングに参加しております。

ポチッと押していただけると やる気が出ます。


にほんブログ村

~~~~~

AD