こんな女の日常ですが・・・

毎日、色々ありますがマイペースで生きていきます
だって自分の人生だもの・・・


※アメンバーの承認は髙橋大輔選手のファンの方のみにさせていただきます
 悪しからず・・・・m(_ _)m


テーマ:

氷艶ロスから脱出したいのに、なかなか未だ抜け出せずにいる自分

大ちゃんは、やはりロスでLOFのレッスン中・・・

ははは洒落てるんじゃございませんぜ!旦那・・・ロス違いって・・・・口笛

               インスタアップ~~音譜

               FB_IMG_1495947587104.jpg

          #小道具、変更~~からの傘~~

               FB_IMG_1495947604071.jpg

                                          無事で何よりです・・・

気が付けば・・・そうか…。

初回開演まで、あと約半月ほどでOrbの舞台に立っているんだね大ちゃん

私も24日、25日はまた渋谷に馳せ参じますゆえ、どうぞ宜しくでございます(・・なんだか歌舞伎調)

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

再び、氷艶です・・・少し戻りますが・・

 

荒川さん演じる蛇神姫の登場のシーンで、初めて和太鼓の演奏が入ります

DRUM TAOの演奏です  http://www.drum-tao.com/         

                          ↑TAOさんHP

 

          リハーサルのようです

                      

日本国内で、いくつか和太鼓の演奏グループがありますが、正直生で演奏を見たのは初めてなんです

これまた凄い迫力!!

彼らもスケートリンクの上での演奏は初めてのようで、パンフレットにも「前代未聞」と書かれていました

そうなんです、すべての事が初めて尽くし

 

演奏の音も凄かった、氷の上は音楽を披露するための造りにはなっていないはずなのに、それでも お腹に響くような音太鼓

初めてで、こんな贅沢っていいのかしらって思えるほど、演目にマッチしてて全く違和感無し!!!!

 

そんな中、荒川さんの新境地‟蛇髪姫”が生き生きと氷の上を暴れまくって、これまた天井から大蛇が降りてきて、義経大ちゃんと四天王に襲い掛かる場面が繰り広げられます

私は西日本の人間なので、昔から神楽(かぐら)の大蛇が舞台で舞うところを観ています

まるでそのシーンを彷彿とさせる迫力で、蛇髪姫が蛇を操ってニニギノミコトとコノハナサクヤヒメを岩に変えてしまったのでした

 

 

この悪行の大成功を祝って、岩長姫と仁木弾正の悪人達で酒盛りが繰り広げられている場面へ

宴もたけなわ、更に歌舞伎界から蘇我入鹿、石川五右衛門、酒呑童子、地獄大夫という悪人が現れ舞を披露する

と、そこへスケート靴を履いていない出雲阿国 (いずものおくに)に変装した 義経大ちゃんが潜入

見事な舞で宴を盛り上げていく

IMG_20170525_183145.jpg 

                       ↑出雲の阿国 この方の踊りが後の歌舞伎の元に                        

                                  なっていったそうです

 すっごく話題になった、大ちゃんの日舞の舞

 日舞の所作のご指導は、三代目尾上菊之丞さん下矢印  

                    

 振り付けは東京ゲゲゲイさん

        http://dews365.com/news/hyoen2017-tokyogegegay.html
             ↑東京ゲゲゲイ&大ちゃんインタビュー

 

          

          http://tokyogegegay.com/  左矢印東京ゲゲゲイさんHP

 

     ごめんなさい、私正直、東京ゲゲゲイさん知りませんでした・・・・田舎者なもので・・・

      大ちゃんからのオファーだったんですねェ

      凄いやビックリマーク大ちゃん!!

 

このシーンはtwitterでかなり話題になってましたもんね

日舞の舞からゲゲゲイさんの振り付けに移行していく様・・・圧巻です

        

この時の大ちゃんの着物の柄ですが

お気づきの方もおられるかもしれませんが

腰から下、後ろの部分が大きなハート柄になっていたんですよ

大ちゃんの右後ろがはっきりハート柄いりでした

そばで見たいなぁ、あの着物

 

  うーん見えない・・・ショボーン

やっぱり前からの画像しかありませんね・・・残念

あのお着物はどこへ保管されるんでしょう

じっくりそばで見てみたいなぁ

是非、衣装展されることを希望します

 

見事な踊りにその場にいた全員が魅せられて、阿国大ちゃんに仁木弾正がにじり寄る

完全に女だと思い込んで「今宵はお前と飲み明かそう」と、口説き落とそうとした瞬間

「やや!!お前は義経ビックリマーク一瞬で、宴の場が緊張の場に!!・・・・しかし義経、捕らえられる滝汗

弾正は岩長姫に、義経をいたぶってやれと言い残 して、自分は他の悪党共と別の場に引き上げていく

 

二人だけにされた岩長姫と義経

岩長姫は義経の男の美貌に魅せられ「この美しい者をかき乱し、自由に操りたい」という欲望に!!!!ガーン滝汗怖。

激しく義経をいたぶってしまう いや~~!!ガーンSですか~~はてなマーク

 このシーンも凄かった!!

そんな中、再び静御前が現れて義経の魂を守ろうと必死に舞う静御前

最後には愛が勝つのよねやっぱり照れ

岩長姫の邪心から解き放たれた義経

鏡も取り返し、岩に変えられたニニギノミコトとコノハナサクヤヒメを助け必死の思いで逃げていく

またもや悪行を邪魔された岩長姫、姿を豹変させて怒り狂うのだった

この時、連獅子の踊りを岩長姫が披露!!流石!!!!

そして仁木弾正も怒りを露にする

ここで染五郎さん、スケート靴でリンクを見事なストレートラインステップ&宙づり&吊られたままで空中回転をご披露

あれで高所恐怖症なんですってよ~~~ビックリマークすげ~~やっぱりプロ根性だ!!

拍手喝采でございました「よっビックリマーク 高麗屋!!

 

場面変わって、死んでしまった弁慶=猿田彦(中村亀鶴さん)の魂をなんとか甦らせれないものかと、アメノウズメノミコト(村上佳菜子ちゃん)が黄泉の国の岩戸入り口に連れてきていた

天の鈿女(アメノウズメ)は蘇らせたい必死の思いを込めて、舞を舞う

そこへ女神稲生(荒川さん)の登場

女神が弁慶を蘇らせます

そして、仁木弾正の妖術を解く鎌と、岩長姫の永遠の命を絶つ宝剣を弁慶と天の鈿女(アメノウズメ)に渡すのだった

 

再び、弁慶とアメノウズメノミコトの元にニニギノミコト(織田君)とコノハナサクヤヒメ(舞ちゃん)が戻り、義経率いる四天王も集結した

こうしてとうとう 善 VS 悪 の決戦の時がやってきた

 

場面はいよいよクライマックス

決戦シーンを盛り上げるため、リンク中央にはTAOチームの和太鼓DRUMのパフォーマンスが繰り広げられる

これまた凄い和太鼓の迫力!!!!!!

ブブゼラの音も加わって更に迫力アッ~~プビックリマーク

そして善チーム対悪チームの入り乱れての乱闘が始まる

それぞれが、次から次へと切り込んでいく

木花・舞ちゃんと静御前のあっこちゃんだって、斬りこみ隊で頑張る

    

大ちゃんは、すっかり義経になって掛け声も侍そのまま

かっこいい~~~~ラブラブ

     IMG_20170525_181836.jpg

 

そして、義経と仁木弾正の一騎打ち~~!! 

                      戦うシャキ~~ンビックリマーク戦う

      FB_IMG_1495454129204.jpg

 

弾正にやられかかったかと思う頃、再び女神様登場、そして最後には善が勝つのでした

あれは・・・・夢の世界・・・・また再び観ることができたなら・・・・・

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:゚・*:.。..。

 

千秋楽も終わり、皆さん大満足のご様子

私は残念ながら、夜公演は観劇できなかったので

最後の挨拶は聞けず仕舞い・・・・

それでも、Twitterで熱は伝わってきました

FB_IMG_1495706043471.jpg 大将を守り切った彰生君

IMG_20170526_220327891.jpg 大ちゃんもインスタアップでした

 

だけど、次の仕事が待っているんだよね、皆

IMG_20170522_185756528.jpg 楽しかったよ                代々木体育館が夢の空間になった3日間でした

 

        

  ほんとビックリマーク行ってよかった!!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

なんだろ~

今日はお天気よかったのに、なんだか風がちょっと冷たい

ソックス履いてないと、足先が冷たいです

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。

 

昨日の続きでございます

 

駆け落ちしたニニギノミコト(織田君)とコノハナサクヤヒメ(浅田舞ちゃん)への嫉妬に狂った岩長姫(市川笑也さん)

氷上を闇の世界にしてしまおうと、歌舞伎の世界から極悪人代表=仁木弾正《にっきだんじょう》(市川染五郎さん)を呼び寄せます

 

ここでダーク・ヒーロー役仁木弾正直則(にっきだんじょうなおのり)役の染五郎さんの登場

登場場面がカッコいいですビックリマーク

静止の画像が見つからなかったので、動画を、お借りします主様、有難うございます

(YouTnbuのサイトに飛びます)

      

             ついでに大ちゃんの登場シーンございます・・・

 

   

  ↑染五郎さん                        ↑歌舞伎の仁木弾正

 

仁木弾正は歌舞伎の悪役スターなんですね

STAR WARSのダースベーダーみたいなもんでしょうかはてなマーク

歌舞伎のお芝居では、いつも善の役者にやられっぱなしだから、これまた恨みの固まりのような人物

嫉妬と恨みの岩長姫と手を組んで、この世を悪に染めようと契りを交わし、得意の妖術でニニギノミコトとコノハナサクヤヒメを捕まえて彼等から、八咫鏡を奪って仁木弾正と岩長姫は手を取り合って闇夜の中へ消えていくのでした

 

場面変わってリンクは、桜のマッピングが映し出されます

 

ここで、ちょっと横道それますが

このマッピング、出演者が登場する幕とリンクを使って大きな舞台が作られているんですが、ショートサイドの客席から見たら広がった着物の形になっているんですね

なんと憎い演出

 

リンクには武蔵坊弁慶に姿を変えた猿田彦が、黒子ならぬ赤子(?でいいの?)を数人引き連れて登場

            

                         今度は弁慶

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメ、更には八咫鏡を奪われた猿田彦・・いや弁慶

悪を打ち破ろうと、これまた歌舞伎の《善のヒーロー》源九郎判官義経(大ちゃん)を呼び込みます

 

ここでまた余談です

今回、3公演観劇したのですが

プロジェクションマッピングの演出ということで、1回は上の方の席を希望したんです

そしたら、ほんとに天井席、全体が見渡せます

                               IMG_20170522_235043663.jpg

なので、スタンドの前の方やアリーナの皆さんが分からない仕掛けのようなものもチラチラ見えちゃったりして・・・

で、幕の近くだったのですが

この弁慶さんが大ちゃんや善の四天王の皆さんを呼び出すシーンの時に幕の布が風邪ですこしユラユラ膨らんで中で出番の準備をしている大ちゃん達がチラチラ隙間から見えちゃったんです~~~ラブラブ

キャ~~~~~キャーはーと

リンクの弁慶さんを見なきゃいけないのにそっちが気になって、うわぁ気が散るわ~ラブ

準備段階で既にカッコいい大ちゃん

彰生君や四天王役のプリンススケーターの皆さんもクルクル滑ってました~

 

で、で、やっとやっと御大将・源九郎判官義経=大ちゃん颯爽と登場~~

           どや~~~~~~あげデレデレ口笛びっくり酔っ払い

     IMG_20170522_180013.jpg

      よっ !!待ってました!!ワーイわーいわ~い

マッピングはリンク一面の花びらを鳥が、サーっと散らして薔薇の花になり、ステップを踏みながら華麗に御出ましの義経大ちゃん、ピタッと止まって見得を切る (動画見てねデレデレ

ひゃ~~~こりゃたまりません、カッコよすぎですキャーラブラブラブラブラブラブラブ

                 

                       これまた浮世絵の義経

 

        続いて義経を守る四天王が呼び込まれる

       奴一平(鈴木誠一さん)渋谷金王丸(蝦名秀太さん)

 

                  

             ↑鈴木一平さん     ↑蝦名秀太さん

荒獅子男之助(大島淳さん)、そして鳶頭彰吉役の佐々木彰生く~ん音譜音譜

             

                  ↑大島淳さん      ↑彰生ちゃん

 

一人一人、歓声と共に登場しましたが、4人の内やっぱり彰生ちゃんは大歓声

皆、彰生君がこういう舞台に立つことを望んでいたんだよ~~笑い泣き笑い泣き

 

勢ぞろいしたところで、いざ出陣

と、そこへまたまた悪役2名追加でございます

           

        奴江戸兵衛役の澤村宗之助さん↑  ↑鬼佐渡坊役の大谷廣太郎さん

二人は弾正の家来

不意に現れ、義経達に襲い掛かる

ここで早速、立ち回り開始

大ちゃんは勿論のこと、スケーターの皆さん、圧巻の立ち回り爆  笑爆  笑デレデレ

凄いわ~びっくり

彰生ちゃんもこれまた「水を得た魚」の如く刀で応戦音譜

だけど、今回は劣勢に立たされ

弁慶が一人で立ち向かうと、義経と四人衆を逃がすのでした

一人で悪と戦う弁慶・・・とうとう斬られて死んでしまうのです

悪人どもが立ち去ると、アメノウズメノミコトが現れ、変わり果てた夫・弁慶=猿田彦の姿に嘆き悲しむのです

 

再び場内は暗転し、仁木弾正と岩長姫が二手に分かれて登場し

「あとは義経を倒せば、世界を支配できる」と話し合う

岩長姫が、奪った八咫鏡(やたのかがみ)を使って、義経の様子を見てみようと映し出したところで

再び義経大ちゃんリンクに登場   

      

弁慶を失った義経が打ちひしがれていると、義経の想い人、静御前(鈴木あっこちゃん)の幻が義経を励ますように艶やかに舞い、元気づけます

  

    ↑あっこちゃん                     ↑浮世絵の静御前

そして義経大ちゃんも、一緒に

やっぱり、長年一緒に演技をしてきた二人

息もぴったり「やっぱり二人は上手いな」と思わせる滑りで魅せます

 

       FB_IMG_1495446321190.jpg

 

やがて静御前は姿を消してしまう・・・

そう、これは義経の心の中の出来事

覗き見た岩長姫は

「うつつを抜かす義経に、絶望を味合わせてやりたい」 怖。

と蛇神姫(荒川さんの二役)を呼び出して、ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメを岩に変えるところを見せてやろうと、義経の目の前に差し出す

          こ・・・これはバックステージの様子です

 

退治しようと義経率いる四天王が襲い掛かるも、これまた劣勢

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメは岩に変えられてしまうのでした

 

仁木弾正と岩長姫は、呆然とする義経をそれは楽しそうに眺めるのでした

                                                   つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは
夢の世界から5日が経っても、脳内には義経=大ちゃんが格好良く舞っているchiepです
きっと、あの歴史的瞬間に立ち会った皆さんは、同じ状態ですよね~~
ラブ
 
仕事してても、ご飯を食べてても、お風呂に入っても、
夜、お布団に入ったときなんか特にひどくて、めっちゃ思い出しちゃったりして寝られない

「歴史の生き証人」になった皆さんのtweetでも、誰もが【氷艶ロス】のご様子なのは周知の事実

 

 ホント罪な人だわ「源九郎判官義経」ってお方は・・・ IMG_20170525_231652.jpg 
 
ところで先日、水曜日に【氷艶】が、染五郎さんの長年の思い描いていた構想だったってアップしました

千秋楽後、染五郎さん曰く
楽しい!!
これだけスゴい人たちが集まって
スゴい人が無理なことをすると
こんなスゴいことになるのか
ニコニコ
って演出と主演を粉された、ご本人がこう仰るのですから
観劇しているこちらが楽しくない訳がない
 
大ちゃんだって
「氷艶ロス」だとインスタをアップ照れ
「もうボロボロ」だそうです 

そりゃそうだろ

あんなに激しい殺陣をしながら、激しいステップ

試合の演技ならフリーで4分30秒のところ

公演通しで滑っていないにしても、阿国ダンスを含め2時間半の長丁場

 

でもその2時間半が、凄く短く感じてしまう

もっと観ていたかった、だから心の中で何度もリフレイン

 

演じていらっしゃる皆さんも、過ぎていく時間を惜しむように演じていらっしゃいました

 

物語は染五郎さんのオリジナルシナリオ

日本の神話の世界と、歌舞伎の世界の融合

テーマは単純【善が悪に立ち向かう】

 

*☆*:;;;:*☆*:;;;:☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *

 

荒川さん扮する「女神稲生」の夢物語【破沙羅】

氷上に「女神稲生」が現れ物語が始まる                                          

日ノ本の国をまとめる猿田彦(中村亀鶴)が登場し、妻である天鈿女尊《アメノウズメノミコト》(村上佳菜子)と二人で、神の皇子である瓊瓊杵尊《ニニギノミコト》(織田信成)を迎えようと支度を整える(猿田彦演じる中村亀鶴さんは弁慶との二役です)

   アメノウズメノミコトは、天岩戸伝説で有名ですよね

   弟の須佐之男命の悪行に耐えかねた、天照大御神が天の岩戸の中に入ってしまった

   世の中が真っ暗になって(金環食)人々が困っているのを、アメノウズメノミコトが岩戸の前で

   面白おかしい舞を舞って人々が騒いでいるところを、何事かと天照が覗いたところ、ウズメノ

   ミコトが天照を、引っ張り出して、また元の明るい世の中に戻ったという神話

 

                                               ↑この二人年の差カップルです↑

                 

    ↑ アメノウズメノミコト             ↑猿田彦

ここで佳菜子ちゃんの演技        
八咫鏡
(やたの鏡)を手に華麗に舞う佳菜子ちゃん、いやアメノウズメノミコト

足首に着けている鈴の音も美しく、のびやかに且、華麗に舞います

 

       

 

 

 ちなみに古代では国を治める長には三種の神器が必要でした

                 八咫鏡・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)草那芸之大刀(くさなぎのたち)

佳菜子ちゃん「水を得た魚のように」生き生きして見えました

彼女には踊りがよく似合います

 

シニアに上がりたての頃「タップダンスもやって、ジャズダンスもやって、社交ダンスも習ってて・・踊るの大好き」って無邪気に話してた頃を思い出しました

試合が佳菜ちゃんのいい所を奪っていたんじゃないかって・・・・勝手に感じていた私

出来ることなら、急いで先生にならないで、こうやって大きな舞台で踊っていてほしいな

 

そして物語のキーパーソン、ニニギノミコトこと織田信成君の登場~~

 

                                                                                        ↑こちらニニギノミコト様です

これまた、いつものごとく軽やかなスケーティングで ソロを演じる信成君

猿田彦から、この国の長(おさ)になって民を収めるように八咫鏡を授かることになる

 

 

そこへにニニギノミコトの后になるべく二人の姉妹が降りて来る

姉の岩長姫《イワナガヒメ》 (市川笑也)と妹の木花咲耶姫《コノハナサクヤヒメ」》 (浅田舞) 

・・・えっと、二人は姉妹役です

岩長姫は永遠の命を持ち合わせ、コノハナサクヤヒメは花のように美しさを備えた姫 

    

      ↑ 岩長姫                                     木花咲耶姫↑

古事記のなかでもこの3人の関係はこのまま描かれているようです

ただ残念なことに、岩長姫はそれほど美しくはなかったようで・・・・

画像を探していると、般若の面の神楽の役者がでてくるように、嫉妬に満ちていたんでしょうかね・・・

 

木花咲耶姫は浅間神社の神様で有名ですよね

そして桜の象徴でもあるそうです

 

ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメはすぐに恋に堕ちます

ニニギノミコトは、永遠の命の岩長姫より、美しさ象徴のサクヤヒメと鏡を携えて駆け落ちをしてしまいます 

神話では、この事柄で人は永遠の命では無くなったそうです

    

その二人を、慌てて猿田彦とアメノウズメノミコトが追いかけて行き、氷上から去ってしまいます 

一人残された岩長姫・・・       

妹に裏切られた悔しさと嫉妬、自分を選ばなかったミコトへの恨みが募っていき

二人を捕らえて、氷上を支配し闇の世界にしてしまおうと企みます

可愛さ余って憎さ百倍とは、この事を言うのでしょうか

 

 

そして、「悪」の主役を歌舞伎の世界から呼び込むのです

 

                                 つづく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

凄い!!凄かった!!とにかく凄い!!!!

・・・としか言いようのない
物凄いものを魅せていただきました・・・
敢えて「魅せて」と挙げておきます

 

なので、一度だけの記事アップでは流石に伝えきれないので

数回に分けてブログ・アップさせていただきます


会場で売り切れてしまった、公演のパンフレット

後日、通信販売もあるそうですね

これは、とってもお得なパンフレットでございました
大事に、大事に、何度も何度も嚙み砕いて読みたいと思っています

             ホテルのベッドにて撮影・・・
 
歌舞伎 + フィギュアスケート + DRUM TAOの演奏 + チーム・ラボのプロジェクション・マッピング + 大がかりな舞台装置

 

それぞれ単独で十分にエンターテイメントとして成立出来るものが融合することで、こんなにも凄い化学反応が起きるなんて思っても見ませんでした
そして大ちゃんの日舞ダンス & 殺陣の格好良さ
どれを取っても全てのコラボが‟世界初”の肩書が付くものばかり
海外に持って行っても十分に、いや海外の観客の方がもっと興味をもってくれるかもしれませんよね

これは日本人でないと思いつかない、いや市川染五郎さんの凄い発想力を源にした、新しいエンターテイメントだと・・・・革命が起こったとしか言いようがないと思うんです
 
でも最初は心配だったんです
この‟氷艶”の発表があった時にはまだ全体のキャストなど、何も見えてこないし
タイトルが‟氷艶”って・・・物語なのか何なのか全く不明
おまけに歌舞伎の衣装が重そうなの誰もが知っていることだから、スケートで滑れるの?
なんて疑問だらけ
 
パンフレットを見ると・・
2013年頃から構想があったんですね
それも染五郎さんご自身は10年も前から思い描いていたようで・・・
なんでもディズニー・オン・アイスに対抗心を抱いたとか・・・・
と考えると、ある意味ヒントは、ディズニーって・・・・考えてもいいのかな

 
そして、公演後に私が感じたことは

「これはもうディズニーなんか、超えちゃってるな」

そして・・・・ステファンごめんなさい「もしかしてAOIを超えちゃってるかもはてなマーク

だってそれぐらい凄いショーだったんですよ!!!!!!

ってことで、今夜はこの辺で

 

また明日








 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。