{C4685308-AC9B-4306-A9C5-89ADDBB2A513}

{471A37A3-D42E-4BC8-AA4F-5D672ADE0480}

東久留米市生涯学習センターで開催される

まろにえ祭りに教室のみんなで参加します。


今年のテーマは国際交流。



東久留米でペルーの踊り初披露です。

そして、生徒さん一名のイベントデビューであり、

物品販売初参加。

初めてづくしです。

私たちは、雑貨、お菓子

ワイルーロのアクセサリーなど

ペルーのグッズを販売します。

 
他にもバラエティーに飛んだ催し物、

食べ物、販売があります。


ぜひのぞきに来て下さい!








AD
ペルー大使館で開催され、大変好評だった
マルティン チャンビ展が再び開催されます。

内容も前回から少し入れ替えているそうです。
お近くの方、前回いけなかった方、
この機会には是非いらして下さい!

6月26日(日)には企画の白根全氏のギャラリートークが
あります。
私もおります!

詳細は下記をご覧下さい。



{CB11A9EE-6921-42F0-A3D8-B2AD17B1B3F4}
FOTO:ⒸMARTIN CHAMBI / Archivo Fotografico Martin Chambi CUSCO FOTO:ⒸMARTIN CHAMBI / Archivo Fotografico Martin Chambi CUSCO



「・・・インディオには文化がなく、未開で、知性と芸術性が白人やヨーロッパ人より劣っているという記事を読んだ。私があれこれ言うよりも、私の作品を見てもらえばわかるだろう。私は私の民族の代表であり、彼らは私の写真を通してあなた方に語りかける・・・」
(1936年、チリで催された写真展で語られたチャンビの言葉から)



6月14日(火)~7月3日(日)世田谷・三宿 SUNDAY にて
11:30~22:00 (水曜日は18時まで)、年中無休/入場無料(投げ銭カンパ大歓迎)
〒154-0001 世田谷区池尻2-7-12・B1 TEL:03-6413-8055 WEB:http://sunday-cafe.jp/
▲なお、イベントや貸し切り営業などにより、ご入場いただける時間が日によって異なります。事前に上記ホームページまたはお電話にて開廊時間をご確認の上、ご来場ください。

■最寄り駅:田園都市線池尻大橋駅、渋谷から乗車してすぐ次の駅下車。南口出口より、国道246号線(玉川通り=首都高)沿いにそのまま直進。徒歩10分ほどの三宿交差点を左折したすぐ先。
◆または渋谷から東急バス、小田急バスで三宿バス停下車。すぐ前方が三宿交差点。バスは渋谷駅西口のバスターミナルで乗車、三宿を経由する路線(祖師ヶ谷大蔵、二子玉川、成城学園行きなど)多数あり。所要15分ほど。
●246(玉川通り)の三宿交差点を進行方向左にまがり、すぐ先のアンティック家具店THE GROVE横の階段を下りた正面。店内カフェスペース左奥のギャラリースペースで展示。なお、入場に際して飲食の必要はありませんが、コーヒー・ブレイクやランチ、お食事もお楽しみいただけます。
★6月26日(日)19時からは、本展示の企画・制作を担当した白根 全による、マルティン・チャンビとその作品を語るギャラリートーク。7月2日(土)13時からは、ゲストに写真キュレーターの佐藤正子氏とフォトグラファーズ・ラボラトリー代表の平林達也氏をゲストにお招きして、ラテンアメリカ写真全般を語る対談も予定されております(ワンドリンク付き、¥1000。直接、会場にお越し下さい)。

後援:ペルー共和国大使館
AD

いつも斬新なアイディアで素敵な宣伝をする

ペルー政府観光庁のMarca Perú (ペルーブランド)より

新しいプロモーションビデオが配信されました。


その名も

ペルースーツケース
Maletas del Peru


{581BF505-2357-4CE4-A7D0-FFAE4A89B1A1}


ペルーの景色をプリントしたスーツケースを
有名人がそれを持って世界を旅すると言うもの。

空港で目立つでしょうね。


私もこのスーツケース欲しい!


販売するといいのになドキドキ



AD
ペルーの大統領選は
僅差でクチンスキー氏が勝利し、
次期大統領に決まりました。
ケイコ•フジモリ氏は
前回に引き続き敗北しました。

ケイコ氏が立候補した為日本のメディアでも
ニュースが頻繁に流れ、感心を持って見られた方も多い事でしょう。
ケイコ氏が立候補しなくてもペルーの大統領選が
日本でニュースになる位身近な国になって欲しいものです。



前回はちょうどペルーにいたのですが、
大統領選の盛り上がりを肌で感じました。
投票の為の移動で街中大渋滞で、
見学にいった投票所は
人であふれかえっていました。

その時、若い人もみんな自分の意見を持ち、
堂々とのべる姿に大変感心しました。
私の友達達も、異なる意見でもちゃんと主張し、意見を戦わせていましたし、
選挙速報もみんな家に集まりテレビに釘付けで、
その感心の高さに驚きました。

日本では政治の話はなんとなく避けるところがありますが、自国のリーダーを選ぶのに無関心はよくありません。
特に若い人があきらめムードで棄権する人が多いですが、将来は若い人程考えなくてはいけないはず。
日本もペルーみたいに棄権は罰金徴収になったら変わるでしょうか。

この数年、ペルー、特にリマの街は訪れる度にきれいになり、物があふれ、目に見えて豊かになっています。
しかし、同時に貧富の差や治安悪化、物価上昇等で外国人は滞在しにくくなってきました。

これからの五年、さらなる発展と
安全で住みやすいペルーを期待します。

そして、暖かくて面白い、大好きなペルーの、
昔からの良さを失わないで欲しいです。

Qué viva el Perú!!'
 
{D6142AC7-3A14-48FB-9A45-90B9C1C6BA61}




{3B8FE0E9-E250-498B-B1D8-902514B6AE6C}

6月にマルティン・チャンビ展でお世話になった白根全氏が以前私も講演させていただいたラテンアメリカ探訪でマチュピチュについてお話しされます。

大変楽しくまた興味深いお話になると思います。

下記に紹介文を引用します。
ぜひいらしてください。

*********************************************************

6月はペルー大使館で好評開催中のマルティン・チャンビ写真展を企画された白根全さんにご登場いただきます。 1911年7月24日のハイラム・ビンガムによる「発見」以来、マチュピチュほど目にした人の想像力を刺激してきた遺跡は数少ないだろう。世界遺産人気投票では常時必ずトップに君臨しながら、その実像はいまだ謎に包まれたまま。確実に言えるのは、急峻なアンデス山中に築かれたインカ時代の計画都市、ということだけである。地震工学や耐震建築工学などの見地から、アンデス文明の集大成ともいえるマチュピチュの謎にアプローチしてみたい。 

発題=白根全(カーニバル評論家) 

日時=2016年6月20日(月)午後7~9時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D 
https://plus.google.com/115185897511989913373/about?gl=jp&hl=ja
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡っ て右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを 目指せば、すぐわかります。
会場費=400円
お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp まで