こんな女の日常ですが・・・

毎日、色々ありますがマイペースで生きていきます
だって自分の人生だもの・・・


※アメンバーの承認は髙橋大輔選手のファンの方のみにさせていただきます
 悪しからず・・・・m(_ _)m


テーマ:

大島みち子, 河野実

愛と死をみつめて ポケット版

大島 みち子

若きいのちの日記―「愛と死をみつめて」の記録





もし、自分の命に期限を付けられるとしたら私はどうするだろう?
慌てず、動揺せず、過ごせるだろうか?
顔が半分消滅する・・・耐えられるのだろうか?
生きていられるか、正直、自信は無い・・・

あの《マコとミコ》の映画『愛と死をみつめて』が実話だったとは・・・ 河野実さんのHP

1968年生まれの私は映画の内容は知りませんでした
ただ、当時の主演が吉永小百合さんだったことだけしか・・・

《マコとミコ》こと河野実さん、大島みち子さんは私の両親と同世代の生まれの方です

お二人が出会ったのは昭和35年、たまたま、同じ大阪の病院に入院されていたのが切っ掛けで文通が始まります

当時、東海道新幹線が開通する前、まだ二人は18歳、河野さんは長野出身、大島さんは兵庫在住

もしみち子さんが‘軟骨肉腫’という病気でなかったら、河野さんが耳の手術で大阪大学付属病院に入院していなかったら、 長野と兵庫という距離に生まれた二人が“出逢う”奇跡は起こらなかったかもしれません

本当に皮肉です・・・

もし、辛うじてみち子さんの命が助かって、河野さんと結婚出来ていたら

それはそれで、愛する河野さんとの生活に辛い事や、哀しい事や楽しい事を経験して一生を送られたかもしれません

しかし亡くなられたことで、病気を背負った辛さ、死への恐怖、人を愛する気持ちなど

色々と考えさせられえる出来事を、河野さんを通じて世の中へ発信することができたと思うのです


私がこの本を読んだ切っ掛けは、先にテレ朝で放送になった同名のドラマ『愛と死をみつめて』を観てからでした

“事実は小説より奇なり”といいますがノンフェクションはやはり感動を生みます
ドラマを観た後、まだ書籍があるのなら是非読みたいと思ったのです





《若きいのちの日記》の最後に、大島みち子さんのご両親の手記があります
河野さんとの手紙のやり取りには勿論、感銘を受けますが
まだ21歳だった娘さんを亡くされたご両親の、短い手記を読んだ時
私は電車の中なのに、涙を浮かべてしまいました

そして一つ、今回のドラマの主演である‘大島みち子役’の広末涼子さんについて

このドラマのキーワードは《手紙》
広末さんの前世に《手紙》 が関わっているという、不思議な因縁を感じたのでした
日活
愛と死をみつめて
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ども、アダルトサイトのトラックバック退治に忙しいchiepです(笑)

ほんと、こうも大量にトラックバックされちゃ、うっとうしいですね、消すの大変


話変わって、本題です

この12日、木曜日からTBS系で、ドラマ『白夜行』が始まります

原作は東野圭吾氏による同名の小説です

←リンクついてます

以前、私はこの作品を読みました

後輩に『凄く、面白いですよ』と貸してもらって読んだのですが

文庫本なのに物凄く分厚くて『読み終えるのに、暫くかかるかも』と念を押して貸してもらいました

ですが、意に反して移り変わって行く場面に、どんどん引き込まれて、読み終わった後は

『なんて切ない・・・』とまた読み返すほど・・・

話のキーになる少年、少女の数奇なまでの運命と

彼らを取り巻く、大人達の関係が心の奥深くに刻まれて強く印象に残りました

ストーリーは・・・小説を是非読んでいただきたいです


ただ、TVドラマになると知ったとき『どうやって脚本を仕上げるんだろう?』という

なんだか心配にも似た感覚になりました

凄く、難しそうで・・・一つ言えることは、映画じゃ無理だと確信を持っていえることです

きっと、2~3時間では映像に出来ない・・そう感じました


TVドラマでどこまで表現できるか、見ものです


東野 圭吾
白夜行
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ数日、また瀬戸内寂聴先生の『夏の終わり』を読み返してます


何を切っ掛けにして、読み始めたのか覚えていませんが、先生の作品は沢山よんでます


読んでいると、『生きるとはどういうことなのか?』改めて考えさせられます


一度でいいから、説法を聴きに行ってみたいなぁ・・・


瀬戸内 寂聴
夏の終り
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
此処何年も、仕事が忙しすぎて
今まで楽しんでいた事や、好きなものに対して
以前ほど愛着を感じなくなってきてしまっていた・・・
元来、一人だけでも平気だったのが
もっと、好んで一人になる時間を作りたがっているような
そんな感覚になってしまっていたような気がする・・
無理矢理に修正はしたくないが
人嫌いにはならないようにしなくちゃ・・・
ブルーな気持ちを、ゴールドに変えよう・・・
いい事がありますように・・・
原田 真裕美
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝は9時くらいから1時間ほど集中的に雨が降って

少し涼しい午後のお盆です


さて、またまた回ってまいりました。tottyさん より巡ってきました。

Batonシリーズ第3弾!今回は《Comic Baton》です・・・

が、此処何年も漫画は購入していないので現代の漫画事情は、まったく知らないです・・・

一昨年くらい前に、本棚がいっぱいになってしまった為に全部、売ったんですよねぇ・・

でも、絶対に譲れないものは文庫で買い直しているのでので、そちらを・・


質問1:本棚に入ってる漫画単行本の冊数  

●今、数えたら45冊ありました。文庫です


質問2:今面白い漫画  

●前書き通り、現在は全く読んでません


質問3:最後に買った漫画  

●え?どれだったかな?

『キャンディ・キャンディ』の文庫かな?


質問4:よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画  

最近、文庫本になって復活しているので新たに買い直した5つの作品を  

①『CAPTAIN HERLOCK』作:松本零士 

      

中学生の頃、役者も歌手も【渋い】タイプの男性に憧れてました   

勿論、漫画のキャラクターも同じです  


②『キャンディ・キャンディ』原作:水木杏子 画:いがらしゆみこ   
いがらし ゆみこ, 水木 杏子
キャンディ・キャンディ (9) 講談社コミックスなかよし (325巻)

こちらも、永遠の名作です。涙無くしては読むことは出来ません。   

女の子なら、おてんばで明るいキャンディに一度は憧れた記憶があるのでは?   

文庫版の表紙がタータンチェックが素敵です  


③『紅い牙』作:柴田昌弘  

 

奇才【柴田昌弘】の『紅い牙、シリーズ』が文庫本で復活した時には   

次の巻が待ち遠しくて、発売毎に全巻11巻を揃えました   

私が高校生の頃雑誌『花とゆめ』の2大作家『スケバン刑事』の和田慎二と

『狼少女ラン』の柴田昌弘に夢中でした   

超能力VS超能力で繰り広げられる、SFが面白くって!  


④『ブッダ』作:手塚治虫   
手塚 治虫
ブッダ (第6巻)

出ました!漫画の神様、手塚作品!   

素晴らしい漫画はやっぱり、手塚先生の漫画ですね

人が人として生きていくのに何を学べばいいのか、考えさせられる作品です  


⑤『火の鳥』作:手塚治虫   
手塚 治虫
火の鳥 全13巻セット

これまた手塚作品   

手塚先生が生涯のライフワークにされていた代表作です   

人間の醜い欲が、色々な時代を通して渦巻いている中

火の鳥は悠然とした姿を現し何処かへ消えてしまう・・   

『火の鳥の生き血を飲めば、永遠の命が得られる』

そんな、実しやかな伝説と共に愚かな人間の欲望と   

繰り返される過ちについての手塚先生のメッセージが込められているようです  


※まだまだ購入していない『ベルサイユのバラ』や『あさきゆめみし』など好きな作品もありますが  

 一応、手元にある文庫を書きました。  

 漫画といえど、良い作品は幾つになっても読み応えがありますよね。       


質問5:バトンを渡す5名

 ●受け取って頂けるでしょうか?既に巡ってきてたらゴメンナサイ!    

就職活動に忙しい・・・m-i-mikさん     

人生の岐路に立っている・・cafe-riposareさん

着物姿が美しい、同年代アル友・・・misao1967さん

法律のお仕事に向かって、頑張っているhimawarilandさん

今、とっても幸せな(またまたバトンごめんね~)青生地ちゃん


以上!楽しんでいただけましたでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
著者: 浅見 帆帆子
タイトル: あなたは絶対!運がいい
小心者の私は、よく、しょうも無いことで悩んでいまうことが多い
そんな時は、音楽を聴いたり、お笑い系のTVを見たり、色々と気分転換をしてみる
 読書もその一つ。 小説もいいけど、ここ1,2年エッセイを読むことが増えてきた。
一時期、浅見帆帆子さん著作のシリーズを読んで気分を切り替えていたこともある
彼女の文章は、とっても解り易く、イラストも可愛くて、すぐに完読できてしまった。
小さな事にくよくよしていた自分を元気にしてくれる。
 『良いと事を沢山、貯金すれば自分にも良いことが起こる』
 実践できそうで、なかなか難しい。
『良いことだけ考えれば、本当に実現する』・・って
心がけるようにしようっと!

著者: 浅見 帆帆子
タイトル: 大丈夫!うまくいくから―感謝がすべてを解決する

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

高校生の頃、古典の必須に『源氏物語』の冒頭部分の暗記という課題は何処の学校でもあったのかな?

 暗記は苦労したけど『源氏物語』自体は元々、凄く好きで、色々な訳を読み漁った。

 与謝野晶子、田辺聖子、橋本治・・・でもやっぱり『大和和紀源氏』は漫画だけに入りやすい。

和紀さんの源氏は漫画の域を超えて、“文学”として扱っても良いと私は勝手に思っている。

 あの、瀬戸内寂聴氏も絶賛する『大和源氏』は実に描写が綺麗で何度読んでも飽きさせない。

 私がずっと挽かれているのは主人公の光源氏自身ではなく、源氏の母、桐壺の更衣以下、全ての女性の心の動き。 それは嫉妬・愛憎・苦悩・葛藤・悲哀など・・・『なんだ現代の女性とあまり、変わらないじゃない』と思ってしまう部分

1200年も前の女性も、現代の女性も、変わらない悩みを持っていたことが、凄く親近感をもって読めてしまう。

 ただ違うところは、当時の宮中の上の階級の男性は、堂々と何人もの女性を渡り歩けたこと。 あまりの不公平さに、時折、腹立たしさを感じてしまう。

 男性諸君!浮気は程ほどに!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。